FC2ブログ
2010
03.25

世界選手権 ペアリザルト

LP
1 Qing PANG / Jian TONG(中国)136.11
2 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)135.22
3 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)130.67
4 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(ロシア)127.91
5 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)126.58 PB
6 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(カナダ)117.71
7 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)112.26 PB
8 Caydee DENNEY / Jeremy BARRETT(アメリカ)111.95 PB
9 Amanda EVORA / Mark LADWIG(アメリカ)108.22
10 Anabelle LANGLOIS / Cody HAY(カナダ)100.32
11 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)95.20 PB
12 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE(ドイツ)93.24
13 Vanessa JAMES / Yannick BONHEUR(フランス)90.98
14 Anais MORAND / Antoine DORSAZ(スイス)90.76
15 Joanna SULEJ / Mateusz CHRUSCINSKI(ポーランド)90.12 PB
16 Stacey KEMP / David KING(イギリス)87.73

RESULT
1 Qing PANG / Jian TONG(中国)211.39
2 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)204.74
3 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)203.79
4 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(ロシア)197.39
5 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)195.78
6 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(カナダ)177.07
7 Caydee DENNEY / Jeremy BARRETT(アメリカ)172.47 PB
8 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)172.04 PB
9 Amanda EVORA / Mark LADWIG(アメリカ)165.96
10 Anabelle LANGLOIS / Cody HAY(カナダ)154.72
11 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)149.78 PB
12 Vanessa JAMES / Yannick BONHEUR(フランス)146.58
13 Anais MORAND / Antoine DORSAZ(スイス)144.46
14 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE(ドイツ)142.98
15 Joanna SULEJ / Mateusz CHRUSCINSKI(ポーランド)138.26 PB
16 Stacey KEMP / David KING(イギリス)132.87

なんたる失態、
昨夜「今2時だから、4時に起きれば第2グループから見れる~」
さっき「うお!6時前だ!」
というわけで、サフゾルとパントンしか見られなかったという。

パントン
ミスはパンちゃんのソロジャンプがダブルになったぐらいでした。
ソロスピンでのミスがありましたが、安定した演技でLPも1位での完全優勝、2度目の優勝を果たしました。
SPではスピンがレベル1になってしまうミスがありましたが、ステップではぬわああああんとレベル4!ペアでのステップレベル4って初めてでしょうか?すごいですよね。
スロージャンプを今シーズンミスしたところを見ていないんですよね。成功率調べてみよっと。
とにかくおめ!おめでとう!!!(*´∀`*)
SP9個 LP17個の9点台でした。今回も9点台カウントします。

サフゾル
サフ子のソロジャンプがシングルになりました。そのあとに大きなミスはなかったと思います。
最後までこのプログラムが微妙なままシーズンを終えることになってしまいました。パントン、シェンツァオには全敗を喫してしまったこのシーズン、来シーズン続けるしかないですよね?東京に(屮゚Д゚)屮カモォォォン
SP4個 LP14個

川スミ
SPではツイストで完璧ミスっていたのに、プラスつけてるジャッジがたくさんいますね。ちゃんと見ようよ。あとは取りこぼしが全然なかったからこれだけの点数が出ていたんですね。LPではスロークワドサルコウに挑んで転倒、スローループも転倒となりました。しかしこれだけのテクニカルが出るという。こちらは国や連盟から「辞めろ!」っていうのが出ているそうですけど、来シーズンも続けていってほしいものです。
SP2個 LP3個

ムホトラはスローのときにトランコフが投げた勢いで転倒してしまうというまさかのミスでした。あとはソロジャンプでのミスですね。今回自己最高順位になったので、今度はメダルを目指して。これがラストスケートなんて嫌でやんす。

ジャンジャンはノーミスだったそうですが、プレゼンテーションが出ないですね。シーズン序盤よりはかなり点数も上がってはきたんですけどね。パントンが引退すれば彼だけということになってしまいますね。ビン・ヤオさんの最後の目標である3組目の世界チャンピオンになってください!そして、ズエワはまともなプログラムを作ってください。

結局表彰台は、五輪の順番になったんですね。
みなさん疲れていらっしゃいましたが、実力者が上にきたという感じですね。

来シーズンの枠は
3枠 中国、ロシア
2枠 カナダ、アメリカ、ドイツ

ということになりました。アメリカは惜しかったですよね~。

今シーズンのペアは名作ぞろい、役者ぞろいの素晴らしいシーズンとなりました。素晴らしい演技もたくさん見ることができました。解散のペア、引退のペアさまざまですが、オフはゆっくり休んで来シーズンも素敵なプログラムを東京で見せてくれると信じています。
コメント
今シーズンのパントンの演技は安定していて、素晴らしかったですよね!
フジのペア実況が西岡さんじゃないのがちょっと残念です。西岡さんなら「うおおお!!!!qpうぇくぉ、sw!!!!」ってなってたと思うんですよ。

悠子ちゃんたちはですね、国の方から辞めろ!と言われているみたいで、モスクヴィナコーチやタラソワさんが偉い人たちを押さえつけている状態だそうです。ただでさえ上位に食い込める組がいない状態であるのに、引退させようとするなんて連盟は何を考えているんでしょうね。まだまだ20代ですし、ヨーロッパチャンピオンになった組ですから、これからさらに上に行けるのに!これからも応援しまくるしかないですね。これは。
6番dot 2010.03.25 08:35 | 編集
日本のニュースサイトや行きつけのツイッターやブログで
ペアフリーの話題がまったくなくて、
果たして競技が行われたのかどうかすら不安になっていましたが、
ここに来て安心しました(^^)パントン組優勝よかったですね!
川口さん達は辞めろなんて言われているのですか?
むしろこれからがペアとして面白いお年頃だと思うのですが…
スロー4S、挑戦させてもらえてよかったなと思いました。
paja306dot 2010.03.25 07:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top