2017
06.15

10年わーい

Category: 日常のこと
2007年6月12日に始めた当ブログ"Luce Wald"はこの度10周年を迎えました。本当は当日にアップするつもりだったのですが、次の投稿の準備をしたかったので中途半端な時期になりました。

当時、ブログを始めるにあたり、「絶対に検索に引っかからないタイトルにして、変な人しか辿り着けないようにしよう」と考えました。エキサイト翻訳でいろんな言語に翻訳した結果、イタリア語で光を意味する"Luce"とドイツ語で森を意味する"Wald"に決まりました。読み方はルーチェヴァルドです。6番というハンドルネームは当時の出席番号で、特に深い意味はありません。

10年前はまだ高校生で、2010年より前の頃は陰謀論者やアンチを煽り倒していたような覚えがあります。人生の1/3以上ブログをやっておりますので、このブログは僕の立派な黒歴史になっています。だからと言って消しません。読み返しもしません。きっと過去の僕はそう思っていたんでしょうし。これからも黒歴史を作り続けていく所存です。

よく言っていることなのですが、僕がブログをやっていて嬉しいのは「ブログを読んで、○○のことが好きになりました」や「○○を観るようになりました」と言ってもらえることです。僕は意識低い系なので、ルールを覚えて細かく考察するのは苦手。「楽しければいいじゃん」のタイプです。だから、楽しんでもらえていることがご馳走なんです。フィギュアスケートはおもしろいので、推しの選手だけではなく、たくさんの選手を見て、ずっとずっとこの競技を好きでいてもらいたいです。女子中学生にも定年退職したおっちゃんにも、いろんな人に好きになってもらいたいです。バカみたいな文章ですけど、「好き」の気持ちは最強なんですよ!

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。飽きるか、フィギュアスケート競技が消滅するか、死ぬまで続ける予定なのでそれまでお付き合いください。
back-to-top