Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

NHK杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Yuzuru HANYU(日本)197.58
2 Nathan CHEN(アメリカ)180.97 PB
3 Keiji TANAKA(日本)167.95 PB
4 Alexei BYCHENKO(イスラエル)154.74
5 Deniss VASILJEVS(ラトビア)153.23 PB
6 Mikhail KOLYADA(ロシア)147.51
7 Jason BROWN(アメリカ)144.14
8 Nam NGUYEN(カナダ)137.10
9 Ryuju HINO(日本)134.65
10 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)123.09
11 Elladj BALDE(カナダ)119.03

男子リザルト
1 Yuzuru HANYU(日本)301.47
2 Nathan CHEN(アメリカ)268.91 PB
3 Keiji TANAKA(日本)248.44 PB
4 Alexei BYCHENKO(イスラエル)229.87
5 Mikhail KOLYADA(ロシア)225.69
6 Deniss VASILJEVS(ラトビア)223.73
7 Jason BROWN(アメリカ)218.47
8 Nam NGUYEN(カナダ)212.43
9 Ryuju HINO(日本)207.15 PB
10 Elladj BALDE(カナダ)195.32
11 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)191.40

ホックスタイン
4T fall 1A-2T 3T df 3Lo-2T 3Lz-1Lo-3S shaky 3F 3Lo shaky 3Lz
おうふ・・・3Aも4Tも1本ずつの構成だったので、あまり調子が上がっていないのかもしれません。

ヴァシリエフス
3A 3A df-2T 3Lo 3Lz-3T 3Lz 3F 3S-2T-2Lo 2A
ジャンプがよく上がっていました。不安のある3Lzもよかったです。ステップ中のツイズルは足を上下しながらやって、ホップまで入れる凝り凝り凝りまくり。衣装は夏と冬を表現しているらしいですが、僕にはさっぱり分かりません。動脈と静脈にしか見えません。

ブラウン
4T fall 3A so 3A so 3Lz 3F-2T 2A 3Lo 3Lz-1Lo-2S
基礎点の高いジャンプにミスが出ました。3-3と3-1-3の予定構成を止めて安全策でまとめました。攻めないと4位以内には入れなかったので、ちょっと厳しい位置に立ちます。これだけ崩れるのは珍しい。

リュージュ
4T fall 3Lz-1Lo-2S 3A-3T 3Lo 3A 2Lz 3F 3S-2T
3連続の最後が2Sになったので、最後のジャンプを2Aから3Sに変更しました。計算できる子。表現力とは何か、他人の頭の中に潜り込んだら、変な世界にやってきてしまって、てんてこまいじゃーみたいなプログラムでした。

ビチェンコ
3T-3T 4T 3Lo 3A 3A so 3Lz 3F-1Lo-3S 2A
4-3は入らなかったものの、1本は入りましたし後半もまずまずの出来でした。ロステレコム杯のときのような憑依した演技ではなかったです。ビチェンコさんに何かが降りるあの現象は何なんでしょう。名前をつけたい現象。ハイパークライマックス道化師でした。

リンクサイドで無表情でデカの背後に立つ羽生が、デカに痴漢してるみたいでおもしろかった。

コリヤダ
4Lz fall 4T fall 3A 3Lz-3T shaky 1A 3S+2A 3Lo so 2A
柄シャツに墨汁ぶっかけました衣装。2位に入らないとファイナルには行けないので、挑戦しなければならなかったのです。だからこれは正しいんです。構成をいじってなんとか立て直そうとしましたが、ありゃりゃ・・・という感じ。

バルデ
4T df 3A shaky 2Lz-1Lo-3S 3A fall 1F 2Lo 3Lz shaky 2A
転倒、シェイキー、抜け、コンボなしなどすべてのジャンプに失敗が出ました。でもこの何とも言えない哀愁は素晴らしかった。手をもみもみフィニッシュも雰囲気ありましたもみもみ。TESが45.89・・・SPのような点数になりました。

ニューエン
4S 3A fall 3S 1A 3A-3T 3Lo 3F-2T-2Lo tano 3Lz-2T tano
4Sは降りられましたのにカナディアンアクセルの餌食となりました。今大会は3Aは得意な2人が出場してきたから無縁だと思っていたのに、呪いはこんな東洋の島国にまで及ぶんですね。3Lzを変更して3A-3Tを跳ぶすごいことをしていました。無良かよ。ハッピーエンドのプログラムなので、ナショナルでノーミスで滑り、スタンディングメープルオベーションが見えるっ。

デカ
4S hd 4S-2T 3A df 3F-3T 3A-2T-2Lo 3Lz 3Lo 3S
デカはお金のないイタリア人だったのか。3Lzの前にハットを投げてタバコをプカーってする振付があることに今更気がつきました。ほえーこういうことやってたのか。気になる女性には振り返ってもらえたんでしょうか、遊び人っぽいからダメかな?4Sなんとか堪えて、2本目はきちんとコンボつけて。氷が悪い疑惑が出ている中でよくぞここまでの演技を。はい来年もNHK杯派遣な!メダル確定きたああああああああああああああああああああああああああああおっらあああああああああ!

羽生
4Lo 4S 3F 4S fall 4T 3A-3T 3A-1Lo-2S 3Lz
すげええええええええええええええええええええええええ羽生バナーおおいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい500人ぐらい日の丸かバナー持ってそう。4Loはバランスを崩しそうだったのに上手くバランスを取ってプラスのエレメンツに。後半の4Sは絶対成功するやつじゃん!と思ってたら転倒しました。ジャンプの成否がよめねえ。昨シーズンがシュッシュッと空を切るような動きが大半だったのに対して、本人が自然のことを~と言っているだけあって、流れるように動くところが多かったです。昨シーズンの和プロを生かしてともインタで言っていたと思うんですけど、結構違う気がします。お辞儀での「ありがとうございます」はポゴリラヤの「スパシーバ」の演歌歌手度には及ばないです。

ネイサン
4Lz fall 4F-3T 4T so 4T-2T 3A shaky 3Lo 3F-3T-2T 3Lz shaky
4Lz-3Tを6分練習できれいに決めておりましたが転倒。4F-3Tという変態リカバリーは昨日に続いて完璧。後半はちょこちょこっと構成を変えて4クワドになりました。今日もスタミナは切れなーい。クワド界の姐さん、デビューシーズンでファイナル確定。

ISUのスペシャリストのおっちゃんは手塚治虫みたい。ビクトリーランで選手とタッチしていくやつ、羽生はなしでした。肩持っていかれる恐れがあるからな。デカと羽生が情熱的なシマウマさんから祝福受けとる。君がプレゼンターでええんやで。羽生は回転不足はなかったです。ステップがレベル3かー今シーズンは特に難しい。ネイサンは今日も回転不足なし。コケても回転足りさすマン。

ファイナルの顔ぶれはなんですくん、Pさん、羽生、昌磨、ネイサン、りっぽんぽんとなります。技術的におかしい人、スケーティングが神の人、表現が変態レベルの人。バラエティ豊かでおもしろくなりそうです。上位4人はともかく、ネイサンとりっぽんぽんのファイナル進出予想できてた人すごい。

明日は明子の部屋!!!!!大4トリオはまとめて出して欲しい。NHKしくよろやで。

該当の記事は見つかりませんでした。