Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

中国杯 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)131.27
2 Cheng PENG / Yang JIN(中国)128.03 PB
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)120.26
4 Xuehan WANG / Lei WANG(中国)115.57
5 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)113.00
6 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)112.63
7 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)109.99
8 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN(アメリカ)92.09

ペアリザルト
1 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)203.76 PB
2 Cheng PENG / Yang JIN(中国)197.96 PB
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)191.54
4 Xuehan WANG / Lei WANG(中国)182.02
5 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)176.38
6 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)175.53
7 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)173.88
8 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN(アメリカ)142.41

マリブロ
スロールッツかフリップは高さが足りません。3Tのシークエンスはファーストが2Tになりましたが、課題の3Sは成功です。グループ3のリフトはきれいに流れていきますが、アクセルラッソーはなかなかスリリングな回転。スローパートの表現は次第によくなっていると思いました。

JJ
ソロジャンプでは男性が2本ともクリーンに、女性が2本とも転倒。昨シーズンは生命の危険を覚えたリフトは安定して回せるようになっていました。それだけで安心。

デラモデル
スローループで転倒、スローサルコウは両足着氷でした。その直後のアクセルラッソーまで失敗してしまったのは予想外。1番点数の比重が高いところですのに。ソロスピンは素晴らしいシンクロでした。ロシアですら失ってしまった美しいソロスピン。ソロスピンの名手になってください。

川スミ
3Tと2A+2Aは堪えました。スローも2本とも降りていいぞいいぞーってところでアクセルラッソーを1回転できないぐらいで落としてしまいました。背中に落としたので大事には至りませんでしたけど、また怪我をするんじゃないかと肝を冷やしましたよ。

ペンジン
2Aはミラーで跳びました。歓声を聞くと成功したと思われます。3Tのコンビネーションは女性がステップアウトでした。中国なのにしっかりと揃ったソロスピンの後は男女の向く方向を変え、ミラーで滑り、シェルブールの雨傘の別の道を歩いていく2人を表現しています。演技が終わってヤンジンの頭を叩くペンちゃん。そういうことしちゃダメなんだぞー!デリケートなんだぞー!

ワンワン
3T-2Tが2T-2Tになり、3Sは転倒です。スローループではステップアウトがありましたし、完璧な出来ではありませんでした。リフトを下ろした後に、股の下をくぐらす振付を入れましたけど、リフトの流れを殺いでしまったので効果的には思えなかったです。シュエハン泣き出しちゃった・・・来週がんばれ来週。

ユージャン
珍しく男性が3Tで転倒です。あのミスらないマシーンがです。プログラムの完成度はスケカナよりかなり上がっていました。息がかなり合っています。なぜこのペアがペンジンよりもしっくりこないかと言うと、女性のラインが美しくてそれを生かすべきなのに、男性も目立ってしまうから。じゃあなぜ男性が目立つのかというと、今までのキャリアの中で、自分が目立たないとペアを成り立たせることができなかったから。だからもう少ししたら落とし所を見つけられると思うんです。

イリモー
ツイストの着氷で詰まり、ソロジャンプは両足着氷、抜け、転倒などミスが続きました。ファイナルが懸かっていて、しかもそれが126点が必要なので緊張感の中でやっていたんだと思います。これはよくないイリモー。モスコビッチさんがSP・LP両方でジャンプ失敗だなんて、きっと氷のせいだな。はい氷極刑。

ユージャンは転倒はありましたがオールレベル4がききました。これでハオくんは3人のパートナーとグランプリファイナルに進出した初めての選手という珍記録を樹立しました。

ここまででサフマソ、タラモロ、ユージャンが確定です。来週は15ポイントのデュハラド、13ポイントのペンジン、9ポイントのワンワンが出場します。デュハラドは4位以内(162.39点以上で5位でも可能性あり)、ペンジンは3位以内、ワンワンは優勝のみでファイナルの可能性があります。NHK杯に出場する残りのペアにはファイナル進出の可能性がありません。セガビロはワンワンが2位以下になった瞬間にファイナルが確定します。デュハラド、ワンワン、タラダニ、ペンジンという並びになった場合は、点数次第でデニフレにも可能性が回ってきます。

該当の記事は見つかりませんでした。