2018
03.17

世界選手権エントリー ※3月16日更新

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111509.htm

3月16日エントリー変更あり
ちょうどアメリカのエントリー変更が反映された瞬間にISUのサイト開いた。無駄にタイミング合った。

男子
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Brendan KERRY AUS 2
3 Larry LOUPOLOVER AZE 3
4 Keegan MESSING CAN 4
5 Nam NGUYEN CAN 4
6 Boyang JIN CHN 5
7 Chih-I TSAO TPE 6
8 Nicholas VRDOLJAK CRO 7
9 Michal BREZINA CZE 8
10 Valtter VIRTANEN FIN 9
11 Romain PONSART FRA 10
12 Morisi KVITELASHVILI GEO 11
13 Paul FENTZ GER 12
14 Phillip HARRIS GBR 13
15 Alexei BYCHENKO ISR 14
16 Daniel SAMOHIN ISR 14
17 Matteo RIZZO ITA 15
18 Keiji TANAKA JPN 16
19 Kazuki TOMONO JPN 16
20 Shoma UNO JPN 16
21 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 17
22 Deniss VASILJEVS LAT 18
23 Julian Zhi Jie YEE MAS 19
24 Donovan CARRILLO MEX 20
25 Igor REZNICHENKO POL 21
26 Jinseo KIM KOR 22
27 Dmitri ALIEV RUS 23
28 Mikhail KOLYADA RUS 23
29 Javier RAYA ESP 24
30 Alexander MAJOROV SWE 25
31 Stephane WALKER SUI 26
32 Burak DEMIRBOGA TUR 27
33 Ivan PAVLOV UKR 28
34 Max AARON USA 29
35 Nathan CHEN USA 29
36 Vincent ZHOU USA 29
37 Misha GE UZB 30

オリンピックシーズンだけに出場者が少ないかと思いきや去年より1人多いです。なんですくんが欠場。Pさんは引退。さらにりっぽんぽんやジョリヘン、ハンヤンなどが欠場します。フランスはベセギエがポンサール、ウクライナはパニオットがパブロフが出場しますし、韓国はジンソが引退せずに結局出場したり。いろいろです。オリンピック代表に選ばれず、これが引退試合となるマヨロフの滑りにも注目です。男子が最もオリンピック後の世界選手権っぽい。

アメリカはブラウンが出場辞退。さらに第2補欠のマイナーも辞退したので、第3補欠のアーロンの出場が決まりました。

羽生が治療のために欠場を発表し、友野が繰り上がり出場となります。来シーズンも現役を続けるので、さらに上の演技をするためには重要な選択でした。世界選手権でもギリギリの状態で演じていたので、これが最善策だと思います。誰が勝っても初優勝。新チャンピオンが誕生します!

カザフスタンはテンくんが欠場しドルジが出場。欠場理由発表してるかな?と思ってツイッター見に行ったら、アンチのリプライリツイートしてさらし上げしててワロタ。こういうの好き。

女子
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Alisa STOMAKHINA AUT 2
3 Loena HENDRICKX BEL 3
4 Isadora WILLIAMS BRA 4
5 Larkyn AUSTMAN CAN 5
6 Gabrielle DALEMAN CAN 5
7 Kaetlyn OSMOND CAN 5
8 Xiangning LI CHN 6
9 Amy LIN TPE 7
10 Eliska BREZINOVA CZE 8
11 Gerli LIINAMÄE EST 9
12 Viveca LINDFORS FIN 10
13 Laurine LECAVELIER FRA 11
14 Nicole SCHOTT GER 12
15 Natasha MCKAY GBR 13
16 Ivett TOTH HUN 14
17 Carolina KOSTNER ITA 15
18 Elisabetta LECCARDI ITA 15
19 Wakaba HIGUCHI JPN 16
20 Satoko MIYAHARA JPN 16
21 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 17
22 Angelina KUCHVALSKA LAT 18
23 Elzbieta KROPA LTU 19
24 Anne Line GJERSEM NOR 20
25 Dabin CHOI KOR 21
26 Hanul KIM KOR 21
27 Stanislava KONSTANTINOVA RUS 22
28 Maria SOTSKOVA RUS 22
29 Alina ZAGITOVA RUS 22
30 Antonina DUBININA SRB 23
31 Nicole RAJICOVA SVK 24
32 Dasa GRM SLO 25
33 Anita ÖSTLUND SWE 26
34 Alexia PAGANINI SUI 27
35 Mariah BELL USA 28
36 Mirai NAGASU USA 28
37 Bradie TENNELL USA 28

女子に関してはオリンピックを戦ったトップ勢がそのままボンッ!と出場します。変わらずメドベージェワVSザギトワの天空の戦いに、オズモンドが関わっていけるのかという形。イタリアの大会ですので、カロリーナのメダル獲得が期待されるでしょう。事前の発表の通り、世界選手権代表は新葉です。この間のチャレンジカップでは抜けがちな3Sを冒頭に配置して対策を立てていました。フランス代表はメイテではなくルカヴァリエ、フィンランドはペルトネンではなくヴィヴェカ、ラトビアはニキティナではなくクチヴァルスカというような分割派遣。

フィリピンのペルティケト、ウクライナのフニチェンコワの名前がエントリーから消えました。

アメリカはカレンが欠場し、ベルたそが繰り上がりとなりました。アシュリー出ないのねん・・・ねん・・・。

ペア
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 2
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN 3
4 Camille RUEST / Andrew WOLFE CAN 3
5 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN 3
6 Cheng PENG / Yang JIN CHN 4
7 Xiaoyu YU / Hao ZHANG CHN 4
8 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU CRO 5
9 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE 6
10 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM PRK 7
11 Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV FRA 8
12 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 8
13 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT GER 9
14 Aljona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 9
15 Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR 10
16 Elizaveta KASHITSYNA / Mark MAGYAR HUN 11
17 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 12
18 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 13
19 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 13
20 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA JPN 14
21 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM KOR 15
22 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV RUS 16
23 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 16
24 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 16
25 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU ESP 17
26 Ioulia CHTCHETININA / Mikhail AKULOV SUI 18
27 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM USA 19
28 Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY USA 19

デュハラドが引退、スイハンがスイちゃんの右中足骨骨折、ストクリはストルボワの怪我でそれぞれ欠場。メダル候補3組が不在の大会となります。アメリカはタラダニが欠場しステバーが繰り上がりました。中国は3枠使い切らない謎。表彰台経験があるのがサフマソとタラモロだけで、他のペア(別のパートナー時は含まず)は表彰台経験がないので、新たなメダリスト誕生確定!欠場が寂しい半面、盛り上がってまいりましたぞえええええええええ!ユージャン?ヴァネシプ?マルホタ?デラモデル?ザビエン?

アイスダンス
1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX SENECAL ARM 1
2 Chantelle KERRY / Andrew DODDS AUS 2
3 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 3
4 Teodora MARKOVA / Simon DAZE BUL 4
5 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 5
6 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS CAN 5
7 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 5
8 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 6
9 Cortney MANSOUROVA / Michal CESKA CZE 7
10 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 8
11 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 9
12 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 9
13 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER 10
14 Lilah FEAR / Lewis GIBSON GBR 11
15 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS HUN 12
16 Adel TANKOVA / Ronald ZILBERBERG ISR 13
17 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 14
18 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 14
19 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 15
20 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 16
21 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 17
22 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 18
23 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 19
24 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS 19
25 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 20
26 Olivia SMART / Adrian DIAZ ESP 21
27 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 22
28 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 23
29 Madison CHOCK / Evan BATES USA 24
30 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 24
31 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 24

4カテゴリーで唯一昨年よりもエントリーが減りました。1組だけですけどね。テサモエはすでに欠場を発表(引退発表はまだしない!という発表をしていました)。ボブロワは子供が欲しいらしいので、当分滑る姿は見られないかも。パパシゼのポジションは盤石だとして、残り2つのスポットにどの組が入るかですね。イタリアの2組はこれがキャリアの締めくくりでしょうし、いい演技を見せてもらいたいです。かなクリは14位はいけるんじゃないかなーーーと。アジア最高位タイの12位も可能なレベルに達していると思います。ドッズ家が世界選手権に出場。全国3000万のドッツァーが歓喜。フルソレの欠場の理由は移籍でした。

アメリカはシブタニズが出場辞退してホワベイが繰り上がりました。ホワベイはシニア4シーズン目にして初の世界選手権です。アメリカはこのオリンピックサイクルでは、ずっとシブタニズ、チョクベイ、ハベドノ固定でしたから、新鮮な気もするし、寂しい気もします。シブタニズ欠場で表彰台争いがさらに混沌としてきました。カペラノ表彰台で有終の美フラグ立ってます?

みんな引退しなくていいよ!来年の世界選手権日本だから!カップル競技の選手から不満の声続出だったさいたまワールドだけど・・・・・でも日本だから楽しいですよ!カナダ選手は来シーズンのGPFバンクーバー、再来シーズンの世界選手権モントリオールだから引退止めよう!よしOK。
back-to-top