FC2ブログ
2018
01.22

四大陸選手権エントリー ※訂正あり

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111493.htm

北米勢のエントリーや欠場があったので改めて。

男子
1 Andrew DODDS AUS 1
2 Brendan KERRY AUS 1
3 Mark WEBSTER AUS 1
4 Elladj BALDE CAN 2
5 Nam NGUYEN CAN 2
6 Kevin REYNOLDS CAN 2
7 Boyang JIN CHN 3
8 Han YAN CHN 3
9 He ZHANG CHN 3
10 Micah TANG TPE 4
11 Chih-I TSAO TPE 4
12 Leslie Man Cheuk IP HKG 5
13 Harry Hau Yin LEE HKG 5
14 Harrison Jon-Yen WONG HKG 5
15 Takahito MURA JPN 6
16 Keiji TANAKA JPN 6
17 Shoma UNO JPN 6
18 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 7
19 Denis TEN KAZ 7
20 Kai Xiang CHEW MAS 8
21 Julian Zhi Jie YEE MAS 8
22 Donovan CARRILLO MEX 9
23 Junhwan CHA KOR 10
24 June Hyoung LEE KOR 10
25 Sihyeong LEE KOR 10
26 Micah Kai LYNETTE THA 11
27 Max AARON USA 12
28 Jason BROWN USA 12
29 Grant HOCHSTEIN USA 12
30 Misha GE UZB 13

オリンピック代表選手が多く出場するレベルの高い男子。オリンピック2週間前でのボーヤンや昌磨の仕上がりに注目が集まります。この大会でいい演技をする事によって、他選手への牽制にもなります。集大成のシーズンの無良、そして引退を明言しているバルデ、レイノルズ、ホックスタインにも注目。3人はこれが最後の試合になる確率が高いです。ロス・マイナーの欠場が残念です。

女子
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Brooklee HAN AUS 1
3 Alaine CHARTRAND CAN 2
4 Michelle LONG CAN 2
5 Alicia PINEAULT CAN 2
6 Xiangning LI CHN 3
7 Ziquan ZHAO CHN 3
8 Amy LIN TPE 4
9 Joanna SO HKG 5
10 Mai MIHARA JPN 6
11 Satoko MIYAHARA JPN 6
12 Kaori SAKAMOTO JPN 6
13 Aiza MAMBEKOVA KAZ 7
14 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 7
15 Dabin CHOI KOR 8
16 Hanul KIM KOR 8
17 Soyoun PARK KOR 8
18 Chloe ING SGP 9
19 Thita LAMSAM THA 10
20 Natalie SANGKAGALO THA 10
21 Starr ANDREWS USA 11
22 Mariah BELL USA 11
23 Angela WANG USA 11

関西人の大暴れが予想される女子。地上波でSPは関東ローカル!女子は調整が難しく、2週間後に団体戦があり、その2週間後に個人戦がおこなわれます。宮原と坂本は試合間隔が狭くても着実に調子を上げてきた今シーズンの実績があります。オリンピックまでそれが続いてくれるといいです。三原は連覇してお茶の間ざわつかせちゃってOKですよ。ソヨンはソチオリンピック後韓国女子を引っ張る存在でしたが、オリンピック代表からは落選。代表の2人との出場になりますが、ここで力を発揮してもらいたいです。アシュリー・ワグナーは欠場。シンガポールのシュラン・ユーは健康問題で欠場を発表しています。

ペア
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 2
3 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS CAN 2
4 Camille RUEST / Andrew WOLFE CAN 2
5 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM PRK 3
6 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI JPN 4
7 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA JPN 4
8 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM KOR 5
9 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 6
10 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA USA 6
11 Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY USA 6

中国は2組が欠場。スイハンがオリンピック最終グループ滑走のためにも優勝が重要でしたが、スイちゃんのふくらはぎの怪我で欠場。ペンジンはヤンジンの怪我の再発で欠場します。ペアは個人戦で一番最初に競技するので無理は禁物です。北の組のオリンピック出場が正式決定しました。四大陸のペアは中国と北米のメダル寡占が続いてきましたが、アレウィンがその牙城を崩す事も考えられます。歴史、変わるか?成嶺は女性の怪我のために欠場が決まっています。

アイスダンス
1 Matilda FRIEND / William BADAOUI AUS 1
2 Chantelle KERRY / Andrew DODDS AUS 1
3 Sarah ARNOLD / Thomas WILLIAMS CAN 2
4 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER CAN 2
5 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS CAN 2
6 Linshu SONG / Zhuoming SUN CHN 3
7 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 3
8 Rikako FUKASE / Aru TATENO JPN 4
9 Misato KOMATSUBARA / Timothy KOLETO JPN 4
10 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 4
11 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 5
12 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 6
13 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER USA 6
14 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA 6

3強が出場しなくても強いアメリカ勢。2014年、2016年、2017年の世界ジュニアチャンピオン達が出場します。それでは他のカップルが全く太刀打ち出来ないかと問われると、そんな事はないです。今シーズン力を伸ばしている寿司酢組、そして我らがかなクリにも表彰台のチャンスがあります。かなクリには北米の国旗の横に日の丸を上げてほしいです。日本からは3組が出場するため、応援のしがいがあります。

水曜日の10.30にアイスダンスSDで大会が開幕します。

おまけでオリンピックショート種目の滑走順に関わる世界ランキングをおさらい。

男子
1 4821 Yuzuru HANYU
2 4488 Shoma UNO ※四大陸出場
3 3902 Javier FERNANDEZ
4 3889 Mikhail KOLYADA
5 3720 Nathan CHEN
6 3332 Boyang JIN ※四大陸出場

女子
1 4710 Evgenia MEDVEDEVA
2 4228 Kaetlyn OSMOND
3 3999 Maria SOTSKOVA
4 3440 Alina ZAGITOVA
5 3395 Carolina KOSTNER
6 3330 Anna POGORILAYA ※オリンピック代表ではない
7 3247 Satoko MIYAHARA ※四大陸出場

ペア
1 4877 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV
2 4750 Aljona SAVCHENKO / Bruno MASSOT
3 4366 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD
4 3790 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT

アイスダンス
1 4540 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON
2 4454 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV
3 4120 Tessa VIRTUE / Scott MOIR
4 4016 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE
5 4004 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE

※訂正
世界ランキングはISUチャンピオンシップスのうちポイントの高い2試合、グランプリシリーズと国際Bは4大会ずつの加算である事を無視しておりました。大変申し訳ございません。昌磨は優勝で393ポイントを加算し世界ランキング1位に立ちます。宮原は昨シーズンのISUチャンピオンシップスに出場していないので、優勝すると840ポイントがそのまま加算され世界ランキング3位に上がります。

惑わせてしまって申し訳ございません。
back-to-top