2017
03.30

世界選手権 1日目 ペアSP

史上最高の戦い。

ペアSP
1 Q Wenjing SUI / Cong HAN(中国)81.23 PB
2 Q Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)79.84 PB
3 Q Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)79.37
4 Q Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)75.23
5 Q Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)74.26 PB
6 Q Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)73.14 PB
7 Q Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)72.67
8 Q Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)72.17 PB
9 Q Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)71.04 PB
10 Q Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)70.10
11 Q Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)70.08 PB
12 Q Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)66.31
13 Q Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)65.69
14 Q Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)64.52 PB
15 Q Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)63.36
16 Q Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)62.03 PB
17 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET(日本)61.70 PB
18 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)61.01 PB
19 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)59.76 PB
20 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)56.23
21 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU(クロアチア)52.83
22 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV(リトアニア)52.49
23 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)51.79
24 Daria BEKLEMISHEVA / Mark MAGYAR(ハンガリー)45.96 PB
25 Emilia SIMONEN / Matthew PENASSE(フィンランド)45.49 PB
26 Zoe JONES / Christopher BOYADJI(イギリス)44.33
27 Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV(フランス)43.78
28 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER(スイス)40.50

アレウィン
3Tとスローフリップをきれいに入れました。また上手くなっています。世界ジュニアから10日しか経っていないというのに。PCSもうちょっとくれてもいいと思うんですけど、トランジションに至っては5点台。2008年ぐらいの採点ですな。

乳首弟組
弟氏が髪型を変えました。男前になって大成功。アナさんはメイクが変わったでしょうか、いつもナチュラルな感じでペトロフっぽいのに今日は濃いです。3Tはタイミングがピッタリ。ステップの流れるようなユニゾンに心を奪われ、最後のソロスピン!ズレまくった!!!MOTTAINAIです。

ブトエル
3Sは女声が両足着氷。ですがスローループもツイストもきれいに入りました!成長期でなかなか結果を出せずにいたけれど、光が見えたか!スミルノフの格好が青いスーツじゃなくて普通だから集中できたのかもしれない。

ペトラノヴィッチ&ソウザ
ラリオノフの生徒です。振付もラリオノフでなかなか素敵なんです。スロー降りて、着氷を男性が確認する前に別方向に滑ってステップに入っていくところとか。おいラリオノフ!お前すげえな!あと現役時代よりかっこいいぞ。

すみオデ
第1グループからツイストの失敗が出まくっています。2人のツイストはいつもきれいなのに、キャッチを抱えてしまうとは。それでも3Sとスローサルコウはいつも以上にクリーンで、失った点数はきっちり取り戻しました。オデが大型犬のように喜んでいました。

ユージャン
そんなツイスト大荒れ大会ですが、ちうごくペア数十年の歴史の前にトリプルツイストは楽々。失敗する気配すらありません。スピンをまずまずまとめ、素晴らしい出来でした。シャオユー貫禄出たなあ。

リョムキム
ノーミスのクリーンプログラムでした。北の選手というと、ジャンプがよくてもそれ以外なもったいない・・・となるのが今までのパターン。でもこの組はスピードも出ているし、リフトも上手い。そしてステップのミラーの動きがピッタリで、ギターの音色をかっこよく表現するんです。普通ならGPSに毎年2枠持っているレベルです。もっとたくさんの試合に派遣して欲しい。

ハセ&ジーゲルト
ツイストきれい、ジャンプもきちんと決まりました。こんなに上達しているとは・・・恐ろしい。立派にドイツ2番手を張れる力を持っていますよ!リバースラッソーの下ろし方がさらにスムースになるといいなあ。パーソナルベスト51点→59点に。

デニフレ
スローループも3Sも転倒しました。フレイジャーが転倒するとは思ってもみなかったです。ソロスピンもバラバラになりましたし、これはよくないデニフレ。体のキレは上昇気味だったと思うんですけど。

ザビエン
今日も安定しておりました。PCSはユージャンよりちょびっとだけ高いです。好みはあると思いますが、これはこれで悪くないんじゃないかと思ってきました。淡々とはしていますが、吹雪の夜に男女が盛り上がっててもおかしいですもん。コソコソしなきゃ。

マルホタ
ツイストのキャッチが大惨事になったり、ソロジャンプが抜けてしまったり、いつも何かのミスが出てしまうマルホタ。今日はかなりよかったと思います。ツイストが普通だったのが特によかったです。ホタレックが足を踏み変えながらジャッジ席前をルンルン歩いていくときのクネり具合が絶妙にキモくて笑ってしまいました。こういうのが見たかったんだ!71点に絶叫wwwwwいやー70点が出るとは思わなかったので僕もびっくりでした。68中盤ぐらいかなーと。

イリモー
僕の頭にこびりついている「ジャンプをミスしていつも謝ってばかりいる」というロシア時代のイリの記述。だからイリのソロジャンプの度に、他の選手以上に降りて欲しいと祈るのです。今日は3回転しました!両足でもないです!わーい。あとはいつも通り大人の世界。

白鳥組
ソロジャンプで3Lzを跳べる組なので3Tは簡単にふわっと降ります。リフトの上げ方が素晴らしいです。うんしょじゃないんですよ、下から上に突き上げるようにドーーーーーーーン!って一瞬で上げました。トランジションもすごくよくなってる。昔は動きがカクカクして、エレメンツに追われるままに演技が終わっていましたのに。ああああああああLPも見たいのにいいいいいいいい。

セガビロ
GPF以来の試合です。セガンの動きがまだまだ戻りきっていないというのが正直な感想。ソロジャンプは3Loを回避し3Sで安全策。いつもリフトはフリーレッグがきれいに伸びていなくてもポジションは安定していたんですけど、今日はそれもなかったかと。このプログラムはフリーレッグを上げるタイミングや角度を過剰なまでに合わせています。ウィルソンを除く振付師がダンサーだからでしょう。

ヴァネシプ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああツイストでコケたああああああああああああああこの氷ツイストの失敗多すぎるんじゃあああああああああああなんやこれええええええええええええええ。すごく痛そうな転倒だったのに、3S降りて、初カツオ水揚げピチピチダンスリフトからのスローフリップもクリーンに。こんちくしょうの気持ちがいい方向に出たのかも?ヴァネッサは笑顔、シプレ死にそう。こういうのは失敗させちゃった方が落ち込みますよね。ヴァネッサは変な気を遣わせないように笑顔だったのかも。PCSはここまでのトップ。そりゃこの大人の駆け引きアッハーンな演技に点数出ますわ。

シメクニ
四大陸ではエレメンツの余裕のなさに目がいきました。今日はそこから抜け出したように思います。もちろんスローの質などを見ると万全の彼らではありません。Come what may I will love you until my dying day.らしいので、ラブパワーで調子を上げていくでしょう。体調不良だったシメカさんじゃなくて、また邦衛さんがステップアウトしてたのには目を瞑りましょう。

デラモデル
ツイストは回転を開くのが少し早かったのか、完璧ではないように思えます。ミスというほどでもありません。美術館の絵画から顔を出した2人が怪しく動き回る・・・みたいなミステリアスな雰囲気があります。ほんと上手くなった。

スイハン
スローフリップが完璧すぎました。軽さのあるジュニア時代よりも幅は出ないけれど美しさは増しています。あの頃はあまりに幅がありすぎて、ドーーーン!と降りていました。今はチェック姿勢まで完璧です。プログラムの最大の見せ場のステップをたかーーーーーい天井から撮影するカメラで台無しにしてくれました。会場の安い席で見ているみたいでしたよ!テレビですよ!テ!レ!ビ!芸術的な角度とかいらないんです。これはスポーツ中継!竹中直人みたいに笑いながら怒りますよ。

サフマソ
ツイストは赤子を持ち上げるように軽々と。中国チームのツイストすごかったんですけど、やはり格が違います。3Sとスローアクセルはいずれも両足です。2つともきちんと降りればTESが47とかになるんですよね。ヴォロトラの歴代最高はサフマソしか超えることができないです。サフ子は出来に不満な様子。

ストクリ
ツイストは体の側面をキャッチして、キャッチしたクリモフだけが転倒。スローフリップは高さが出ずに転倒。3Tはストルボワがステップアウト。にらみ合いブリザードにならなかったのは、きっと練習からダメだったんでしょうね・・・。あと2人とも大人になったということで。

タラモロ
タラソワが膝を10針縫っての演技。手堅くくると思ったらいつものツイスト。3Tもきれいに降りました。モロゾフよりタラソワのジャンプの方がきれい。スローループはタッチダウン。いつもの動きではないですが、それでも高いTESが出ました。この根性に感服いたしました。

デュハラド
ラドフォードさんが右股関節を負傷しておりまして、最初から3Lz回避を決めていました。冒頭のツイストに高さがなくてキャッチもギリギリだったことから「あああ・・・やべえ・・・」と感じました。キスクラでメーガンは「TES取りこぼしてるやん」的なことをしきりに述べていました。ラドフォードさんは疲労困憊。4分半いけるでしょうか。ソロジャンプはもちろんですが、エレメンツを持ち上げられるのかどうかも分からない。

スイハンはスピンとリバースラッソーがレベル3。あと1点伸ばせます。スローフリップは満点でした。サフマソはツイストが満点&オールレベル4。3SはGOEプラスでした。両足はちゃんとマイナスにしようで。インタープリテーションに10.00をつけたジャッジがいます。タラモロもツイスト満点&オールレベル4。デュハラドはシェイキーな3Tで加点が伸びず、お手つきのスローはマイナス。レベル4が1つだけでした。いつものデュハラドじゃない。すみオデはツイストのキャッチがいつも通りであればSP通過でしたが、本当に素晴らしかった。

足切りラインがまさかの62.03というハイスコアでした。そして第2グループに70点台がいるという、にわかには信じがたい状況。5年前のスケートファンにこの順位表見せたら驚くでしょうね。いや、まずペアの組み替えに驚くか。

ペアも暫定枠を計算してみましょう
3枠 中国・ロシア・カナダ
2枠 ドイツ・アメリカ・イタリア・フランス
オリンピックで決まるのは16枠なので、1枠オーバーします。
1.17枠目まで確定して残りの3枠をネーベルホルンで争う
2.2枠の国の中で最下位の成績の国を1枠として扱う
このパターンが考えられます。でも誰もどうなるか分からないのです。だって記述がないから。それではなぜその記述がないかというと、ペアの出場枠がソチから削減されたからです。それまでは24枠だったから、こんなケース起こりえなかった。だから頭になかった。

さあ、どうなるのかはISUに教えてもらいましょう。ISU公式ツイッターの中の人!枠が確定したらすぐにツイートしてくれよな!頼ってますよ。
back-to-top