2017
02.19

四大陸選手権 4日目 男子リザルト

男子LP
1 Yuzuru HANYU(日本)206.67
2 Nathan CHEN(アメリカ)204.34 PB
3 Shoma UNO(日本)187.77
4 Patrick CHAN(カナダ)179.52
5 Boyang JIN(中国)176.18
6 Jason BROWN(アメリカ)165.08
7 Nam NGUYEN(カナダ)164.09
8 Misha GE(ウズベキスタン)157.56
9 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)153.78
10 Han YAN(中国)151.37
11 Brendan KERRY(オーストラリア)149.28 PB
12 Kevin REYNOLDS(カナダ)145.95
13 Keiji TANAKA(日本)142.63
14 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)141.68
15 Jinseo KIM(韓国)130.79
16 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)130.46
17 Sihyeong LEE(韓国)130.32 PB
18 June Hyoung LEE(韓国)120.03
19 Chih-I TSAO(中華民国)118.61
20 Mark WEBSTER(オーストラリア)105.11 PB
21 Andrew DODDS(オーストラリア)101.88 PB
22 Leslie Man Cheuk IP(香港)93.88
23 Kai Xiang CHEW(マレーシア)91.08 PB
24 Micah TANG(中華民国)89.38

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)307.46 PB
2 Yuzuru HANYU(日本)303.71
3 Shoma UNO(日本)288.05 PB
4 Patrick CHAN(カナダ)267.98
5 Boyang JIN(中国)267.51
6 Jason BROWN(アメリカ)245.85
7 Misha GE(ウズベキスタン)239.41 PB
8 Nam NGUYEN(カナダ)237.08
9 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)235.72
10 Han YAN(中国)235.45
11 Brendan KERRY(オーストラリア)227.39 PB
12 Kevin REYNOLDS(カナダ)222.31
13 Keiji TANAKA(日本)220.18
14 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)214.15
15 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)202.67
16 Sihyeong LEE(韓国)195.72 PB
17 Jinseo KIM(韓国)195.05
18 June Hyoung LEE(韓国)187.58
19 Chih-I TSAO(中華民国)169.63
20 Andrew DODDS(オーストラリア)162.05 PB
21 Mark WEBSTER(オーストラリア)160.03 PB
22 Leslie Man Cheuk IP(香港)146.74
23 Kai Xiang CHEW(マレーシア)138.46 PB
24 Micah TANG(中華民国)135.79 PB

カイシャンがSlow Dancing in the Big Cityを滑っている。むらのプログラムで僕が1番か2番に好きなやつ。荒屋さん振付だからそこはかとない日本風味。

チーイー
3A fall 3S-3T 3F-2T-2Lo 3Lz 3Lo fall 3F 3S hd 2A ot-2T
ピアソラメドレーでしたので、最後は体力的にも厳しいかと思いますがもっと感情をドーンといきましょうぜ。リュージュとは顔だけではなく、そういった課題も似ているかも。ミニマム超えた!!!!!けどSPがないんだよなあ。

ニューエン
4T 4S fall 3A 4S-2T-2Lo 3A-3T 3Lo 3F-2T tano 3Lz
髪型どういうことになっているのか分からない。刈ったサイド部分が伸びてきて、中央部分を立たせている?寝癖っぽくも見えますが。転倒が1つあってもTES速報が94点。クワド3本と3A2本の威力ですよ。パリのアメリカ人のプログラムで3Lzがちょうど、妄想のダンスシーンのフィニッシュになっていると思うんですよね。そこからスピンでの締めが愛する女性と抱き合ってハッピーエンド。展開が分かりやすい。表現面は強いですね。

シヒョン
3Lz-3T 3F 3S 3Lo-3Lo so 2A 3Lz 2Lz-2Lo-2Lo 2A
脚が長すぎてスピン中のジャンプがやりにくそうです。短足最強説。2Lzからコンボをやるなんて、どんだけルッツ好きなんだ!と思いましたが、トリプルを使い切っているから2Lz以下のジャンプではないといけないんですね。自分の限界構成ってことですか。Take Me to Churchだから自分の愛についてのプログラムにも思えるけど、ジーンズ風衣装だから親戚のお兄ちゃんのカジュアルなガーデンウェディングに出席しているみたい。高得点が出て住田弁護士風先生も嬉しそう。

マルティネス
3Lo 3T 3A-2T 3A ot 3Lz-1Lo-3S 3F shaky 3Lz fall 2A shaky
スリーターンからの3Loが忙しそう。障害物競走を見守る気持ちに。SPでは手の上げ方がモロモロしく、LPでは手の引き寄せ方がモロモロしい。押して滑るのが目に留まりました。もしかしたら今の体型に対応ができていないのかもしれません。ボーカル入れすぎでないのがよかった。

ジュリアン
3A-2T-2Lo 3S 3F-3T df 3A fall 3Lz 3F 3Lo 2A+2A
冒頭の3連の着氷後、派手に体を使った振付が入っていたから驚きました。いきなり暴れだしたかと錯覚。3Fの着氷後も暴れだしたかと錯覚。ステップでしたゲラッパ。時々手足に体が放置されていることはあるけど、心の底から曲を感じて楽しく踊っているように見えるのは好感が持てます。そういった選手は応援したくなりますよね。

ジンソ
4T fall 1A 3Lz-3T 3Lo 3A so 3Lz 3S-2T-2Lo 3A so
ここから韓国フィギュアスケート選手権に戻ります。3Aが抜けたので最後にもう一度入れてきました。2本の3Aはステップアウトになったものの、かなり低いポジションで堪えました。マンチカン膝がなければ転倒になっていたでしょう。この膝どこで買えるんですか?

ジュンヒョン
3A fall 3Lo-2T 3F 3F-3T shaky 2A-2T-2Lo so 3S 3Lo so 3Lz
3Aの助走勢いがよかったから絶対に成功すると思ったのにいいいいい!髪型は普通になって物足りないけど、この方が男前に見えるからしょうがない。おもしろカット&金髪が恋しいです。ミスはあったんですけど、そんなに悪くも思えないんですよね。所作がきれいだからでしょうか。

韓国選手権のグループ2終了。優勝はシヒョンでした。

デカ
3S 2S 3A 2F-2T 3A-2T-2Lo 3Lz 3Lo 3F
予定通りの回転にならなかったジャンプが4本。コンボが1つなくなりました。これらのミスでTESが20点ほど下がります。3Aが入ったのはよかったんですけどね。表情は作っていたけれど、コレオシークエンスが抑え目になってしまったし、本人にとっては悔いの残る演技になったでしょう。

レイノルズ
3S 4T fall 4S 4T 3A 3Lz-3T 3F-3T 3Lo
このまま4回転全ミスになったらどうしようかと思いました。立て直して、繰り返しジャンプが余ったので3-3を2本に増やしてリカバリー。スピンでフィニッシュ詐欺をしてから、3Loともう1つのスピンがあります。フィニッシュ詐欺の地点よりも盛り上げられているので、彼は詐欺成功。盛り上げられなかったら詐欺失敗で現行犯逮捕です。最後スピードを保つことができていれば、さらに盛り上げられそう。

美青年ケリー
4S 3T so 3A-2T tano 3T-2T 3A-1Lo-3S hd 3F so 3Lz 3Lo hd
胸毛海賊ケリー。これは意図的胸毛。1番難しいエレメンツを成功しても調子のよさを計ることができないのが彼なのです。後半の3連あたりから急激にスピードが落ち、今にもやられてしまいそうな海賊。脚気で弱ってそうな海賊。スタミナあああああああああああああああ!でも結構もらえたわ。10番代後半~20番の旅から帰還。

ブラウン
3A-2T 3A 2A 3Lz 3F-3T 1A 3Lo hd 3Lz-1Lo-2S
終盤スピードが落ち、ジャンプのミスに繋がりました。そうなると力がこもってしまって、音楽の雰囲気や緻密なプログラムが崩れてきます。それだけこれは計算しつくされて演じられているのだと再確認できました。ワールドでは万全な状態に回復していますように。

ミーシャ
3A 3A-1Lo-3S 3F 3Lz-3T 3Lz 3Lo 2A 2A-2T
SPが愛の夢、LPがくるみ割り人形のアダージョ。このままミーシャが天国で聖人になってしまいそう。どうしてこんな淡い甘い選曲に。もみ上げの形が往年のスターっぽい。落ち着きっぷりは嫁入り前の娘っぽい。

ホックスタイン
4T hd-2T 3A fall 4T shaky 1A 3Lz-1Lo-3S 3F 3Lo 3T-2T
全米で4Tと3Aと3Lzを2本ずつ跳ぶ謎の失敗をしたホックスタインさん。最後を3Lzにしてしまっていたんですよね。あれがなくて、何かどうなっていたら3位の可能性もありました。たらればですけど。今日は3Aが抜けたから、最後3Lz-2Tでもよかったんですよ!

ボーヤン
4Lz-3T 4S so 4Lo fall 4T fall 4T-2T 3A-1Lo-3S 3A 3Lz
1番簡単なジャンプが3Lzwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww6本目のジャンプまで基礎点全部10点以上wwwwwこれはワロタンゴデロスエクシラドス。さすがのボーヤンでも5クワド3A×2はバテます。ジュニア時代ぐらいバテてます。4回転を跳ぶのは大変なんだと分かる瞬間。3本ジャンプ跳んで少し気持ちをリセットできるコレオシークエンスがあって、いいなと思いました。

Pさん
4T-3T 3A 4S fall 4T fall 3A hd 3Lo 3Lz to 3F-2T-2Lo
Pさんの4回転は「失敗しましたけど、何か気になることでも?」と言われるような迫力。転倒してもその後に影響ないからPCS下がらないです。ジャンプをすべて終えてからのステップの伸びがもう・・・すごすぎて。何でこんなに一蹴りで滑って、最終盤なのにプログラムに一山作れるんだろうって。

ハンヤン
3A hd 4T so 4T-2T 1A 3Lo so 3Lz-3T 3S 3F
1本目の4Tは2本目に比べると回転に入るタイミングが明らかに遅いです。ぜひ見比べてみてください。後半の3Aはターンから音楽に乗って入ったので成功すると間違いなく+3が並んでいたやつ。演技前半はジャンプ中心ですが、後半は調和を相当重視して作られています。編曲はパンチありますけども。昨シーズンの「このプログラムどうするんだよ」という状態から、よくぞここまで仕上げてきた!というぐらいに変わりました。ポーズ解くの早い!余韻!

昌磨
4Lo 4F 3Lz 3A fall 4T 4T-2T 3A fall 3S
現在ブエノスアイレスは午前2時台です。惜しい。4Lo初成功うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお4F過去最高にきれいうおおおおおおおおおおおおおおおおおお3A2本転倒。ええええええええええええええええええええええええええええええええええ。昌磨さん最近3Aの成功率が芳しくないですね。+2を並べるエレメンツなので、転倒してしまうと1本あたり6点なくなっちゃうんですよ。んでコンボ2つもないから20点近くがブーンと。

羽生
4Lo 4S 3F 2S-1Lo 4T 3A-3T 4T-2T 3A
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお4S抜けたから3Aを4Tにして、3Lzを3Aにしたああああああああああああああああああああリカバリーの方法すごすぎるうううううううううううううううううううう。こんなリカバリーできるってことはキンキンに切れてるってことですね。3Lzいないから安心する。リカバリーに集中して音楽表現がいつものフルパワーではなかったので、ワールドではもっと出るってことだな!

ネイサン
4Lz-3T 4F 4T ot 4T-2T 3A ot-2T-2T 4S 3Lz 3A so
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおさらに構成上げてきとるやんけえええええええええええええええ3A2本になった!!!昨シーズンまでのルールなら3A-2T-2Tが0点になるところだった・・・あぶねえ。

ネイサン初出場初優勝。羽生の残りのタイトル奪取を阻止。テサモエにおけるファイナルのメリチャリ?ネイサンとボーヤンはともに5クワドですが、3連で3-1-3を入れ後半に5つのボーヤンの方が基礎点が上です。ワールドで最強構成を成功するのはどっち?どっちも?

羽生の構成謎なんですけど、2Sからコンボつけようとしたのは3Sつけようとしたんでしょうか。回数的にはいけますもんね。5クワドにしようとするなら、3Fクビにして3Lz置いておきますよね。やっぱ変態リカバリーだったってことか。

テンくんも見たかったけど、それでも十分レベルの高い試合でした。結局最終グループでは23本の4回転が飛び交いました。
back-to-top