2016
11.06

ロステレコム杯 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)138.38
2 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)128.01
3 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)123.23
4 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)121.65
5 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)120.79
6 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)107.10 PB
7 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN(ロシア)103.80 PB
8 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV(リトアニア)89.69

ペアリザルト
1 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)207.89
2 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)197.77 PB
3 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)188.74 PB
4 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)187.61 PB
5 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)183.37
6 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)167.19 PB
7 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN(ロシア)165.07 PB
8 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV(リトアニア)137.08

ブトエル
今はどのエレメンツも噛み合っていないけど、今の時期を堪えてくれとしか言えない今。今大会のエクソジェネシス担当でした。

ルエウル
3T-2Tを決めていいスタートを切りましたが、3Sやスローでの転倒がありましてよくないフィニッシュ。マイコーのアースソングを使いまして、もう1個の曲も地球がテーマの曲らしく、なんて壮大なテーマ設定がされているのでしょうか。地球的演技。演技開始10秒でグバシンが4分間+キスクラで目を合わせる時間の合計を越えました。殺伐アースソングとは違いますな。

エフィコロ
3Sは女性がパンク、3Tは女性が転倒しました。トリプルツイストはSPと同じく超高かったです。ソロスピンはビューリホー。コレオシークエンスの表現がえらく淡白だったのですが、その直後にスローループがあるからでした。両立させるのは難しそう。I字のポジションで回転するリフトはポジションはよかったのに、回転が尻すぼみになった上に、その後ろにあるペアスピンを回転する時間が足りないという・・・ミス?びっくりするほど時間が足りませんでした。

セガビロ
表情を軽く作るだけでものすごく悲しそうになる優秀な眉毛を持つカナダ人。それがシャルリ・ビロドーだ。3Sで転倒。スローフリップは片手をついて、スローループはダイナミックではあったけれど両足着氷でした。いつも以上にリフトのフリーレッグが伸びていなかったのは、ミスからの焦りでしょうか。フィニッシュでセガンが泣きそう(なのは演技?悔しさ?)だったのに、キスクラは笑顔でした。

トランコフさん、妊婦さん、クリモフさん、タラソワさん、モロゾフさんなど観戦中。

マルホタ
トリプルツイストの転倒から始まりました。キャッチして転倒したのでお尻からふんわりと。恐ろしい転倒の仕方ではありませんでした。そこからあまり間もなく3Tだったのでこちらも転倒。3Lzはクビになりました。スローはしっかり決まりましたし、リフトも問題ありません。マルケイのおまたリフトは落としそうに思えない。マルケイなら魔術でポジションをキープできそうだから。アデルのシリアスな曲からミッションインポッシブルはバラエティ番組のオチレベルである。

アスロゴ
3Loはタイミングぴったりでしたがステップアウトになりました。3Sはダブルに。前半の動きがものすごくキレキレでよかったです。ツイストはそれほど質はよくないのですが、シュシュシュと処理するから悪くは見えません。リフトが続くとどうしても演技が停滞してしまうのでね・・・そこがウィークポイントですね。

サフマソ
ソロジャンプは3S-2T-1Tと3T。3連続の最後女性が回れませんでしたけども、転倒ではありませんので。ツイストは+3以外つけようがないでしょう。スローアクセルはダブルになりましたが、最後のスローサルコウをクワドにする無茶。ユーリ on ICEじゃないんだから。ハンドトゥヒップのワンハンドで上げるリフトのスムースさ、キャリーリフトのポジションのブレなさ~ダンスリフト。リフト系統のエレメンツは+2以上が出ないとおかしいレベルです。格の違いを見せられました。デュハラドに勝てるのはサフマソだけだー。

ザビエン
3連続は入りました。スローは2Aと3Loがきれいに。3Sで女性が無回転になり、男性が転倒というもったいないミス。これがなければ130点の大台に乗りました。このペアに早く個性が生まれるといいです。比較されやすいタラモロやバザラリがいますけど、タラモロはクラシカルなものが得意だし、バザラリは有無を言わさぬスケーティングとリフトの上手さがありましたからね。エレメンツの正確さとルックスのよさを武器にがんばれ。ザビアコの衣装超好き。ロシアではファイナルに1番近い存在です。同門のタラモロのファイナル進出を阻むぐらいの活躍が見たいです。

サフマソ圧勝、セガビロが5位ということでファイナルが厳しくなりました。1位5位なので2位4位のデニフレよりは上ですし、3位3位のペアよりは上になりますが、かなり厳しいと思います。予期できないことが起きるので、他の試合も分かりませんね。もう何も分かりません。予想なんてアテになりません。ペアはファイナル確定なし!来週はサフマソ、ザビエン、タラモロこの辺りの争い。ヴァネシプは2位でも厳しい。荒れてるわー高2男子の肌ぐらい荒れてる。
back-to-top