FC2ブログ
2020
01.18

四大陸選手権エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111955.htm

カナダ選手権のストリーミング観戦を諦めた男。ドウセツナガラナイシ…スヤァ。

北米の代表選手は、それぞれの国内選手権後に発表されます。

男子シングル
1 Jordan DODDS AUS 1
2 Brendan KERRY AUS 1
3 James MIN AUS 1
4 CAN TBA 1 CAN 2
5 CAN TBA 2 CAN 2
6 CAN TBA 3 CAN 2
7 Boyang JIN CHN 3
8 Han YAN CHN 3
9 He ZHANG CHN 3
10 Micah TANG TPE 4
11 Chih-I TSAO TPE 4
12 Harrison Jon-Yen WONG HKG 5
13 Yuzuru HANYU JPN 6
14 Yuma KAGIYAMA JPN 6
15 Kazuki TOMONO JPN 6
16 Donovan CARRILLO MEX 7
17 Christopher CALUZA PHI 8
18 Edrian Paul CELESTINO PHI 8
19 Junhwan CHA KOR 9
20 June Hyoung LEE KOR 9
21 Sihyeong LEE KOR 9
22 Micah Kai LYNETTE THA 10
23 USA TBA 1 USA 11
24 USA TBA 2 USA 11
25 USA TBA 3 USA 11

昨年からは中国が1人増え、フィリピンが2人増え、香港とカザフスタンが1人減り、マレーシアが2人減りました。全体で1人減です。ジュリアン爺が出場しないのは意外でした。枠を平気で捨てる中国が3枠使い切ったのは驚きです。羽生は残す主要タイトルが四大陸選手権だけになりました。フジテレビはこれでもかと煽ってくるでしょう。優勝できるかは、ネイサンが出場するかに大きく左右されます。鍵山はシニアの大会でどこまで活躍できるかが楽しみです。2015年の韓国開催のときのように、良い大会になってほしいです。

女子シングル
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 CAN TBA 1 CAN 2
3 CAN TBA 2 CAN 2
4 CAN TBA 3 CAN 2
5 Hongyi CHEN CHN 3
6 Yi ZHU CHN 3
7 Amy LIN TPE 4
8 Jenny SHYU TPE 4
9 Cheuk Ka Kahlen CHEUNG HKG 5
10 Yi Christy LEUNG HKG 5
11 Wakaba HIGUCHI JPN 6
12 Rika KIHIRA JPN 6
13 Kaori SAKAMOTO JPN 6
14 Aiza MAMBEKOVA KAZ 7
15 Andrea MONTESINOS CANTU MEX 8
16 Alisson Krystle PERTICHETO PHI 9
17 Yelim KIM KOR 10
18 Eunsoo LIM KOR 10
19 Young YOU KOR 10
20 Chloe ING SGP 11
21 USA TBA 1 USA 12
22 USA TBA 2 USA 12
23 USA TBA 3 USA 12

オーストラリアとブラジルが1人減らし、中国と台湾とシンガポールが1人増やしました。昨年より1人出場者が増えることになります。トゥルシンバエワは、今シーズンは怪我の影響で試合に出られないことが濃厚です。また来シーズンですかね。日米韓の3か国で表彰台が争われることになります。紀平は3Lzを再び試合に入れられるようになるといいです。好調をキープしているヨンユーは、地元開催で力を発揮できるでしょうか。試合数が多いことだけが懸念事項です。ウンスは国内選手権で7位だったので、なんとか存在感をアピールしたいところです。世界選手権に出られない以上、ここで結果を残すしかありません。新葉は3Aがんばれー。

ペア
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 CAN TBA 1 / CAN TBA 1 CAN 2
3 CAN TBA 2 / CAN TBA 2 CAN 2
4 CAN TBA 3 / CAN TBA 3 CAN 2
5 Cheng PENG / Yang JIN CHN 3
6 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 3
7 Feiyao TANG / Yongchao YANG CHN 3
8 Riku MIURA / Ryuichi KIHARA JPN 4
9 Isabella GAMEZ / David-Alexandre PARADIS PHI 5
10 USA TBA 1 / USA TBA 1 USA 6
11 USA TBA 2 / USA TBA 2 USA 6
12 USA TBA 3 / USA TBA 3 USA 6

北米勢の派遣は決まっていませんが、オーストラリア・日本・フィリピンが派遣を決め、中国が奇跡の3枠派遣を達成したので、昨年よりも4組多い12組エントリーとなりました。中国がまともなことをしているよ。

アイスダンス
1 Matilda FRIEND / William BADAOUI AUS 1
2 Holly HARRIS / Jason CHAN AUS 1
3 Chantelle KERRY / Andrew DODDS AUS 1
4 CAN TBA 1 / CAN TBA 1 CAN 2
5 CAN TBA 2 / CAN TBA 2 CAN 2
6 CAN TBA 3 / CAN TBA 3 CAN 2
7 Hong CHEN / Zhuoming SUN CHN 3
8 Wanqi NING / Chao WANG CHN 3
9 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 3
10 Rikako FUKASE / Eichu CHO JPN 4
11 Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO JPN 4
12 Maxine WEATHERBY / Temirlan YERZHANOV KAZ 5
13 Yura MIN / Daniel EATON KOR 6
14 USA TBA 1 / USA TBA 1 USA 7
15 USA TBA 2 / USA TBA 2 USA 7
16 USA TBA 3 / USA TBA 3 USA 7

オーストラリア・日本・カザフスタン・韓国が派遣を増やし、昨年よりも4組多いエントリーとなりました。今年は4グループでの滑走となります。りかえいはトルン杯でミニマムスコアを獲得したので追加で派遣が決まりました。よかったよかった。セカンドドッズはシングルは補欠エントリーなので、今回はアイスダンスだけです。ワンリウはどこまでいけるかな。

四大陸選手権の通し券の価格=日本開催の一番高い席の1日分の価格。これが需要と供給というやつか。
back-to-top