Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スケートアメリカ 1日目 女子SP

うわああああああああああああああああああああああああああ始まったああああああああああああああああああああああああああああああ!!!

女子SP
1 Ashley WAGNER(アメリカ)69.50
2 Mai MIHARA(日本)65.75 PB
3 Gracie GOLD(アメリカ)64.87
4 Gabrielle DALEMAN(カナダ)64.49
5 Mao ASADA(日本)64.47
6 Mariah BELL(アメリカ)60.92 PB
7 So Youn PARK(韓国)58.16
8 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)56.52
9 Roberta RODEGHIERO(イタリア)52.62
10 Kanako MURAKAMI(日本)47.87
11 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)47.80

四苦八苦してメープル串が通った。Restriction China, Japan, Korea, Taiwan, USA, Canada, LatAm, Australia, Singapourちゃうんかい。ISU公式で見たい場合はカナダでチャレンジしてみてください。

クチヴァルスカ
3T fall 3S 2A
コンビネーションスピンの出の処理が美しくないです。フライングシットのポジションもあまり美しくない。ステップで左右の動きを入れ替えるときに体を大きく振るので、必須要素感が出てしまいます。コーチの紫のもふもふコートすげえ・・・。

サハノヴィッチ
3F so 3Lz-2T 2A
3Fでいきなりタノらなヴィッチになっている。ジャンプはあれでしたけど、スピンの質は非常によかったです。演技後の表情に暗さはなく、しょうがねえから今はこれでやっていくしかねえな!と前向きな気持ちでいられているのかも。

真央
2A 3F-2Lo 3Lo
今回も3Aや3-3は入れておりません。体の動きが少し平面的に見えましたが、前回より流れを重視しているように思えました。流れって彼女がPCSを出すのに1番大事なことだと言っても過言ではないと思います。一層多面的な動きになっていけば9点前後まで点数が伸びていきそう。今の時点でこれだけ点数がもらえるというのは、これからに向けての好材料になりますよ。3Loの後の胸張ってシャンシャン歩くところかっけえ。

maoassa-da.png

ベルたそ
3Lz-3T 3F 2A
今シーズンのベルたそのプログラムは褒めるところしかないんです。ありとあらゆるトランジションがかっこいいです。ベルたそは顔は子供なのにスタイルが超いいので、普通の動きでも映えるんです。ジャンプの着氷やフライングシットのフライング直後の腰の高さ、コンビネーションスピンのブレなど、ミスはたくさんあったんですけど、いいプログラムなのでどんどん仕上げて欲しい。衣装も髪飾りも素敵。

ソヨン
3S-3T shaky 3Lo 2A
今シーズンやばくね?というスタートから、よくここまで持ち直したというソヨン。3-3を入れてこられました。質は完璧ではありませんけど、きっと地元の四大陸くらいでピークになるんですね。首の動かし方がかっこよかった。グランプリシリーズでもたか子コーチを見られる。

panda.png

ゴールド
3Lz-3T 3F fall 2A
ジャパンオープンでは地毛の色が見えていたので、スケートアメリカまでにギンギンに染めてくると思いましたが、ギンギン度が物足りない。頭皮痛めそうなほどギンギンじゃないなんて。かなーーーーーり体を絞っておりまして、絞りすぎてスタミナを失ってバテバテだった四大陸を思い出します。3Fでの転倒はありましたけど、ステップなしの3Loだとどっちみち点数は引かれてしまうので、3Fでリスクを取る方が勝つためにはいいと思います。しっとりと勝気の狭間にあって、この微妙なバランスのまま進化させていくことができるでしょうか。勝気に振りすぎてしまうといつものゴールドなんですよねー。地元なのにPCS爆発させないんですね。

greatgracie.png

ロデギエーロ
3T-2T 3F 2A shaky
みんな大好きな自己紹介ソング「私はマリア」。すっかり定番になりました。ウィバポジェの功績?トランジションからフライングシットに入りましたが、あまり質がよくなくて、ステップに入ってもパキパキ感がなく、ハイライトがないまま演技が終わりを迎えてしまったような。こういう曲はロデギエーロさん得意だと思うんですけどね、たまたまよくなかっただけですよね。エビータといいアルゼンチンに行きたいのかな?

佳菜子
3F df 3T-3T 2A
ライライララアアアアアアライライララアアアアアア。2Aが抜けなくてよかった・・・・・という安堵の気持ち。表情が硬くて暗いので、メンチ切るぐらいの表情で滑って、ステップは思いっきり笑顔で翻弄するように滑って欲しい。インタープリテーションが厳しい評価です。眉毛・・・・・眉尻もっと細くした方がよさそうな気がします。

三原
3Lz-3T 2A 3F shaky
ジャンプが若い!パーンと上がってシュピーンと回ってシュタッと降りる。朗らかな表情がとても好印象でした。シニアのグランプリデビューなので勢いビュンビュン出して、これぐらい明るく見せつけちゃうのがベストです。3Fフィニッシュは着氷が乱れましたけど、よかったよかった。先生が「すごくない?すごい出ちゃったよー」って。かわいい。スケーティングスキルが7.71ももらえるなんて、全米みたいな点数のつけ方。これは国内大会より国際大会の方が点数もらえるパターンのやつ。

デールマン
3Lz-3T shaky 3F 2A
初戦から激細をキープしているデールマンさん。アップで見ると衣装ギランギランです。3-3は着氷が乱れました。他の2つのジャンプの質はまだ上げられそう。体が軽いからか、ひとつひとつの動きに余裕があって気持ちがいいです。「トップまでもうちょっとやったのになー」と小声で言うデールマンさん。

gabby.png

アシュリー
3F-3T 3Lo 2A
エキシビションで一度やったプログラムが大好きだったので、大きな期待を持ってお披露目を楽しみしておりました。いやーーーいいね。ボーカル入りの曲を滑るときにエキシビションっぽくなってしまうのは嫌で、このプログラムはエキシビションっぽくはあると思うんです。でも、これだけ魅せられてしまうと、これでいいじゃん!ってなります。アシュリーかっこよすぎですよ。2Aの後のゆっくりと上げた足をキープするプチスパイラル&ドヤ顔もいい。「あたしがーーーーーーアシュリーでっせーーーーーー」って。

asho.png

gaoooooooo.png

全体的にレベルの取りこぼしが多い&グサグサ刺さっております。アシュリーはレベル4がないです。佳菜子はファースト3Tがアンダーローテーション、3Fとセカンド3Tがダウングレード。疑わしきは罰しちゃえ的な。みんな厳しいからフェアですよ。

三原が2位になったからテレ朝が編集で焦っていることでしょう。もっと焦らせたれ。今年も場内の司会はいつものおっちゃんです。おっちゃんの名前ラスティ・ケースっていうんですよ。昌磨との対決が楽しみで仕方ない。昌磨には絶対にエキシビションに出てもらわないと。スケアメはこのためにあると言っても過言ではない。

該当の記事は見つかりませんでした。