Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ISUコミュニケーション2004 ISU総会アジェンダ

16

http://static.isu.org/media/1006/2004-congress-2016-agenda.pdf

2年に1度のルール大変更ISU総会の議題となるアジェンダです。各国とISUからの提案が掲載されています。採用されるかは、各国の投票で決まります。

*提案番号6.オーストラリア
ISUチャンピオンシップスにディビジョン制を導入。理由は参加国の拡大のため。オーストラリアの挙げた例では、TESの高い18人がショートとフリーを滑る(ディビジョンA)。TESの低い24人はフリーだけを滑る(ディビジョンB)。Aはテレビ放映があるが、Bはない。Bはデジタル配信のみ。2018-2019シーズンからの導入を目指す。なぜこのような提案をしたかというと、1つは経費削減。もう1つは大会を魅力的なイベントにして、効果的なマーケティングを狙い、収入を増やすため。

*提案番号49.ISU評議会(韓国、オランダも提案)
アスリートコミッションの新設。シングル&ペア、アイスダンス、シンクロ、スピード、ショートトラックから1名ずつの現役スケーターを選出し、技術委員会のメンバーになる。総会での投票権も得る。

*提案番号75.フィンランド
競技会での音楽は、広告を含んではならない。

*提案番号84.オランダ
オリンピックの中間年には、世界ショートトラックスピードスケート選手権、世界フィギュアスケート選手権、いずれかの世界スピードスケート選手権(距離別、オールラウンド、スプリント)を同時開催。名称はISUスケートゲームスまたは、ISUウィンターフェスティバルとする。他種目との交流を活発にするために行われる。開催地は前回のオリンピック開催地を目安に、適した場所で。

*提案番号86.ISU評議会
ISUチャンピオンシップス、ISU主催・公認の国際大会に出場するには、所属国の国民であるか、最低1年は居住していなければならない。ペアまたはアイスダンスでは、片方のスケーターが満たしていればいい。

ISUチャンピオンシップス、ISU主催・公認の国際大会に出場したスケーターは、以下の条件を満たせば他国への移籍が可能となる。
※移籍前の国でISUチャンピオンシップス以外の大会に出場してから12ヶ月以上経過している。
※移籍前の国でISUチャンピオンシップスに出場してから18ヶ月以上経過している。
これらを満たしていれば、移籍前の国からの許可は必要ない。

*提案番号88.ドイツ
スケーターが他国に移籍する場合、移籍前の国からの許可は必要ない。

*提案番号90.ドイツ
スケーターが他国に移籍する場合、移籍前の国は金銭を要求してはいけない。

*提案番号236.フィンランド
演技の音源提出はオーディオファイルにて行う。理由はCDよりも信頼できるから。

*提案番号237.オランダ
大会では使用する音楽を、ISUのオンラインエントリーシステムにアップロードする。理由はCDでの提出を廃止し、音楽のミスをなくしたいから。

*提案番号239.オランダ
ウォームアップグループの最初のスケーターに、コールから30秒+30秒の猶予を与えることを廃止し、他の滑走順と同じく30秒のみに統一。会場がうるさければ、静かになるまで待つ。

*提案番号240.ISU技術委員会
ウォームアップグループの最初のスケーターに、コールから30秒+30秒の猶予を与えることを廃止し、他の滑走順と同じく30秒のみに統一。理由は2シーズンやってきて、必要ないと思ったから。

*提案番号241.ISU技術委員会
各ジャッジはGOEを7段階で評価するの「7」を削除。理由は将来的に増える可能性があるから。

*提案番号243.アメリカ
ペアのフリースケーティングにて、1つのスロージャンプ、1つのジャンプ、1つのリフトまたはツイストリフトが後半に行われたときには、基礎点が1.1倍される。例えば後半にリフトが2つ入っていた場合は、基礎点が高い方が優先で1.1倍ボーナスを獲得する。

*提案番号244.ISU技術委員会
アイスダンスにおいて、コンビネーションステップシークエンスは、ワンフットステップシークエンスとステップシークエンスのベースバリューの合計で評価される。(2018-2019シーズンより新設)

*提案番号245.ISU技術委員会
1度目の転倒は-1、2度目と3度目の転倒は-2、4度目以降の転倒は-3のディダクションとする。

*提案番号247.ノルウェー
ISUチャンピオンシップス、オリンピック、グランプリシリーズ&ファイナルでのプロトコルのシャッフルを廃止。

*提案番号248.アメリカ
2016年のISU総会終了後3ヶ月以内に、新たなワーキンググループを設置。2018年のISU総会に向け、よりよいジャッジングシステム作りを行う。

*提案番号276.ISU技術委員会
男女シングル、ペアのショートプログラムの演技時間を2分40秒に。(現在は2分50秒以内)

2018-2019シーズンより、男女シングル、ペアのフリースケーティングをシニアでは4分間(現在は男子とペアは4分半、女子は4分)に統一。ジュニアでは3分半に統一(現在は男子とペアは4分、女子は3分半)。

ショートダンスの演技時間を2分40秒に短縮。(現在は2分50秒±10秒)

なお、ショートもフリーもプラスマイナス10秒が許される。

*提案番号277.ISU技術委員会
アイスダンスのステップシークエンスにベーシックレベルを新設。

*提案番号278.ISU技術委員会
2018-2019シーズンより、GOEは10段階に変更される。

*提案番号281.ISU技術委員会
ISU主催の大会、オリンピックまたは、ユースオリンピックについて
男女シングルでは、最終2グループの滑走順を4つのサブグループに分けて抽選する。ショートプログラムトップ3が最終グループの後ろ3つの滑走順、4位から6位が最終グループの前3つの滑走順、7位から9位が最終グループ前の後ろ3つの滑走順、10位から12位が最終グループ前の前3つの滑走順に抽選で選ばれる。

ペアでも同様に最終2グループを4つのサブグループに分けて抽選。ショートプログラムトップ2が最終グループの後ろ2つの滑走順、3位と4位が最終グループの前2つの滑走順・・・・・という風に抽選で選ばれる。

アイスダンスでも同様に最終グループを4つのサブグループに分けて抽選。ショートダンストップ3が最終グループの後ろ3つの滑走順、4位と5位が最終グループの前2つの滑走順・・・・・という風に抽選で選ばれる。

他の国際大会では、上記のもの、ショートの順位が低い順から滑走するかは、主催者が選択できる。

*提案番号282.ISU技術委員会
2018-2019シーズンより、ウォームアップの時間を短縮。全種目ショートは4分間、フリーは5分間(アイスダンスのFDだけはそのまま)。

*提案番号283.ISU技術委員会
コールがあってから、スケート靴などの問題でスタート位置につけないとき、60秒で不十分な場合は、レフェリーから3分間の時間が与えられる。

*提案番号285.ISU技術委員会
コンビネーションスピンは3つのポジションで成り立たせなくてはならない。(今シーズンまでは2ポジションでも可)

*提案番号287.ISU技術委員会
女子のショートプログラムの必須要素が、レイバックスピンまたは単一姿勢の足換えなしのスピンに。理由は怪我の多発のため。

*提案番号288.ISU技術委員会
ジュニアの課題
2017-2018シーズンのソロジャンプの課題がフリップからルッツに、2018-2019シーズンのソロジャンプの課題がルッツからフリップに変更。女子の足換えなしの単一姿勢のスピンの課題は、レイバックとアップライトは毎シーズン選べて、シットかキャメルは1年ごとに選べる年が変わる。

*提案番号289.ISU技術委員会
SPにおいて、コンビネーションジャンプとソロジャンプで用いるジャンプは別々でなくてはならない。もし重なった場合は重なったジャンプがノーバリューとなる。例えば今までは4Tを予定したが3Tになり、その後3Lz-3Tを跳んだ場合は3Lz-3Tがノーバリューになっていたが、来シーズンからは3Lzはカウントされる。

*提案番号292.ISU技術委員会
2018-2019シーズンよりフリースケーティングのジャンプは男子も7本になる。

*提案番号293.ISU技術委員会
フリースケーティングにおけるジャンプの跳びすぎが、コンビネーションジャンプで起こった場合は、跳びすぎたジャンプだけがノーバリューになる。

*提案番号301.ISU技術委員会
2016-2017シーズンのジュニアペアSPの必須要素は、ダブルまたはトリプルのスロートゥループ、フリップ、ルッツ。フリップとルッツが初解禁。

*提案番号308.ISU技術委員会
ステップシークエンスのグループの分け方が改訂
グループA:ストレートラインステップシークエンス(ミッドライン、ダイアゴナル)
グループB:カーブドステップシークエンス(サーキュラー、サーペンタイン)
グループC:パーシャルステップシークエンス(パターンダンスタイプステップ、ワンフットステップ)
グループD:コンビネーションステップシークエンス(ワンフットステップとグループAかBの組み合わせ)

*提案番号311.ISU技術委員会
ショートリフトの時間が6秒から7秒に。理由は振付に自由性を与えるため。

*提案番号312.ISU技術委員会
アイスダンスでパートナーの肩か背中に座ることを許可。

*提案番号315.ISU技術委員会
ショートダンスのボーカルはスポーツとして適切なものでなくてはならない。

*提案番号316.ISU技術委員会
フリーダンスではテンポ・リズム・表現で最低1回の音楽の変化を入れなければならない。今まではテンポと表現だけ。

提案番号6は個性的な案ですが、全選手の演技を見られなくなるのであまり。

提案番号84はとてもおもしろそうです。他の種目の大会の競技者数がどの程度のものか分かりませんが、とても盛り上がりそうですし、他の種目に興味も持てそう。スピードスケートが強いオランダがどうにかして、人気を出したい策ですね。

提案番号86は移籍を今までよりもしやすくしています。提案番号88と90から出る、ドイツ連盟のフランス連盟への憎しみが半端ないです。

提案番号89、90はデジタル音源を推奨。これには賛成です。音飛びやかけ間違えも減るでしょう。

提案番号239、240のグループの最初の滑走者のはどうでしょう。オランダの方が現実的でしょうか。うるさいのに突っ込ませるのは気の毒なので。

提案番号243は部分的には賛成です。個人的にはソロジャンプが後半なら1.1倍だけでいいと思います。スローはどこの組も後半にしているから、ボーナスをつける意味がない。

提案番号245には大賛成。これはぜひ通して欲しい。4回転3本でも跳べば、1個や2個コケても大して順位が動かないですから。3回コケれば5点のディダクション、5回コケれば11点のディダクション。演技の見た目との乖離が減りそうです。

提案番号247にも大賛成。シャッフルされるとプロトコルを見る意味が半減します。匿名のままでいいので、想像ぐらいさせて欲しい。

提案番号276はショートプログラムに関しては大して影響はないのですが、提案番号292の男子フリースケーティングのジャンプの本数が7本になることも重ねて反対。今以上に3Loや3Fなどの苦手なジャンプを跳ぶ選手がいなくなり、大技化のみが進み、基礎的な技術の退行が進むから。

提案番号278はどちらでもいいです。加点幅が広がるのではなく、今より細切れになるだけでしょうし。

提案番号281は大会を盛り上げるためですね。SP1位が最終グループの最初にきたらつまらなかったり、勝負が決まってしまうから。どちらでもいいです。

提案番号282のウォームアップ時間の短縮は選手ではないので分かりません。影響はあるものなのでしょうか。

提案番号287の女子のレイバックスピンが必須でなくなりそうなのは喜ばしいです。レイバックが苦手な選手は、シットやキャメルでレベル4を取った方がいいです。ヴィッキーが現役だったら絶対採用していたでしょう。

提案番号289、293は厳しすぎたジャンプの繰り返し違反の緩和です。それは結構だけど、2Tや2Loは3回以上でもOKにしてくれや。

提案番号301では、スローフリップとルッツがジュニアペアSPでの解禁。これも時代ですね。シニアと変わらないものを跳ぶようになりましたから。

提案番号308は、2018-2019シーズンから新設されるコンビネーションステップシークエンスに関わる変更のようです。コンビネーションステップは、ワンフットステップシークエンスと普通のステップの組み合わせらしいです。これ以外にステップの必須要素があるのかも分からないし、よく分からない提案。先走りすぎ?

提案番号311のショートリフトの時間が延びたそうなのはよかったです。ディダクション地獄解消でしょうか。

2年に1度の英語酔い終了しました。アンチや陰謀論の人でなければ、転載コピペご自由に。間違ってても保障はしませんよー。29日に出たものなので、すでにご覧になられているでしょうが、見るのめんどくせえ人向きということで。

16 Comments

6番 says..."megumiさんへ"
megumiさんへ

男子は跳び急いでウォームアップ中に怪我をする選手が出てきたり、周りが見えずに衝突が頻発してしまう危険性がありますね。それでも時間短縮の方が優先されてしまいそうで。30年前とは違いますのに。
2016.05.09 04:41 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."片割月さんへ"
片割月さんへ

どうぞどうぞ。雑ですけどいくらでも持っていってください。
2016.05.09 04:36 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."フィギュア大好きさんへ"
フィギュア大好きさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

時短は単純に経費の問題でしょうね。予選を削り、CDを廃止し、ミニマムを作り、演技開始までの時間を削り、次にターゲットになったという感じですね。ウォームアップだけ削っても大したことではないですけど、今まで削ったものを足すと相当なものですからね。「ウォームアップなんだから体温めるだけにしろ」とでも言いたいのでしょうか。

見られる演技も時間も減り続けているのに、チケットの値段は据え置きのままという。
2016.05.09 04:22 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."匿名のYさんへ"
匿名のYさんへ

レイバックスピンは柔軟性の低い選手にとっては朗報ですね。スパイラルと同じく、あまりに得意ではないものを見てもなあ・・・と思っておりましたので。時間短縮はISUの総意という感じですね。このまま競技人口までゴリゴリと削っていきそうです。
2016.05.09 04:17 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."92さんへ"
92さんへ

ドイツの私怨提案僕も大賛成です。特に金銭要求なんてアホか!って話ですよ。3つ同時開催おもしろそうですね。僕はスピスケもショートトラックも見ないので、一緒にやってくれると「時間空いたから見てみるか」という気持ちになりそうです。

スポーツらしい音楽ルールはエロブロックというのありそうですね。ポポブラのFDとかポポブラのFDとかポポブラのFDとか。
2016.05.09 04:08 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."名無しさんへ"
名無しさんへ

そのルール見当りませんでした。6分練習の人数を減らすということは、公式練習の人数も減らすことに繋がるでしょうし、リンクや時間の確保が不可能になるのでしょうね。リンクのない日本だと国際大会ができなくなりますし。
2016.05.09 04:05 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."くるすかさんへ"
くるすかさんへ

ドイツの提案すごいですよね。これ読んだときに笑ってしまって、私怨をルール提案に使うなんてドイツっぽいなと思いました。
2016.05.09 04:03 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."匿名のNさんへ"
匿名のNさんへ

いえいえ、そんなおディーンみたいな人じゃないですよ。スケート好きな土星人とでも思っていてください。全種類のジャンプ跳んだらボーナス欲しいですよね。特に最近全種類跳ぶ選手が減っているので、きちんとした技術を後世に伝えるという意味でも導入を希望します。

ぜひ妄信しすぎずよろしくお願いします(笑)
2016.05.09 03:58 | URL | #q2p5Nno. [edit]
megumi says...""
ウォームアップ時間の短縮については賛同できかねます

6分間練習では選手はジャンプのコースや踏切りのタイミングなどを入念にチェックしたいはず。
特に男子はジャンプの技術が急激に進化してきているので
身体が十分に温まった状態でジャンプを跳べるようにしないと危険度が増すんじゃないかなと思ったりして・・・

短縮よりは少人数制の方を提案してほしかったかなと思います


2016.05.08 11:44 | URL | #djnh.SQU [edit]
片割月 says...""
6番様、こんばんは。

怒涛の更新、お疲れ様です。

お言葉に甘え、アジェンダを転載させて頂きますm(__)m
2016.05.07 01:53 | URL | #- [edit]
フィギュア大好き says..."なぜ時短"
はじめまして。丁寧な記事、ありがとうございます。一点、ご意見をお聞かせ下さい。ISUが時短に固執する理由は何でしょう。経費の問題に思えますが…冷房代? judgeの残業代? 違いますね(笑) TV放映中心の昨今、長くてもなんとでも編集出来るのに。6分を5分にすることによる、衝突リスクの増大、男子ジャンプを7本にすることによる、大技化と怪我の増加…これら推測される事象に目を瞑るほどの理由は、何なのか…。
2016.05.02 23:40 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.05.02 23:19 | | # [edit]
92 says...""
88, 90でドイツの怒りを感じましたし、これは全面的に大賛成です。
オランダの提案も面白そうです。わたしはどっちもできないくせにどっちも大好きなので、まとめて見られたら最高です!そのうちオランダのゴツデカイフィギュア選手がオレンジ衣装で…まで想像しました。

スポーツらしい音楽での提案は、多分これ表現力なのか?単なるエロか?なプログラムをじっと見てる側の心の叫びかと。
2016.05.02 14:05 | URL | #- [edit]
名無しさん says...""
詳しくありがとうございました。
公式練習での、選手の安全確保について、議題にはしないのでしょうか?
曲掛けの選手を優先するのを「マナー」から「ルール」にするとか、6分間練習を6人から5人、または、4人に減らすべきだ、という声が上がっていたのですが。
2016.05.02 14:05 | URL | #- [edit]
くるすか says...""
アジェンダの読破と翻訳、本当にありがとうございます。私は量の多さに読むのすら諦めていたので大変助かりました!いつも本当にお世話になっています。
ジャンプのディダクジョン増やすのは賛成です。
そしてドイツの提案が…!
2016.05.02 10:54 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.05.02 09:55 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。