FC2ブログ
2019
11.08

中国杯 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)80.90 PB
2 Liubov ILYUSHECHKINA / Charlie BILODEAU(カナダ)68.98 PB
3 Cheng PENG / Yang JIN(中国)68.50
4 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)64.24
5 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)64.08
6 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN(ロシア)63.97
7 Feiyao TANG / Yongchao YANG(中国)61.85
8 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)60.50

タンヤン
3Tw 3T fall 3STh
投げ技は安全と信頼の中国クオリティー。スピンとソロジャンプは危険と疑心の中国クオリティーでございました。地元なのでPCS出ました。地元だから。

イリビロ
3Tw 3T so 3FTh
2人のソロジャンプが噛み合いません。スロージャンプは雑な投げ方で着氷しました。これからは高さと飛距離を出すのが課題ですね。振付はオシャレでよろしゅうございましたよ。

リョムキム
3Tw 3T fall 3LzTh
バイオにはマラゲーニャとの記載がありましたが、滑ったのは軍歌か北朝鮮のプロパガンダ映画で使われていそうな音楽でした。北朝鮮の音楽にしてはかなり現代的で驚きました。安っぽいテクノ音楽以外もあるんですね。しかも以外とステップシークエンスと調和して勇ましいんですよ。日本をどうだこうだーーーってやつに違いない。

エフィコロ
3Tw 3S fall 3LoTh
3Sは女性が転倒しました。アクセルラッソーを下ろしたまま女性が姿勢をキープしているのが、カルミナブラーナの荘厳な音楽に映えます。いい振付。フィギュアスケーターに転生したらカルミナブラーナ滑らなきゃ。

タラダニ
3Tw 3S 3LoTh
演技に関しては今シーズン初見ですが、男性のツルツルにつていは把握していたので驚きません。頭触りたい。ツイストやソロジャンプは昨シーズンまでよりも高さが出なくなりました。演技が綱渡りで怖い。

スイハン
3T 3FTh 3Tw
重役出勤。スイハン比だと滑り込みできていないし、洗練されていないし、エッジワークもディープではないのですが、そんなシーズン序盤モードでも他のペアの絶好調を超えていくんですね。ブルースのプログラムは昔別の曲で滑りましたけど、それよりも力強くてクールな雰囲気です。滑り込みできたときが楽しみ。

デラモデル
3S fall 3Tw 3LoTh
イタリアGPF進出の最後の砦。3Sでは2人とも転倒ということになりました。カペラノ振付なので、ドロドロの愛憎劇を見せてほしいです。カペラノの過剰な顔芸も譲り受けてもらわなければ。シーズンまたいでもスロージャンプは片足着氷のままなので、どうやらタッチ癖は完全に克服した模様。

ペンジン
3T fall 3Tw 3LoTh
3Tで女性が転倒でした。ステップシークエンスはトップペアとしてはいまひとつでした。というのもカメラがショートバリアからのものだったのですが、男性がふわふわと滑っているだけに見えてしまったんですね。加点も+2程度でしたし、特徴的なものが見たいです。ローリーが中国に来ているのでブラッシュアップしてもらいましょう。きっと中国チームで振付担当してもらった選手はみんなやってもらえますよね。お願いローリー様。

スイハンはパーソナルベストを更新しました。グループ5指定のシーズンですし、ネームバリュー&地元という要因もありますしね。これよりいい出来でスコアは低かったら切ない。
back-to-top