2017
03.20

宮原知子 世界選手権を欠場

http://www.nikkansports.com/sports/news/1795179.html

宮原知子が四大陸、アジア大会に続き、左股関節疲労骨折により世界選手権を欠場します。痛みが継続するとのことで、とても残念ではありますが、今は体調回復を最優先すべきです。来シーズンの滑り、プログラムを楽しみにしています。

繰り上がりとなる本郷は、今年に入ってから試合が続いており、体力的にも厳しい状態かもしれません。しかし、これも貴重なチャンスなので、シーズン最後に力を発揮できるように応援したいですね。

宮原の欠場により、世界選手権出場メンバーで世界ランキング上位6名はメドベージェワ(1位)、ポゴリラヤ(3位)、アシュリー(5位)、本郷(8位)、ソツコワ(10位)、デールマン(11位)となります。本郷は日本勢で唯一SP最終グループでの滑走となります。
back-to-top