2016
12.10

グランプリファイナル 2日目 女子SP

テレ朝のダサいOP~GPFバージョン~はインパクトが足りなかったです。これ以上は期待できないので、国別対抗戦で至極のダサにしてくれることを願います。

女子SP
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)79.21 PB
2 Kaetlyn OSMOND(カナダ)75.54 PB
3 Satoko MIYAHARA(日本)74.64 PB
4 Anna POGORILAYA(ロシア)73.29
5 Elena RADIONOVA(ロシア)68.98
6 Maria SOTSKOVA(ロシア)65.74

宮原
2A 3Lz-3T 3Lo
親指姫さんのように可憐や・・・チューリップの花びらを開いたらこの人が出てくるんや・・・っていうぐらいの妖精具合でした。身長が低い分、上へ上への動きが意識されています。下方向への振付も多いので、通常のポジションで滑っていても大きく高く見えるわけですね。TESが40点を超えるのは初めてです。オラオラもっとPCS出せやオラ。

オズモンド
3F-3T 3Lz 2A
ジャンプの軸が曲がっても成功するかは降りるまで分からない。3Fの軸が曲がったのに3Tにも繋げられました。スケカナだけじゃなくてガチ覚醒してますねえ。オズモンドはシャンソンのプログラムを滑るということで、パリにも行きたいらしいので、これが終わってから行けたらいいですね。んでOh パリの街並みいいいいいいってことで、さらに曲の解釈を深めてください。問題は明日。崩れるなよー3Lzと3Fと3Loと3Sと3Tと2A気をつけろー。

大会の途中ですが、ここからロシアフィギュアスケート選手権女子SPをお送りします。

ソツコワ
3Lz-3T 3F 2A
サナギから出ようともがく蝶々の姿を演じているらしいです。そう考えると少し固さの見えるステップにも納得がいきます。いやでもこれは彼女の能力的なもので、意図しているものではないのか?そうだよなあ、もう少しカクカクとした感じがなくなり、トランジションとエレメンツの調和が取れるといいんですけども。速報のTESから5点も下がりました。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo ot 2A
名前のコールの直後に足を下ろすときにトゥが氷に引っかかりバランスを崩しました。演技が始まるとその影響はあまり見られませんでしたが、3Lz-3Tの質が完璧なときの20%オフという感じ。3Loはオーバーターン。ステップはとてもよかったです。NHK杯よりもさらに上達していました。タンゴなのでギンギンに踊りすぎると変なので、エレガントとクレイジーのライン上にある今の状態をキープして欲しいです。

ラジオノワ
3Lz-3T 3Lo shaky 2A
素敵なポジションのコンビネーションスピンはトラベリングがありました。素敵なのに斜め上からという最悪のカメラワークでスピンを堪能できずです。GPS通して今大会が最低です。ジャンプではプラスをほとんど得られない演技だったので、それだけにスピンは大事になります。表情過剰で、楽しい表情が苦しそうに見えるのがおもしろい。これぐらいコテコテじゃないとラジオノワじゃない。

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lo 2A tano
この間のユーリオンアイスを観て発狂しあそばされた世界一スケートの上手い腐女子大明神。貫禄たっぷりの演技でした。ジャンプだけではなく、トランジションもたっぷり。2Aのランディングに動きを加えて、こんなところでまで表現してくるのかと驚かされます。ついにSPの歴代最高も出ました。初めての79点台です。こうなったら合計230点突破してくれ。記録は塗り替えられるためにあるので。

なんと6人全員オールレベル4という信じられない結果になりました。プロトコル眺めたら4しかなくてクワッwwwwwとなりました。メドベージェワは+2と3しかないです。羽生と同じ状態に突入している。ラジオノワは3Lo、ソツコワは3Fと2Aがアンダーローテーションでした。でもオールレベル4で転倒も抜けもないと気持ちがいいです。3Lzの呪いとは何だったのか、3Lzを入れた5人とも成功しました。さらば呪い。

pairsyade.png

ジオブロックなしで表彰式まで流してくれてありがとう台湾。明日もよろしく。


back-to-top