FC2ブログ
2019
09.08

JGPリガ杯 3日目 男子リザルト・アイスダンスリザルト

テストスケートの感想はまた後日ということで。

男子LP
1 Andrei MOZALEV(ロシア)145.30 PB
2 Sihyeong LEE(韓国)141.01 PB
3 Daniil SAMSONOV(ロシア)139.34 PB
4 Andrew TORGASHEV(アメリカ)131.16
5 Kao MIURA(日本)125.56 PB
6 Aleksandr SELEVKO(エストニア)124.81
7 Lev VINOKUR(イスラエル)122.03 PB
8 Joseph PHAN(カナダ)115.63
9 Eric LIU(カナダ)114.50 PB
10 Edward APPLEBY(イギリス)111.02 PB
11 Yauhenii PUZANAU(ベラルーシ)104.87 PB
12 Basar OKTAR(トルコ)104.75
13 Tom BOUVART(フランス)101.14 PB
14 Kornel WITKOWSKI(ポーランド)100.97 PB
15 Oliver PRAETORIUS(スウェーデン)99.81 PB
16 Nikita MANKO(カザフスタン)98.19
17 Liam KAPEIKIS(アメリカ)97.57 PB
18 Alexander ZLATKOV(ブルガリア)87.96 PB
19 Nikolaj MEMOLA(イタリア)86.37 PB
20 Andrey KOKURA(ウクライナ)80.25 PB
21 Evan WRENSCH(南アフリカ)68.71
22 Lucas STRZELEC(デンマーク)64.19
23 Azizmurod SHABAZOV(ウズベキスタン)63.63 PB

男子リザルト
1 Andrei MOZALEV(ロシア)223.72 PB
2 Sihyeong LEE(韓国)218.31 PB
3 Daniil SAMSONOV(ロシア)211.62 PB
4 Andrew TORGASHEV(アメリカ)196.23
5 Aleksandr SELEVKO(エストニア)194.00
6 Joseph PHAN(カナダ)189.72
7 Lev VINOKUR(イスラエル)186.97 PB
8 Kao MIURA(日本)185.50 PB
9 Eric LIU(カナダ)174.07 PB
10 Edward APPLEBY(イギリス)169.79 PB
11 Basar OKTAR(トルコ)164.96
12 Liam KAPEIKIS(アメリカ)162.33 PB
13 Nikita MANKO(カザフスタン)156.46
14 Yauhenii PUZANAU(ベラルーシ)154.18 PB
15 Oliver PRAETORIUS(スウェーデン)153.71 PB
16 Kornel WITKOWSKI(ポーランド)152.81 PB
17 Tom BOUVART(フランス)150.65 PB
18 Alexander ZLATKOV(ブルガリア)149.66 PB
19 Nikolaj MEMOLA(イタリア)135.19 PB
20 Andrey KOKURA(ウクライナ)120.99 PB
21 Evan WRENSCH(南アフリカ)114.23 PB
22 Lucas STRZELEC(デンマーク)107.69
23 Azizmurod SHABAZOV(ウズベキスタン)99.00 PB

三浦
2S 4T 3A shaky 1A-2T 3F-3T 3F 2A-1Eu-3S
4Sと3Aの抜けで約15点がさようならしました。後半は調子がよかったです。4Tも含めて構えることなくテンポよくジャンプを踏み切りますね。全部ジャンプを決めたらめちゃくちゃ気持ちよさそう。

エリック
3A df 3T hd 3Lz-2T 3A ot-2T 3Lo 2A-1Eu-3S 3Lz fall
ジャンプの癖が強いため、ジャンプの度に流れが途切れます。それで成功すればGOEでプラスを得られるのですが、マイナス評価のジャンプが多いです。ステップシークエンスは四季の冬でドラマティックに決めたいところですが、曲負けしていました。お父さんがアイスダンサーだけあって膝の使い方はいいのですが、音楽にも遅れているし合わない。吹雪に埋もれている。

ヴィノクル
3Lz 3T 3F 2A-2T 3Lo 3Lz-1Eu-3S 2A-3T fall
タラソワが所蔵していそうな古めかしい音源でひどい編曲のプログラムを滑りました。しかし許されるのだ。なぜかって?それはかわいいからです。かわいければすべてが許されるです。2A-3Tの転倒さえもかわいい。先生にかけよってマシンガントークかますところもかわいい。新しいショタ神の誕生である。

サムソノフ
3A hd 4Lz fall 3F-3T 2A 3Lz-3Lo 3F-1Eu-3S 3Lz fall
3Aはお手付き、4Lzは回転不足で転倒でした。テストスケートではジャンプは失敗しまくったもののスピード感のある滑りで魅せてくれましたが、今日は後半の勢いがなかったです。彼の魅力は出しきれなかったです。

セレフコ
3Lz 2A-3T 1Lo 3A 3Lz-3T 2A 3F-1Eu-2S
顔がきれいな男子はノートルダムドパリ滑っちゃいけないって、私7年前に言いましたよ?衣装に大聖堂がプリントしてあります。朝焼けの大聖堂ですかね。雄大な助走から2A-3Tを着氷しました。これは元々の予定なのか分かりませんが、抜けたなら後半でリカバリーしたということだし、予定通りでも加点が付くものだったのでOK。終盤のDanse mon Esmeraldaの差し込み方の強引さは素晴らしかったです。どうしても滑りたかったんだな。

トルガシェフ
4T shaky 3A fall 3T 3F 3Lz-1Eu-3S 3Lo fall 3Lz
2クワド構成は回避です。なかなか全部のジャンプが入らないものだ。派手に動いても体がブンブン振り回されなくなったのは昨シーズンからの大きな成長です。ムーランルージュ滑ってるときのコントロール不能っぷりは強烈でした。本来なら155点ぐらい狙える選手ですから。

シヒョン
3Lz-3T 3A hd 3F 3Lo 2A-3T 3Lz 2A-1Eu-3S
3Lz-3Tでは腕がまっすぐ上に伸びていました。185cmの長身なので迫力がありました。タノ上手。ややスピード感に欠ける部分はありましたが、彼の力は出し切れた演技と言えます。韓国絶好調。

ジョセフ
4T-2T 3A fall 2T 3Lo 2A-3T fall 3Lz-1Eu-3S hd 3F shaky
ベートーヴェンの皇帝でした。冒頭の雰囲気ではカナディアンスケーティングと壮大な楽曲がベストマッチする予感がしました。しかしジャンプの失敗とともに減速し、後半は完全にBGMと化しました。皇帝なのにユニクロミオみたいな衣装なのはなぜ。皇帝の座を追われてしまったの?

モザリョフ
4T-3T 4T shaky 3Lo ot 3A shaky 3A so 3Lz-1Eu-3S 3F
1個ぐらいこういったザ・ロシアなクレイジープログラムがないとつまらないし、1人で突っ込みながら観られるからありがたい。転倒と抜けがなかったのが勝利の要因です。この激ヤバメンツの大会で優勝できたのは大きいです。昨シーズンは1大会目で優勝して2大会目で6位でしたから、今度こそJGPFに行きたいでしょうね。

3大会を終えて
日加露
日加露
露韓露
という表彰台です。モザリョフは実質日本人だな!そしてシヒョンは実質カナダ人だ!

アイスダンスFD
1 Maria KAZAKOVA / Georgy REVIYA(ジョージア)102.01 PB
2 Elizaveta KHUDAIBERDIEVA / Andrey FILATOV(ロシア)100.46 PB
3 Sofya TYUTYUNINA / Alexander SHUSTITSKIY(ロシア)91.97 PB
4 Natalie D'ALESSANDRO / Bruce WADDELL(カナダ)90.44 PB
5 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)89.99 PB
6 Molly CESANEK / Yehor YEHOROV(アメリカ)86.48 PB
7 Anne-Marie WOLF / Max LIEBERS(ドイツ)80.59 PB
8 Marie DUPAYAGE / Thomas NABAIS(フランス)80.11 PB
9 Angelina KUDRYAVTSEVA / Ilia KARANKEVICH(キプロス)79.87 PB
10 Mariia NOSOVITSKAYA / Mikhail NOSOVITSKIY(イスラエル)75.77
11 Isabel McQUILKIN / Jacob PORTZ(カナダ)75.13 PB
12 Darja NETJAGA / Marko Jevgeni GAIDAJENKO(エストニア)73.97 PB
13 Erin GILLIES / Joshua TARRY(イギリス)69.44 PB
14 Elisabeta KORINKOVA / Tomas MORAVEC(チェコ)64.56 PB
15 Katica KEDVES / Fedor SHARONOV(ハンガリー)61.36
16 Jeongeun JEON / Sungmin CHOI(韓国)59.35 PB
17 Martina ROSSI / Adriano ROSSI(スペイン)58.81 PB
18 Elvira NIKOLOVA / Dane Francis AYERS(ブルガリア)53.63 PB
19 Arina PAVLISHCHUK / Alexandr KUROPATKA(ウズベキスタン)50.65 PB

アイスダンスリザルト
1 Elizaveta KHUDAIBERDIEVA / Andrey FILATOV(ロシア)165.59 PB
2 Maria KAZAKOVA / Georgy REVIYA(ジョージア)165.26 PB
3 Sofya TYUTYUNINA / Alexander SHUSTITSKIY(ロシア)152.79 PB
4 Natalie D'ALESSANDRO / Bruce WADDELL(カナダ)152.12 PB
5 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)141.51
6 Molly CESANEK / Yehor YEHOROV(アメリカ)140.27 PB
7 Marie DUPAYAGE / Thomas NABAIS(フランス)134.09 PB
8 Anne-Marie WOLF / Max LIEBERS(ドイツ)130.44 PB
9 Mariia NOSOVITSKAYA / Mikhail NOSOVITSKIY(イスラエル)128.15 PB
10 Angelina KUDRYAVTSEVA / Ilia KARANKEVICH(キプロス)125.69 PB
11 Isabel McQUILKIN / Jacob PORTZ(カナダ)121.83 PB
12 Darja NETJAGA / Marko Jevgeni GAIDAJENKO(エストニア)115.91 PB
13 Erin GILLIES / Joshua TARRY(イギリス)112.37 PB
14 Elisabeta KORINKOVA / Tomas MORAVEC(チェコ)106.56 PB
15 Katica KEDVES / Fedor SHARONOV(ハンガリー)103.59
16 Jeongeun JEON / Sungmin CHOI(韓国)93.57 PB
17 Martina ROSSI / Adriano ROSSI(スペイン)92.80 PB
18 Arina PAVLISHCHUK / Alexandr KUROPATKA(ウズベキスタン)88.54 PB
19 Elvira NIKOLOVA / Dane Francis AYERS(ブルガリア)85.06 PB

ゴルベロ
今日もテッドおじさんに、2年目のジュニアグランプリシーズンと言われてしまいました。6年目です。白鳥と死の舞踏の世にも奇妙なサンサーンスメドレーでした。ローテーショナルリフトはもう少し移動距離が欲しかった。いや、全体的にエレメンツの移動距離がもっと欲しい。最後の音楽の切り方すごかった。じゃんっ!じゃねえよ。でもちょっとおもしろかったから変えないでほしい。

セサネク&イェホロフ
別々の歌手の曲を1人の歌手がカバーしていました。また心に響かない系YouTuberかと思ったけど上手かったです。オーディション番組出身者でした。音源小姑の私に文句つけさせないなんて、あなたやるじゃない?RDとは別人のようにいい滑りでした。ツイズルのファーストとセカンドの繋ぎがよかった。ワンフットステップの終わり方はシャープでかっこよかった。男女のコネクションを感じる演技でした。もっと高い評価でもいいのに!

デュパヤージュ&ナバイ
とりあえずこれやっときゃGOEのプラスもらえるだろ!というエレメンツを入れないので、なかなかGOE獲得には苦労していたように思います。コレオステップは男女の交差やミラーが1か所もなく、常にサイドバイサイドでした。コレオスライディングは男性が膝をついて、男性にもたれかかった女性をプッシュするような形です。転調に対応するのも難しそう。観る方は楽しいけど点数取るのが大変だ。

チュチュニナ&シュスティツキー
サードツイズルの後に女性がニースライドをして男性に起こしてもらう振付がいいですね。起こし方をもっとロマンティックにしてもいいんじゃないかと思います。ローテーショナルリフトを下ろすところでミスったのはご愛嬌。

カザレビ
演技冒頭で男性が女性を真上に投げて体の前から後ろに移動させました。こういうことやっていいのか。小さなリフトから入るダンススピンの入りゴージャスでした。ダンススピンで魅せるのってとても難しいのに。そしてコレオステップの頭で2人が片手で側転しました。これには会場から大歓声です。すごかった。ルールのギリギリの部分を攻めていました。終盤男性がバテていたので、最後までキレキレで動けるともっとかっこよくなりますね。いいぞーーー。

ダレッサンドロ&ワデル
ツイズルはめちゃくちゃ失敗しました。コレオスライディングは女性がスライディングして起き上がってもう1度スライディングしました。ダブルスライディングですね。僕はコレオスライディングは派手であればあるほど喜びます。RDは女性の技術が目立ちましたが、FDは男性の躍動感に目が行きました。

フダフィラ
ビートを入れないと減点食らってしまうためスネアドラムさんがお仕事をしました。演技に集中ができないよ。1曲だけで通しても退屈に感じなかったのは、常に動きまわっていたからですね。ギニャファブの四季を思い出しました。世界ジュニア選手権の表彰台争いをすることは間違いないです。フダイベルディエワさんはゲレイロみたいに別々のパートナーでメダリストになるんだ。ゲレイロコースだ。つまりいずれオリンピックに出るんだ。FDが2位だったのでしょんぼりしてたら最終順位1位で大騒ぎでした。

次戦はロシア帝国チェリャビンスク開催です。裏ではオータムクラシックとロンバルディア杯もあります。美味しいところだけつまむとしよう。
back-to-top