FC2ブログ
2017
10.21

ロステレコム杯 1日目 女子SP

フィギュアスケートはジャンプ大会ではないぞ。

女子SP
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)80.75
2 Carolina KOSTNER(イタリア)74.62
3 Wakaba HIGUCHI(日本)69.60
4 Kaori SAKAMOTO(日本)68.88 PB
5 Elena RADIONOVA(ロシア)68.75
6 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)63.92
7 Mariah BELL(アメリカ)63.85 PB
8 Valeriia MIKHAILOVA(ロシア)63.38 PB
9 Mirai NAGASU(アメリカ)56.15
10 Nicole SCHOTT(ドイツ)55.55
11 Mae Berenice MEITE(フランス)54.24
12 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)48.10

ミハイロワ
3Lz-3T 3Lo 2A
ガシガシと男前な歩みで演技が進行していきました。久しぶりの国際大会でいい演技が出来てよかったです。ダビダビが元気に成長している。

ガルスチャン
3Lz fall 3F-2T 2A tano
3Lzは回転が足りずに転倒。ステップ中のクラスターでも転倒がありました。GOEだけでなくレベルも取れなくなります。ロシアの観客が励ましの歓声を送るとは。

ショット
3T-3T 1Lo 2A
Nella Fantasia、つまりミッション。三原と同じ水色の衣装でミッションです。フース門下らしい嫌味のない美しい滑りです。癖がなさすぎて、引っかかりもないとも捉えられるかもしれません。

メイテ
3F-3T fall 3Lo 2A
あたしンちのお母さんの髪形。3Fに高さがあったのに、3Tが降りられなくて残念。ジャンプジャンプからの進まない滑りで終わってしまう構成からは改善されたように思いますが、他選手と比較してしまうとあまりPCSはもらえないですね・・・。

坂本
3F-3T 3Lo 2A
後半に3本ジャンプ決まったあああああああああああああああああああああお手本のようなくるくるループ。彼女の3Loは本当に気持ちがいい。2A着氷からのうっとりしっとり陶酔振付が様になるようになるなんて大人になったもんだ。スケーティングスキル偏重のPCSになると思いきや、5項目が非常にバランスよくなりました。

カロリーナ
3T-3T 3Lo 2A
ぬぎっぱは暗い曲だし、あまり音も多くないので、エキシビション+αのような雰囲気だけのベテランネームバリュー狙いプロになりそう。でもそうはさせないカロリーナ。音符の隙間も表現し尽くします。コンビネーションスピンの、後ろで手を組んだポジションが未練がましい女性像の曲想表現にマッチしており、最後まで魅せられました。カロリーナ・コストナーでした。

ペアでは第1滑走からタラモロのステップまでずっとウトウトとしていたのですが、カロリーナでようやく目が覚めました。ありがとうカロリーナ。

ベルたそ
3Lz-3T shaky 3F 2A
前のめった3Lzから回転不足の3T。回転不足ですけど、ベルたそはコンボをつけられない事が多いので、つけられただけでも進歩なのです。シカゴプロ界に燦然と輝く名プロ。キュートでコケティッシュでとにかく最高。コンポジションこそが高いと思ったけれど、パフォーマンスやインタープリテーションの方が高いや。以外にもこれがパーソナルベスト。なぜなら前述参照。

新葉
2A 3Lz-3T 3F
スピード狂。2A入るまですさまじい加速を見せました。これが国道246の赤い魔女か。ロンバルディアと同じような感想になりますけど、無駄な動きがほとんどない。エッジに不安のある3Fの前に少し構えてしまうぐらいで、世界の潮流に乗った隙のないプログラムになっています。一斉に掲げられた日の丸は草間彌生のごとく。キスクラで顔見てみるとノーズシャドーすげー。キャッツみたい。速報からTESが4点近く下がってしまいました。

ラジオノワ
3Lz-3T df 3F 2A
セカンドジャンプは両足着氷に。回転も足りていません。3Fはフラットエッジで踏み切りました。ザ・フラット!という無傾斜。いずれのジャンプもトゥにかかった着氷なので加点を得るのが難しいです。新衣装は蛾みたいだ。

トゥルシンバエワ
3S-3T tano 3Lo 2A
3Lzも3Fも構成から外しました。奔放なカルメンではありますが、町長屋のアイドルカルメンちゃんが起こす、ハチャメチャ珍騒動といった感じで、血生臭さはありません。雰囲気たっぷりのカルメンが多いので、こういった物でもいいのかも。PCSは7点台後半の高評価を得られました。

ミライ
3A 3F-3T fall 3Lz fall
うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!3Aううううううあああああああああああああああああああああああああコンボおおおおおおおおおおソロジャンプうううううううううううううううソロジャンプは3Loでいい気がするよおおおおおおおおおおおお・・・あああ・・・もったいない。3Aは超甘いパネルなら認定してくれそうですが、今回は厳しい。PCSが激辛・・・ひえええ・・・・・ジャンプジャンプになってしまい、それが全て失敗に終わるリスクの高さよ。

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lo 2A tano
連続ノクターン。スーパーお葬式モード。からの回転不足の、かの字もないジャンプポンポンポーンでいつも通りのクリーンプログラム。ひょいひょいっと80点台であります。

回転不足の心配なくオールレベル4を揃えた2人がトップ2に。新葉は3Tがアンダーローテーション、3Fにアテンション判定です。大会によっては3Tはつけられないかもしれませんが、3Fのアテンションは逃れられないです。ラジオノワも3Tのアンダーローテーションと3Fのアテンション。ミライは3Aと3Lzがアンダーローテーションで、3Tがダウングレードでした。厳しいように見えますがリプレイのスロー再生をさらにスロー再生して確認すると、仕方ないなという感じ。
back-to-top