2016
11.18

中国杯 1日目 アイスダンスSD

地獄の眠気フランス杯を超え、カメラワークと音響最悪の中国杯へと移ってきました。ふーーー!天井カメラふーーー!

アイスダンスSD
1 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)73.78
2 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)73.23
3 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)72.09
4 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)70.24
5 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)60.13
6 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)58.57
7 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)53.43
8 Linshu SONG / Zhuoming SUN(中国)53.20
9 Hong CHEN / Yan ZHAO(中国)51.54
WD Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM(カナダ)

シブタニズ
ステップのレベルの取りこぼしがありましたが、動きは悪くないです。格別よくもないです。スケアメは初見だったので、エッジが少し深くなっていたことへの素直な感動を覚えたのですが、チョクベイ、テサモエ、パパシゼと出てくるとどうしてもインパクトが足りないです。どうしてアレックスは結婚式の二次会っぽい衣装なんだろう?とか。

カヌマク
ボニーとクライドをボツにして出来上がったプログラムがおなじみハーレムノクターンと、ヒップホップ踊るリッツの夜でした。カヌマクって立ち止まってダンスで魅せるタイプではないし、コレジャナイ感が出てしまうし、もっと流れるようなプログラムの方がいいと思うのですけれど。動きが重め。

カリスポ
2人の足が近い位置で次々と方向転換をして、柔らかくパターンダンスに入ります。演技始まってすぐから美しいです。ヒップホップはトランジションの部分を持て余したような印象がありました。カリシェクさんの衣装が途中でチェンジしますが、チェンジ前も後もオシャレじゃないのが素晴らしい。

ステブキ
ゴージャスリフトからスタート。ステパノワのファーストツイズルが危なかったぐらいで、いい演技でした。このおかしな音源を組み合わせた編曲もクセになってきましたし、派手派手な構成にしてPCS稼いでやろうという戦法は成功したようです。8.39 8.39 8.79 8.68 8.82 こうですからね。

ポルイスまさかの棄権とは一体。

チェンジャオ
ペンジャンのいつぞやのSP衣装みたいな色の組み合わせ。スケーティングがんばれー。しゃん男さんがコーチです。

ソンスン
ビヨンセメドレーでした。ブルースとヒップホップではなく、これはビヨンセメドレー。短いFDといった感じ。楽しいポップスの演技。

ワンリウ
中国2組の次に登場したナショナルチャンピオン様。動きの大きさや派手さ、タメや表情などさすがでした。シーユエの顔が外れてジャッジの頭にかぶりつきそうでしたもん。キスクラ担当大臣がどうしてノヴァクなんでしょう。アンジェリカから頼まれたとか?

ウィバポジェ
ツイズルで2人ともフラフラと。間のダンスはおもしろいしけど、なんだろうこの奥歯にほうれん草がはさかった感じは。間のダンスとフィニッシュは観客に大ウケでした。美女大好きチャイニーズ。

シニカツ
ブルースの始まりはいい感じ。カツラのリードも出来ています。ツイズルは回転がピッタリとは言えませんが暴走はしなくなっていました。ツイズルかけっこは終了かー。スケーティングスキルは高いのに、後半の項目でステブキに差をつけられたのは、ブルースとスウィングの演じ分けがいまひとつで、ふわっとしすぎだったからでしょうか。女性の動きが特にそうでした。カツラまた体が大きくなって木こりみたいになってきました。エキシビションで泉に斧落とす木こりと女神プロやろうぜ。

シブタニズはパーシャルでレベル2になったのが痛かったです。ステブキとシニカツは基礎点が同じだったので、実力でステブキが上に行ったということですね。FD次第でまだまだ分かりません。ウィバポジェは今大会で優勝が必要ですが、まずは第一関門クリアです。
back-to-top