FC2ブログ
2020
10.25

スケートアメリカ 2日目 女子・男子・ペア・アイスダンスリザルト

書いてたが途中で消えた。勝手に動作停止するメモ帳さんサイドが悪い。

女子リザルト
1 Mariah BELL(アメリカ)212.73
2 Bradie TENNELL(アメリカ)211.07
3 Audrey SHIN(アメリカ)206.15
4 Karen CHEN(アメリカ)204.90
5 Amber GLENN(アメリカ)190.09
6 Shan LIN(中国)182.11
7 Paige RYDBERG(アメリカ)178.13
8 Starr ANDREWS(アメリカ)171.70
9 Sierra VENETTA(アメリカ)170.72
10 Pooja KALYAN(アメリカ)158.95
11 Finley HAWK(アメリカ)154.25
12 Gracie GOLD(アメリカ)127.82

ゴールド
3Lz-2T 2Lz 3Lo 1F 1A 3F fall 2A fall
演技冒頭の3Lz-2Tは問題なく決まりました。2本目の3Lzは2回転に。きれいな2Lzだったので加点をもらえました。コレオシークエンスはエレメンツとして申告しなければ見逃してしまいそうなものでした。マイナス評価も仕方ありません。ジャンプよりもまずはスケーティングを取り戻してほしい。彼女の最大の魅力は力強いスケーティングですから。別に引退しても誰も悪く言わないと思うんです。でもこのように氷上に帰ってきたのだから、彼女がいい演技ができるように応援したいです。「心の病気だったから応援するな」って言われたことあるんですけど、じゃあどうすりゃいいんだ。事実を淡々と列挙していけばいいのか、無視すればいいのか。やっぱり彼女が笑顔になれるように応援したい。

アンドリューズ
3F 3S 3T-3T shaky 2A 3Lo-2T-2Lo 2A 3Lo df
今シーズンのプログラムは普通にジャンプから始まりました。マイナス評価を受けたジャンプは3本ありますが、演技の流れを途切れさせるほどのものではありません。この曲を全然知らなかったので、僕は困難な人生に立ち向かう人のプログラムかな?と初見では思ったんですけど、これは恋愛の歌なんですね。燃え上がるような愛ではなく、自分に言い聞かせるような愛。それにしては少し表情が険しくて、せわしなく動いている部分があるので、女性らしさとしなやかさが加われば、なお素敵になると思いました。いろいろなジャンルの曲を滑っているので、今は芸の幅を広げている最中なのかも。

ヴェネッタ
3Lo 2A 3F-1Eu-3S 3F hd-2T so 3S 2Lz 3T fall
コンビネーションスピンのキャメルの基本姿勢でお尻がクイッとなって脚が真っすぐ伸びています。いいキャメルだ。演技後半は体力が切れてしまったでしょうか。qマークのジャンプが2本続いて、3Lzが2回転に。曲の盛り上がり的にも3Lzをバチッとハメたかったところです。これがあるとないとでは、PCS0.25ぐらい変わると思いますよ。

シャンリン
2A-3T 3Lz 3F-2T 3Lo 2A-1Eu-3S 3F fall 3S
ロシアのロミジュリでお腹いっぱいのところに追いロミジュリ。例に漏れず曲はまぜこぜ。もう慣れた。2Aに3回転のコンビネーションを繋げて、加点幅を増やして効率よくTESを稼ぎました。2A2本入れた選手は点数の効率はこちらの方がいいのに、なぜか頑なに冒頭に3-3入れるんだよなあ。SPで跳びやすくするためなのか、矜持の問題なのか。ホンイーの出来次第では中国の1番手が入れ替わりますね。

ライドバーグ
3F 3Lz 1Lo 2A-3T 3F hd-2T 2A 3T-2T-2Lo
子守歌かってぐらい頭に残らない編曲だったぜ。こんなに押しの弱いタイタニックも珍しい。エレーナ・ラジオノワ大先生ぐらいやってもいいのよ。3Lzはqマークつくやつに見えましたが、アテンションだけで回転不足なしでした。1/4なのか何なのかさっぱり分からん!テクニカルパネルがんばれ!最後の最後にセリーヌ・ディオンがログインして熱唱して終わりました。ここの踊りがたどたどしく、滑り込み不足に見えました。3分間は音楽が静かな上に、トランジションも少ないので工夫が欲しいかも。PCSの評価の仕方ジャッジに同意。

グレン
3F-3T so 2A 3F-1Eu-2S 3Lz 3Lo-2T 1Lo 2A
3連続の最後が2回転になったので、3ミスってところですね。彼女としてはいい方の出来です。今日のルッツフリップはアテンションさえ受けそうにない倒れ方でした。いいよー。最後に盛り上げるために、中盤は体力を温存していたように見えました。ステップシークエンスの評価は+1~4まで分かれていますが、+1のジャッジはそういったことが気になったのかも。

カレン
2A-3T 3Lz 3F 1Lo 3Lz-2T-2Lo 3S 3Lo-2T
可憐に華麗に舞ってくれました。雄大でスケールの大きな演技。海を渡って大移動する蝶の大群が見えます。得意なはずの3Loに嫌われしまったものの、「ああきれいだなあ」とシンプルに彼女の美しさを堪能できました。PCSは1位の評価です。しかもベルたそとテネルが滑る前にです。これってすごいですよね。

オードリー
3Lz-3T 2A-3T 3S 3F 3Lz 3Lo-2T-2Lo 2A
衣装がアンナ・ポゴリラヤ風味。映画の中でこんな色の衣装があるのかな。目立ったミスはなく、アンダーローテーションとqマークが1つずつあるだけです。まだ彼女にそれほどカラーがないので、これから何色にでも染まれそう。この演技を観客の前で披露できないのは気の毒です。今シーズンは難しいですが、いつか全米でフライングスタオベしてもらいましょう。

テネル
3Lz-3T 2A 3Lo 3S hd 3Lz-3T 2A 3F-2T-2Lo
アンダーローテーション、お手つき、qマークで少しずつ引かれ、積もりに積もって、本来狙える加点の分も含めて10点ほど引かれたでしょか。ジャンプが低くなったので、回転不足が取られやすいです。身長が高いので動きも大きくなります。今日は疲労が出てしまったのか、足が動いておらず、スケールが小さくなっていたと思います。そこがPCS9点に乗せられなかった要因かもしれません。

ベルたそ
2A-3T 3Lo 3S 3F 3Lz-2T 3F-2T 3Lz fall
SPと同じ衣装で登場。燃える衣装はABBAのためだったか。4曲のメドレーなので次々に曲が入れ替わります。ですから表情や滑りの性質を一変させる必要があります。こういうのは、ムーランルージュを滑ったアシュリー・ワグナー姉さんやビートルズメドレーを滑ったアダム・リッポン兄さんが得意としているので、振付師のシェイリーンだけでなく、姉さん兄さんにアドバイスを求めるのもいいのかも。3Lzの前はかなり足にきていて、スピードが落ちていました。前向き着氷からの転倒でさらに体力は削られたはずなのに、すぐに笑顔になってコレオシークエンスで加点稼ぎまくったところはプロフェッショナルです。ここでもたもたしていたら優勝はなかったかもしれません。日本&ロシア勢が出ていないとはいえ、大人の女子選手でも優勝できることを証明してくれました。24歳ですよ?すごいすごい。LP4位で優勝しました。世界選手権のカペラノパターンだ。

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)299.15
2 Vincent ZHOU(アメリカ)275.10
3 Keegan MESSING(カナダ)266.42
4 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)245.30
5 Ilia MALININ(アメリカ)220.31
6 Alexei BYCHENKO(イスラエル)214.62
7 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)214.61
8 Maxim NAUMOV(アメリカ)214.27
9 Camden PULKINEN(アメリカ)207.82
10 Jimmy MA(アメリカ)196.98
11 Joseph KANG(アメリカ)192.37
12 Daniel SAMOHIN(イスラエル)184.54

サモヒンはクワド抜き3A1本の構成でもほとんどジャンプが決まらない状態です。ちょっとどうしちゃったんだろうという感じ。

プルキネン
3Lz-1Eu-3S 3A 3Lo 2Lz-2T 3A fall 3F 3T
クワド抜きの構成です。3Aで転倒したので、そこに付けられなかった3Tを2Aの替わりに単独ジャンプにしました。きちんと計算ができています。不得意ではないはずのコンビネーションスピンまで回転が遅くなっており、コレオシークエンスなど、いつもより動けていない箇所が多々見られました。調子はよくないのでしょうね。

ナウモフ
2A 3A-2T df 3F-3T 3Lz 3A fall 3F-1Eu-3S 3Lo
ジャンプはそれほど得意ではないけれど、上手な種類のジャンプはあるし、スピンは上手だし、ひとつひとつの振付が丁寧で意図を込めてこなせていると思います。ジュニア上がりでこれができるのはいいですね。トランジションのバタフライの使い方効果的。3Loの後もう1回オイラーコンボするかと思いました。ロシアで競技していたら、こういうタイプは活躍するのが難しいでしょうね。そしてこんなタイプにも育たないな。

マリニン
4T 4S 3A 3Lz 1A-1Eu-2S 3F-2Lo 3Lz-3T
シニア1年目の年齢の男子選手は普通シニアの国際大会には出場しないので、2クワド入りでこれだけできれば上出来です。後半は疲れが出て、コレオシークエンスでバランス崩しかけてましたけど、どうにか堪えきりました。2世で6トリプルそこそこできるタイプになるかなー?と思っていたけど、それ以上でした。熟成されるの待つとするか。育てー。

ビチェンコ
4T-2T 4T so 3Lz 3Lo 3A hd 2A-3T 3F so
出だしこそよかったですが、勢いよくステップアウトして失敗しました。でも回転不足ではないんですよね。qマークなんて受けようがないぐらい回り切っていますから。みんなビチェンコさんぐらい回ろう!今日はスピン・ステップでレベル4がありませんでした。いつものビチェンコさん!キスクラのビチェンコさんかわいい。実質アイドルだな。

クラスノジョン
4Lo fall 3A-2T 3A 3S 3F-3Lo 2Lz-2T-2Lo 3Lz
肩から転倒する4Lo怖いのよ。怪我での棄権が思い出されるのよ。エッジが浅いので、得意の3Aが連続する冒頭部分からステップシークエンスの中盤に移ると見劣りします。そのふわふわした雰囲気のまま後半のジャンプパートへ入っていくので、プログラムが冗長に思えます。それでは現状のクラスノジョンがどうすればいいのか。それはジャンプをすべて決めることだ!!!ジャンプを決めれば乗れるし、ジャッジも高評価出しやすくなるからな!決めろ!!!

樋渡
4T-3T 2T 3A-2T 3S 3A fall 3Lo 3Lz-1Eu-3F
フライングシットスピンに入るタイミングがドラムの音とピッタリ!オシャレポイント差し上げます。このプログラムは3Aが後半最初のジャンプで、その直後にステップシークエンスを組み込む珍しい構成です。大抵はステップから後半のジャンプパートに入るか、後半にステップとコレオを固めるかなんですけども。あえて3Aを跳んでからの方が表現的に適切だと考えてのものなのでしょう。こういう心意気グッときます。3A成功して、さらにかっこいいジャズになるといいな。

プルキネンが「知樹とは一生付き合っていくことになるだろうね」と言っていたんですよね。友達じゃなくて親友だった。

メッシング
4T-2T 4T 3A-1Eu-3S shaky 3Lo 3Lz-3T 3A 3F df
とてもいい出来でした。3連続と最後の3Fの回転不足はありますが、いつもよりシェイキーなランディングが少なかったです。時間がスローに見えるほど滞空時間の長いデスドロップ入りのフライングシット含め、スピンは3つとも+4を取れるものでした。28歳で全盛期きてる!

ヴィンセント
4Lz fall 4Lz-3T 3F 3A 4S so 3A-2T 3Lz-1Eu-3S
成功した4Lzと失敗した4Lzは高さが違いますね。成功した方がヌオンッ!と上がっていました。4Sはアンダーローテーションでのステップアウトでした。4Sは半分ぐらいが回転不足になっています。なかなか仲良くできません。SPよりも表現の複雑さが要求されます。まだまだ滑り込みが必要ですね。SPと同じぐらい手放しで賞賛できるだけの演技お願いします。

ネイサン
4F-3T 3Lo 3Lz 2S 4T-1Eu-3F 4T-3T 1A
衣装のテーマは中学生の初デートかな?初々しくてかわいい。冗談はさておき、おそらくは無駄な物を極力排するミニマリスト志向なのだろうな。4クワド構成で、4Sと3Aがパンクしました。パンクしていなければ210点ぐらいですかね。コレオシークエンス短い!14秒ぐらいでしたよ。アメリカのジャッジでも加点を渋るぐらいなので、相当物足りないんだと思います。僕も物足りないので、あと10秒ください。

ペアリザルト
1 Alexa SCIMECA KNIERIM / Brandon FRAZIER(アメリカ)214.77
2 Jessica CALALANG / Brian JOHNSON(アメリカ)207.40
3 Audrey LU / Misha MITROFANOV(アメリカ)189.65
4 Ashley CAIN-GRIBBLE / Timothy LEDUC(アメリカ)189.23
5 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)174.35
6 Olivia SERAFINI / Mervin TRAN(アメリカ)168.07
7 Emily CHAN / Spencer Akira HOWE(アメリカ)151.15
8 Anna VERNIKOV / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)146.12

タラダニ
3Tw 3S shaky-1Eu-1S 3STh 1A 3LzTh fall
SP:月の光 LP:カルメン 今の流行りに逆行する素晴らしい選曲。ポップスとネオクラよりも、クラシックに斬新な振付施す方がよほど独創的なのだ。ジャンプの構えから見て、なかなかソロジャンプは辛いものがあります。完全に流れを切らないと踏み切りできていませんから。スロールッツの転倒が痛そうでした。全部きれいに入ればきっと素敵なプログラムになるはずなのに。

ケイン髭
3Tw 3Lo fall 3S-2T-2Lo 3LzTh 3STh
3Loで転倒、3Sは回転不足がありながらもなんとか立ちました。スロージャンプは2本とも成功しました。今日ぐらいのスロールッツが安定して降りられれば。2人のエレガンスは発揮されているのですが、有名なピアノ協奏曲をリフトで盛り上げられないのは致命的です。落とさないかどうかの恐怖が大きい。男性が女性をいつも気遣っていますね。ケイン髭はプライベートでも仲良しなので和みます。

ルーミト
3Tw 3S-1Eu-2S 3LzTh hd 3T 3LoTh fall
ソロジャンプは盤石です。質もタイミングもいいです。3S-1Eu-3Sも入れられるペアですからね。リフトはただ持ち上げているだけで、ほとんど表現をしていません。後半はほとんどBGM状態で、チャップリンメドレーを使う必要性はあまり感じられません。もっと楽しそうに演じて!

カラジョン
3Tw 3S so 2T-2T 3STh 3LzTh hd
ソロジャンプは成功ならず。グループ3リフト素晴らしいです。イーグルから自然な流れで入って、女性が体の支持なしで空中で神々しく舞うんですよ。これは最低+4欲しい。リフトに関しては現役ペアではパンリロに次ぐ上手さですね。彼らのスピード感と独創性のあるリフトで、生命の持つ神秘性さえも表現していると思えてきます。ジャンプさえ決まれば総合215点は余裕ですね。

シメフレ
3Tw 3T 3LoTh 3S shaky 3FTh
ペアスピンが止まりそうだったのはご愛嬌ということで、まずはソロジャンプが決まったことを喜びましょう。デニフレもシメクニもあれほど苦労していたのに、シメフレになった途端2本とも3回転で降りられるんですね。スローもリフトもしっかり決めて、全米選手権フライングスタオベも視野に入ってきました。

シメフレ&カラジョンでアメリカダブルエース時代や!世界選手権2組とも7位以内に入ってオリンピック3枠獲得や!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ケイン髭の3連続全部にqマークついてるのイカつい。

アイスダンスリザルト
1 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)211.39
2 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)202.47
3 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)185.78
4 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)178.05
5 Molly CESANEK / Yehor YEHOROV(アメリカ)168.09
6 Lorraine MCNAMARA / Anton SPIRIDONOV(アメリカ)159.89
7 Eva PATE / Logan BYE(アメリカ)151.40
8 Emily MONAGHAN / Ilias FOURATI(ハンガリー)127.70

セサイェホ
前半グループはご飯食べながらめちゃくちゃ気を抜いて観てたんですけど、この組はバランスがいいですね。パキパキとキレよく動く女性と、その周囲でクネクネと怪しく踊る男性。それぞれが得意としている動きを見せてくれて、定番曲だけど4分間ダレることなく演じられていました。ジュニアグランプリで観たはずだけど、すっかり忘れていますが、これで忘れない。パキパキとクネクネカップル。RDはスケスケ衣装。

グリパー
もうパーソンズではないけれど、兄のことは兄としか呼べない。グリーンズ妹も妹だから具合がいい。兄は兄で妹は妹。今までの兄にはなかったダンスナンバー。8歳も年下のお嬢さんに腰をくねらせておった。兄は器用でこういうのもこなせちゃうんだな。ツイズルで失敗したのと、ストレートラインリフトでグラついていたのは次直してください。

カレポノ
ツイズルはいつものでした。自分勝手なドクトルジバゴと、それに翻弄される女性たちを描いているんでしょうね。コレオシークエンスで男性が氷を削って宙に投げていました。まさに欲望に忠実に生きるドクトルジバゴ。同じシュピルバンドだけど、チョクベイのドクトルジバゴより展開が全然分かりやすい。カメレンゴがいなかったらこれもテンプレプロになっていただろう。

ホワベイ
女性のドレスみょうがみたいですね。ダイアゴナルステップ素晴らしいです。まったく押している感じがしないのに、気付いたときにはリンクの反対側に到達してしまっているんです。そしてダイアゴナルステップに浸っているうちに演技が終了しているというね。あまり黒一色衣装は好みではないですが、これはいいかもな。

ハベドノ
僕が大大大好きであり、ハベドノの出世作となったハレルヤがFDとして5年ぶりに復活しました。コンビネーションリフトの中にカーブリフトが入っていますが、これは当時のSDで使っていたリフトです。思い出も込めての振付なのでしょう。これまでよりも柔らかさを重視した振付だと思います。リフトもそうだし、ツイズルの前のトランジションとかもそうですね。勢い任せにGOEをかっさらうことはしていません。僕は好きだけど、インパクトが弱いと言えばそれも理解できます。先生たちといい感じにブラッシュアップしてください。そういやツイズルが過去最高級にクリーンに入ってたな。これからも今回の質でね!

エキシビションはないので、選手のみなさんには気を付けて帰宅してほしいです。来週はスケートカナダございません!再来週に中国杯です。
back-to-top