FC2ブログ
2010
07.14

新プロ情報6

どっかーん

ジェレミー・アボット
SP:Viejos Aires
LP:ライフイズビューティフル

鈴木明子
LP:屋根の上のバイオリン弾き

アボットくんのSPは大人っぽい色気のある、でも上品さもある音楽です。ステキなプログラムになりそうですね。LPはステキな映画の音楽ですね。ペシャブルがこないだまで使っていた音楽です。どんなプログラムになるでしょうか。

あっこちゃんはまたミュージカル(あれは映画ですが)の音楽ですね。役になりきってステキに演じてくれるのではないでしょうか。ただ、2年連続でSPもLPも路線が同じ方向気味のような気が・・・。
コメント
はじめまして。
ご覧になっていただいていてとても嬉しいです。また、初コメントありがとうございます。
7月末にテストがあって、8月から夏休みというところです。

ウエストサイドもミュージカルだったんですね。あまりに映画のインパクトの方が強すぎたもので。屋根の上~の方は「またミュージカル?」と思ったのですが、チュッキョフィギュアであっこちゃんのインタビューとプログラムを滑っているところを見たのですが、昨シーズンとは全く違う作品になっているようなので、とても楽しめそうだなと思いました。

ミヤケンの振り付けもステキですけど、彼は今は国内のジュニア選手の振付で忙しいんでしょうかね?かなり多くの依頼が来ているようなので、仕事しすぎで、せっかく絞った体が戻ってしまっているようなので、ミヤケンもがんばれ!
6番dot 2010.07.16 17:48 | 編集
コメントありがとうございます。

韓国のアイスショーに行かれる方うらやましいです。
韓国の女性ファンがきゃああああああああああって叫ぶところが容易に想像できますね。

boy next doorっていい表現ですね。アボットくんにピッタリの言葉です。お隣のお兄さんみたいな雰囲気なんですよねホント。さすがディーバは目の付け所が違います。映画の背景は悲しいですけれど、内容自体は希望にあふれた楽しい作品なので、主人公のような明るいキャラクターを演じてくれたらいいですよね。
6番dot 2010.07.16 17:44 | 編集
初めまして、6番さん。
いつもブログ楽しませて頂いてます!
テストも終わって、そろそろ夏休みですか?
楽しんでくださいね。

新プロ情報有難うございます!
明子ちゃんは去年の高橋君とまんま同じだ!(プログラムと振付師が)という突っ込みも聞きました(^^;)
タンゴの得意路線もいいんですけど、新しい路線も見てみたかったですね~。
個人的に宮本さんの振付ももっと色々なものに挑戦してみてほしなとも思ってます!

あと、ウエストサイドストーリーは元々はブロードウェイの舞台ですよ。
映画の方がもちろん有名ですけどね(^^)
WSSはダンスが主体のミュージカルですが、「屋根の上のバイオリン弾き」はドラマ性の強いものです。ミュージカルのタイプとしても曲想も大分違うものになりますから、どうなるか楽しみですね!
メイフィルdot 2010.07.16 13:35 | 編集
こんにちは。

icenetwork.comにアボットくんのインタビュー記事が載ってましたね。
キムヨナのオールザットスケートサマーでSPを初披露してくれるみたいです。

LPの振り付けをしたウィルソン氏は、「Life is beautiful」の世界観をジェレミーがきっとうまく表現できるだろうと思ってこの曲を選んだと話しています。
またその中でジェレミーについて「He has this boy-next-door quality」と言っていますが、これって「隣に住んでいる男の子のような親しみやすさがある」というようなことでしょうか。かなり意訳ですが(笑)
私もアボットくんの顔を見ると「イタズラ小僧」という言葉がすぐに浮かんできてしまうので、ウィルソン氏の意見には大いに賛成です。

大人の男の魅力を見せてくれそうなSPとストーリー性のありそうなLP。
どちらも本当に楽しみです!!
glacedot 2010.07.15 14:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top