Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

NHK杯 1日目 ペアSP・女子SP

快適。テレビ放映があるって素晴らしいいいいいい。

ペアSP
1 Cheng PENG / Yang JIN(中国)73.33 PB
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)72.95
3 Xuehan WANG / Lei WANG(中国)65.66
4 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)61.23
5 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)57.02
6 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET(日本)52.65
7 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)52.19

白鳥組
3Lzで女性が転倒。スロールッツかフリップか分からないものも転倒しました。でも転倒があってもエレメンツのレベルも表現としても上のものを組んできたので、それなりにスコアは出るようになりました。ちょいと女性のエッジがフラットになってしまったのが残念。

デュハラド
3Lzを堪えました。スローアクセルは回転はよかったですが、残念ながら転倒。アクセルラッソーのラドフォードさんの体のブレなさがすごい。今日はラドフォードさんの動きがあまりよくなかったです。本来ならもっと滑る選手ですのに。

マリブロ
ツイストの着氷が詰まりました。ここはかなり苦労しています。3TはOKで、スローはフリップからサルコウに変えて成功です。フラつく、グラつく箇所があったので、体力的に厳しいのかな?と思いました。海外を連戦するのも体力的に厳しいのでしょう。

ペンジン
ヤンジンの毛根をしばき上げるスタート。スローループも3Tも美しかったです。ペンちゃんの表現力に引っ張られて、ヤンジンのそれも大きく向上したと思います。そんでもってヤンジンの足裁きの上手さよ。そんなに上手だったのか!ペンちゃんだけじゃなくてヤンジンも跳ねちゃったぜ。納得の1位。このコミカルプロはペンジャンでもユージンでもやれないから、このペアに組み替えたからこそ見られるやーつです。

すみオデ
ツイストは高さが出るようになりました。リチャードチームでこんなに高さが出せるようになるとは思いもしなかったです。着氷が詰まりましたけどこれは成功の日も近いでしょう。3Sを堪えましたが、スローサルコウは転倒。ステップの最後の最後で女性がスタンブルしたのはもったいなかったです。全体的な雰囲気はとてもよかったです。オデが演技が終わってウィンク。絵になる。

ワンワン
スローループの着氷がきれいでした。シュエハンの10代とは思えない完成された表現に魅せられます。あっち行ってこっち行ってという、振り回すように滑る感じがたまらなくかわいい。ミラーでフィニッシュするステップ素敵。思ったより点数低い&PCSもそんなに出なかった。

タラダニ
3Sで2人とも転倒。スロールッツは着氷で乱れました。ダンスリフトからの入りが難しすぎるのかもしれませんけど、前から難しい入りはやっていますしね。何ででしょうね最近決まらないの。このプログラム結構好きなので、全米以来のノーミスが見たいです。オシェイさんの衣装は、絶妙に乳首の上部分が出る仕様。隠せし。

ペンジンはGOEで0が3つあるだけでプラスまみれでした。ワンワンは3Tがアンダーローテーションだったので点数が伸び悩みました。女性がグリンとしていたように見えたのでそこなんでしょうね。すみオデはツイストでレベル3を取れたので、あとはきれいに着氷できればです。

女子SP
1 Anna POGORILAYA(ロシア)71.56
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)69.96 PB
3 Satoko MIYAHARA(日本)64.20
4 Mirai NAGASU(アメリカ)63.49
5 Wakaba HIGUCHI(日本)62.58
6 Yura MATSUDA(日本)60.98
7 Karen CHEN(アメリカ)58.76
8 Alaine CHARTRAND(カナダ)58.72
9 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)55.66
10 Nicole RAJICOVA(スロバキア)53.43
11 Dabin CHOI(韓国)51.06

シャルトラン
3Lz hd 3Lo-2T 2A
3Lzは上がりすぎたのでバランスを崩してしまったようです。ジャンプとは難しいものですね。動きがおざなりになる箇所がかなり減ってきて、演技としてはかなりよくなったと思います。意外にもスケーティングスキルが後半項目より低いんですね。むしろこっちが高いと思っていました。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo 2A
去年のNHK杯ではヒュンッ・・・となるような演技だったので、今回はいい出来でリベンジ。ステップは意味不明リミックスなのに、ここまで滑りこなせるようになるとは思いませんでした。リミックスを征服しました。これぐらい変なものを征服できないようでは、ロシアの表彰台には立てないのかも。ビールマンだけ惜しかった。

ソツコワ
3Lz-3T 3F 2A
3Lzの軸が少し曲がったのに問題なく降りてきました。ステップに時間を割いているのですが、音楽の雰囲気がそれほど変わるわけではないので、雄大な動きが多すぎると間延びした印象を人によっては受けてしまうかもしれません。リーチが大きい分、細かい動きができないので、緩急を出すのが難しいですよね。それはこれからシニアで戦っていく上で強化していって欲しいです。ロシアの二大巨頭が続けての滑走でした。

ライチョヴァー
2T-3T 3Lz 2A
3-3は入らずでしたが、3Loを3Lzにして構成を上げました。でも回転が足りなさげです。ステップから3Lzというのは難しいので、回転が足りなくなってしまいがちなのかもしれません。あとはいつも通り素敵な演技でした。

宮原
2A 3Lz fall 3Lo-2T
うわあああああああああああああああ3Lzでおかしなトゥの突き方になって転倒。その前のステップでもスタンブルがあったので緊張があったのかもしれません。50点台も覚悟したけど結構出た。まだ大丈夫大丈夫。気持ち切り替えていこうぜ。緊張があっても、柔らかくて明るい演技ができていたので、それがなかったら素晴らしい作品に仕上がるはずです。

カレン
3Lz-3T 1Lo 2A
青衣装が白衣装に・・・白変種のクジャク?3-3のセカンドの回転は今回も足りなさそうです。3Loはスリーターンからスピードに乗っていたのですが残念ながら抜けました。成功すれば+2は確実に狙えるでしょうね。

ダビン
3Lz-3T 3F 2A
3-3の回転が両方足りません。でも軸があれだけ曲がって転倒せずにコンビネーションに繋げる根性を見せました。3Fあたりまでは硬さも見られましたけど、徐々にリラックスして滑られるようになったように感じました。愛の遍歴という邦題にされると、何か違う曲のように感じます。キオスクで売ってる官能小説のタイトルっぽい。

松田
2A 3Lo-3Lo 3F
ジャンプは降りて当然!との如く、自信を持って降りてきます。でも回転がギリギリです。3-3よりも3Fの回転の方が怖かったです。フライングキャメルの前に雰囲気が柔らかくなる様は、愛を知る映画の主人公の心情を表しているようで素敵でした。日本の大会とはいえ、シャルトランよりPCSが高いとは評価されています。

新葉
2A 3Lz so 3F-2T
スピードに乗っていても、調子乗っちゃって!という具合にグングンギアを上げるのではなく、コントロールされた演技だったと思います。3-3はスピードがなかったので成功できず、3Fに2Tをつけました。冷静です。

ミライ
3F-3T shaky 3Lo 2A
セカンド3Tが足りなかったです。フライングキャメルの入りがもう少しスムースになって、回転速度が上がるといいのですが。残りのエレメンツの質は高く、鳥海さんの地震情報に気を取られがちでしたが、いい滑り出しだったと思います。あまりNHK杯でいい演技をできていないので、明日はいい滑りをして欲しいです。調子はよさそうです。

トゥルシンバエワ
1Lz 3S-3T 2A
3Lz-3Tが抜けたので、3Loを3Sに変更する優秀バエワ。表情がかなり大人になってきました。身長はないのに演技は大人。大人のお子様ランチみたいな、神戸牛使ったハンバーグみたいな。

ポゴリラヤはセカンド3Tがアンダーローテーション、レイバックスピンはレベル2でした。宮原は3Lz、マツダはファースト3Loと3Fでアンダーローテーションです。見ていて回転足りないんだろうなーというところは漏れなくズバババッと刺さっていました。

二大巨頭が1位2位となりました。現在次点のアシュリーが1位6位で20ポイントなので、2位以内でファイナル確定です。知子新葉が3位になっても、ソツコワがフランス杯で2位なので今回4位ならソツコワ優先でファイナル進出はできません。知子新葉は表彰台が最低条件で、片方に絶対勝たなければいけません。

該当の記事は見つかりませんでした。