Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上佳菜子 引退

http://www.sanspo.com/sports/news/20170424/fgr17042405010002-n1.html

村上佳菜子が昨日の国別対抗戦エキシビションで引退を発表。ゲストに選ばれたのはこのことがあったからなのですね。粋な人選でした。引退後はプロスケーターとして活動するとともに、コーチの修行を始めるそうです。彼女のことですから、満知子先生のように、生徒にスケートの楽しさを伝えられる先生になるのではないでしょうか。

小さな頃から注目されてきて、華という武器と笑顔で日本の女子フィギュアスケート界黄金期のバトンを受け継ぐ存在になりました。全日本選手権で、演技のスタート位置を間違え、横移動をしていたことを昨日のことのように思い出します。シニアデビューのシーズンにグランプリファイナルで銅メダル。世界選手権代表にも選ばれ、2011年~2015年まで5年連続で世界の舞台で戦ってきました。もちろんキャリアで見せるのは笑顔だけではありませんでした。なかなか思ったようなジャンプが跳べずに、暗い表情を見せたシーズンもありました。それでも、今シーズンはそれを振り切ったように、今自分に出せる力を出し、ずっと笑顔を見せてくれました。結果的に現役最後の試合となった全日本選手権では、ジャンプ構成を落としたものの細部まで行き届いた美しい表現と滑りで作品を完成させました。僕のブログのレビューで「LPはジャンプを終えるまで表現ができていない」と毎シーズンのように言ってきましたが、ついにそこから脱し、真の表現者として歩み出したのだなと思えました。現役の最後は、「Prayer for Taylor」で締めくくりました。僕は彼女のプログラムの中で、これが一番のお気に入りだったので、とても嬉しいです。最高に美しかった。SPの打率高すぎですね。1番打者に据えていれば安心できる打率でした。

今までお疲れ様でした。

トリノ、バンクーバー、ソチ3大会のオリンピック女子代表が現役を退き、日本スケート界のチャプターが区切られることになります。そして新たな時代はもう始まっているのです。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。