2016
07.14

GPF進出者予想アンケートの結果を見てみよう

7月4日のエントリーで、グランプリファイナルの進出者を予想するアンケートをお願いしていました。10人とは言いませんが、200人ぐらいはいくかな?と予想を立てていたので、それを大きく超える数の方が協力してくださってありがたく思います。回答してくださった方、拡散してくださった方。誠にありがとうございます。

せっかくなので、放置したままではなく結果から読み取ってみましょう。

男子 回答件数:3374件
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=165652
1.羽生結弦(日本) 3303件
2.ボーヤン・ジン(中国) 2973件
3.ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 2964件
4.宇野昌磨(日本) 2777件
5.パトリック・チャン(カナダ) 2763件
6.ミハイル・コリヤダ(ロシア) 833件
7.ジェイソン・ブラウン(アメリカ) 811件
8.ネイサン・チェン(アメリカ) 689件
9.無良崇人(日本) 375件
10.デニス・テン(カザフスタン) 216件
11.ダニエル・サモヒン(イスラエル) 157件
12.アダム・リッポン(アメリカ) 134件
13.マキシム・コフトゥン(ロシア) 123件
14.ハン・ヤン(中国) 111件
15.村上大介(日本) 100件
16.マックス・アーロン(アメリカ) 65件
その他 65件

昨シーズンのグランプリファイナル上位5名に票が集まりました。2500人ぐらいはまずこの5人に入れていそうです。羽生の熱烈なファンが多く、コメント欄での応援も熱かったです。なんですくんやPさんがこの票数に落ち着いているのは、出遅れがあるとの予想があります。なんですくんはファイナル確実と思われたシーズン、NHK杯でズコーっといってしまったことありましたしね。昌磨のアンチが生まれていたのは興味深いです。アンチができるほどのトップ選手になったのかと思うと感慨深いです。

5名まではすんなり決まった方は最後の1人で悩んだ方が多かったです。票はコリヤダ、ブラウン、ネイサンの3人に分散しました。テンくんへの票は「今シーズンこそ出てくれ・・・お願いだから・・・」という意見が多かったです。その他の予想で多かったのが草太。あとはピトキーエフも複数ありました。ビチェンコさん、ミハルという意見もありました。ヴァシリエフスもありましたが現状派遣は1枠ですね。

ノーシード昌磨がどこに行くかで進出争いが荒れるはずだったんですけど、男子は6大会のバランスが非常によくて、結局上位勢が順当にいきそうだなという面白味のない予想になりました。自分で順位予想しても順当すぎて何も言えなかったです。予想をひっくり返すぐらいの大活躍をしてくれる選手が出てきてくれることを期待。

男子の回答者の年齢構成を見てみると、40代、50代の順に多かったです。40代はいずれのカテゴリーでも1番多く、フィギュアスケートを支えている層だというのが分かるのですが、50代が2番目にくるのは男子だけでした。そして、カップル競技では2%に留まる60歳以上が7.48%でした。購買力のある女性ファンに男子選手人気があるからこそ、今のフィギュアスケートが支えられているのだと数字から分かる結果になりました。回答数がペアの5倍というリアルすぎる結果です。

女子 回答件数:1924件
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=165654
1.宮原知子(日本) 1840件
2.エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア) 1832件
3.グレイシー・ゴールド(アメリカ) 1325件
4.アシュリー・ワグナー(アメリカ) 1236件
5.エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 1198件
6.浅田真央(日本) 1132件
7.アンナ・ポゴリラヤ(ロシア) 1018件
8.エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 492件
9.本郷理華(日本) 303件
10.ユリア・リプニツカヤ(ロシア) 240件
11.ポリーナ・エドモンズ(アメリカ) 142件
その他 208件

ほとんどの方が予想したのが宮原とメドベージェワ。抜群の安定感のある2人です。そこから少し離れてゴールドとアシュリー、ラジオノワがあります。アメリカ勢2人はスケートアメリカで重なってしまったことが、票が分散する要因になってしまったでしょうか。個人的に意外だったのがポゴリラヤが7位だったこと。組み合わせ的には1番進出しやすいと思っていたので。

圧倒的な人気がある真央には「願望・期待・応援の気持ちを込めて」入れる方と、応援はしているけど組み合わせから見てシビアに予想から外した方がいました。リーザとリプの復活を願うファンも多くいました。

その他の予想で1番多かったのは新葉でした。期待も大きいです。それに次ぐのはソツコワ。佳菜子、ソヨン、カレン、ミライ、三原、ジジュン、シャルトラン、デールマン、トゥルシンバエワという風に少数意見もありました。女子は体系変化のこともありますし、予想は崩れやすいです。昨シーズンのように妥当すぎる6人がファイナルに進むことなんてまずないです。

ペア 回答件数:652件
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=165657
1.デュハメル&ラドフォード(カナダ) 643件
2.スイ&ハン(中国) 582件
3.ストルボワ&クリモフ(ロシア) 536件
4.サフチェンコ&マッソー(ドイツ) 501件
5.川口&スミルノフ(ロシア) 418件
6.シメカ&クニエリム(アメリカ) 322件
7.タラソワ&モロゾフ(ロシア) 295件
8.セガン&ビロドー(カナダ) 117件
その他 93件

ほぼ全員の方が予想したのがデュハラド。スイハンはスイちゃんの怪我の具合で予想から外す方もいました。グランプリシリーズスキップするかもしれませんしね。ペアはトップ選手の誰かしらが怪我で抜けることが当たり前になっていて、全員揃うのはオリンピックぐらいになっています。スイハンがワールドに間に合わず、オリンピック選考で悲劇が起こる可能性まで見えてしまいます。

予想を惑わすのが中国の組み替えペアたちです。ユージャンとペンジンがどこに入るかが全く分かりません。投げ技系統はいい感じですけど、その他がどれだけ仕上がるかですね。お互いの前のペアの衣装を着させて滑らせるという、常識を疑うようなことをさせられていた2組ですが、彼らが精神的に健康でいるのか心配になってきました。

その他予想で中国の組み替えペアに並ぶ予想だったのがイリモーでした。昨シーズンの進歩を見れば予想に上がるのも納得できます。このままカナダ1番手2番手が定着してもおもしろくないから荒らせ荒らせー。他にはヴァネシプ、モーマリが上がっていました。

アイスダンス 回答件数:794件
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=165658
1.パパダキス&シゼロン(フランス) 763件
2.シブタニ&シブタニ(アメリカ) 756件
3.ウィーバー&ポジェ(カナダ) 653件
4.ヴァーチュ&モイア(カナダ) 643件
5.チョック&ベイツ(アメリカ) 594件
6.カッペリーニ&ラノッテ(イタリア) 568件
7.ボブロワ&ソロビエフ(ロシア) 268件
8.イリニフ&ジガンシン(ロシア) 95件
9.ギルス&ポワリエ(カナダ) 60件
10.シニツィナ&カツァラポフ(ロシア) 58件
11.ハベル&ダナヒュー(アメリカ) 34件
12.クームス&バックランド(イギリス) 20件
その他 11件

パパシゼとシブタニズはほぼ全員が予想しました。組み合わせから見てもこの2組は確実でしょう。1番手は外れてしまったようですが、ファイナルに行きやすいようにスケカナには入れられなかったとも取れるウィバポジェの予想が3位。ウィバポジェは日本での人気が高いので、がんばって欲しいというエールも大きいです。

不透明なテサモエの仕上がり具合、組み合わせ最悪のカペラノ、ロシア勢1組はファイナルへ・・・という思いで予想は割れ気味にはなったものの結局上位6組が圧倒的な得票数でした。

パイポーにも出て欲しい、ペニコラに出て欲しい、シニカツやハベドノが伸びるんじゃないかといろいろな予想が立てられました。そして多かった意見が「枠が足らない」というものです。これほど力が拮抗していて勝負が読めないダンスは久しぶりだから、ダンスファンも喜んでおるのです。ピョンチャンが終われば大量引退の火蓋が切って落とされるでしょうから、今シーズンだけ純粋に楽しみましょう。

その他の予想にはホワベイ、ステブキ、かなクリがありました。

男女シングルとカップル競技の回答者データを見ると、女性の回答者は1/5になっているのに大して、男性の回答者は1/3にしか減っていませんでした。また、カップル競技の中でもアイスダンス>ペアというファン数の図式があるのですが、女性の回答者が減る一方で、男性の回答者はほぼ減っていませんでした。選手個人の熱心なファンになるのは女性が多いけれど、男性ファンは競技全体を熱中して見る傾向にあると考えていいと思います。どうですか男性ファン諸君。当たっていますか?

年齢別に比較すると男女シングルの回答者の比率は40代以上が6割。カップル競技になると40代以上の比率が5割になります。10代は小中学生が回答をするとは思えないので、高校生以上であることを考えて低くなるのは当然ですが、思った以上に20代の比率が高いことに驚きました。カップル競技では20%が20代。おそらく10代のうちにスケートに興味を持ち、数年後カップル競技を見始める方が多いのでしょう。マジかよ若者。みんなどこに隠れてんの?

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/8914/1/5inoue-other.pdf
2013年NHK杯でとられたアンケートを元に論文が発表されております。ここではNHK杯に訪れた観客のうち20代が11.7%と出ていますが、男女シングル以外のアンケートでは20代の比率は20%と出ているので、経済基盤が固まっておらず、休みも取りにくい。既婚者でも小さな子供がいるという状況の20代は観戦には訪れず、在宅が多いということが分かります。チケット代、交通費、宿泊費が目玉飛び出るほどかかりますからね。30代も現地の比率が低い一方、40代は在宅・現地が同程度。50代は現地の比率が上がります。観戦に使えるだけの財力、時間が生まれた結果です。今回答えてもらったアンケートが信頼のおける標本数だったかは分からないですが、スケートファンの現状を知るいいデータになりました。学生チケット本気で作ってやって欲しい。100枚でいいから。将来への投資やで。

あなたが観るカテゴリーは? 回答件数:1060件
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=165659
男子シングル 997件
女子シングル 829件
ペア 470件
アイスダンス 645件
シンクロナイズドスケーティング 45件

やはり男子が1番人気。フィギュアスケート=女子という世間とは差があります。カップル競技を見ていない理由としては地上波やBSで放送がないこと、地方だからフジテレビの関東ローカル放送が見られないこと、時間が取れないこと、ルールが難しいことが挙げられていました。放送してくれるなら観るという声がかなりありましたので、ぜひ検討していただきたい。シンクロはテレビの放送すらないことがネックになっています。連盟もメディアの報道が盛んなのにかまけている感があります。ロシア、カナダ、アメリカの連盟のサイトぐらい気合いを入れて欲しい。公式サイトが業務的すぎるんですよー。

フジテレビの世界選手権のカップル競技放送は関東ローカル。これが不満の1つの種になっているわけですが、人口の1/3をカバーしており、回答者データからも分かる通りスケートファンの半分は関東の方なので、地方民の声は届きにくいです。フジテレビの問題ではなく、独自番組やクロス局の放送をしたい地方局の問題なんですけどね。せめてBSで早いうちにやってくれればなあ。

フィギュアスケートを見始めたのは? 回答件数:1183件
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=165660
2014-2015シーズン以降 43件
2013-2014シーズン(ソチオリンピック) 191件
2010-2013シーズン 71件
2009-2010シーズン(バンクーバーオリンピック) 75件
2006-2009シーズン 71件
2005-2006シーズン(トリノオリンピック) 180件
2002-2005シーズン 66件
2001-2002シーズン(ソルトレイクシティオリンピック) 34件
1998-2001シーズン 7件
1997-1998シーズン(長野オリンピック) 87件
1990年代 85件
1980年代 172件
1970年代 88件
それ以前 13件

ここからフィギュアスケート界における波が分かります。
1.伊藤みどりの活躍によりフィギュアスケートが日本に根付いた
2.荒川静香、浅田真央、髙橋大輔らによるトリノオリンピック前後のフィギュアスケート大ブーム
3.2012年~2014年にかけて、羽生結弦を中心とした日本男子戦国時代

古くはジャネット・リンからという方もいましたし、長野オリンピックを見てという意見もありました。でも大きな3つの波はこれでした。このデータを見て思ったことは、スケートファンってスケート観るの止めないねってことでした。ご贔屓の選手が引退したらその時点でストップというわけではなく、昔からずっとファンという方がたくさんでした。一度ハマるとなかなか抜けられないんですね。

1つのブームが文化として定着するには、それが15年~20年は継続しないといけないというのを見たことがあります。こうして見ると、みどりさんから始まったスケートブームがソルトレイクシティ前後で一旦途切れてしまったんですね。それでトリノ前から再びスケートブームが始まり、なんとかここまで続いていると。あと最低4年、できれば10年続かないと、ブームで終わってしまいます。同じ選手で2回の波を作ることは難しいので、ピョンチャンの後に新しい選手が活躍することが条件ですね。果たして日本のスケートブームは文化へと成熟し、サッカーのように定着するのか?

アンケートの回答ありがとうございました。コメントを読んでいると「ブログ見てますよ」という暖かいメッセージがいくつもあって励みになりました。また「ブログを見てから、○○を観るようになりました」というコメントもあり、とても嬉しくなりました。これからも適当に運営していくので、適当に見ていってください。おもしろそうなアンケートを思いついたときにはまた協力お願いします。
コメント
匿名のSさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

アンケートへのご協力もありがとうございます。1つだけでしたら統計への影響はご心配ありませんよ!

そうレビュー!実はまだ全然終わっていないんです。あと20人も残っているんですよ。初期は40分ほどしかかけていなかったのでしが、今は長いと2時間半ほどかかっているので、なかなか集中ができずにお待たせしております。さすがにシニアの本格シーズンが始まる前には終わらせたいです。
6番dot 2016.07.26 03:46 | 編集
匿名のSさんへ

これめちゃくちゃおもしろそうな顔ぶれですよね。年々顔ぶれが豪華になっていって、観る側としては嬉しい反面、夏ぐらい寝させてくれよと思ったりもします。
6番dot 2016.07.26 03:34 | 編集
のんさんへ

チケットの値上がりは驚くべきレベルですよね。でもさすがにやりすぎなのか、都市部のショーでも瞬殺はなくなってきていますよね。足元見すぎな結果が出てきているのかもしれません。試合は今でも瞬殺なので適正価格と言われればそうなのかもしれませんが、貧民にはとてもではありませんが手の届くレベルではありません。ファンに寄り添っているのはスケーターだけで、運営側はなかなかですし、ピョンチャン後に来るであろう「ガクッ」という時に備えて欲しいと思います。
6番dot 2016.07.26 03:32 | 編集
Creaさんへ

ピョンチャン後のブームはその3人+草太にかかっていると思います。かわいらしくて育ちのよさそうなお嬢さんと、かっこいい男の子がいないと、結局はダメなんですよね。大半は日本人が世界で勝つところが見たいでしょうし。

テキトーブログですが、これからもよろしくお願いします。
6番dot 2016.07.26 03:24 | 編集
拍手をくださったRさんへ

拍手ありがとうございます。学生チケット欲しいですよね。僕も地方の人間で、試合となると絶対に泊まりではないと観戦ができません。交通費と宿泊費はケチれてもチケットは無理なので、若いスケートファンのためにも導入して欲しいです。一区画だけ半額とか。
6番dot 2016.07.26 03:11 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.07.19 01:51 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.07.16 12:47 | 編集
私は小学生の頃TVでオンエアされた80'レークプラシッド五輪や
85'東京ワールドでフィギュアの虜になり、高校を卒業してからは
可能な限り、生観戦してましたが、98'-99'の札幌N杯を生観戦した時に
98'長野五輪で活躍して引退した数多の選手ロスに陥っている事に気づき、
アリーナに足を運ぶのを止めて8シーズン程もっぱらTV観戦に徹してました。

生観戦熱が再燃したのは、やはり05-06シーズンと06'GPSに
於いての日本選手の活躍がきっかけで「07'東京ワールドに行こう!」と
生観戦熱が戻ってきたクチなので、アンケートの結果に納得です。

しかし、近年は採点システムの運用にもやもやして、ISUや日本のスケ連に
お金を落としたくないと思う人達も多数見受けられたり、毎年のように
チケットがあれよあれよと値上がりしたりと
スケート界全体にしっくり来ないと思う人達も出て来ているので、
しばらくは正念場なのではないかと見ています。
のんdot 2016.07.16 11:41 | 編集
アンケートの結果ありがとうございました。
これで今季も更に楽しめそうです。

平昌後のブームは昌磨やさっとん、真凛の頑張り次第でしょうかね?
真央さん羽生さんレベルのスターが表れたらもっとファンが増えそうですが。
私もこの二人の影響で長らくファンですが、お気に入りの選手以外にもいい選手が出てくるとやっぱり面白くなりますもんね。

6番さんのブログは多くの方に愛されていますね。
私も更新をいつも楽しみにしています。
今後ともよろしくお願い致します。
Creadot 2016.07.15 12:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top