Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

2015-2016シーズン 田中刑事

8

田中刑事

アジアントロフィー 2位
USクラシック 2位
NHK杯 5位
全日本選手権 4位
四大陸選手権 7位

SP:ブエノスアイレスの春
LP:椿姫

SPのタンゴはジュニア時代にもやっているので、正直なところ「またタンゴなのか?」と思いました。でも、その考えはNHK杯で吹き飛びました。このブオオオオオと画面から溢れてくる香り。たまらんですね。USクラシックからNHK杯の間に何が変わったのかというと、1つ目:振付の面では4Sの前の助走が少し短くなった。2つ目:チェンジシットの前に振付が増えた。3つ目:フィニッシュが座りから立ちになった。これらに変化がありました。でもそれほど大きなものではない。では詳しく見ていきましょう。3Aを着氷して足をつき、ゆったりとイーグル、チェンジシットと姿勢を徐々に下げていく様。まずここでムワッと香ります。スピンのレベルの取りこぼしが多く、それほど得意に思えない選手ですけど、音楽とスピンがよく合っています。弱点をカバーする上手な構成だと思いました。やるなマッシモさん。ステップに入るときに腕を上げる動きは、観客をエレメンツの世界に一層引き込みます。大きく腕を広げてのブラケットの後顔に手をあてて苦悩するようなポーズ。カウンターとスリーかな?その後トゥをついてから、腕を引き寄せながらのツイズル。音楽が変わってからは、感情を爆発させたように激しさを増します。ひょいっとホップしてから、1つ呼吸を置いてから腕を内側から外側に回して、右手を顔の向きと逆にピーンと伸ばす。ここらへんがたまらんですね。この1つ呼吸を置くというのが味噌。これが無ければ、ただ勢いがあるだけという風に見えてしまいます。日本男子ではレアな胸板があるスケーターなので、より一層セクシーになります。有閑マダムの借り上げた庭の手入れの行き届いた家のアトリエで、制作活動に没頭する画家のような雰囲気。有閑マダムはその気迫に押され、アトリエに足を踏み入れることはできないでしょう。

椿姫は昨シーズンと同じプログラムですが、印象が全く違いました。これはジョシュア・ファリスのシンドラーのリストのように、振付を全とっかえしたんだろうなと思って、2シーズンの演技を並べてみました。すると・・・・・変わっていない。最初のポーズと4Sの軌道、コレオシークエンスの最後に変化はあるもののほとんど変わっていない。どこが変わったかを書きとめようと思いメモ用紙を用意しましたのに。絶対的に上達したのが腕の伸ばし方。前半の3F-3Tの後のイーグルのときの動きや、ステップが終わった後のトランジションの振付でのしなやかな腕の動かし方が昨シーズンとはまるで違います。もう1つすごく変わったのがスケートの伸びと緩急。ステップは同じものを滑っているんですけど、タイミングがすごく変わりました。音楽に遅れないように必死に滑るがあまり、昨シーズンはワルツのリズムからちょいちょい遅れ、帳尻合わせで追いついて・・・を繰り返していました。口で1,2,3と言いながらステップを見てみると、すごく分かりやすいと思います。特に立ち止まってポーズを取った後が、2シーズンで大きく進歩を遂げました。だから同じステップでも、「あーーー何これ心地いいわーーー」と感じるようになったのでしょう。全日本のステップは質がとてもよかったです。特に前半部分が調子よかった。よく滑るようになったので、コレオシークエンスがリンクの端まで進むようになり、演技を締めくくるにふさわしいものになりました。前のは端までには到達しないぐらいで終わっていましたからね。雄大な滑りで、誰からも嫌われない滑りの後半パートなのですが、ジャンプに集中する分、ジャンプの配置にはこだわり、リンキングフットワークのよさを見せて欲しかったです。3つのエッジジャンプがリンクの右奥から中央奥部分に集中し、トゥジャンプはリンクの左の同じようなところで入れました。これをもっといろんなところで滑ってくれると、「俺、すげえ滑ってるぜ」とジャッジにアピールできたと思いますし、ちょっと残念かなと思うところです。でも継続して完成度をきちんと高めることができてよかったです。

昨シーズン立ちはだかっていた4Sは、NHK杯でSP・LPと立て続けに撃破しました。この4Sは呪いか何かだったのでしょうか。昨シーズンまでは、世界選手権のフリー第1グループかな?という選手でしたのに、今シーズンは最終2グループに残り、トップ10も十分射程圏内に入るだけの選手になりました。男子は20歳を過ぎても何があるか分からないです。髙橋大輔氏から、「ジャンプをプログラムの通りにやるのがいい」というアドバイスを受け、その効果もあったのか(今までの努力の結実でもあると思いますけど)、別の選手のようです。スポーツでのケースは分からないですけど、日常生活でも1つの言葉で考え方や行動が大きく変わることってありますもんね。

世界選手権代表を現実的に狙えるだけの位置にきました。楽しみで仕方ない。

8 Comments

6番 says..."Disney 鴨さんへ"
Disney 鴨さんへ

シーズンベストで1枠保証されますし、彼よりシーズンベストが上の選手は自力・自国枠を合わせて2枠を取れる選手が多いので、2枠目もおそらく大丈夫なのではないかと思います。
2016.05.23 17:43 | URL | #q2p5Nno. [edit]
Disney 鴨 says...""
こんにちは。
6番様には、先刻ご承知だと思いますが、警察先生は、最新の世界ランキングが、30位となっていましたが、この順位なら、来季は、GPSで、2試合与えられるでしょうか?
2016.05.20 15:10 | URL | #aMuv07jE [edit]
6番 says..."Disney 鴨さんへ"
Disney 鴨さんへ

2試合派遣されて欲しいですね。来シーズンこそ本格的に世界のトップレベルへの挑戦になるでしょうから。
2016.05.17 07:05 | URL | #q2p5Nno. [edit]
Disney 鴨 says...""
こんばんは。
警察先生にとって、今季は、飛躍のシーズンだったように思います。今季の、NHK杯5位、4大陸選手権6位の結果、来季、GPSで、2試合与えられるようなことにでもなれば、来季は、ブレイクのシーズンになるかもしれませんね。
2016.05.09 21:29 | URL | #aMuv07jE [edit]
6番 says..."拍手をくださったAさんへ"
拍手をくださったAさんへ

拍手ありがとうございます。もう今の時点でかなりバチバチきてますね。大ブレークくるぞくるぞ。
2016.05.09 04:46 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."拍手をくださったMさんへ"
拍手をくださったMさんへ

拍手ありがとうございます。戻ってまいりました。マイペースにいきますね。
2016.05.09 04:44 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."匿名のRさんへ"
匿名のRさんへ

いやあ、そんなことを言ってくださるなんて恐縮です。でも楽しんで見ているだけですよ。メドベージェワのフリーなんかも、めちゃめちゃいろんな想像していたのに、想像と真逆だったりしました。ぜひ、勝手な想像をして見てみてください。きっと楽しいです。
2016.05.09 04:34 | URL | #q2p5Nno. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.05.03 09:44 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。