2018
03.22

世界選手権 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Q Aljona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)82.98 PB
2 Q Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)81.29
3 Q Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)75.32
4 Q Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)74.38 PB
5 Q Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)72.53
6 Q Cheng PENG / Yang JIN(中国)71.98
7 Q Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)71.62 PB
8 Q Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)71.37
9 Q Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)71.31
10 Q Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)70.49
11 Q Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)69.55
12 Q Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)66.32
13 Q Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)66.29 PB
14 Q Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)65.21 PB
15 Q Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)65.02
16 Q Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)63.26 PB
17 Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY(アメリカ)61.48 PB
18 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)59.98
19 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)58.44
20 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)58.36 PB
21 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU(クロアチア)57.25 PB
22 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)55.68
23 Ioulia CHTCHETININA / Mikhail AKULOV(スイス)53.62 PB
24 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA(日本)53.33
25 Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV(フランス)51.94
26 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)42.85
27 Zoe JONES / Christopher BOYADJI(イギリス)42.02
28 Elizaveta KASHITSYNA / Mark MAGYAR(ハンガリー)36.33 PB

ステバー
3Tw 3T 3LoTh td
スローループの着氷でタッチダウン。ネームバリューのあるペアですと加点の範囲内ですが、ちょっと厳しい。北米ペアらしい演技でした。メガネコーチのチームなのにロヒーン振付。どおりでしつこさが薄い。

ホッケ組
3T 3Tw 3LoTh
ツイストはいつもの抱えてしまう形。スローはよかったです。ペアとしてかなり慣れてきたように見えました。オリンピックから1か月しか経っていないのに上達しました。ホッケさんはこれからさらに美人になりそう。

アナマル
3T 3Tw 3FTh
3Tタイミングピッタリ。ツイストがすさまじい上達っぷり。ふんわりと非常に高さのあるツイストに変わっていました。とてもリチャードのチームの指導を受けているとは思えない。逆にリチャードにツイストのノウハウ教えて、カナディアンツイストの底上げをしてもらいたい。調子が上がってきたのか、滑りもさらに滑らかになりました。ビダージュの髪の分け目変更も正解である。未来は明るい。チェコ人の頭皮のように。

リョムキム
3Tw 3T 3LoTh
ちうごくばりのツイストをするペアですが、今日はキャッチが上手くいかずあまり加点は得られていないです。3Tやステップのユニゾンは見事でしたし、動きキレキレでした。オリンピックほどのスピード感は見られなかったです。四大陸から2人とっては経験したことのない連戦でしょうし、疲れがあるのかもしれません。

ルエウル
2Tw 3T so 3LoTh
元々男性も女性も衣装が違い、女性はスカート衣装だったのですが今日はパンツに。この男氏のフットワークとても上手で、エッジの倒し方に惚れ惚れします。将来性ありまくりまクリスティー。

海龍
3Lz 3Tw 3STh so
3Lz着氷しました。今後は踏み切りも揃えていかないとですね。ツイストは少しずつ質が上がっていただけに、今日はキャッチのミスが目立ちました。足元のユニゾンはいいので、今後は体の角度などを揃えるなど、さらに細かな部分までに気を使わなければいけません。

バルマエ
3Tw 3S 3FTh
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおまた上手くなってる!!!成長速度パネエ。デススパイラルのレベル取りこぼしと低速ペアスピンで尻すぼみ感はありますが、まだまだ上手くなるはず。組んですぐのシーズンでこれだぜ?ガシガシスロー降りて、女性も得意ではなかったはずのジャンプ降りて。よし、まずはユーロのトップ10だ。

アスロゴ
3S 3Tw 3FTh
ロゴノフが3S堪える。ステップの最後の最後でロゴノフがパッション余ってスタンブルしかけましたが、なんとか誤魔化せました。GOEはプラスの範囲内で収まると思います。ロシアらしい力技の編曲ですが、振付がいいから許せちゃう。これはテストスケート通してもいいよ。

ペンジン
3T 3LoTh 3Tw
ペンちゃんがショートカットになっている。なるほどダン・ジャンさんのパワーを得ようということですね。確かに彼女はジャンプが上手かった。現に今日は3Tがクリーンに成功していますもの。ショートカットにして前髪を垂らしているので、スタートのポーズがかっこよく決まるんだな。タンゴから昨シーズンのコミカルプロに戻したのが功を奏しました。いくら急進的新プロ派の僕でも、あそこまで合ってなくてPCSが急落してしまったプロを滑ってほしいとは思わないです。ペンジンらしい演技が見られました。

アレウィン
3Tw 3T 3FTh shaky
ツイスト、3Tといい質のエレメンツが続きました。リフトがそれほどだったのと、スローフリップの着氷が乱れたのがTESを伸ばしきれなかった原因。ステップでの動きの思いきりのよさはよかった。ウィンザーがエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤさんをリード不能になりそうな部分がありました。がんばれウィンザー。

シメクニ
3Tw 3S 3FTh
邦衛さんが3Sをクリーンに降り、なんならシメカの方が危ないぐらいでした。スローフリップも無事に降りました。ここでよぎったのがオリンピック団体戦SP。確かあの時は3S降りてリフト下ろすの失敗したんですよ。そして今日!下ろすの失敗しましたあああああああああああああああ二度あることは三度ある。邦衛さんが「リフトミスってすんまそん」と謝って、シメカにいいこいいこされていました。はいはいラブラブ。

モーマリ
3Tw 3LoTh 3T
すべてがクリーンに入りました。モーマリに関しては失敗する方が珍しいので、安心して見られるペアの1組に成長しました。なんだったら上位ペアよりも安心。演技を終えて感極まっていたようですが、何か不安な部分があったのかもしれません。

白鳥組
3Tw 3T 3FTh
ツイストでもたれかかってしまったので、この僅差の戦いでは・・・とヒヤリとしました。でもそこからですね。ジャンプ成功したのはもちろんですが、PCSが7点台中盤まで伸びてきているわけですよ!!!そうかそうか、ジャッジもこの牧歌的超絶人畜無害ハッピープログラムが好きか。いいよなこれ。

マルホタ
3S 3Tw 3FTh so
酒ひっかけてきたんじゃないか?ってぐらいテンションの高いホタレックさん。6分練習からすでに優勝した勢い。3S降りた時は本当にメダリストになってしまうんじゃないか?と思いました。そしてツイストで詰まり、鉄板のスローでステップアウトの致命的なミス。ステップの躍動感は素晴らしかったです。満点が出てもおかしくない質の高さでした。パフォーマンス力があるだけでなく、ペアとしてのユニゾンも飛躍的に向上しています。そりゃPCSも伸びますがな。ノーミスなら75ってところでしょうか。

セガビロ
3Tw df 3S fall 3FTh fall
まさかの3ミス。今のペアでは1ミスで通過ギリギリなのでね・・・・・ビロドーがコフトゥンのようになってしまった。

ユージャン
3T 3Tw 3LoTh hd
課題のシャオユーの3Tが成功しました!!!!!しかもきれいなやつです。と思ったら鉄板のスローループでまさかのお手付き。GOE+2以上取れるところでGOE-2。ここで3点失点しました。ドラマティックなリフトや優雅な滑りを見せても、ステップではフットワークがきれいに揃えられています。その緩急が素晴らしい。PCS・・・ええ・・・・・これは低いと思います。この緻密な構成で8.39は疑問。ジャッジと気が合わない。

デラモデル
3S 3Tw 3LoTh
大歓声に包まれていい滑りをしました。スロージャンプの成功率がなかなか上がらなかったデラモデル。前傾姿勢にはなりましたが、ギリギリ手を付かずに着氷。暫定1位で場内どんちゃん騒ぎ。どんちゃん・・・昔フイボー・ドンちゃんっていたな。

タラモロ
3Tw 3T 3LoTh
ツイスト満点完璧。3T難なく着氷、スローループの幅異常。得意なエレメンツをバシバシ成功させた上に、あまり得意ではないペアスピンの軸や回転速度が普通!!!これはすごい。グングン伸びるスケート、迫るフィニッシュ。くるぞくるぞ・・・・くるっっっジャンッ!!!!!ジャンッ!じゃねえよ!SPは安定でござる。

サフマソ
3Tw 3S 3FTh
心配された3Sでマッソーがクリーンに着氷。スローフリップはサフ子が膝を使って問題なく降りました。あまりに3Sを降りられたのが嬉しいのか、破顔とはこのことを言うのかっていう喜び様でした。ステップがキレキレ、キスクラでも調子に乗ってはしゃぐ。グループ5とバックアウトが指定のシーズンなら86点出てる演技ですよ。実質歴代最高ですわ。明日はオリンピックの再現お願いします。できればフィニッシュポーズは前のでお願いします。あの方がしっくりきます。

ザビエン
3Tw 3T ot 3LoTh
3Tでザビアコがオーバーターンに。ズレ気味だったジャンプのタイミングは合っていたので、あまりシリアスになる必要はないでしょう。スローループは安定。ザビエンの色が、水混ぜすぎてシャバシャバになった水性絵の具のようである。このSPはその淡さにマッチしているのですが、LPはマジがんばれ。衣装チェンジにお客さんが気が付くか楽しみ。

ヴァネシプ
3Tw 3S so 3FTh td
3Sでヴァネッサが派手にステップアウトし、スローフリップでは爪先をタッチして着氷。これはゲームセットかな?と思いましたけれど、それ以外での加点でめちゃんこカバーしました。特にステップがトップ2と張りあえるだけの評価です。今シーズン一滑っていたと思いますね。2シーズン前まではヴァネッサ>>>シプレだったのに、今ではシプレの移動距離の方が長くなりました。ハイキックなどのアクロバティックな動きがイロモノにならず、流れの中で自然に組み込まれています。ほんと滑りって大事。ほんと大事。

サフマソはサフ子が堪えたスローフリップで±0を付けたジャッジが2人いました。残りのエレメンツは+3がほとんどです。ヴァネシプはタッチしたスローフリップが+0.30の評価。ネームバリューでマイナスを付けさせなくするクラスまで到達しましたか。こんなペアに成長するなんて思いもしなかった。

ユージャンのPCSに辛辣な評価を下したのはフランスやスイスのジャッジでした。気が合わない!

セガビロが残念な結果に終わりました。アメリカとカナダはSP通過したのが1組ずつです。12位以内だと2枠もらえます。通過ラインが63.26という異常な高さ。どのカテゴリーもそうですがルールが限界を迎えていますね。
back-to-top