FC2ブログ
2019
08.25

JGPクールシュヴェル 3日目 男子リザルト・アイスダンスリザ ルト

元気いっぱい!!!!!!!!!!!!!!!!!

男子LP
1 Yuma KAGIYAMA(日本)154.26 PB
2 Andrei KUTOVOI(ロシア)135.96 PB
3 Aleksa RAKIC(カナダ)131.17 PB
4 Egor RUKHIN(ロシア)127.80 PB
5 Mark GORODNITSKY(イスラエル)124.43
6 Matthew NIELSEN(アメリカ)116.52 PB
7 Denis GURDZHI(ドイツ)115.75 PB
8 Maxim NAUMOV(アメリカ)115.68 PB
9 Yudong CHEN(中国)112.88 PB
10 Micah Kai LYNETTE(タイ)110.37
11 Iliya KOVLER(カナダ)108.38
12 Francois PITOT(フランス)95.63 PB
13 Yakau ZENKO(ベラルーシ)92.98 PB
14 Jakub LOFEK(ポーランド)81.38 PB
15 Douglas GERBER(ニュージーランド)80.82 PB
16 Corentin SPINAR(フランス)79.74 PB
17 Omer Efe SAYICI(トルコ)77.99 PB
18 Hlib SMOTROV(ウクライナ)76.47 PB
19 Lucas STRZELEC(デンマーク)72.92 PB
20 Leon AUSPURG(スイス)70.37 PB

男子リザルト
1 Yuma KAGIYAMA(日本)234.87 PB
2 Aleksa RAKIC(カナダ)200.71 PB
3 Andrei KUTOVOI(ロシア)198.06 PB
4 Egor RUKHIN(ロシア)196.31 PB
5 Mark GORODNITSKY(イスラエル)190.75
6 Matthew NIELSEN(アメリカ)186.71 PB
7 Maxim NAUMOV(アメリカ)179.15 PB
8 Denis GURDZHI(ドイツ)178.54 PB
9 Yudong CHEN(中国)175.67 PB
10 Iliya KOVLER(カナダ)169.62
11 Micah Kai LYNETTE(タイ)166.25
12 Francois PITOT(フランス)150.03 PB
13 Yakau ZENKO(ベラルーシ)147.14 PB
14 Hlib SMOTROV(ウクライナ)127.49 PB
15 Douglas GERBER(ニュージーランド)123.41 PB
16 Jakub LOFEK(ポーランド)121.45 PB
17 Omer Efe SAYICI(トルコ)118.92 PB
18 Corentin SPINAR(フランス)117.06 PB
19 Lucas STRZELEC(デンマーク)115.56 PB
20 Leon AUSPURG(スイス)112.99 PB

BJ近影

僕の知っているブライアン・ジュベールさんじゃない

クトヴォイ
2A 3S 3F 3Lo-2T 3Lz-3T 3Lo 3Lz-2T-2Lo
ノーミスのクリーンプログラムでした。現在の構成でやれることはやりきりました。チェック姿勢でフリーレッグがしっかりと伸びて堂々としている様がかっこいいです。明るい未来を勝ち取ろうとする若者の姿ですね。第3グループの最初というよろしくない滑走順ながら7点台を3つももらえました。彼の選手としての未来も明るいです。

ナウモフ
3A fall 1A-2T 3T 3Lo-2T 3Lo 2A-1Eu-3S 2A
3Lzも3Fも持っていません。偏ったジャンプ構成でした。この構成なので3Aを成功させないとハイスコアは望めません。3Aだけでなくジャンプの構えが長いので、成功させないとその部分がスカスカに見えてしまいます。ダイナミックさは感じました。

ユドン
3Lz-3T 2A 3F 3Lz fall 3F so 3Lo 3S-2T-2Lo
非常に飛距離のある3Lz-3Tを持っています。前半はよかったです。3Lzを回転不足で転倒してから調子が狂ってしまったでしょうか。フライングシットスピンは体重がかかとにかかって着氷で転倒しました。

ルヒン
3A so 3F 3Lo-1Eu-3S 2A 3A fall 3Lz-2T 3Lz-3T
3Aは2本とも失敗です。つけられなかったコンボを終盤でもリカバリーしました。ここはさすがエテリの生徒ですね。どこでも付けられます。ジャンプを降りるための構成なので全部決まらないと印象よくないですかね。

ゴロドニツキー
3A fall 3F 2A so 3Lz-3T 3Lo 3F-2T 2A-1Eu-3S
ジャンプの助走が短いです。3Aはさらっと踏み切って、さらっと転倒しました。転倒が幻覚かと疑うほどです。3Aから最後までずっと曲の雰囲気が変わらないので、ジワジワと体力が切れていくのがよく分かりました。彼の弱点を隠せるような構成の方がよかったのかもしれない。

ラキッチ
3Lz-3T 2A 3Lo 3Lz 3F-2T 3S-3T 2A
強引なラフマニノフメドレーを大きなミスなく滑りきりました。今日もめちゃくちゃケビン・レイノルズさんでした。ジャンプ!という感じでした。衣装に無数の巨大ヒルがくっついていました。

ニールセン
3Lz-3T 3Lz hd 3F 2A-3T 2Lo fall 2S 2A-2T
アルマゲドンじゃないか!!!!!男臭い演技を期待しましたが、走って跳んでの繰り返しでした。それでもミスがなければ表彰台に届いていたでしょうが、抜けが重なってゲームセット。LPをノーミスで滑ることがいかに難しいか分かります。次はノーミスで地球を隕石衝突の危機から救ってください。

鍵山
4T ot-2T 3F 4T 3A-1Eu-2S 3F-3T 3Lz 3Lo
4T2本も入れてきました。1本目はオーバーターン入りで、2本目は爆裂加点付きの成功です。3Aはステップアウト風を上手く誤魔化しました。これは構造の問題で2クワド構成にするとジュニアは表現する余裕がほとんどありませんね。ステップシークエンスでは前半の疲労が作用したのかSPよりも動けていなかったように見えますし。3Lzまでの選手もクトヴォイぐらい上手くないと表現する時間の余裕がなさそう。それでも今回の出場選手では圧倒的に上手かったです。合計得点では昨シーズンのゴゴレフのJGPFや樋渡の世界ジュニア選手権の特典を上回っています。リセットされてたった2シーズンの中でですけどジュニア歴代最高ということですね。これからの成長がますます楽しみです。ジュニア上位勢の外国選手が1人も出場しないラッキーにも恵まれましたが1勝は1勝。JGPF進出に向けて快調な滑り出しです。

鍵山は3F2本にアテンション、3Lzにeマークがついてこのスコアです。エッジエラーも取りこぼしもなく、この構成を完璧に滑ると165は出せます。エラーさんとの対決がんばれ。

アイスダンスFD
1 Elizaveta SHANAEVA / Devid NARYZHNYY(ロシア)100.14 PB
2 Loicia DEMOUGEOT / Theo le MERCIER(フランス)97.23 PB
3 Emmy BRONSARD / Aissa BOUARAGUIA(カナダ)92.98 PB
4 Ekaterina KATASHINSKAIA / Aleksandr VASKOVICH(ロシア)90.76 PB
5 Katarina WOLFKOSTIN / Jeffrey CHEN(アメリカ)89.03 PB
6 Lou TERREAU / Noe PERRON(フランス)86.47 PB
7 Carolina PORTESI PERONI / Michael CHRASTECKY(イタリア)85.21
8 Olivia McISAAC / Corey CIRCELLI(カナダ)83.42
9 Villo MARTON / Danyil SEMKO(ハンガリー)81.62
10 Celina FRADJI / Jean-Hans FOURNEAUX(フランス)78.33
11 Lara LUFT / Stephano Valentino SCHUSTER(ドイツ)78.28 PB
12 Xizi CHEN / Jianing XING(中国)75.52 PB
13 Elizabeth TKACHENKO / Alexei KILIAKOV(アメリカ)75.37 PB
14 Angelina KUDRYAVTSEVA / Ilia KARANKEVICH(キプロス)67.09 PB
15 Sofiia LYZOHUB / Danylo YEFREMENKO(ウクライナ)66.95 PB
16 Karina SIDARENKA / Maksim YALENICH(ベラルーシ)60.15
17 Olivia OLIVER / Joshua ANDARI(ポーランド)59.16 PB
18 Sofia VAL / Linus Colmor JEPSEN(スペイン)57.92 PB

アイスダンスリザルト
1 Elizaveta SHANAEVA / Devid NARYZHNYY(ロシア)163.90 PB
2 Loicia DEMOUGEOT / Theo le MERCIER(フランス)161.01 PB
3 Ekaterina KATASHINSKAIA / Aleksandr VASKOVICH(ロシア)151.65 PB
4 Emmy BRONSARD / Aissa BOUARAGUIA(カナダ)151.36 PB
5 Katarina WOLFKOSTIN / Jeffrey CHEN(アメリカ)147.93 PB
6 Lou TERREAU / Noe PERRON(フランス)143.30 PB
7 Carolina PORTESI PERONI / Michael CHRASTECKY(イタリア)138.81
8 Villo MARTON / Danyil SEMKO(ハンガリー)137.79
9 Olivia McISAAC / Corey CIRCELLI(カナダ)133.78
10 Celina FRADJI / Jean-Hans FOURNEAUX(フランス)128.77
11 Lara LUFT / Stephano Valentino SCHUSTER(ドイツ)126.60 PB
12 Elizabeth TKACHENKO / Alexei KILIAKOV(アメリカ)122.65 PB
13 Xizi CHEN / Jianing XING(中国)121.94 PB
14 Angelina KUDRYAVTSEVA / Ilia KARANKEVICH(キプロス)113.75 PB
15 Sofiia LYZOHUB / Danylo YEFREMENKO(ウクライナ)110.77 PB
16 Sofia VAL / Linus Colmor JEPSEN(スペイン)104.28 PB
17 Karina SIDARENKA / Maksim YALENICH(ベラルーシ)104.12 PB
18 Olivia OLIVER / Joshua ANDARI(ポーランド)99.36 PB

マクアイザック&サーセリ
黒の素敵な背中ざっくりドレスです。男性は漆黒でつまらないです。今日も男性がワンテンポ遅いぜ。コレオステップは一番盛り上げないといけないのに体力が残っていないので、文字通り死の舞踏になってしまって。ボーカル入りの死の舞踏は新鮮でした。退廃性が演出されていて嫌いじゃないです。

セリーナ&ジャンアンス
ワンフットステップ男性が丁寧でいいなーと思ったらレベル4!やりますわね。しかも15歳でできているのがすごい。褒めたらフランス伝統のツイズル炸裂されてしまった。ローテーショナルリフトが素敵でした。出で男性がくるっと1回転しているので、リフトをプログラムの流れに組み込もうとしているのが分かります。フランス勢のコレオツイズルは心臓に悪いです。転倒しないでくださいね。手を繋いだときのたどたどしさはまだ感じますがオシャレな演技をするカップルだと思いました。

ルーノエ
スピンがめちゃくちゃ早かったです。男性の衣装にロープのようなものが巻きついていたので、スピンも相まってメリチャリのサムデリを思い出しました。初代衣装ダサかった。演技の終盤にツイズルを配置するリスキーなプログラム演じ切りました。名前簡単だから覚えられました。

ポルテジペローニ&クラステッキー
みんな大好きIo ci saro。頭の中では誰かがガッツポーズ。雄大なミッドラインステップいいよ~ツイズルはレベルを取りこぼしながらもまとめた。おや?様子がおかしい。続くローテーショナルを下ろしてニースライドをしたところ体力が危険水域に。コレオステップで尽き、ストレートラインリフトをグラつかせるという流れでした。体力!!!!!つけよう!!!

ウォルフコスティン&チェン
ステーショナリーリフト、スピン、コレオリフト。回転させるエレメンツの使い方が絶妙です。女性が表現面を9割ぐらい担っているように見えます。男がんばれ!ツイズルは回転の度に2人が離れていきました。ツイズル教えるの上手いのはシュピルバンドではなくズエワだったのか。

エミー&アイサ
ボウイメドレーでした。僕の大好きなSpace Oddityを使ってくれたので嬉しかったです。スパイラルやニースライド、そこからのローテーショナリーリフトで無重力感を表現していました。めっちゃいいじゃん!と思っていたら、どんどんノリノリにおかしくなっていきました。マリロマのブルーノ・マーズ有名曲突っ込んでみましたメドレーよりさらに意味が分からない。きっと僕の理解力が足りないせいだろう。RDで失敗したツイズルは近い距離できれいに回転しました。ミッドラインでスタンブルしましたけども。

シャナナリ
ファーストとセカンドツイズルの間のジャンプもオシャレ。ローテーショナルのポジションチェンジもオシャレ。ワンフットステップの入り方オシャレ~。男性が女性を引きずるようなムーブメントから入ったんです。もはやスライディングではなくローリングに見えるコレオスライディング。テストスケートから変更することなくやってくれました。大好き!最高!膝ついたスライディングに甘んじているカップルたちよ。これぐらいやるのだ!オシャレ成分とダイナミックコレオローリングが同居したいいプログラム。

カタヴァス
美脚を堪能させてもらいました。ダンススピンのビールマンポジションはよく足が上がっていました。まさかの転倒はありましたが、ステップシークエンスではなくトランジションの最中だったので大きな失点にはなりません。暫定2位に踏み止まって涙。ロシアは派遣勝ち取るの大変ですものね。

ロワテオ
なんだこのズンドコビート。でもズンドコビート程度で突っ込むのは早かった。西暦2200年のカルメン滑ってる。どこがすごいとか独創的とか言及できない。観たことのないものが多すぎて脳が処理できません。7か月かけてゆっくりと噛み砕きます。ジュニアながら競技の可能性を押し広げようとしています。かっこいいわ。

忙しくて全部観られない方は最終グループの5組観てください。もっと忙しい方は1位と2位を観てください。アイスダンス最後の最後で爆弾投下してきました。衝撃で吹き飛ばされました。

次週はレイクプラシッドです。最終日は夜11時に始まって朝9時に終わります。ひでえ。こんなん寝るわ。
back-to-top