Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

JGPチェコスケート 1日目 アイスダンスSD・女子SP・ペアSP

4

アイスダンスSD
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)66.60 PB
2 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)55.59 PB
3 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV(ロシア)53.46 PB
4 Hannah WHITLEY / Elliott GRAHAM(カナダ)50.39 PB
5 Evgeniia LOPAREVA / Alexey KARPUSHOV(ロシア)49.82 PB
6 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)49.82
7 Danielle WU / Nik MIRZAKHANI(カナダ)46.49 PB
8 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)46.20 PB
9 Alexandra BORISOVA / Cezary ZAWADZKI(ポーランド)43.49 PB
10 Hanna JAKUCS / Daniel ILLES(ハンガリー)41.58 PB
11 Justine SCACHE / Arnaud CAFFA(フランス)39.75 PB
12 Adelina ZVEZDOVA / Uladzimir ZAITSAU(ベラルーシ)36.76 PB
13 Nina HOLLOWEY / Fillipp KHARISOV(アゼルバイジャン)35.74 PB
14 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV(ブルガリア)34.32 PB
WD Salome ABDEDOU / Dylan ANTUNES(フランス)

ウシャコワ&ネクラソフ
背中にMAXと書いてある根暗くん。とても根暗には見えない。ウシャコワさん超子供だから、ペアのように見えるカップルです。ウシャコワさんは子供だけど毛先の髪色をピンクにしてます。こんなアイスクリーム、31にありますよね。パターンダンス2からのトランジションの振付がナチュラルで繋ぎ目が分かりにくかったのがよかったです。ロシアで衣装を黒にしないだけで評価できます。

クズミチ&シニツィン
世界最速でジュニアグランプリを終える人たち。ツイズルの真ん中にトロンボーンを吹く振付が入っていました。ということはこの場末のマジシャンのような衣装はジャズバンドの団員だったのですね。前後半の演じ分けがとてもよかったです。先週から「シニツィンってスタイル悪い?」とずっと思っていたんですけど、クズミチさんの顔が小さいせいでした。凶悪な小顔テロ。

マクカー
鞭を持たせると完璧に女王様なマクナマラさん。AyaBambiみたいなメイクにして欲しい。ツイズルの後に氷を舐めるように加速してくのかっけえ。煽り立てるローテーショナルリフトから、瞬時に切なげな表情に変わり、滑らかにパターダンスに入るのも見事。

ルイス&バイ
ユースオリンピックで見た超子供が、やや子供に変わりました。パターン1つ目はフリーレッグが美しく揃ってよかったですが、2つ目では男性がバランスを崩して足をついてしまいマイナス評価に。ツイズルでも足をついた上に、サードツイズルを回せずにレベル1に。ノットタッチの前半部分ではそれらのミスを引っ張っていたように思いました。メダル候補だったのにもったいない。

ウー&ミルザカニ
今シーズンのBig Bad Voodoo Daddyの酷使っぷりたるや。相性がよかったように思えたウースーが解散し、新たなカップルになりました。新パートナー肉さん。ウーさんが怪我が体調不良なのかと思うぐらいに滑れてないです。ブラケットもモホークも、あんまりステップとか気にしない僕にもわかるぐらいに浅い。

ロパレワ&カルプショフ
悪い演技ではないのに点数伸びないなと思ったらタイミング違反4つも取られているじゃないですか。ステップの最後の最後で女性が転倒してしまいましたが、エレメンツの外か内かでジャッジの評価が割れました。ルブシェフの生徒なんですね。ルブレワひっっっっっっっっさしぶりに見ました。おかん感を感じる。

ブルガリアの男さんはトムオブフィンランドの絵みたいな格好してる。

ホワイトリー&グラハム
おしゃれなミイラのような色味の衣装。女の子さん152cmしかなくてダンサーとして小柄ですが、すでにカナダ女子の風格を漂わせています。ツイズルの後に男性が組体操の扇の外側のポーズみたいな体勢で氷に手をついてるのが笑えました。技術的に印象に残るカップルではありませんが、プログラムのインパクトがありました。

膝や手をついてよくなると、一気に振付の幅が広がりますね。見る側にとってはありがたい。マクカー圧倒的すぎてビビる。

女子SP
1 Rika KIHIRA(日本)66.78 PB
2 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)63.51 PB
3 Alisa LOZKO(ロシア)60.10 PB
4 Yuna AOKI(日本)56.60
5 Megan WESSENBERG(アメリカ)53.91 PB
6 Diana NIKITINA(ラトビア)52.45
7 Hanul KIM(韓国)51.08
8 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)48.42 PB
9 Lutricia BOCK(ドイツ)46.88
10 Alicia PINEAULT(カナダ)46.66 PB
11 Heloise PITOT(フランス)44.28 PB
12 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)44.20
13 Elzbieta KROPA(リトアニア)43.31 PB
14 Lara ROTH(オーストリア)41.53
15 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)37.05 PB
16 Natalie KRATENOVA(チェコ)36.61 PB
17 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)36.55
18 Amanda STAN(ルーマニア)36.51
19 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)35.17
20 Emma JANG(中華民国)34.32 PB
21 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)33.64 PB
22 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)33.31 PB
23 Sophie Davida ABRAMS(イスラエル)32.35 PB
24 Jiayin LI(中国)31.58 PB
25 Agnieszka REJMENT(ポーランド)29.99
26 Agnes Dis BRYNJARSDOTTIR(イスラエル)28.48
27 Komila FARADJAEVA(ウズベキスタン)24.70 PB
28 Alua MUKHAMETKALIYEVA(カザフスタン)24.04 PB
29 Priscilla June CHAU(香港)20.91
30 Yekaterina TYAN(カザフスタン)16.59 PB

アイプッタ攻めは終わらない。

ウェッセンバーグ
3T-3T 3Lo 2A fall
ペロッ・・・これはデールマン!と思わずコナン君も言ってしまいそうなほどデールマンっぽい選手です。コーチが同じかと思いきやそんなことはなく、アメリカお上品の代表格ミッチェル=ヨハンソンの生徒でした。3Lo直後のイーグルや2A前のイナバウアーなんてまさにデールマン。2Aの転倒はもったいなかったですけど、キレキレのいい滑りを披露してくれました。Y字で終わるスピンは、昔の女子選手っぽくてなんかいい。I字もいいけどY字もいい。みんな違ってみんないい。

フランスのエロイーズちゃん美少女。スルツカヤフランスバージョンみたいなかわいさ。スピン超がんばれ。

ハヌル
3Lz-3T 2A 3Lo
若々しく健康的な演技で非常に好感が持てました。娘(いないけど)が学校帰りにこんな子家に連れてきたら、おやつにドーナツ出してあげたくなります。2Aはカウンターから入ってスリーで出てツイズルに繋げるきれいな流れ。改めてカウンターから3Aやってる人頭おかすぃー。14歳なのにもう茶髪に。韓国女子は極端に明るい茶髪に染めるの好きなのなー暗めの方がかわいいのに。

ウコロワ
3Lo 3S-3T fall 2A
昨シーズンと同じモーツァルトでした。ウコロワさんを見ないとジュニアグランプリ始まった感じがしないです。3-3への挑戦はナイスでした。タマちゃんを見守る会ばりにウコロワさんを見守る。

青木
3Lz-3T fall 3Lo 2A ot
3Lz-3LoがSPで使えないので彼女にとっては戦いにくいシーズンかもしれませんが、今シーズンはスケーティングスキルが大幅に進歩しましたし、プログラムも衣装も彼女にピッタリだと思います。緩急の緩い部分は素晴らしいですが、細かいフットワークにはまだ課題がありそうです。ジャンプの回転不足もありましたし、点数を伸ばせるところはたくさんあります。今日の奈加子先生は戸田菜穂っぽい。

ボック
3Lz-3T so 1Lo 2A
しょっぱい曲に美しい水色の衣装。昨シーズンは成長期でタフな時期を過ごしましたが、今シーズンはやりすぎなくらいに体を絞っているように思います。これはちょっと細すぎるのでは。無理やり3Tをつけるところは健在。コーチにインゴがいました。インゴ久しぶりだな。また頭に植えましたか?

ロズコ
3F-3T 3Lo tano 2A
2つのアンダーローテーションがつきました。キャメルスピンの変態ポジションなんですかあれは。曲も相まって井戸から出てきたお化けみたい。お菊さんスピン。ビールマンスピンの体の位置もどうなってるんだ。レイバックスピン+3しかつけようがないじゃないですか。衣装のスカートの部分、お尻が出すぎなので布を増やしましょう。

紀平
2A 3Lz-3T 3Lo
赤いのめっちゃヒラヒラさせてる。ジャンプはすべてきれいに入りました。プラスプラスプラス。ビールマンスピンが日本女子っぽくないですね。ロシア女子とまではいかないけど、天井串刺し系統のビールマンでした。レイバック基本ポジをしっかりまわって、軸できれいに見せるのがいい。後半はテンポが上がりますが、連続のツイズルでそのスピード感を失わせないようにしていました。バトルプロは合う合わないが大きいですが、彼女には合うみたいで何より。点数が出て大喜びの先生。

ブルガリアちゃんのキスクラにいたルタイがだいぶおっさんに。観光客みたいだよルタイ。

グバノワ
2A 3Lz-3T fall 3Lo
アナスタシア・グバノワじゃない方のアナスタシア・グバノワです。ペアスケーターではありません。2Aのランディング素晴らしい。そこから白鳥さんの羽パタパタ。ステップで滑りが詰まるところがありましたが、GOEにはまったく影響していないようです。ジャッジ席から見ると気になるものではないのかもしれません。転倒していなければ紀平の上だったでしょうね。

ニキティナ
3Lz-3T 3Lo 2A
葬式にDJ呼んで踊りだしそうな音源。ジャンプの質は昨シーズンよりも上がったように思います。3Loの前のステップがないところとステップのエッジがフラットすぎたのが大きく点数を引く要因でしょうか。プラスをするところはあまりないのですが、注目して引こうと思えば、粗が見つかってしまう演技なんですよね。ちょっとずつ改善していって欲しいです。

アルア・ムカメトカリエワさんの名前が読み辛くてアナウンス噛んじゃった。

ロシアVS日本の第2ラウンド。勝利はどちらの手に?

ペアSP
1 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)62.94
2 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV(ロシア)55.23
3 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)50.98
4 Anastasia POLUIANOVA / Maksim SELKIN(ロシア)50.38 PB
5 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)50.17 PB
6 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)49.45 PB
7 Kseniia AKHANTEVA / Valerii KOLESOV(ロシア)48.55 PB
8 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND(カナダ)47.76 PB
9 Ami KOGA / Spencer Akira HOWE(日本)47.50 PB
10 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)47.33
11 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)47.01
12 Audrey LU / Misha MITROFANOV(アメリカ)44.71 PB
13 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM(韓国)40.20 PB

ワインスタイン&サイモン
醸し出される雰囲気がジュニアのそれではありません。2人が見つめ合って滑るところが多く、ツイストリフトのランディングはその余韻が画面を越えて香ってきました。「必死に働いてきたけど、あんたはパチンコばかりで子供のミルク代も持ってっちまう。愛した男だけど、あたしはここを去らないといけないの」ぐらいの雰囲気。Vシネの世界ですね。このペアはリアルで付き合ってるからこそ、Vシネっぽくなるのかもしれません。シメクニよりもリアルペア感ありますもの。

アタスピ
圧倒的なツイストやスローでレベルの違いを見せつけ、2Aはどうにか堪えてこのままいくかと思ったところでリフトを上げられない致命的なミス。それでも上手い。プログラムは変だけど上手いです。よくこんな変なプログラムばかり滑られるもんだ。男の衣装ヒラヒラスケスケしてておもしろい。銃をバキューンと撃ってのフィニッシュでした。コードネームUNCLEって映画の曲ですね。この映画おもしろいですよ(2週連続)。

ルー&ミトロファノフ
細っこいアジア系の女の子とデカいロシア系の男の子。ツイストは軽々。スローは高さがありませんが、細い軸と女の子の軽さで回りました。このスローだと少しでも成長すると回れなくなるのではないでしょうか。それまでにきちんと技術を身につけて欲しいです。楽しそうなカルミナ・ブラーナでした。

乳首弟組
さっきウコロワさんで聴いたばかりのモーツァルトが出てきました。しかもタンゴバージョンで。チェコ人はこの曲を滑らないと殺されてしまうのかもしれない。タンゴでピンク色の衣装とは斬新。乳首弟の胸板厚くなりました。女性が大きくなっているので体を大きくしないと持ち上げられなくなりますからね。この組の弱点はスロージャンプですが、しっかりときまりました。滑りはジュニアのペアとしては抜けています。このペアより歩みの合わないシニアのペアなんて全然います。上手だなー女の子は今シーズンもペトロフに似てるなー。PCSもっと出ると思ったんですけども。

アハンテワ&コレソフ
ツイストリフトは少し近づきすぎてしまいました。2Aは女性がステップアウトです。13歳と15歳の若いペアですが、目立って悪いところはありませんでした。デススパイラルはもうちょっとかなと。頭の中でカペラノがコレオツイズルを延々と繰り返していました。

新ポルヤノワ組
ツイストリフトの入りの勢いがあったので、すごくきれいに決まりそうに見えたんですけど、キャッチがもたつき気味に。男性のスケーティングスキルが伸びてくるといいですね。表現力はあるように思えます。ロリポップが繰り返される有名な曲をリミックスで滑りました。後半強引すぎて笑えます。ポップな衣装にしたかったのでしょうが、男の子はマリオみたいな衣装でした。

アレクサンドロフスカヤ&ウィンザー
アルファベットで15文字も使う欲張り苗字のロシア人。シングルからの転向組なのでジャンプには期待していましたが、思っていた以上に2Aを楽々と降りました。女の子が上手くても男の子が・・・というパターンが出ることもありますが、男の子もしっかりしていました。しっかり腰の落ちたデススパイラルだし、スローは低空ではありません。ツイストでコケかけたけど、次がんばればOK。ワールドレベルのオージーペアついにくるか?

古賀ハウ
ツイストはダブルでした。重さを感じるランディング。ソロジャンプは2Loでした。スロー3Tは転倒。リフトはアクセルラッソーを選びました。上げるタイミングがあまりよくなかったのか回転がスムースではなく落とさないか怖かったです。ステップはめちゃうまでユニゾンがよかったです。男性がスタンブルしかけましたけどどうにか抑えました。PCSの高評価はそりゃそうよ。キスクラでメガネをかける亜美ちゃん。

リュウ&ジョンソン
リュウさんが大きくなりました。そのせいか元々得意ではないジャンプがさらに上がらない。スロー3Tはなんとかでした。ジョンソンさんは前のペアでの野暮ったさから比較すると、ずいぶんと垢抜けてきました。リフト4回転もしちゃったせいで、レベルBになってイリーガルエレメンツの減点2がつきました。減点項目表に載っていました。「男子が3回転半を超えて回転するリフト」と。

どの組が銅メダルを獲るか楽しみです。

4 Comments

6番 says..."ayuさんへ"
ayuさんへ

スピンは僕が褒めずとも、そのすばらしさは光っていると思いますよ。単に速いだけではなく、ポジション取りやセンタリングまで素晴らしくて。日本選手はスピンが露米の選手に見劣りすることが多いですが、彼女はそんなことはないですね。
2016.09.10 09:59 | URL | #q2p5Nno. [edit]
ayu says..."楽しみですね!"
管理人様こんにちは
紀平さんの演技が気になっていたので、動画で見ました
ジャンプも勿論ですが、(その前にそのような感想コメントを見ていた刷り込みもあるかもですが)
スピンも非常に素晴らしかったと思います
色々な意味で「くるくる回っていた」プログラムという印象です
フリーも引き続きワクワクします!
2016.09.02 23:17 | URL | #SFo5/nok [edit]
6番 says..."太郎さんへ"
太郎さんへ

ああ・・・ジュニアグランプリにこんなに早く足を踏み入れてしまっては、もう元の生活には戻れませんよ。夏の終わりから春の始まりまで、あなたは人間としての生活を失うことになるのです。HAHAHAHAHAHA

そうだ、8トリプルを見られる可能性もあるんでしたね。それは楽しみです。
2016.09.02 17:23 | URL | #q2p5Nno. [edit]
太郎 says..."ついに廃スケオタに…"
お久しぶりです。
ついにスケオタ歴八ヶ月目にしてライストを見るようになってしまいました…もう廃人ですね。
グバノワと梨花ちゃんという今期ジュニアの本命とも言えそうな2人がいきなりの激突でしたね!胸熱でした〜フリーでのグバノワの圧倒的スケーティング×完全版5種7トリプルvs梨花ちゃんのもしかしたら8トリプル?が楽しみで仕方ないです!
2016.09.02 09:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。