Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

感想まとめて

8

中国のAmazing on Iceとスケートデトロイトのミライとペア。感想まとめて。

Amazing on Ice
ペンジン
My Drags
新シーズンのSPです。3T成功。すでにスローとツイストが普通のペア並みの質になっています。ツイストはもう少し質が上げられるのではないかと思います。2人の滑っている間隔が多少開いているので、そこはこれからの課題でしょう。

スイハン
Angels
スイちゃんが故人のようになっている映像から始まるハンくんのソロ演技。スイちゃんは両足の手術をしたので、復帰はまだ難しそうです。ハンくんが1人でツイストやリフトしておる。車椅子で涙ぐんだスイちゃんが登場するシーンにはジーンとしました。ハイタッチをして終える映像は、再生数4500回のYouTubeにあるショートフィルムのようでした。じわじわくる。

ユージャン
Eternal Flame、Fearless
こちらも新SPです。プログラムとしてはユージン路線のミステリアス系。歩調が合っていないので、ペンジンよりも違和感が大きいです。エレメンツはしっかりとしているのですが。シャオユーの柔らかさとハオジャンのダイナミズムが分離しているように見えました。これからのペアですね。組んで3ヶ月足らずでこれだけできれば本当はめちゃくちゃすごいんですけどね。

ユージンとペンジャンに解散記念演技をさせる鬼畜ショー。僕がこの立場だったら主催者の顔におにぎりぶん投げます。シャオユーって北京オリンピックですら26歳なんですよ。これはもうハオジャン(41)が2026年にも出るしかないですね。目指せ7大会連続オリンピック。

ソトニコワ
フラメンコ
フラメンコを3、4曲組み合わせて使っています。2分50秒をオーバーしているので、SPではないかなー?ソトニコワのエキシビションは毎シーズンちゃんとしているなあと関心。シャーロットスパイラルの角度が増して、垂直を超えて進行方向と逆側にフリーレッグを倒すようになりました。コケないのか?

Love in Venice
脱力していくようなスパイラルが美しい。ヴェネツィアの美しい風景、ゴンドラが浮かぶ様子を見て感傷に浸る、いいとこのお嬢さんといったところでしょうか。マートンもハラショー。

ジョアニー
Addicted to you
実質プロになって6年が経ちますが未だに衰えません。大学行くって言ってませんでしたっけ?あれ夢の話?荒川静香様と双璧を成すジャンプの崩れなさ。

lemon tree
中国語だから何を歌っているかはさっぱり分からない曲。赤いシンプルなドレスが素敵です。かわいい系のプログラムでした。庭のレモンの木から収穫してきて、大好きな彼のためにマーマレード作るみたいな感じがよかった。ジョアニーはかわいいなあ。

ランビ
ポエタ
日本のシニア合宿でポエタポーズをとっていらっしゃったランビエールさん。こうして日本にランビエールチルドレンが増えていくのです。ワールドで滑ったときが21歳で今が31歳。2007年に滑ったとき、僕はこのプログラムが好きではない超少数派だったんですけど、年食ってすごくよくなった。

ジョニー
ビヨンセメドレー
チョクベイでおなじみビヨンセのエロい曲、そしてポポブラでおなじみビヨンセのエロい曲。お尻の割れ目まで見える真っ赤な衣装。でも不健全にならないのがジョニー。お子様が見てもギリ大丈夫なラインを保っています。羽生もこういう衣装着てこういうエキシやろう。

メリチャリ
Dream by Imagine Dragons
メリルと並べても細さが分かるチャーリー。これはガチ痩せ。大輔さんと一緒にダンスの舞台に出ていたはずなのに全然いつもの感じ。チャーリーのディープエッジすごい。君たちも戻ってこないか?オリンピックチャンピオンだから、全米は4年間ノーシードで出られるんですよ。しれーっと全米に出ましょうよ。

プルシェンコ
カルミナ・ブラーナ
合わないはずがないカルミナ・ブラーナ。今シーズンこそ競技プロとして日の目を見ることができるでしょうか。何度目かも分からないほどの手術のせいか、ジャンプが上がっていません。それでもショーに出るんですね。プルシェンコはマグロなんですね。泳いでないと死んでしまうんですね。マートンのヴァイオリンはいらなかった気がする。

ボーヤン
Untitled、Nitro by Dick Dale
アメリカ南部の荒野を歩く金のないヒスパニックみたいなプログラムだと思っていたんですけど、演技後半に急激な転調。カーチェイスが始まったかのようでした。ボーヤン史上最も激しく動いている。激しすぎて足がもつれているようにも見えます。

プルシェンコ&ボーヤン
タンゴアモーレ
曲作った人と、最初に滑った人と、最近滑った人のコラボ。コラボの正しい使い方。ソロの演技のときジャンプ低かったのに、ここですでに復活しとるやんけ。万全ではなくてもクネクネスキルと変態的に人を引き付ける力は半端ない。ボーヤンがんばった。ボーヤン中国語では本当に、○んぽーやんみたいな発音なんですね。ボーヤン・ジンでいいわ。

ジョニー&ハオジャン
卷珠帘
ジョニーはお姫様?ハオジャンは皇帝?この場限りのコラボプロとは思えない質の高さ。ジョニーは中国の絵みたいな顔してるから余計に似合う。最後のチューしそうな振付で中国のエンジェルさんたちが沸き立ちました。同世代でやってきた2人だからできるコラボですね。前も2人でこういうプログラムやってたなー。

ジョニー&いがぐり3



スケートデトロイト
ミライLP
The Winner Takes It All
3F-2T 3Lz df 3S shaky 2A-2T 3Lo 3F 2A
尺足らずはピアノで補い、違和感のない仕上がりになりました。トリプルジャンプの回転はほとんどが足りていませんが、まだ7月なので心配することはないでしょう。歌詞を見ると、オリンピック落選のエキシビションを思い出してしまいます。ピョンチャンへと向かう強い意志が感じられます。ミライの課題であった動きの停滞、ここに改善の兆しが見えました。ポーズや振りをパキッと決めたり、ストップを入れるとそこで一旦途切れてしまうことが多かったんです。ストップするところは上手く上体の振付を入れることでカバーしています。滑り込めばよくなりそうです。コレオシークエンスは全米選手権でのワーワーという盛り上がりが想像できるものです。ウィルソンにしてよかった。

海龍
ミッションインポッシブル
個々で滑るのが上手いのは元々ですが、手を繋いでもスピードを出せるようになりました。SPのアクセルラッソーは入りも出もスムースで、マイナスはおそらくつかないのではないかと。デススパイラルもマイナスはつかないでしょうか。確実に進歩を見せています。ソロジャンプが3Fはすげーです。

スターウォーズ(続行)
ライウチ・キハラさん。スローは昨シーズンからダブルのままですが、昨シーズンのようなギリギリの回転ではなく余裕が出たように思います。リフトの構成がアクセルラッソー(グループ5)、プレッシャーリフト(グループ4)、トゥラッソー(グループ5)に上がりました。ちなみに昨シーズンはグループ2、3、4でした。僕はこれまでグループ2のリフトを目にしたことがなかったので、これがグループ2なのかーと思っておりました。今シーズンは基礎点が大きく上がります。アクセルラッソーがリバースラッソーと基礎点が同じ最高難度の位置づけとなりましたので、お得なんです。リフトの変化も加えるようになりました。とにかくリフトが変わりまくりでした。アジアントロフィーではミニマム獲ってきてくださいね。

ファンド&サンティランLP
Don't cry for me Argentina
サンティランさんがペア男子たる髪型にアプローチをかけています。かっこいい。ソロジャンプ上手。バックアウトデススパイラル1周だけで終わらせてしまうと物足りないです。ダンスリフトからのスローループは、女性の着氷姿勢と男性の姿勢を揃えています。ウェンデ夫妻を引き継ぐんですね。スローの直後からコレオシークエンスなので、その前のダンスリフトからの流れで魅せるように構成されています。リフトを落としたのはもったいないですが、現時点でジャンプがこれだけ入れられれば上出来も上出来でしょう。まだエビータらしい女性の感情表現が出せていないので、秋冬の楽しみということで。

カラシ組
Prayer
エキシビションでしょっちゅう使われているメジャー曲の1つであります。情感たっぷりにすべる曲だと思うんですけど、この演技はスポーティーに仕上がっています。この2人が滑ってしまうとどのプログラムもスポーティーになってしまうんです。スローも上手いし、体は動いていますけど、なんだかなあ・・・男女2人って感じじゃない。ビジネスパートナーという雰囲気。

カルメン
イーグルからのスローサルコウ、着氷の一連の動作が美しいです。でも男女別々に演技してしまうからカルメンのように見えないんです。殺伐・・・とも違う。これが超不仲ペアだったら納得できるんですけど、この2人付き合ってるんですよね。だから余計にこの目線の合わなさが解せない。男女感のなさ、このペアの永遠のテーマである。

夏のチェックリスト作っておこう。
今週 韓国選抜選、レイクプラシッド、グレイシャーフォールズ、ミントサマースケート(シャルトラン、フィルス、パイポー)
8月第1週 アジアントロフィー
8月第3週 BCサマースケート(アーノルド&ウィリアムズ、チャッキー)
8月第4週 JGP初戦
9月第2週 ロシアテストスケート、JGP3戦目(横浜)、チャレンジャーシリーズ初戦

THE ICEはあみん。待つわ。

今シーズンしんどそうな週は11月の第2、3週。2週連続でGPSとCSが重なっていて、国際Bのストリーミングも2大会はありそうです。第3週は全日本ジュニアもあります。全日本ジュニアが札幌なので、周辺の民はスケートの屍と化すでしょう。札幌は全日本ジュニア、NHK杯、アジア大会に行きやすい超超超優遇シーズンとなります。おい札幌人!ここで有給使わないと男と女がすたるぞ!カレーとおでんはこれらの週に計画的に作るんですよ!

8 Comments

6番 says..."匿名のIさんへ"
匿名のIさんへ

おおおおお!!!現地観戦!うらやましいです。スケートデトロイトにダンサー陣も観戦に来ていたんですか。そちらの方も見てみたかったです。海龍リフト技術が向上して何よりでした。まずはリフトできっちりとTESを稼ぐことが、世界で戦う絶対条件ですからね。
2016.08.12 19:30 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."92さんへ"
92さんへ

スケートファンの9割5分が「ユージンとペンジャンのままで良かったんじゃ・・・」と思っているのではないでしょうか。技術だけではなく雰囲気が合う合わないというのもありますもの。ユージンはピッタリでしたのに。
2016.08.12 19:28 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."匿名のMさんへ"
匿名のMさんへ

理由はよく分からないのですが、この組み合わせの方がハオ・ジャンのメダル獲得の確率が上がるからとしか考えられないですね。ソロジャンプの成功率が高い方がまとめられたような気がしますし。
2016.08.12 19:21 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."匿名のLさんへ"
匿名のLさんへ

札幌潤ってますねえ。うらやましすぎです。

ペアダンスのレビューもしますよーいずれ・・・いずれ・・・。
2016.08.12 19:20 | URL | #q2p5Nno. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.29 14:21 | | # [edit]
92 says...""
見てないですけど、そうなるとペンちゃんは?ともなりますけど、北京にはユージンで出て欲しいと、まだ未練がましく思ってます。
2016.07.29 11:39 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.28 01:53 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.27 23:13 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。