Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

世界選手権エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent00051795.htm

フィンランド全カテゴリー派遣おめでとう。

男子
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Brendan KERRY AUS 2
3 Larry LOUPOLOVER AZE 3
4 Jorik HENDRICKX BEL 4
5 Patrick CHAN CAN 5
6 Kevin REYNOLDS CAN 5
7 Boyang JIN CHN 6
8 Han YAN CHN 6
9 Chih-I TSAO TPE 7
10 Nicholas VRDOLJAK CRO 8
11 Michal BREZINA CZE 9
12 Valtter VIRTANEN FIN 10
13 Chafik BESSEGHIER FRA 11
14 Moris KVITELASHVILI GEO 12
15 Paul FENTZ GER 13
16 Graham NEWBERRY GBR 14
17 Alexei BYCHENKO ISR 15
18 Ivan RIGHINI ITA 16
19 Yuzuru HANYU JPN 17
20 Keiji TANAKA JPN 17
21 Shoma UNO JPN 17
22 Denis TEN KAZ 18
23 Deniss VASILJEVS LAT 19
24 Julian Zhi Jie YEE MAS 20
25 Michael Christian MARTINEZ PHI 21
26 Igor REZNICHENKO POL 22
27 Jinseo KIM KOR 23
28 Mikhail KOLYADA RUS 24
29 Maxim KOVTUN RUS 24
30 Javier FERNANDEZ ESP 25
31 Javier RAYA ESP 25
32 Alexander MAJOROV SWE 26
33 Stephane WALKER SUI 27
34 Ivan PAVLOV UKR 28
35 Jason BROWN USA 29
36 Nathan CHEN USA 29
37 Misha GE UZB 30

男子はなんと言っても羽生、なんですくん、昌磨、ネイサン、Pさん、ボーヤンの6強の戦い。1人4本~7本の4回転を入れる超ハイレベルな戦いです。数年前なら1試合分に相当していたジャンプをたった6人でおこなうという恐ろしい時代なのです。この6強を崩す選手が現れるでしょうか。ハンヤン、コリヤダ、コフトゥン、ブラウン、テンくんと、これに続くグループがひっくり返せるのかどうか。フランスはナショナルチャンピオンのエイモズがミニマムを持っていないこともありベセギエが派遣。ドイツはナショナルチャンピオンのリーベルスではなく、今シーズン好調のフェンツが送られます。台湾はチーイーがアジア大会で滑り込みセーフのミニマムを獲得して初出場。地元フィンランドからはヴィルタネンが初めてミニマムを突破し、29歳で初出場です。今シーズン躍進したヴァシリエフス、動きの洗練されたパブロフやウォーカー、クヴィテラシヴィリあたりも楽しみです。男子は技術レベルもさることながら、実に個性的な選手が揃っているので、第1グループから楽しむことができます。日本時間ではSPが木曜夜から、LPが土曜夕方からという、日本人に優しい時間設定ですので、全滑走ストリーミング観戦が可能でしょう。

女子
1 Anastasia GALUSTYAN ARM 1
2 Kailani CRAINE AUS 2
3 Kerstin FRANK AUT 3
4 Loena HENDRICKX BEL 4
5 Isadora WILLIAMS BRA 5
6 Gabrielle DALEMAN CAN 6
7 Kaetlyn OSMOND CAN 6
8 Zijun LI CHN 7
9 Ziquan ZHAO CHN 7
10 Amy LIN TPE 8
11 Michaela-Lucie HANZLIKOVA CZE 9
12 Helery HÄLVIN EST 10
13 Emmi PELTONEN FIN 11
14 Laurine LECAVELIER FRA 12
15 Nicole SCHOTT GER 13
16 Natasha MCKAY GBR 14
17 Ivett TOTH HUN 15
18 Carolina KOSTNER ITA 16
19 Wakaba HIGUCHI JPN 17
20 Mai MIHARA JPN 17
21 Satoko MIYAHARA JPN 17
22 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 18
23 Angelina KUCHVALSKA LAT 19
24 Niki WORIES NED 20
25 Anne Line GJERSEM NOR 21
26 Dabin CHOI KOR 22
27 Evgenia MEDVEDEVA RUS 23
28 Anna POGORILAYA RUS 23
29 Maria SOTSKOVA RUS 23
30 Shuran YU SGP 24
31 Nicole RAJICOVA SVK 25
32 Dasa GRM SLO 26
33 Joshi HELGESSON SWE 27
34 Yasmine Kimiko YAMADA SUI 28
35 Anna KHNYCHENKOVA UKR 29
36 Mariah BELL USA 30
37 Karen CHEN USA 30
38 Ashley WAGNER USA 30

無敵のメドベージェワに勝てる選手は現れるのか。TESだけでなくPCSでも勝てる選手がいない現状ですが、これはメドベージェワがずっとノーミスの演技を続けているからだと思います。多くの選手がノーミスだと、評価が拮抗して逆転する可能性が出てくるはずです。ノーミスが多ければ多いほどよく、滑走順が後ろであればあるほどいい。優勝の最右翼はメドベージェワ。ジャンプの大量加点が見込めるオズモンド、PCSで9点台が望めるアシュリー。この2人にも可能性があると思います。滑りがよく、ジャンプがダイナミックで構成も強いゴールドがガチンコ対決で勝てる存在ですが、それは来シーズンに期待ということで。メダル争いは前述した3名とそれ以外のロシア・カナダ・アメリカ・日本勢。表彰台ラインが215~220になると思うので、カロリーナは少し厳しいか。昨シーズンの世界選手権は7位までが200点、10位でも186点が必要でした。トップ10ラインの戦いにヘンドリックス、ルカヴァリエのユーロ勢や韓国からの期待がのしかかりまくるダビンが入ってくるとおもしろそうです。3枠獲得の可能性はロシア>>>日本>カナダ>アメリカという順番かなと。

ペア
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 2
3 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK BLR 3
4 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 4
5 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 4
6 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN 4
7 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 5
8 Xiaoyu YU / Hao ZHANG CHN 5
9 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU CRO 6
10 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE 7
11 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM PRK 8
12 Emilia SIMONEN / Matthew PENASSE FIN 9
13 Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV FRA 10
14 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 10
15 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT GER 11
16 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 11
17 Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR 12
18 Daria BEKLEMISHEVA / Mark MAGYAR HUN 13
19 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 14
20 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 14
21 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 15
22 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV LTU 16
23 Minji JI / Themistocles LEFTHERIS KOR 17
24 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 18
25 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 18
26 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 18
27 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER SUI 19
28 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA 20
29 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM USA 20

1908年に初開催されたペア競技ですが、23年ぶりに最多出場数を更新することになりました。これはとんでもないことでござるよ。エントリーページ開けた瞬間エントリー数が多くて目を疑いました。4種目中最も競技人口が少ないので、裾野が広がっているのが嬉しい。優勝は225~230点がライン。デュハラド、スイハン、サフマソ、タラモロ、ストクリ(全快していれば)の争いとなるでしょう。またイリモー、ユージャン、セガビロ、ヴァネシプも表彰台争いに絡んできます。いずれのペアも動きや表現が洗練されて、点数だけでは計れないおもしろいイベントになるのではないでしょうか。加露中独米伊仏の厚い壁を突破する組はどこでしょうか。SP通過には58点~60点が必要になりそうです。GPSでメダルを獲るクラスのペアがSP落ちしても不思議はありません。下腹部痛くなりそう。ペアは唯一両日深夜から。

アイスダンス
1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL ARM 1
2 Anastasia GALYETA / Avidan BROWN AZE 2
3 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 3
4 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 4
5 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN 4
6 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 4
7 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 5
8 Nicole KUZMICHOVA / Alexandr SINICYN CZE 6
9 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 7
10 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 8
11 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET FRA 9
12 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 9
13 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 9
14 Tatiana KOZMAVA / Alexei SHUMSKI GEO 10
15 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER 11
16 Lilah FEAR / Lewis GIBSON GBR 12
17 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO ISR 13
18 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 14
19 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 14
20 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 15
21 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY LAT 16
22 Taylor TRAN / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 17
23 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 18
24 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 19
25 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 20
26 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 20
27 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 21
28 Olivia SMART / Adria DIAZ ESP 22
29 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 23
30 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 24
31 Madison CHOCK / Evan BATES USA 25
32 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 25
33 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 25

テサモエとパパシゼの頂上決戦第3戦。ミスが少ない方が勝つでしょう。二強に次ぐのがシブタニズ。FD115点を突破し、他のトップ勢たちの中から一歩リードという印象です。しかしながら安全圏とは言えません。ウィバポジェ、パイポー、カペラノ、ボブソロ、チョクベイ、ハベドノとのレベルの高い表彰台争いとなることは必至。ロシア勢は2組で13ポイントを獲らないと3枠復帰できません。ステブキとトップ勢の間には現状差を感じますし、ボブソロの表彰台が必要となります。うーーーーーん。今から憂えていても仕方ないし、応援するぞー。トップ10が加米露伊仏で占められると、12~14枠。19枠が決まるので、残り5~7枠となります。トビトカやフルソレといった安定したカップルを除いても、かなクリは地力で枠を獲れると考えるのが自然でしょう。アジアのライバルたちに勝てば、自己最高位が狙えます。

全カテゴリー昨シーズンよりレベルが上がっています。男女シングルはうまく世代交代し、カップル競技はソチ後の大量引退がなかったのでレベルアップは必然と言えます。ピョンチャン後には引退スパンに入るでしょうから、今の選手たちの滑りをしかと目に焼き付けましょう。

該当の記事は見つかりませんでした。