FC2ブログ
2019
11.09

中国杯 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)128.21 PB
2 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)124.51
3 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(カナダ)112.33
4 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)111.68 PB
5 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)105.26
6 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)105.20
7 Hong CHEN / Zhuoming SUN(中国)101.08 PB
8 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)100.05
9 Yuzhu GUO / Pengkun ZHAO(中国)93.81 PB
10 Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO(日本)88.75

アイスダンスリザルト
1 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)209.90
2 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)208.55 PB
3 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(カナダ)190.74
4 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)186.45 PB
5 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)179.96
6 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)169.27
7 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)169.24
8 Hong CHEN / Zhuoming SUN(中国)162.91 PB
9 Yuzhu GUO / Pengkun ZHAO(中国)150.91 PB
10 Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO(日本)145.35

ココ
ロードオブザダンスなのでハチャメチャに楽しく滑るのが大正解です。脳震盪のこともありますので、あまり激しく踊ると影響があるかもしれないし、滑り込みもできていないので、抑えながらの演技に見えました。妻の分も夫がはっちゃけておきましょう!それこそパパダキスの脳震盪からの復帰時に、シゼロンがカバーして引っ張っていたときのように。

グオジャオ
女性の衣装は昨シーズンの花織のSPっぽい。トワイライト、ウォリスとエドワードを繋げるという少し無理のある編曲でした。2つの映画は関係なく、恋愛ストーリーを演じているのでしょう。背伸びし過ぎても滑りきれないので、シニアに上がりたてで演じるにはよかったと思います。

スコアレ
テストスケートを棄権したので未見のFDであります。昨シーズンペアスケーターたちが滑っていた音源とは別のNever Tear Us Apartです。これもフィフティシェイズオブなんとかの映画からですねあの映画の何がいいのやら。ワンフットステップはほぼ停止状態でターン踏んでて逆にすごいと思いました。スピード出そうとしてもなかなか進まない。最後まで進まないのであった。

エフバジ
スタミナ師匠のバジンさん、そして今シーズン足元が心もとないエフドキモワさん。不安な気持ちを持ちつつも見守っておりましたが、今日の滑りはよかったと思います。ローテーショナルリフトで体力を吐き出しつつもコントロールしながら最後まで滑れましたしね。RDで点差をつけられたスコアレを逆転できて喜んでいました。

チェンサン
前半は不倫カップルのようなネトネトした愛憎劇だけど、ボーカルが入ってからはドラマティックに愛を叫んでいました。きっと妻子を捨てて不倫相手と駆け落ちしたんでしょうね(本当のストーリーは知らない)。それがコレオステップでよく表現できていました。こういうのでええんや。パパシゼのコピーせずに、こういうのでいいの!!!!!!!

ワンリウ
コレオリフトのようなコレオスピンと、縦回転からのストレートラインリフトは中国人の観客は好きですよね。僕も好きですよ。ポジション入れ替えまくるコレオスライディングでも沸いていました。これも僕大好きです。中国人の派手志向と僕の趣味は重なっているのかもしれない。スケーティングで魅せるプロではなく、エレメンツの爆発力で惹き付けます。男性の衣装に黒鳥の羽が付いているのは、王子がオディールに心を奪われたところを表現しているからですね。

ホワベイ
ベートーヴェンの運命フラメンコアレンジ。普通にフラメンコを滑ればいいような気がするのですが、それではいけないのでしょうか。上背がないから変化球での評価狙いとか?この音色だけで付き通すには限界を感じます。ワンフットステップとスピンでミスありましたし、今日はあまりよくなかったです。

シニカツ
男性がツイズルで転倒しないように見守るのはもちろんですが、意外とどちらもポロっとレベル取りこぼしたりするので安心できないのです。ちなみに取りこぼしは男性の方が多いです。ローテーショナルリフトは比較的に上手くいった方ですが、女性の背が高いのでリフトは不安定なんですよね。失敗の前例もありますし、この不安は取り除いておきたいところ。今シーズンもハベドノとの2位争いが楽しみです。これで七強がGPSに出揃いましたが、やはりパパシゼは構成力と男性の技術力が頭2つ抜けています。抜くのは至難の業です。

フルソレ
スケアメに比べると芳しくない出来でした。ツイズルのトラベリングが良くなかったり、リフトでポジションを取る前に一呼吸停滞があるんですよ。だからシニカツの後に滑ってしまうと目立つんですね。背中スケさせるのはシゼロンとお揃いですね。2人並んでみてほしい。

チョクベイ
美しいヘビと、体にヘビの抜けがらを乗せた男。ヘビの成長を見守っているのですね。リフトが不安定な演技が続いたので、マディソン・チョックさんの圧倒的な乗車能力の高さに感服いたしました。男性に乗っかるの自然すぎる。FD1位は見事です。もしかして銀メダル争いに加わっちゃいます?わーい。

チョクベイが危なげなくGPF出場確定です。チョクベイは連戦で、シニカツは今週と来週連戦なんです。ハベドノも連戦でした。シード勢の連戦が異様に多いのは日程の影響でしょうか。来シーズンは米加中仏露日の基本日程に戻ります。連戦しそうなのはハベドノぐらいかな。

フランス国際は調子の上がらないカップルが多かったので、中国杯で良い演技をたくさん観られてよかったです。カメラワークは本当にダメね。来シーズンのグランプリファイナルは北京オリンピックのプレイベントなので不安です。天井カメラはエキシとスロー再生のときだけ使ってください。
back-to-top