Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

JGP横浜 3日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト

10

ロンバルディアは2日目と3日目まとめて出しますわ。

女子LP
1 Marin HONDA(日本)128.64 PB
2 Kaori SAKAMOTO(日本)122.15 PB
3 Sofia SAMODUROVA(ロシア)119.93 PB
4 Mako YAMASHITA(日本)117.57 PB
5 Ye Lim KIM(韓国)113.55 PB
6 Alisa FEDICHKINA(ロシア)104.12
7 Elisabetta LECCARDI(イタリア)85.52 PB
8 Emily BAUSBACK(カナダ)81.52 PB
9 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)80.25 PB
10 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)78.99
11 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)78.13 PB
12 Gabrielle NOULLET(アメリカ)77.32 PB
13 Chloe ING(シンガポール)77.05 PB
14 Oksana ARTYOMENKO(スイス)68.59 PB
15 Aleksandra SLAHOVA(ラトビア)57.42 PB
16 Madeleine LIDHOLM TORGERSEN(ノルウェー)55.94 PB
17 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)55.52 PB
18 Brooke TAMEPO(ニュージーランド)50.54 PB
19 Anastassiya KHVAN(カザフスタン)47.54 PB
20 Amirah Azfariena AZHARI(マレーシア)43.14 PB
21 Bianca Arianne VINARAO(フィリピン)38.83 PB
22 Ananya Murthy THIRUVALLAM(インド)10.18 PB

女子リザルト
1 Kaori SAKAMOTO(日本)187.81 PB
2 Marin HONDA(日本)184.11
3 Mako YAMASHITA(日本)182.43 PB
4 Sofia SAMODUROVA(ロシア)180.69 PB
5 Ye Lim KIM(韓国)165.89 PB
6 Alisa FEDICHKINA(ロシア)165.25
7 Gabrielle NOULLET(アメリカ)128.76 PB
8 Elisabetta LECCARDI(イタリア)128.08 PB
9 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)125.61 PB
10 Emily BAUSBACK(カナダ)122.16 PB
11 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)120.31 PB
12 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)119.13
13 Oksana ARTYOMENKO(スイス)112.09 PB
14 Chloe ING(シンガポール)111.92
15 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)88.75 PB
16 Aleksandra SLAHOVA(ラトビア)87.57 PB
17 Madeleine LIDHOLM TORGERSEN(ノルウェー)80.75 PB
18 Brooke TAMEPO(ニュージーランド)79.89 PB
19 Anastassiya KHVAN(カザフスタン)77.37 PB
20 Amirah Azfariena AZHARI(マレーシア)63.75 PB
21 Bianca Arianne VINARAO(フィリピン)60.94 PB
22 Ananya Murthy THIRUVALLAM(インド)15.54 PB
WD Katie PASFIELD(オーストラリア)
WD Amy LIN(中華民国)

アルティオメンコ
2A 3T-2T 3Lo fall 2S so 2A fall 3S 3T
強そうなメンコ。どのメンコもひっくり返しそう。ジャンプを失敗しても笑顔で演技しているところにすごく好感が持てました。最近のスイス選手はロシアだイタリアだウクライナだと外国からの選手が多いですね。一時のイタリアのよう。

レカルディ
3Lz-3T 3T+2A 3S-1Lo ot-3S 3Lo 2A 2F 2F
最初にコンビネーションとシークエンスをまとめました。3Sのコンボはオーバーターンから無理やり3Sに繋げました。力ありますね。3Fが苦手なようで、2Fを2本の構成にしていました。でもこれが本人としては1番点数を取れる構成なのでしょうね。私は病気、私は(ジャンプに対して)病気な演技でした。じょそーーーーーーうという感じは否めませんでしたし。曲の編集ワロロッティー。

トクタロワ
3T fall 2Lz 3S ot-2T 2A-1Lo-2S so 3T-2T 2A so 3S
グノーのロミオとジュリエット。なんて珍しい。跳べるトリプルは2種類ですが、オーサーのところにいるので、これから種類を増やしていけることを期待。

ニューレ
3Lz 1F 1Lo 3Lz hd-2T tano 1F-2T 2A fall 2A fall
すごくいい出だしだったのですが、抜け抜け抜けコケコケで20点消滅。これだけミスをしてしまうとTESは出ません。抜けがダイナミックだったので、シングルジャンプでも加点をしているジャッジはいるかもしれません。滑りはここまでの選手とはレベルが違いました。

モンテシノスカントゥ
2A-1Lo-3S so 3Lo fall 3Lo-1T 3S 2A 2Lz-2T 2F
3Tも入っていないということから、かなりエッジジャンプに偏った構成だということが分かります。素敵な赤の衣装で雰囲気もよかったと思います。まだ13歳なのに女性らしいスタイルだというのも、アディオスノニーノを滑るのに合っていたと思います。

真凜
3Lz 3F-3T 2A-3T 3S 3Lo 3F 1A-2T-2Lo
落ち着いたスタートで質のいいジャンプを降りていきました。昨シーズン鬼門となっていた3Fを前にズラしたのが影響したのか2Aが生贄となってしまいました。後半のジャンプの幅や流れが前半と比較するとなくなっていたので、スタミナが足りないのだと思います。スピンの回転速度も落ちていましたし、やはり引き続き強化しなければいけないところですね。僕は真凜の手を上から下に下ろしていく様が好きなんですよね。木の葉がハラリと落ちていくようで。もっと素敵になっていくのでしょう。注目が多い分プレッシャーが大きくて、いい点数が出て安心したのでしょう。若いのに大変。パフォーマンス7.89はすごい。大盤振る舞い。抜け1つでジュニアのLPの歴代最高を出しました。

hamaco.jpg

marin_20160911155338880.jpg

marincry.jpg

イェリム
3Lz 3Lz-3T-2Lo 3Lo tano 3S tano 3F-3T shaky 2A 2A
1戦目はYouTubeの映像でもすぐに分かるぐらいの回転不足が多かったですが、今回はかなりよかったと思います。クリーンなジャンプも多かったですし。ジャンプが素晴らしい分、ジャンプジャンプ・・・という形になっているので、もう少しスケーティングを強化していって欲しいです。韓国のジュニア世代は、まずはジャンプという風になっているのかな?

サモデュロワ
3Lz tano-3T 3Lo 2A-1Lo-3S tano 3F tano-2T 3F 3Lz df 2A
SPはいい演技で1位くるー?からのeマークでまさかの4位でした。LPでもSPと同じように、へっぴり腰になってしまうイーグルから2本入っていました。エッジはまあ1戦目2戦目でもこれぐらいの選手が食らっていなかったので、大丈夫だと思うんですけどね。1番痛かったのは3Lzの両足着氷でした。髪の毛はかわいく編み込んだ方が曲に合うと思います。

samosamo.jpg

フェディチキナ
3Lo 1Lz so 3F-2T 2A 3Lz-1Lo-3S 3S 2A
アイドルがやってる甘っちょろいものではなく、結構本域のキス顔を披露してくれたフェディチキナさん。振付師が相当の変態である。体が大きくなった分動かなくなってきたのかもしれません。クイックな動きに体が追いつかず、終盤はかなり苦しそうでした。試練の時。

nekokiss.jpg

山下
3Lz-3T 3F 2A 3Lz 2A-3T-2T 3Lo-2T 3S
3Lz-3Tのセカンドでアンダーローテーションがありますが、ジャンプはきれいに降りました。少々粗くても、しっかりスピードを出して、しっかりジャンプを降りるということも大切なことですよね。この曲を滑る必然性が足りなかったのも、PCSが伸び悩んだ要因でしょうか。まーだ若いからダイジョブダイジョブ。

mako.jpg

坂本
3F-3T 3Lz 3S 2A-3T 3F-2T-2T 3Lo so 2A
ジャンプがよく上がるので回転不足を心配する必要がありません。1戦目失敗した3Loがここで暴走。SPできれいに決まりますのに。おい3Lo仕事しろ。ビュン飛ばしスケーティングが評価されるようになりましたし、次はもっともっと所作を美しくすることですね。そうすれば後半項目に引っ張られて前半も上がりやすくなります。薄紫から赤紫に衣装が変わりましたが、僕は薄紫の方が好みです。「がんばった甲斐があるでしょ」by 先生

kaori.jpg

同一国選手での表彰台独占がいつ以来かと言いますと、2007年レイクプラシッドでのアメリカ女子の独占(ミライ、ギルス、マクスウェル)以来です。超久しぶりです。

真凜はマイナスのGOEは1つもありませんでした。+3もかなり出ていました。質の面でいくとロシア女子のそれを圧倒していますからね。1戦目2戦目組の選手と一緒に出ても上のGOEが出るでしょう。坂本は3Lzにアテンション、3Loはアンダーローテーションでした。サモデュロワは3Lzにマークはなし。後半の3Lzは回転不足に見えましたが大丈夫でした。山下は3Lz-3Tのセカンドがダウングレード。残りはすべてプラス。フェディチキナは回転不足はありませんが、プラスがとても少ないです。SPと同じく厳しいジャッジ2人の影響でPCSが・・・。

ミスった2Aを名前の表彰式のコールのときに跳び直す真凜さん。これでコケたらトランコフさんになるところでしたよ。日本のマキシム・トランコフ(仮)こと本田真凜さん。真凜さんもおふざけ写真とかよく上げるから、トランコフさんの素質はあるんだよなあ。表彰式でもらえるお花がピンク軍団を狙ったかのようなピンク。

kaori2.jpg

pinkgundan.jpg

watcher.png

nesan.jpg
美姫姐さん、奈也姐さん、小月姐さん

坂本のファイナル進出ですが、1位2位の組み合わせの選手が7人出て、なおかつ坂本以外の6人全員が坂本の2戦の合計スコアを上回った場合のみ適いません。だからジュニアグランプリで連勝する選手が出たり、1位3位になる選手が1人でも出た時点でファイナル確定となります。さらに1戦目2位の選手が2人以上2戦目に集まった場合も確定します。今は紀平と真凜がそうなんですけど、ここは重ならないように動かすでしょうし、まだ坂本の確定は出ないかな?ほぼ確実ですけどね。

メダルレースは日本が5、ロシアが4となりました。ロシアの連勝はここでストップです。次週はロシア。日本からは岩元と白岩。ロシアはコンスタンティノワ、ヌグマノワ、ツルスカヤ(4週連続でエントリーされてますが)です。ロシア表彰台独占の可能性もあります。この顔ぶれとなりますと、来週も女子の確定者は出ないんですね。

あれ・・・ダンスになったら観客が減っているぞ。

アイスダンスFD
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)93.66
2 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)90.62 PB
3 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)88.08
4 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)80.12 PB
5 Polina IVANENKO / Daniil KARPOV(ロシア)73.40 PB
6 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)67.68 PB
7 Emma GUNTER / Caleb WEIN(アメリカ)66.34 PB
8 Seungyun HAN / Grayson LOCHHEAD(カナダ)57.88 PB
9 Karolina E. CALHOUN / Logan T. LEONESIO(ブラジル)52.74 PB
10 Kristsina KAUNATSKAIA / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)50.66 PB
11 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)46.82

アイスダンスリザルト
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(ロシア)160.42
2 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)151.50 PB
3 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)148.76
4 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)137.14 PB
5 Polina IVANENKO / Daniil KARPOV(ロシア)124.52 PB
6 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)114.36 PB
7 Emma GUNTER / Caleb WEIN(アメリカ)112.82 PB
8 Seungyun HAN / Grayson LOCHHEAD(カナダ)99.02 PB
9 Kristsina KAUNATSKAIA / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)82.18 PB
10 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)80.32
11 Karolina E. CALHOUN / Logan T. LEONESIO(ブラジル)78.28

イワネンコ&カルポフ
サーキュラーステップでの始まりは・・・うーん。2人ともスケーティングスキルにはまだまだ課題がありそうです。後半ではかなり疲れて女性のエッジが甘くなってもいましたし。女性が男性に投げかける視線はとてもよかったと思います。岩さん声低い。カルポフって何かで聞いたことあったと思ったんですけど、おやつカルパスの勘違いでした。

りかある
セカンドツイズルでの男性のスタンブルがもったいなかったです。これはすげーきれいに決まるーーーと思いましたのに。ストレートラインリフトの前で女性が小さくスタンブルをしたので、持ち上げられるか怖かったですが大丈夫でした。王様と家庭教師がわーーーいってするところなので、そのわーーーいをローテーショナルリフトで表現できていました。女性が常に笑顔なので、頑なだった王様の心を溶かして行く・・・というストーリーを図らずも合致しています。いや、そうだからこその選曲だったのかな?70点も見えてきました。

rikaaru.png

teamjapon.png

アンルイス
第2グループから一気に上がるレベル。エネルギッシュアバチキナさんと、地味にエネルギッシュなトーロンさん。スカートがはためいて、いい具合にセクシーです。お下品にならない程度に計算をされています。

anlouis.png

ラジュラ&ラガ
SDよりもFDの方がいい滑りでした。男性が羽田圭介のごとく表情を崩さないので、テーマや歌詞があるプログラムよりも、このような抽象的な音楽の方が似合います。男女が背中合わせになる振付があって、そこから引き寄せられるようにダンススピンへと入るのが印象に残りました。最後まで息が揃っていて引き込まれるスケートでした。

シュピスミ
ステップの中にホップなどを入れても、バランスやタイミングを崩さず、次の動きを足の角度を揃えて美しくできる優れた能力があります。しかも距離がすごく近い。タランテラから、トーンを少し落としてオーソレミオそしてまた楽しいタランテラ。ビートも打ちますよ。しょっぱいものだけじゃなくて、こういった明るい音楽もいけるのだということが分かりました。ジュク先生大喜び。シュピレワヤさんはコリヤダの生き別れの妹

パーソンズ
兄が珍しくツイズルでバランスを崩しました。ストレートラインリフトは妹のポニーテールの動きまで計算しつくされた上げ方でした。バッサーって上げるんです。淡々とした音楽を突き破るような迫力でした。ローテーショナルリフトは背中に乗せる回転なのにすごくスムースで美しかったです。あっという間に演技が終わってしまいました。すごくよかった。兄乳首透けてる。

hito.png


ダンスもファイナル確定組はありません。

podiummm.png

imoutto.png

10 Comments

6番 says..."Creaさんへ"
Creaさんへ

坂本優勝!真凜歴代最高で逆転の2位という流れにして欲しいですね。それは置いておいても、地上波で扱われるようになるなんてすごい時代ですよね。ファイナルは日本人が2人なのか3人なのか。
2016.09.23 18:16 | URL | #q2p5Nno. [edit]
Crea says...""
真凛の影響か地上波のニュースでも結果を伝えていてビックリしました。
(真凛SP5位からの2位、坂本優勝的な扱いでした。)
どうせならFSのジュニア女子歴代最高得点とも伝えてほしかったです。

誰がファイナルに行けないのか、ジュニアも気になるところですね。
日本人沢山行ってほしい!
2016.09.13 18:02 | URL | #izVa12PI [edit]
6番 says..."raindropさんへ"
raindropさんへ

はっ・・・本当だレインコートのようなビニールがありますね。本当にデートがテーマだったりして。うわあああああああああああアリエフ許すまじ。体育館裏に呼び出し。
2016.09.12 19:27 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."Disney 鴨さんへ"
Disney 鴨さんへ

ジュニア女子の逆転は難しいですよね。軽さでジャンプを跳ぶ選手がSPで上位になり、そのまま1位を守りきることが多いので、実力だけで逆転というのはあまり怒らないですもん。真凜の表彰台陥落もあると思っていましたががんばりましたね。

次戦はエントリーが入れ替わらなければ、1番ハードなところに派遣されてしまうわけですが、誰がファイナルに出られるかよりも、誰がファイナルに出られなくなってしまうかの方が気になります。
2016.09.12 19:20 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."ゆふぉさんへ"
ゆふぉさんへ

今回いらっしゃってたのはアグノエル先生でしたよ。樋口先生言葉数少なかったですね。もっとお話しているところが見たかったのに。

パーソンズはカップルとしての風格が群を抜いていましたね。単純な感想なんですけど「カップルだな~」って思いした。
2016.09.12 19:16 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."太郎さんへ"
太郎さんへ

真凜はよかったですね。トランジションはたしかに増やして欲しいんですけど、昨シーズンの3Fでの連続コケや今大会の後半を見ても分かる通り、スタミナが足りないですよね。トランジションを増やしてしまうと、演技がガタガタになってしまうと思うので、今はクリーンに滑ることを意識して、それが出来てからの方がよさそうです。

今はロシア女子がサイボーグのように強いので、サイボーグVSマトリョーシカ?
2016.09.12 19:13 | URL | #q2p5Nno. [edit]
raindrop says...""
フェディチキナのプログラムは、これはアリエフとの雨の日デートなのかな…と思いながら見ておりました。
冒頭のキス顔もなんですけど、衣装に付いていた遊園地で売ってるレインコートみたいな安っぽい生地のぴらぴらがツボでした。
2016.09.12 16:48 | URL | #- [edit]
Disney 鴨 says...""
こんばんは。
真凛ちゃんのFSの点数は、ジュニアFSの歴代最高だったのですか。どおりで、高い点数だと思いました。今回は、SPで、6番さんもご存知のように、3位選手との得点差が、シニアより要素が1つ少なくて、男子より得点の上がり下がり幅が小さい、ジュニア女子にあって、逆転が難しい、約5.5、しかも、その3位選手が、あの、おそロシアでは、表彰台は、厳しいかなと思っていましたが、やはり、3月の世界選手権優勝は、伊達ではなかったということですね。6番さんも、先刻ご承知だと思いますが、他の、スケートブロガー様の記事によりますと、真凛ちゃんの次の試合は、厳しい面子の中で、行われるそうですが、2シーズン連続のJGPFに行けるよう、頑張って欲しいです。
2016.09.11 22:45 | URL | #aMuv07jE [edit]
ゆふぉ says...""
アイスダンス帰っちゃった方々もったいない。
残った方はコアですね。
りかあるさん達のキスクラにいたの樋口豊先生ですよね?ローゾンさん(ですよね?)もうちょっと詰めてあげてー先生のとこかなり狭かった笑 ローテーショナルリフト、キレイでした。

パーソンズさん妹、かわいいのに風格ある風。兄さんのアイスダンサー背筋反りライン、今回もガン見しました。

2016.09.11 20:38 | URL | #- [edit]
太郎 says..."お疲れ様です。"
連日の試合ラッシュでお疲れモードでしょうか?いつものテンションアゲアゲ批評でなかったので(笑)
真凛ちゃん良かったですねー安心しました、次はspをちゃんとまとめるのと幾つかコメントとかでトランジション増やせってのも見ますけどどうなんでしょう?
坂本さんは後半増やして欲しいですけどとりあえず質がよすぎて、ルッツ以外問題なさすぎて私は死にました。昨日の時点である程度予想してましたけど本当に日本表彰台独占しちゃいましたね、真央ちゃんとかがまだニューカマーだった頃のマトリョーシカのように強い日本と海外からも言われていた頃の感じが戻ってきてる気がします!頑張れ、ジュニア!
2016.09.11 18:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。