FC2ブログ
2020
02.15

世界ジュニア選手権エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111967.htm

今年の開催地はエストニアのタリンです。派遣に文句を言う老害になりつつあるから今回は言わない。

男子シングル
1 Darian KAPTICH AUS 1
2 Luc MAIERHOFER AUT 2
3 Vladimir LITVINTSEV AZE 3
4 Alexander LEBEDEV BLR 4
5 Alexander ZLATKOV BUL 5
6 Stephen GOGOLEV CAN 6
7 Joseph PHAN CAN 6
8 Fang-Yi LIN TPE 7
9 Charles Henry KATANOVIC CRO 8
10 Filip SCERBA CZE 9
11 Aleksandr SELEVKO EST 10
12 Lauri LANKILA FIN 11
13 Adam SIAO HIM FA FRA 12
14 Nika EGADZE GEO 13
15 Denis GURDZHI GER 14
16 Edward APPLEBY GBR 15
17 Mark GORODNITSKY ISR 16
18 Gabriele FRANGIPANI ITA 17
19 Daniel GRASSL ITA 17
20 Yuma KAGIYAMA JPN 18
21 Shun SATO JPN 18
22 Mikhail SHAIDOROV KAZ 19
23 Kornel WITKOWSKI POL 20
24 Sihyeong LEE KOR 21
25 Petr GUMENNIK RUS 22
26 Andrei MOZALEV RUS 22
27 Daniil SAMSONOV RUS 22
28 Adam HAGARA SVK 23
29 Pablo GARCIA ESP 24
30 Nikolaj MAJOROV SWE 25
31 Noah BODENSTEIN SUI 26
32 Micah Kai LYNETTE THA 27
33 Basar OKTAR TUR 28
34 Ivan SHMURATKO UKR 29
35 Ilia MALININ USA 30
36 Maxim NAUMOV USA 30
37 Andrew TORGASHEV USA 30

優勝候補は我らが鍵山優真と佐藤駿。全員がノーミスだったら2人の表彰台は疑いようがありません。最大のライバルとなるのがロシア勢です。PCSとGOEが出やすいサムソノフが最大のライバルとなります。サムソノフは背が低いだけで滑りも良いし演技力もあります。安定性だけが唯一の課題です。グメンニクとここ一番に強いモザリョフも強力なライバルです。ゴゴレフ、ジョセフ、アダム、グラスル、フランジパーニ、ゴロドニツキー、リトヴィンツェフ、シヒョン、シュムラトコ、マヨロフあたりも上位争いに絡んでくるはずです。シュムラトコはユーロに出られなかったけれど今回は大丈夫でしょうか。リトヴィンツェフとマヨロフはシニアと掛け持ちですし、シニアのミニマムスコアも持っています。世界選手権との連戦大変ですね。チェコはマティアスが補欠となっています。他の選手にもチャンスを与えようということでしょうか。アメリカ代表はマリニン、ナウモフ、トルガシェフに決定しました。親がロシア出身の元スケータートリオですね。

女子シングル
1 Valeriia SIDOROVA ARM 1
2 Victoria ALCANTARA AUS 2
3 Stefanie PESENDORFER AUT 3
4 Ekaterina RYABOVA AZE 4
5 Milana RAMASHOVA BLR 5
6 Maria LEVUSHKINA BUL 6
7 Emily BAUSBACK CAN 7
8 Kaiya RUITER CAN 7
9 Tzu-Han TING TPE 8
10 Hana CVIJANOVIC CRO 9
11 Nikola RYCHTARIKOVA CZE 10
12 Maia SORENSEN DEN 11
13 Niina PETROKINA EST 12
14 Vera STOLT FIN 13
15 Maia MAZZARA FRA 14
16 Alina URUSHADZE GEO 15
17 Nargiz SULEYMANOVA GER 16
18 Elena KOMOVA GBR 17
19 Cheuk Ka Kahlen CHEUNG HKG 18
20 Regina SCHERMANN HUN 19
21 Aldis Kara BERGSDOTTIR ISL 20
22 Nelli IOFFE ISR 21
23 Alessia TORNAGHI ITA 22
24 Tomoe KAWABATA JPN 23
25 Mana KAWABE JPN 23
26 Anete LACE LAT 24
27 Jogaile AGLINSKYTE LTU 25
28 Andrea MONTESINOS CANTU MEX 26
29 Lindsay VAN ZUNDERT NED 27
30 Jocelyn HONG NZL 28
31 Ekaterina KURAKOVA POL 29
32 Haein LEE KOR 30
33 Seoyeong WI KOR 30
34 Ana Sofia BESCHEA ROU 31
35 Maiia KHROMYKH RUS 32
36 Daria USACHEVA RUS 32
37 Kamila VALIEVA RUS 32
38 Darja MIJATOVIC SRB 33
39 Alexandra Michaela FILCOVA SVK 34
40 Marian MILLARES ESP 35
41 Emelie LING SWE 36
42 Anais CORADUCCI SUI 37
43 Guzide Irmak BAYIR TUR 38
44 Anastasiia SHABOTOVA UKR 39
45 Starr ANDREWS USA 40
46 Alysa LIU USA 40
47 Lindsay THORNGREN USA 40

優勝候補は4Tを取り戻したワリエワです。稼げるGOEが他の選手とは別格なので、ミスをしなければ優勝するはずです。ワリエワの対抗馬はアリサです。SPから3A-3Tを入れられますし、エレメンツの完成度が全体的に上がってきました。総合力VS基礎点ぶん殴りはどちらが勝利するでしょうか。第3のメダル候補を挙げるならヘイン・リーです。今シーズンはエッジエラーを一度も取られていません。総合200点をすでに超えていますし、ユナ以来14年ぶりのメダルを取る力は十分あります。だからSBSは放送しろよな。それに続くのがウサチョワ、日本勢、ソヨン、フロミフ。川畑は全部決まりさえすればPCSが出るはずです。スケーティングスキルは全体のトップ3に入りますし。あとはトルナーギ、マザラ、アンドリューズ、リャボワ、ウルシャゼ、クラコワあたりがトップ10候補です。エストニアのキイバスは世界選手権に集中でしょうか。カナダは国内選手権ジュニアクラスで優勝したライターと、今のところバウスバックが入れられています。ここは入れ替えられる可能性ありです。

ペア
1 Patricia ANDREW / Zachary DALEMAN CAN 1
2 Kelly Ann LAURIN / Loucas ETHIER CAN 1
3 Huidi WANG / Ziqi JIA CHN 2
4 Yuchen WANG / Yihang HUANG CHN 2
5 Cleo HAMON / Denys STREKALIN FRA 3
6 Alina BUTAEVA / Luka BERULAVA GEO 4
7 Annika HOCKE / Robert KUNKEL GER 5
8 Alyssa MONTAN / Manuel PIAZZA ITA 6
9 Kseniia AKHANTEVA / Valerii KOLESOV RUS 7
10 Iuliia ARTEMEVA / Mikhail NAZARYCHEV RUS 7
11 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV RUS 7
12 Greta CRAFOORD / John CRAFOORD SWE 8
13 Kateryna DZITSIUK / Ivan PAVLOV UKR 9
14 Winter DEARDORFF / Mikhail JOHNSON USA 10
15 Kate FINSTER / Balazs NAGY USA 10
16 Anastasiia SMIRNOVA / Danylo SIIANYTSIA USA 10

16組エントリーなので全組SP通過が決定しました。おめでとうございます。世界ジュニア選手権よりもレベルが高いロシアジュニア選手権を勝ち抜いた精鋭3組が出場するので、ロシアの表彰台独占が濃厚です。でも世の中に絶対はありませんからワンジア、ホッケ組、ブタベル、フィンスター組らにもチャンスはあります。ジュニアグランプリで結構上手かった北朝鮮の組がエントリーしていません。なんてもったいない。北朝鮮は今シーズンの派遣渋ってるけどそんなにお金ないのかな。経済制裁の影響?オリンピックのプレシーズンとオリンピックシーズンだけ試合に出ても評価が固まらないぞ。

アイスダンス
1 Yulia ALIEVA / Artur BIKTIMIROV AZE 1
2 Karina SIDARENKA / Maksim YALENICH BLR 2
3 Emmy BRONSARD / Aissa BOUARAGUIA CAN 3
4 Natalie D'ALESSANDRO / Bruce WADDELL CAN 3
5 Miku MAKITA / Tyler GUNARA CAN 3
6 Angelina KUDRYAVTSEVA / Ilia KARANKEVICH CYP 4
7 Natalie TASCHLEROVA / Filip TASCHLER CZE 5
8 Sara BUCH-WEEKE / Nicolas WOODCOCK DEN 6
9 Darja NETJAGA / Marko Jevgeni GAIDAJENKO EST 7
10 Loicia DEMOUGEOT / Theo LE MERCIER FRA 8
11 Lou TERREAUX / Noe PERRON FRA 8
12 Maria KAZAKOVA / Georgy REVIYA GEO 9
13 Lara LUFT / Stephano Valentino SCHUSTER GER 10
14 Emily ROSE BROWN / James HERNANDEZ GBR 11
15 Villo MARTON / Danyil SEMKO HUN 12
16 Mariia NOSOVITSKAYA / Mikhail NOSOVITSKIY ISR 13
17 Carolina PORTESI PERONI / Michael CHRASTECKY ITA 14
18 Utana YOSHIDA / Shingo NISHIYAMA JPN 15
19 Anna SHNAIDER / Fedor VARLAMOV KAZ 16
20 Oliwia BOROWSKA / Filip BOJANOWSKI POL 17
21 Diana DAVIS / Gleb SMOLKIN RUS 18
22 Elizaveta SHANAEVA / Devid NARYZHNYY RUS 18
23 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV RUS 18
24 Sofia VAL / Linus Colmor JEPSEN ESP 19
25 Gina ZEHNDER / Beda Leon SIEBER SUI 20
26 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV UKR 21
27 Oona BROWN / Gage BROWN USA 22
28 Avonley NGUYEN / Vadym KOLESNIK USA 22
29 Katarina WOLFKOSTIN / Jeffrey CHEN USA 22

優勝争いは、ジュニアグランプリファイナルと変わらずニューコレとカザレビでしょう。そこにシャナナリとウシャネクがどれだけ迫れるかです。ウシャネクの演技をロシアジュニア選手権で初めて観たのですが、あまりの振付の手数の多さに笑ってしまいました。米露加の9組、カザレビ、ロイシャテオの11組を中心に試合が展開されるはずです。チェコのタシュラーズ、日本のうたしんがそこに続きます。うたしんはユースオリンピックで高評価を得ましたが、あれはお祭りスコアだったので、今回あそこまで出ることは考えられません。北米の3番手とタシュラーズを破ればトップ10に入れるので、それを目標にがんばってほしいです。日本勢の世界ジュニア選手権における過去最高順位は1977年大会での9位です。当時はエントリー数が少なく9組中の9位でした。それを除くと2017年大会でりかあるが記録した13位が最高順位です。いけるぞーーー!
back-to-top