Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

四大陸選手権エントリー

http://www.isu.org/en/single-and-pair-skating-and-ice-dance/results/201617/four-continents-figure-skating-championships

エントリーが早い気がした。そんなことはなかった。時が経つのが早いだけだった。オリンピックプレイベントなので出場回避が少なく、トップ選手が揃いました。

男子
1 Andrew DODDS AUS 1
2 Brendan KERRY AUS 1
3 Mark WEBSTER AUS 1
4 Patrick CHAN CAN 2
5 Nam NGUYEN CAN 2
6 Kevin REYNOLDS CAN 2
7 Boyang JIN CHN 3
8 Han YAN CHN 3
9 Micah TANG TPE 4
10 Chih-I TSAO TPE 4
11 Leslie Man Cheuk IP HKG 5
12 Harry Hau Yin LEE HKG 5
13 Harrison Jon-Yen WONG HKG 5
14 Yuzuru HANYU JPN 6
15 Keiji TANAKA JPN 6
16 Shoma UNO JPN 6
17 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 7
18 Denis TEN KAZ 7
19 Kai Xiang CHEW MAS 8
20 Julian Zhi Jie YEE MAS 8
21 Michael Christian MARTINEZ PHI 9
22 Jinseo KIM KOR 10
23 June Hyoung LEE KOR 10
24 Sihyeong LEE KOR 10
25 Jason BROWN USA 11
26 Nathan CHEN USA 11
27 Grant HOCHSTEIN USA 11
28 Misha GE UZB 12

今年はSPで4人落ちることになります。さて・・・・なぜ中国が2人しか派遣していないのか。それはミニマムを持っているのがボーヤンとハンヤンしかいないから!これが国際Bに全然派遣しない悲劇いいいいいいいいいいいい。これはもったいないやつです。ドルジはワールドLPのミニマム持っていないんですけど、カザフは1枠しかなかったんでした。優勝争いは羽生とクワド姐さん、Pさん、2月3月男テンくん、昌磨、ボーヤン。このあたりでしょうか。昌磨はアジア大会と試合間隔が狭いので、時差の問題がないにせよ大変。怪我だけは気をつけて。ドッズ家は1名だけの派遣です。全国8000万のドッズファンが悲しみます。

女子
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Brooklee HAN AUS 1
3 Alaine CHARTRAND CAN 2
4 Gabrielle DALEMAN CAN 2
5 Kaetlyn OSMOND CAN 2
6 Xiangning LI CHN 3
7 Zijun LI CHN 3
8 Ziquan ZHAO CHN 3
9 Amy LIN TPE 4
10 Maisy Hiu Ching MA HKG 5
11 Wakaba HIGUCHI JPN 6
12 Mai MIHARA JPN 6
13 Satoko MIYAHARA JPN 6
14 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 7
15 Dabin CHOI KOR 8
16 Nahyun KIM KOR 8
17 Suh Hyun SON KOR 8
18 Chloe ING SGP 9
19 Shuran YU SGP 9
20 Michaela DU TOIT RSA 10
21 Mariah BELL USA 11
22 Karen CHEN USA 11
23 Mirai NAGASU USA 11

シンガポールを国の略称をSINからSGPに変更したことに未だに慣れないです。SGPっていかつい。GDPみたい。四大陸はミニマムを導入してから男子より女子のエントリーの方が少ないことが多いです。今年はユーロでも女子の方が少なかったです。アシュリーが出場辞退したのを除けば各国トップ選手を送り出してきました。三原、新葉、ベルたそ、カレンあたりは世界選手権常連勢と比べると圧倒的に知名度が足りないので、ここでいい演技をして名前を売り、少しでも印象をよくしておきたいところです。それが上位進出に繋がりますもの。オズモンドが世界選手権のメダルを狙えるだけの力をつけてきました。あとは安定感です。宮原も昌磨と同じで連戦なのが気がかりです。

ペア
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 2
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 2
4 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN 2
5 Cheng PENG / Yang JIN CHN 3
6 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 3
7 Xiaoyu YU / Hao ZHANG CHN 3
8 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 4
9 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA JPN 4
10 Minji JI / Themistocles LEFTHERIS KOR 5
11 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM KOR 5
12 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM KOR 5
13 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 6
14 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA 6
15 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM USA 6

ペアもトップ選手が揃いました。デュハラドと中国勢の戦いになるでしょう。韓国が3組揃えてきたのはすごいですね。オリンピック後も強化を続けて、全カテ強い国になったらいいなあ。カナダが国内選手権に出ていないセガビロをワールドに送ったり、アメリカが国内選手権の結果をすっ飛ばした派遣をするあたり、オリンピックの枠がかかるシーズンは違うなと思いました。シメカさんことシメカ・クニエリムさんはクニエリムさんになって初めての試合です。スイハンがよくなっていることを祈りたいです。ペアのトップ勢は怪我が多すぎです。戦場のよう。

アイスダンス
1 Matilda FRIEND / William BADAOUI AUS 1
2 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN AUS 1
3 Adele MORRISON / Demid ROKACHEV AUS 1
4 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 2
5 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN 2
6 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 2
7 Hong CHEN / Yan ZHAO CHN 3
8 Linshu SONG / Zhuoming SUN CHN 3
9 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 3
10 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION JPN 4
11 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 4
12 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM KOR 5
13 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 5
14 Madison CHOCK / Evan BATES USA 6
15 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 6
16 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 6

これは壮観ですね。パイパー・ギルスさんの歴代のパートナー勢ぞろいではありませんか。オーストラリア代表のマッカーナン、アメリカ代表堂上、そしてポール。おもしろし。GPSでの順位をひっくり返すことができるのかに注目。そしてパイポーがどこまで行けるのかが最大の注目点でしょうか。2番手のウィバポジェに勝てるのか、負けが続いているハベドノに勝てるのか。

パイパーフィギュアスケート選手権は16日開幕。

該当の記事は見つかりませんでした。