FC2ブログ
2017
12.28

ヨーロッパ選手権エントリー

https://skatingarchive.sportresult.com/OutputGeneration/Event/eventOverview.aspx?selectedEventUID=2dcf6688-a4f4-434c-98b6-2d741107c9b3&task=HTML

年明け前にユーロのエントリーなんて新鮮。

男子
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Larry LOUPOLOVER AZE 2
3 Yakau ZENKO BLR 3
4 Jorik HENDRICKX BEL 4
5 Nicky OBREYKOV BUL 5
6 Nicholas VRDOLJAK CRO 6
7 Jiri BELOHRADSKY CZE 7
8 Michal BREZINA CZE 7
9 Daniel Albert NAURITS EST 8
10 Valtter VIRTANEN FIN 9
11 Kevin AYMOZ FRA 10
12 Chafik BESSEGHIER FRA 10
13 Moris KVITELASHVILI GEO 11
14 Irakli MAYSURADZE GEO 11
15 Paul FENTZ GER 12
16 Peter LIEBERS GER 12
17 Phillip HARRIS GBR 13
18 Alexander MASZLJANKO HUN 14
19 Conor STAKELUM IRL 15
20 Alexei BYCHENKO ISR 16
21 Daniel SAMOHIN ISR 16
22 Matteo RIZZO ITA 17
23 Deniss VASILJEVS LAT 18
24 Davide LEWTON BRAIN MON 19
25 Thomas KENNES NED 20
26 Sondre ODDVOLL BOE NOR 21
27 Igor REZNICHENKO POL 22
28 Dmitri ALIEV RUS 23
29 Mikhail KOLYADA RUS 23
30 Alexander SAMARIN RUS 23
31 Michael NEUMAN SVK 24
32 Javier FERNANDEZ ESP 25
33 Felipe MONTOYA ESP 25
34 Alexander MAJOROV SWE 26
35 Stephane WALKER SUI 27
36 Burak DEMIRBOGA TUR 28
37 Yaroslav PANIOT UKR 29

優勝候補はやはりなんですくん。これまで5連覇を達成しておりまして、6連覇となりますと第二次大戦後最多となります。上にいるとは8連覇のカール・シェーファーのみとなります。スペインで国際Bを開催する事になれば、ハビエル・フェルナンデスメモリアルになるに違いない。ここでオリンピックの優勝候補の1人として存在感を出す事も重要です。300点は超えたいですね。コリヤダは昨年の銅メダルより上の成績は欲しいです。ロシア勢はオリンピックの出場権争いの意味でも負けられない大会です。メダル圏内の話をしますと、一昨年の銀メダリストビチェンコ、そして4回転を3本入れられるクヴィテラシヴィリの争いになるでしょう。240点ラインを超えられそうなのはミハル、ヴァシリエフス、マヨロフ、ジョリヘンあたりです。パニオットは4回転の成否によります。そして長年ドイツ男子を引っ張ってくれたペーター・リーベルスはこれが引退試合となります。ドイツ男子はシュトロイベルが今シーズン引退しまして、片手の指が余る程しか選手が残っていません。非常に寂しいです。リーベルスにはこれまで怪我で力を発揮出来なかった分も出しきってもらいましょう。

女子
1 Anastasiya GALUSTYAN ARM 1
2 Natalie KLOTZ AUT 2
3 Kim CHEREMSKY AZE 3
4 Loena HENDRICKX BEL 4
5 Charlotte VANDERSARREN BEL 4
6 Presiyana DIMITROVA BUL 5
7 Eliska BREZINOVA CZE 6
8 Pernille SORENSEN DEN 7
9 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 8
10 Viveca LINDFORS FIN 9
11 Emmi PELTONEN FIN 9
12 Laurine LECAVELIER FRA 10
13 Mae Berenice MEITE FRA 10
14 Lea Johanna DASTICH GER 11
15 Nicole SCHOTT GER 11
16 Natasha MCKAY GBR 12
17 Fruzsina MEDGYESI HUN 13
18 Ivett TOTH HUN 13
19 Aimee BUCHANAN ISR 14
20 Micol CRISTINI ITA 15
21 Carolina KOSTNER ITA 15
22 Giada RUSSO ITA 15
23 Diana NIKITINA LAT 16
24 Greta MORKYTE LTU 17
25 Kyarha VAN TIEL NED 18
26 Anne Line GJERSEM NOR 19
27 Elzbieta GABRYSZAK POL 20
28 Julia SAUTER ROU 21
29 Evgenia MEDVEDEVA RUS 22
30 Maria SOTSKOVA RUS 22
31 Alina ZAGITOVA RUS 22
32 Antonina DUBININA SRB 23
33 Silvia HUGEC SVK 24
34 Nicole RAJICOVA SVK 24
35 Dasa GRM SLO 25
36 Valentina MATOS ESP 26
37 Matilda ALGOTSSON SWE 27
38 Anita ÖSTLUND SWE 27
39 Alexia PAGANINI SUI 28
40 Sila SAYGI TUR 29
41 Anna KHNYCHENKOVA UKR 30

骨折でのGPF欠場から1ヶ月半のメドベージェワのジャンプの調子に注目です。メドベージェワVSザギトワのオリンピック前哨戦と言える大会になります。ソツコワは昨年表彰台に乗れなかったので、今年こそはというところ。カロリーナはこれまでに10個のメダルを獲得しておりまして、もし今大会で表彰台に乗ると、イリーナ・ロドニナに並び、全カテゴリーでのメダル数最多記録となります。伝説の人物に肩を並べられるのか?ここで3F-3Tと3Lzを降りられるかで、オリンピックの構図も変わってくるでしょう。天空の戦いは置いておいて、5位からの争いは妹ヘンドリックスとライチョヴァーとフランス勢。フィンランド勢とスウェーデン勢は絶対にこの大会で相手よりも上に行かなくては・・・と思っているでしょう。ロステレコム杯でシーズンを終了したはずのガルスチャンがエントリーしているのはなぜ。シーズンではなくて「今年の試合」って意味だったのか?

ペア
1 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 1
2 Sofiya KARAGODINA / Semyon STEPANOV AZE 2
3 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU CRO 3
4 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE 4
5 Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV FRA 5
6 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 5
7 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT GER 6
8 Aljona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 6
9 Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR 7
10 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 8
11 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 9
12 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 9
13 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 10
14 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 10
15 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 10
16 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU ESP 11
17 Ioulia CHTCHETININA / Mikhail AKULOV SUI 12

サフマソは優勝を目指す大会。サフ子は2010年のユーロで川スミに負けオリンピックでは3位、2014年のユーロで棄権しオリンピックでは3位と、オリンピック前のこの大会は相性が悪いです。嫌なジンクスを取り除く意味でも勝たないといけません。タラモロ、ストクリ、ヴァネシプも優勝争いに絡んできます。ストクリは悪くはないけど、好調とは言えない状態でずっとここまでやってきました。そろそろいい演技が出来ないとPCSにも影響してくる気がします。チェコの2人は怪我があるので出られるかどうかという根本的な疑問。新ブロマールト組、新クラスノ組、新マエストゥ組とパートナーを変えて力を上げたペアが多く、今年もレベルが高い試合が見られそうです。ユーロは第3グループになってやっと見どころが~という時代が長かったので、前半グループからいいペアが見られるのが嬉しい。

アイスダンス
1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX SENECAL ARM 1
2 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 2
3 Teodora MARKOVA / Simon DAZE BUL 3
4 Cortney MANSOUROVA / Michal CESKA CZE 4
5 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 5
6 Katerina BUNINA / German FROLOV EST 6
7 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 7
8 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA 8
9 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 8
10 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 8
11 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER 9
12 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 10
13 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS HUN 11
14 Adel TANKOVA / Ronald ZILBERBERG ISR 12
15 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 13
16 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 13
17 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ITA 13
18 Aurelija IPOLITO / Malcolm JONES LAT 14
19 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 15
20 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 16
21 Justyna PLUTOWSKA / Jeremie FLEMIN POL 16
22 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 17
23 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 17
24 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS 17
25 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 18
26 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN ESP 19
27 Malin MALMBERG / Thomas NORDAHL SWE 20
28 Victoria MANNI / Carlo RÖTHLISBERGER SUI 21
29 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 22
30 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 23
31 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV UKR 23

パパシゼは自分たちの存在感を決定的な物にする大会となります。オリンピック直前の四大陸はトップ勢が揃ってスキップする事が多いので、ユーロのインパクトは絶大です。ボブソロやカペラノももちろんエントリーしております。オリンピック前のユーロスキップなんて、今考えると怪我でもない限りはどうかしてると思う戦略でした。ユーロといえばペニコラ、ペニコラといえばユーロ。ユーロで2割増しで上手になるペニコラの上位進出も期待されます。ウルハリがスペインの出場枠を増やすには、フランス勢やカリスポ、ナザニキとの戦いになるでしょう。ウルタドのスケート滑っていけー。オリンピック出場が叶わなかったフルソレは、世界選手権に向けてさらに磨き上げたフラメンコを見せてほしいです。今度こそスカートとソレンセンの腕だけ見るのは止めよう。

涙のオリンピック出場権争いとユーロ勢の調子を窺うシーズンの1つのクライマックスです。心臓のドキドキ面ではピークアウトしていきます。オリンピック本番は積み上げの結果だし、枠も関係がないから心臓は健康。
back-to-top