Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スケートアメリカ 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)130.82
2 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)125.36 PB
3 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)115.57
4 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN(アメリカ)110.78
5 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)110.70
6 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)110.18
7 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)108.87
8 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)107.20

ペアリザルト
1 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)197.31
2 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)192.65 PB
3 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)185.94
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)174.65
5 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)174.52
6 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)173.50
7 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN(アメリカ)171.95
8 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)169.69

カストラ
あああああああああああああああああああああスロールッツが3回転になったああああああああああああああああああああああああバランス崩したけどやっと3回転に!!!歴史は動いた。試合でやっていかないと成功もしませんものね。スロージャンプはステップアウトや転倒でした。人間とは恐ろしいもので、このおもしろ編曲に慣れてくるものなのです。爽快と思えるようにもなってきました。ジュリー・マルコットに洗脳されてきた。

タラダニ
ツイストはSPよりクリーンに入りました。3Sはトランジションでイーグルから成功。スローでコケてフェンスにぶつかったから、リンク際の席の星条旗おばさまたちがビックリ。2A1本目は両足着氷でしたが、シークエンス2本目はクリーンでした。建て直せて偉い。勇壮さはフィンランディア杯よりも出せていました。行進曲なので、威風堂々と「ミスってませんが?」ぐらいに滑らないとダメですよね。全米ではそういう風にできるかなー?

アスロゴ
3Loと3Sはどちらも失敗でした。アスタホワの衣装が昨シーズンのものに戻りました。プログラムが続いているという設定だから、衣装も同じにしようということでしょうか。でも、衣装が違った方が第二形態感があってよかったですよ。変形ロボっぽい。ロボじゃなくて人形ですけども。リフトは移動距離はともかく、女性のポジションは美しいです。リフトになると急激にスピードが落ちて印象が悪いかも。ソロスピンもペアスピンも回転速度を出せなかったのは苦しいです。ミスが多い演技でした。

マルホタ
ホタレックさんの衣装は黒一色に見えて首から腋にラインが入っています。一体何の意味が。ソロジャンプは3Lzと3S+3Tのシークエンスですが、それぞれのジャンプでかわりばんこに抜けました。この構成なので攻めていることはよく分かります。スカイフォールで演技終わったーーーかと思いきやミッションインポッシブル。諜報機関兼務してるんですね。ホタレックさんはダニエル・クレイグでありトム・クルーズなのか。カッペちゃんの夫ならそれぐらいかっこよくないとな!

hotaresan.png

セガビロ
ソロジャンプの安定感素晴らしい。リフトの空中姿勢に課題があるペアですけど、女性が脚を揃えて回転するポジションだとフリーレッグの問題が生じないから、いい工夫ですね。リフトを下ろすときにふんわりとさせたり、昨シーズンと同じキャリーでも男性の手の動きを変えるなど、いろいろやっていることが分かります。SPが個性派だったので点数のバラつきがありましたが、ニューシネマパライダスの王道プログラム&ミスがないから点数出すしかないだろ!ハッハッハー。

segabirodayo.png

ヴァネシプ
3Tで珍しく転倒、スロークワドサルコウとスローフリップも転倒しました。3Sは女性がダブルになるなど、女性のミスが目立ちました。竹串に刺さった鮎のようなポジションのリフト美しい。コレオシークエンスはお互いを支えあって、前進していくような人と人との繋がりさえも感じられるようなものでした。ヴァネッサのレッグラインがとにかく美しい。ずっと美しい。上手になっていて、ファイナルのチャンスがあるシーズンなだけに、これだけのミスは痛かった。ヴァネッサ泣いちゃった。シプレご機嫌ななめになって、キスクラから去る。これはFアン・Bザ氏ッ!

vanessatan.png

デニフレ
全米が涙しそうな演技でした。2Aが抜けた以外は、3S-2Tもがんばりましたし、スローもきれいに入りました。このプログラムの一番の見所はソロスピンの後のフレイジャーの振付。あれめっちゃがんばってると思うんですよ。昔はあんなに演じられてなかったのに、こんなに叙情的になるなんてよ。僕もタイムスリップして恋したくなったわ。

denihure.png

タラモロ
クワドツイストで女性が転倒しました。中国ペアやシメクニが簡単に決めちゃうから感覚が麻痺してしまっているけど、クワドツイストは難しいエレメンツなんだなー。その直後の3Sがシングル、3連続が2-2-1になりました。僕の脳みそにも、クワドツイストは難しいエレメンツだということを叩き込んでおこう。SPの貯金が生きて3位に踏みとどまりました。まだまだファイナル分からんぞ。次がんばれよ!

同じケベック州の人だけどセガビロの英語力に差がありました。セガンはモントリオールだから英語も結構できて、ビロドーはもっと東側の人だからフランス語が強いっぽい。カナダおもしろーい。

表彰台に乗った組は若い選手ばかりです。最年長が23歳という近年のペアでは考えられないほどのフレッシュさ。若い選手が力をつけてくるのは、今後に向けてとてもいいことです。

segabirodayo2.png

pairpodium.png

ペアが終わってから気が付きました。
Tarah KAYNE / Danny O'SHEA
さらっと登録名を変更したな?シメカさんは複合性にしたし、ポリゾアキスも愛称にしたし、今シーズンは変更が多いなー。

該当の記事は見つかりませんでした。