FC2ブログ
2017
12.07

ジュニアグランプリファイナル 1日目 ペアSP・男子SP・女子SP

ナゴーヤジャパーン。

ペアSP
1 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV(ロシア)60.81 PB
2 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)60.26
3 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)59.51
4 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)59.47
5 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)57.28 PB
6 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)55.92

ガオシエ
3Tw 3LoTh 2Lz
ちうごく伝統の投げ技は余裕。2Lzはどうにか降りられました。しかし踏み切りがインサイドになっていたと思います。エッジが浅いのは、特にペアのジュニアの女子選手にとっては共通の課題です。ペアらしさを兼ね備えたペアなので今後に期待。

ボイコズ
3Tw 2Lz tano 3LoTh fall
ツイストのキャッチの余裕さと着氷姿勢の美しさが際立ちました。スローループは飛距離は十分でしたが、上手く回転出来ずに転倒となりました。伸びやかなエッジワークを見せようという意図が見える演技でした。

ポルソポ
2Lz 3Tw 3LoTh
ツイストはキャッチがあまり美しく決まらなかったです。高さは十分でした。ステップでのミラーの動きが、男女のエッジの深さにかなりの差があり、軌道が丸っきり別に見えてしまいました。スローループのランディングの伸び素晴らしい。デススパイラルはしっかりと男性の腰が落ちており、回転速度にも問題はなく、いい実施となりました。

アレウィン
3Tw 2Lz tano 3LoTh hd
スローループのお手付きはありますが、貫禄と風格を見せ付ける演技でした。デススパイラルは男性のポジションも女性のアーチも決まっていました。ここはニーナ先生のチームなのでペアスピンが心配になるところではありますが、アップライトを最後に持ってこない戦略!これは有能。ウィンザーが「かーちゃんとーちゃんブレンダン!」とメッセージ。ブレンダン・ケリーさんのポジションたけえ。

パンリロ
3Tw 2Lz 3LoTh
スタート位置に着く直前にハラリと落ちるお下げのリボンを解雇し、ポニーテールにリボンを巻き付けました。リボンは欠かせないらしい。他ペアほどの飛距離はないですが、スローはしっかりと着氷。カントリーらしさ溢れる楽しいステップとマジ意味不明な高難易度のワンハンドリフトも決まりました。

パブホディ
3Tw 2Lz tano 3LoTh fall
本日最高峰のツイストでした。エレメンツの前後の工夫はもちろんの事ですが、ミステリアスな音楽に絶妙な配置がなされています。ステップからの2Lzの流れとか、プログラムの構成がシニアっぽいです。転倒はありますがPCSが1位評価なのも当然と言える内容でした。

点数の出方が妥当も妥当も妥当なので何も突っ込みどころがないです。

男子SP
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)81.33 PB
2 Alexey EROKHOV(ロシア)78.39
3 Mitsuki SUMOTO(日本)77.10 PB
4 Makar IGNATOV(ロシア)75.78 PB
5 Camden PULKINEN(アメリカ)70.90 PB
6 Andrew TORGASHEV(アメリカ)64.73

トルガシェフ
3A so 3Lz 3F hd-2T
3Aは恐る恐るの助走でした。前向いたまま長く助走していましたけど、恐怖心が煽られそう。3Fの後ろの2Tはコンビネーションとして認められずに+COMBOの扱いとなります。ステップはフラットな部分が少なく、きれいに流れていって気持ちがよかったです。スピン2つの間でスタンブルしたのが、演技の印象をプラスにするのを阻害しました。

イグナトフ
3A 3Lz 3F-3T hd
ジョシュ・グローバンという選曲も、LPの無蹂躙スクリャービンからもロシアを感じない。北米っぽい。顔を見ればロシアだなーと思うけど、別の国の代表と言われても信じそう。目元がブランドン・フレイジャーに似てるからかな。クリーンな3Aから入って、お手付きはあるものの演技をまとめました。ステップの最終盤、3F-3Tに気持ちがいったのか、動きが緩んでしまったのが惜しい。

須本
3A 3Lz 3F-3T
3Aをここぞという時に決めてくれました。スーパーメンタルマンか!演技中に少しですが笑顔が出るようになってきました。もっと!もっと笑うんだ!感情の表し方が素直になり、表現で伝わる物が大きくなってきました。よき!

プルキネン
3A 3F ot-2T 3Lz
散髪してトーテムポールの最上部のような髪形に。3Aはいつもの氷を串刺しにする着氷。3Fはフリーレッグのタッチを免れ2Tに繋げました。脳内でシブタニズがフォローしてくれるステップは感情豊かに。でも後半で逆回転するところでバランス崩していました。苦手のスピンはチェンジキャメルのチェンジフットでバランスを崩しました。フライングシットはポジションチェンジで急激にスピードが落ち・・・なかった!練習を積んだ成果が表れたのでしょうね。

クラスノジョン
3Lz 3A 3F-3Lo
攻めの構成を見事成功。演技後半のリズミカルな3F-3Loは盛り上がります。チェンジキャメルの上向きポジションの気だるさが、そこからアップテンポになるプログラムのスパイスになっていました。スイカの塩みたいな物。当然1位。

エローホフ
3A 3F-3T 3Lz
力強くも優しい3Aの着氷。フライングシットもチェンジキャメルもきれいに入れなかったのがもったいない。トラベリングもありましたし、今日はスピンに苦労しました。ふいにスッと滑る様が、仄々とした空の下歩いている時に、遠くの灯台から照らされたような、そんな感覚にさせてくれました。

トルガシェフ以外はPCSが1点以内に集まって横並びです。ジャンプを決めた選手が表彰台に乗るよ!

女子SP
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)73.25 PB
2 Alena KOSTORNAIA(ロシア)71.65 PB
3 Anastasia TARAKANOVA(ロシア)67.90 PB
4 Rika KIHIRA(日本)66.82 PB
5 Daria PANENKOVA(日本)65.65
6 Sofia SAMODUROVA(ロシア)65.01

紀平
2A tano 3F-3T 3Lz tano
微動だにしない回転軸のレイバックスピンでスタート。3Lzは直前のステップが不十分なので、タノを付けても加点が伸びていません。これだけで1点の差がついてしまうので、ステップは大事です。所作が美しかった。

タラカノワ
3F-3T 3Lz tano 2A tano
衣装のヒラヒラの隙間に手を入れてからスタート。意味不明だぜ。チョクトーからタノ付きでスパイラルイグジットのこれでもかとてんこ盛り3Lzは迫力がありました。盛りすぎで血糖値上がるわ!動きが洗練されてくると、もっとPCSが伸びるのでしょうね。

パネンコワ
3F tano-3T tano 3Lz tano 2A tano
明日15歳。中3なのにSPもLPも選曲が絶望的である。暗いぜ。めっちゃタノる族なので、せかせか成分は前の2人よりも高め。振付も結構ワイルドにこなす派なので、さらにせかせかして見えます。緩やかなパートが作れたらいいなー。

コストルナヤ
3F-3T tano 3Lz 2A
ネームバリュー抜きでシットスピン系統で+2以上を並べられる数少ない選手です。質パネエ。1つしかないタノが効果的でした。ジャンプのチェック姿勢ですら表現出来ていて、穴がないなと思います。僕がジュニア初期のうちに好きになるロシア選手はハードな怪我しちゃうか身長伸びすぎちゃうから、薄めの期待に留めておこう・・・。ジュニアの歴代最高を更新しました。

サモドゥロワ
3F tano-3T tano 3Lz tano 2A
イスラエルのプログラム。時事プロか!この「え?あたしこの曲日常的に聴いてるし、毎年お祭りで踊ってるよ?」感は何なんでしょうね。もうちょっと出てもよかったなーと思うPCSですけど、かと言って他の選手を低くしろとも思えないし、同じレベルの選手が集まると困る。きっとジャッジはもっと困る。

トルソワ
3F tano-3Lo 3Lz tano 2A
6人の中では一番見た目が子供。でもマダムみたいなプログラムを滑る。ジャンプに高さがありますし、なんと言っても流れが素晴らしいです。リプ~メドベでエテリが作り上げた、ジャンプの流れ評価の採点傾向に上手く乗っかっているなと思います。さきほどコストルナヤが更新した歴代最高をさらに更新。ザギトワの歴代最高が70.92だったんですよ。このスコアがいかに高いかと申しますと、シニアに入っても歴代14位。アシュリー、デールマン、ソツコワ、三原のパーソナルベストよりも高いです。もうシニアじゃん!

6人全員が名字も名前もAで終わる。紀平もロシア人みたい。ロシアに挟まれているから、オセロならひっくり返る状況ですね。トルソワとコストルナヤが抜けた形になりました。紀平はここから挽回出来るでしょうか。失う物はないのでガンガンいきませう。サモドゥロワの3Lzがアテンション評価で-0.2の評価になった以外は、±0.00以上のエレメンツしかない激熱の展開。ソチでのジュニアグランプリファイナルを思い出す楽しさ。

ジュニア1年目 トルソワ・コストルナヤ・タラカノワ
ジュニア2年目 紀平・パネンコワ・サモドゥロワ
ジュニア3年目(シニア1年目)

シニア年齢の選手が1人もいないのを見ると、ロシアの早熟っぷりが分かりますね。
back-to-top