FC2ブログ
2018
10.20

立野在 引退

アイスダンス日本代表立野在が引退、そして深瀬理香子とのパートナーシップ解消を発表しました。

以下文字起こし

みなさんこんにちは立野在です。お久しぶりです。

何で僕がインスタグラム、その他SNSを休止していたのかを説明しようと思います。

立野在深瀬理香子さんはパートナーシップを解消しました。みなさんに公開できるまで、自分の心を整理して、区切りをつけられるまで休止していました。

解散理由を申し上げますと、僕の肩の怪我というのが理由です。肩の怪我で、いつ競技復帰できるかの目処が立っていないんです。その状態だと、理香をずっと待たせることになるし、競技復帰できる確証もなかったので、解散を申し出ました。

解散にあたって、この度立野在は競技からの引退を決断しました。この引退の理由も肩(の怪我)です。

時系列を追って肩の怪我について説明します。まず去年の5月、振付中に事故をして、肩が何度か外れていました。医者に行ったところ、関節唇損傷で手術が必要だと言われました。おすすめはしないけど、リハビリをして競技を続けることもできなくはないと言われました。先シーズンはシニア1年目ということもあり、大事なシーズンになると思ったので、怪我と付き合いながら、痛み止めを飲み、だましだましでシーズンを通しました。

2月に日本で手術を受け、半年間リバビリをして、8月2日にモントリオールに戻りました。その時には競技復帰していいよとの話だったので、氷に乗って滑っていたんです。カナダに戻って練習初日に、氷に乗って1時間経ったころ、組んで滑っていたところ、足元がぐちゃぐちゃとして僕が転んで肩が外れてしまいました。

後日、カナダの医者に行ってレントゲンとMRIを撮りまして、診断を受けたところ、今度は関節唇剥離していました。だから今、僕は組織がなくて(肩が)外れやすい状況でした。治すには手術が必要ですが、競技をすることができるかもしれないという状態でした。だから、リハビリを6週間おこなうスケジュールを立てていました。そして中日の3週間目、リハビリ中に肩が外れてしまいました。そこで心がポッキリ折れちゃいました。元々関節が緩い体質だったので外れやすかったのかなと思うんです。リハビリの中日で外れちゃった時に、これは手術だと思い、そこで理香にも「ちょっと無理そうだ」と解散の話をしました。

そこから残りの3週間は日常生活に復帰するためのリバビリをずっとしていました。今、日本に戻ってきているんですけど、先日僕の肩の手術をしてくれた先生に診察をしていただいて、治すのであれば手術しかないということでした。僕はその手術を受けたくないんですよ。なぜかというと、前回受けた手術よりも大きな手術になって、ある程度、肩の稼働域を犠牲にしないといけないんです。競技にも支障が出ますし、もちろん日常生活にも支障が出てしまいます。どちらかというと、そちらの方が耐えられないと思ったので、今回、引退という決断をしました。

理香はまだ(競技を)続けると思います。今後も応援してあげてください!

まずは本当に深瀬立野組を今まで応援してくださった方々には、本当に申し訳ないです。それと同時に今までありがとうございました。今後僕はスケートに何かしら関われたらいいと思うんですけど、まだ学生なので勉強して、その後いろいろと考えてはいます。

なぜインスタライブ・映像という形にしたかというと、あまり文字だけというのが好きではなくて、文字だと誤解されることが多少あると思います。だから、自分の言葉で伝えた方がいいんじゃないのかな?と思い、インスタライブにしました。

また機会があればお会いしましょう。

- - - - - - -

2週間ほど前にインスタグラムに思わせぶりな投稿をした際に、なんとなく察していました。りかあるの解散、そして立野アルバートの引退を本当に残念に思います。しかしながら、本人からの言葉にあるように、肩の怪我という理由がある以上仕方がありません。アイスダンスに情熱を燃やすアルバートは頼もしかった。理香子ちゃんに新しいパートナーが見つかり、また元気な姿を見せてくれればと思います。お疲れさまでした。フィギュアスケートTVでスーさんが悲しむでしょうね。

本人の言葉にあるように文字だけだと、100%正しい意味は伝わらないと思うので、ぜひインスタライブの録画をチェックしてみてください。24時間以内なら大丈夫なので、明日の14時ぐらいまでには観ておいてください。また、インスタグラムには「時間的に見れないという方にも見ていただきたいと思っているので、アーカイブを残すなり、後日編集した動画を投稿するなり何かしらします。」との本人からのコメントがあるので、後日別の形でチェックできると思います。

https://www.instagram.com/arutateno/
back-to-top