Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

中国杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Patrick CHAN(カナダ)196.31
2 Boyang JIN(中国)182.37
3 Max AARON(アメリカ)161.07
4 Sergei VORONOV(ロシア)160.83
5 Han YAN(中国)155.15
6 Alexander PETROV(ロシア)154.23
7 Maxim KOVTUN(ロシア)151.33
8 Ross MINER(アメリカ)136.61
9 Michal BREZINA(チェコ)135.91
10 Daniel SAMOHIN(イスラエル)130.04

男子リザルト
1 Patrick CHAN(カナダ)279.72
2 Boyang JIN(中国)278.54
3 Sergei VORONOV(ロシア)243.76
4 Max AARON(アメリカ)242.74
5 Han YAN(中国)230.19
6 Alexander PETROV(ロシア)228.44
7 Maxim KOVTUN(ロシア)221.43
8 Daniel SAMOHIN(イスラエル)213.51
9 Ross MINER(アメリカ)213.34
10 Michal BREZINA(チェコ)211.77

コフトゥン
4S 4T 3Lo-3T 4S so 3A 3S 1Lz 2A
腋に手を当て、その臭いを嗅いで演技スタート。4Sの後に目を伏せる振付は、まだ若いのにワキガだということへのショックを表現している。これは現代人の多忙を極めた生活が、若者の体を蝕んでいることに強烈な風刺を与える社会派プログラムなのである。なんてことはないけど、若者の主張!的なものです。SP10位から抜けなしで順位爆上げの予感がしたのに抜け&コンボが1本しか入らなかったです。3Aが2本ないですし、3クワドとはいえど高得点が狙える構成ではありません。1つ1つのミスが痛いです。

ペトロフ
3A-2T 3A 3Lz 3Lz-2T tano 3F-1Lo-3S 3T 3Lo 2A
安定しまくっているマン、本日も安定しまくり。たまごの価格ぐらい安定しています。バーベキューで女子が作ってくれる焼きそばくらい安定しています。ルッツの呪いは昨日の最終滑走のミハルが解いてくれたんですね。

ミハル
2S 3A 3F-1Lo-2S 1A-2T 3Lo 3F 3Lz 1A
得点源となるジャンプが抜けました。抜けるのは頭髪だけにしてくださる?このプログラムはミハル史上最高にかっこいいプログラムなので、ユーロかワールドで永久保存版を滑ってください。中盤かっこいいのに、最後に抜けがくるとムードがね。

ハンヤン
3A 4T so 3Lz 1A 3Lo 3Lz-3T 3S 3F-2T
前の衣装はお気に召さなかったらしく衣装を作り直すと言っていました。男は黒に染まる。前のは往年の中華感ハンパなかったですもん。何を演じているのか壊滅的に理解できなかった昨シーズンから、しっとりとした音楽でも滑りやエレメンツの質で演じられるようになってきたのはいいことです。ロミオでヒゲは違う気がするのでSPだけでお願いします。熟年ロミオなら可。

マイナー
2S 3A-2T 3Lz-3T 1A 2Lo 3Lz-1Lo-3S 3F 2A
Somebody to Loveの連呼で、手を合わせてまでいい人見つけてくださいと懇願するマイナーさん。ブサイク紹介するけどいいんだな?文句言わないな?そういうことだぞ、人に紹介頼むってことは。やれやれ、これだから他力本願時は。2曲目と3曲目の間に台詞を一言加えるなら、「いい人見つけて30年後」です。リタイアして農場に移り住んで楽しく暮らすおじさんが、若い頃にハマったバイクを買い直して、後ろに奥さん乗せて農道飛ばすっぽい。マイナーさんから溢れ出るアメリカ人臭。むせ返るようなアメリカ人臭でチェリーパイ食べたくなるぜ。

アーロン
4S-2T 4S 3A hd 3Lo so 3A-2T 3Lz 3T-1Lo-3S 2A
新衣装が!!!黒地にライオンフェイス!長の息子として生まれたライオンが打ちのめされるんでしょうね。そしてナイロビに出て暮らすんです。クラブで踊ってみるけど、どうもここは自分に合わないと思ってサバンナに戻る。そして自分が長になるというハッピーエンド。イイハナシダナー。5項目のうちインタープリテーションが2番目の高さです。打ちのめされてから、気持ちを高ぶらせてハッピーエンドという流れは間違っていないとは思うので、その様子をジャンプでしっかりと表現できていたと思います。

ヴォロノフ
4T-3T 3A-2T 3T-3T so 3A 3Lz 3S 3Lo 2A
スケアメと同じようにふんわりとした始まりでした。ジャンプの着氷もふんわりに見えます。SPからジャンプが変わるはずがないので同じなんですけど、曲によって違うことをしているように見せられるというのは素晴らしいことです。あとは2クワドにできればというところです。3-3のステップアウトとステップでの小さなスタンブル以外、きれいに決まりました。ザヤザーヤでしたか。

ボーヤン
4Lz 4S 3A-1Lo-3S 4T fall 4T-2T 3Lz-3T 3A 3F
TESカウンター105点でフィニッシュし、99点に下がった後107点に上昇。最終的には104.57点。コレオシークエンスやトランジションでの強烈な表情をしたときのジャッジの顔見てえ。明るい音楽が終わって手を振るところは、主人公と仲良くしてくれた大道芸人とお別れするところでしょうか。あとは登場人物誰しも絶望一直線ってな感じの展開。

Pさん
4T-3T 3A 4S fall 4T 3A-2T 3Lo 3Lz-2T-2Lo 3F
SPの時点で13点差もあり、直前でボーヤンがいい演技をしたのにもろともしないPさん。4Sの転倒があっただけであとは手堅く決めました。婚シーズンは3Aの精度が上がったので、それだけで強いです。3Loの後に小刻みにトゥントゥントゥントゥントゥントゥンとチェロか何かの音に合わせて滑るところがよいです。人生のアップダウンを思わせるでー。衣装変更して欲しいでー。アジアとの相性の悪さを克服したようです。

サモヒン
4T fall 4S fall 1A 1A 2T 3Lz-1Lo-3S 3Lo-2T 2A
Pさんの大逆転よりも衝撃の大遭難。4Sのかわいらしい転倒まではまだ気楽に見られたのですが、抜け抜け抜けは点数的に痛すぎます。それでもおもしろい挨拶は欠かさない。

Pさんがファイナル確定。これでなんですくん、昌磨に続いて3つ目の枠が埋まりました。次点が3位3位で22ポイントのりっぽんぽん。24ポイントが4人以上現れることは組み合わせ上ありえないので、ブラウンと羽生は3位以内、ビチェンコは2位以内、ネイサンとコリヤダは優勝でファイナルが確定します。羽生、ネイサン、コリヤダ、ブラウンみたいな順位になったときは、28、22、20、22となるので22ポイントでもファイナル出場の可能性はあります。りっぽんぽんがファイナルに出場するには、13ポイントを獲得したブラウンと羽生が1位2位に入り、ビチェンコが4位以下(もしくは273.43点以下で3位だけど、ベストから考えると出せることは考えにくいから実質3位以下)になるときです。この場合はりっぽんぽんが6位の成績でファイナルです。

gaoooooo.png

がおー

該当の記事は見つかりませんでした。