FC2ブログ
2010
07.23

新プロ情報8

どーーーーん!

ダン・ジャン&ハオ・ジャン
SP:タンゴ・デ・ロス・エクシラドス
LP:スパルタカス

ブランドン・ムロズ
SP:セビリアの理髪師
LP:波止場

ミンジュン・クァク
SP:パッヘルベルのカノン
LP:パガニーニの主題による狂詩曲

パトリック・チャン
SP:Take Five

スティーブン・キャリエール
SP:シカゴ

ジャンジャンの選曲・・・・・。SPは絶対行進曲になっちゃう。PさんがSPを変えたからって、もう使う?早くない?ローリー雑くない?ほんとに吟味した?
LPは2年連続でストーリー性のあるプログラムですが、この物語は主人公が男性なのでハオくんの表現力を生かせそうだし、スタイルも合っているような気がします。どうしてもダンちゃんが無表情で滑りがちなので、もっともっと表現の勉強をしてほしいですね。編曲にはあまり期待していませんが、プログラムには期待しています。

ムロズさんの選曲は割とクラシカルなものが多いですね。でもティルオイレンシュピゲールとかコミカルで合ってたし、このSPもいい作品になりそうな予感がします。

ミンジュンの選曲は面白みがないですね。THE 普通。ディーバは仕事受け過ぎて大変なんでしょうか。

PさんのSPはリバティーで滑っていたものを見たのですが、彼にあっていました。ステップが1つ無くなることで、ものすごくプログラムに余裕ができて、のびのびと滑っていました。クワドもきれいでしたし。彼は足換えをキャメルにしていますが、あれはレベル3?4?ジャンプのあとに止まって振付けをするところがありますが、トランジションとしての評価はあまり得られないと思います。これから改善が必要でしょう。

地味は坊主にしていました。こづよりもてっぺんが危ない感じだったので察知したのでしょうか。彼の持ち味を生かしたぬめぬめスケーティングがステキで、片足で長い距離を滑っていたのが印象的でした。彼の回転速度の速いスピンが曲調に合っていたし、ミュージカルの陽気な脇役風味が存分に出ていて魅力的でした。さらに滑り込めば、もっといいプログラムになりそうです。
コメント
こんにちは

まず挑戦することが大切ですからね!
ステップからのクワドというのはとても難しくて、6.0のときはダブルアクセルが必須だったので3A-3Tと4Tを跳ぶ男子選手がいたので、ステップからのクワドというのま当時でも結構あるんですね。ただ濃密なステップを入れるというのはジャンプの性質上不可能なので、これぐらいが精いっぱいかとは思います。
今度これが国際大会で見られるといいですね。
LPも見たのですが、昨シーズンよりもステップの構成がだいぶよくなったように感じました。同じプログラムでも進化が見られるのはうれしいことですね。
6番dot 2010.07.29 19:49 | 編集
6番さん、返信ありがとうございます!

ステップからの4Tの件。単独ルッツより点数が高くなるということなので戦略的にはOKですね。
ただ、これまで質重視を推してきたチャン選手サイドにはこのままいくのではなくぜひ完璧にものにして欲しいですね^v^

(クワドを回転不足なく着氷すること自体凄いことなんですがi-201
なつのdot 2010.07.28 17:39 | 編集
はじめまして、こんにちは。

アボットくんのSP、僕も見ましたよ。
あ~ナハーロが振り付けたんだなっていう動きがたくさんありました。アボットくんらしさは無かったですけど、新たな一面を見ることができました。これを試合で滑ったらどんな点数が出るのだろうと楽しみです。
6番dot 2010.07.25 03:51 | 編集
こんにちは

Pちゃんのクワドのステップは少ないという感じはしますね。ただこのジャンプの性質上、どうしても助走が長くなることは否めません。ISUコミュニケーションでは今シーズンからステップからのジャンプのステップを厳しく見ると指摘されていました。でも、トリプルルッツに+2がついても7.4点、クワドトゥに-2がついても8.3点なので、クワド跳んだ方がどっちみち点数はいいんですよね。
6番dot 2010.07.25 03:46 | 編集
いつも拝見させてもらってます。
アサイン、新プロと情報が続々出てくるので、競技会が待ちきれませんね。

先ほどアボットの新SPをYoutubeでチェックしたのですが、滑り込まれた完成形を見るのがとても楽しみなプロでした。
6番さんはもう見られましたか??
ことこdot 2010.07.24 16:52 | 編集
こんばんは!新情報ありがとうございます^^

滑りやすい曲・滑りにくい曲があるのでしょうけどこうも曲がかぶってしまうと・・・・・e-444表現者が変われば印象も変わると思っていてもちょっとやるせない気分ですe-443

今回6番さんが挙げてくださった新情報の中で個人的に一番注目しているのがPチャン選手です!「ソチでの金候補」というのもありますが新プロの曲が私の大好きなTAKE FIVEv-10先程動画も見てきました!6番さんとまったく同じ感想ですi-228(私も止まって振り付けは違和感を感じましたi-201

6番さんに質問なんですが、冒頭の4T。ステップからのジャンプですが、ちょっとジャンプを踏み切るまでの時間が長すぎるような気がするのですが6番さんからみていかがでしょうか?どこかの記事で『ショートでのステップ~ジャンプは今後厳しくしていく方向』というのを読んだ記憶があるのですが・・・・。ソースがなくて申し訳ないですi-201

でもでも、4Tの価値をどちらかというと低くみていたPチャン選手がショートから挑戦してきてとてもうれしくワクワクしています!怪我無く充実した日々がすごせますようにe-446
なつのdot 2010.07.23 20:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top