Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ベストプログラム

10

今シーズンもベストプログラムから。

10位 クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ SP 「I Put a Spell on You」

ホラン千秋のようなショートカットになったストルボワにピッタリの今シーズンの禁止曲&禁止音源。あんたをあたしのものにしてみせるんだから!という曲なのに、「男どもは皆あたしにひれ伏しなさい」の雰囲気を醸し出しているストルボワ様さすがです。ストクリのスピード感にもマッチしたプログラムでした。

9位 レイチェル・パーソンズ&マイケル・パーソンズ FD 「La Malamada、Palabras y Viento」

ドロドロ愛憎のタンゴではなく、足で刺すように鋭いオーラをまとったアスレティックタンゴ。技術は芸術になりうることの証明。文句なしの美女妹を支える、背中からも美しい兄のボディラインと、リードの巧みさ。無理に加速せずともスピードが出る気持ちのいいプログラムでした。兄頼もしいよ兄。

8位 リュボーフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコビッチ SP 「Since I've Been Loving You」

本来であればここには、彼らのLPが入るところだったんですけど、最後の最後ワールドで大逆転しました。ステップがかっこよぎるんです。まずモスコビッチさんってこんなに素早く足元動かせるんだ!ということに驚きました。サイドバイサイドからクロス、退行も入れて、リンクを広く使う。クリムキンイーグルからのデススパイラルは、エレキのかっこいい音楽だからこそ合う。そしてイリが元気。モーモーのままでは見られなかったプログラムです。

7位 チェン・ペン&ハオ・ジャン SP 「Norwegian Wood、Come Together」

回転速度の素晴らしいデススパイラルから始まり、スロージャンプから即座にソロジャンプという、ワールドでは大事故が発生した挑戦的な構成。演技の終盤にツイストリフトを入れる、SPとしてはかなり珍しい構成。2人の表現力の高さの限界を試すローリーのドSなプログラム。ビートルズの曲をタンゴアレンジという珍しい音源でした。僕は2人の表現が好きなので、解散の話が出たときはとても残念でした。ユージャンとペンジン。2組がペンジャンとユージンを超える表現力を持つペアへと成長して欲しいです。本当に組むのなら。

6位 ロス・マイナー LP 「Too Much Love Will Kill You、Who Wants to Live Forever」

今シーズンの禁止歌手クイーンのメドレーです。このプログラムがなぜ選ばれたかというと、あまりにも繋ぎが自然すぎておもしろいからです。そしてSPと同じく哀愁に浸るようなテーマ。SPがOPだとすれば、これはEDです。エンドロールが流れます。40代か50代みたいですマイナーさん。そこがいいです。
主演:ロス・マイナー
演出:ローリー・ニコル
音楽:クイーン
協力:USFSA
撮影:各国のカメラマン
監督:マーク・ミッチェル&ピーター・ヨハンソン

5位 エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ EX 「青いカナリア」

今シーズンのイロモノ担当。美脚のボブロワがこの変なスカートを穿くのがまたいい。ボブロワがソロビエフに向かってプンプンするところの指の振付は、一体何度真似したことか。真似したくなる振付がたくさん。そもそもピエロが好きなので、こんなのされちゃうと絶対に上位に入っちゃうんだよなあ。大人が真面目にふざけるの最高。

4位 デニス・ヴァシリエフス SP 「踊るリッツの夜」

たくさんの方向転換を入れながら、ビュンビュンと加速していくのが気持ちいい。ユーロでは3Fとステップでの転倒がありましたが、転倒すら表現の一部にしてしまう機転にも驚かされました。ユーロの後にステップの連続ループがなくなってしまったのは残念でしたが、それでも素晴らしかったです。今後これを超えるプログラムは出てくるのでしょうか。ぜひ踊り狂うプログラムを準備してください。

3位 マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー SD 「ハレルヤ」

全然ワルツではないワルツことハレルヤ。エリック杯の演技が感動的だったのは、2人の滑りが素晴らしかったのはもちろん、芋っぽさもあったからかもしれないです。シーズン後半は表情に自信がみなぎりすぎていました。その表情はこのプログラムを滑るためのものではないから。演技が始まって50秒間何もエレメンツを入れていないのに、まったく間延びをさせない膝の柔らかい滑り。紆余曲折を経た2人のドラマ。2人のスケート人生が詰まったようなプログラムです。何度見ても飽きない。

2位 マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ FD 「Fix You」

心臓が鼓動を打ち、熱い血潮が体内を駆け巡る。体が熱を帯び、衝動が内から溢れ出してくる。止めようともしないし、誰に止められるものでもない。熱い熱い衝動が溢れ出してくる。観客の感情が2人の感情と混ざり合い、うねりを生み出す。会場が氷を溶かしそうなほどに熱を帯びる。きょうだいカップルであることを最大限に生かした、お互いを支え合うことがテーマのプログラム。きょうだいに限らず、お互いを支え合う関係であれば、誰もが自分に置き換えて考えることができる。分かりやすいのに深い。だから、このプログラムはこれだけ愛されているのでしょう。

1位 宮原知子 LP 「ため息」

シーズンを戦っている間に進化してゆくプログラム。最初は恋する女子高校生だったのに、女子大生へと変わってゆきました。図書館の窓際の席で勉強をしていると、石畳の上を友達と談笑しながら歩いていくあの人の姿が・・・。それを見ているだけという感じ。レベル上げのためのコンビネーションスピンの方向転換ですが、感情の揺れ動きのようにも見えました。話しかけようか・・・やっぱり止めておこう。というような。口づけは本人に向けたものなのか、それとも後姿に投げかけたのか、頭の中でなされたものかのか。いろいろな想像ができます。このエレガンスは演じようと思って出せるものではないでしょう。唯一無二の個性を武器に、このため息を超える作品を作り上げてください。

毎シーズン暗いプログラムで占められるのですが、今シーズンは少し違いました。かっこいい系統のプログラムが多めでした。そしてなぜかバンドが多い。ボーカルも多いです。かなりイレギュラーだと思います。出そうと思えばお気に入りはたくさん出せるんですけど、あえて削ることによって、プログラムへの思いも強くなります。果物を甘くするには実を減らすじゃないですか。選ぶ際はぜひ、数を絞ってみてください。自分の感情にシビアになりましょう。

10 Comments

6番 says..."KANさんへ"
KANさんへ

30代の2人だからこそ演じられるプログラムでしたね。大人のかわいい恋の雰囲気がたまらなかったです。

2016.06.07 01:31 | URL | #q2p5Nno. [edit]
KAN says...""
6番さんこんにちは。ため息は素晴らしいですもんねえ。1位も納得ですわー。
僕の今年のベストプロは、悩ましいところではありますがデュハラドのPiano manかなあと思います。メーガンの奔放さに片思い中のエリック…な雰囲気に、おじさんも胸きゅん!みたいな気持ちになりましたよ。多分間違いなく、エリックはメーガンに片思いしてない訳ですが、でも彼女になにかしら惚れてるのも事実でしょう。俺も惚れちゃうよメーガン。
大先生はプログラムに恵まれているのか、それともプログラムを魅力的に魅せるスキルに長けているのか…どちらもですかね。確かに彼女の表現力向上には驚かされましたが、それは彼女がもともと持っていたもののようにも感じます。色っぽい動きをしても高貴さが失われないところが好きです。
2016.06.06 19:16 | URL | #9dV8dTpE [edit]
6番 says..."Creaさんへ"
Creaさんへ

宮原知子好きなプログラムランキングは、第1位がため息、第2位がファイアーダンスになりました。今シーズンは超当たりのシーズンになりましたね。

SEIMEIは羽生の代表作になりました。ドラマティックプロではなく、新しいものに挑んでくれてよかったです。ここまで技術が高まったら、芸術性も高めて伝説的な存在になって欲しいです。来シーズンは何を滑ってくれるでしょうか。
2016.05.01 20:52 | URL | #q2p5Nno. [edit]
6番 says..."くるすかさんへ"
くるすかさんへ

ため息素敵でした。素晴らしい演技が続いたので、その素晴らしいものを見比べられるというのも嬉しいことです。ポエマらずにはいられないプログラムです。ポエマらしてくれてありがとうため息。
2016.05.01 20:38 | URL | #q2p5Nno. [edit]
Crea says...""
おーため息とFix Youがきましたか!
さっとんとシブタニズは新境地に入ったなぁと思いました。
(私はファイアダンス派です)
シブタニズがいい感じに上がり、パパシゼの復活があって、来季のアイスダンスはかなりゲキアツですね!
テサモエ復帰も楽しみです。

私は羽生ファンで長らく悲愴がトップでしたが、今季SEIMEIに変わりました。
どの種目も面白いシーズンで、オリンピックに向けていい流れとなって良かったです。
2016.04.29 15:04 | URL | #izVa12PI [edit]
くるすか says...""
ブログ再開、ありがとうございます‼︎また素敵な記事がたくさん読めて嬉しい限りです。
私も自分の中でのベストプログラム1位はため息でした。この曲、とても表現するのに難しい曲だと思うのですがさとこちゃんは完全に唯一無二のプログラムに仕上げたなと感じています。プログラム全体の流れもさながら、個々の振り、更には手の仕草一つ一つがどれをとっても美しいです。何度観てもどの試合の演技を観ても感動するし飽きませんが、個人的には振付を変える前の全日本、そして振付を変えて滑り込んだ後のTCCの演技の雰囲気がとても好きでした。前者は少女の初恋、後者は大人になりつつある段階での淡く少し切ない恋、という感じで。思わず詩的になってしまいますね。
2016.04.29 02:06 | URL | #HFbssk/Q [edit]
6番 says..."123さんへ"
123さんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

今シーズンも素敵なプログラムがたくさんでしたね。演技のレベルは昨シーズンより増しましたし、いいシーズンでした。とても五輪中間年とは思えません。
2016.04.28 23:50 | URL | #q2p5Nno. [edit]
123 says...""
はじめまして。
ブログまた拝見できて嬉しいです!
6番さんのレビュー楽しいです。
素敵なプログラムが沢山あって、素晴しい演技が沢山あって本当に楽しませていただいたシーズンでした。毎年そう思うんですけど…
2016.04.28 23:31 | URL | #- [edit]
6番 says..."lizさんへ"
lizさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

だってため息とFix You素晴らしかったですもん!!!そりゃもう入りますよ!ため息はそれぞれが素晴らしい演技なので、見比べるのも楽しいです。1位2位のプログラムは何度見ても飽きませんでした。別格のトップ2でした。
2016.04.28 21:31 | URL | #q2p5Nno. [edit]
liz says..."ためいき"
はじめまして
いつも拝見させていただいてます。
更新していただいて嬉しいです〜。
しかも、ワタシのベストプロ1、2位が6番さんと一緒でした、何て光栄なんでしょう〜〜✨
知子ちゃんの"ためいき" 何度リピしたことでしょう。
滑り出しから、フワッと翼をたたむようにして、レイバックのエンディングに向うまで、すべてが可憐で美しくて、涙があふれるくらいです。
全体的な流れは、GPFの演技が好きなんですけれど、4CCから3連に両手タノがついたり、後半の駈け出すところの振付けが変って、一層素敵になりましたね。
投げキッスの表情は、最後のTCCが最高でした。
はぁ〜、ためいき。。。
つい、うれしくなって長々と失礼しました。
6番さんのブログ何よりの楽しみですが、どうぞマイペースでご自身が楽しんで下さいね😊
2016.04.26 22:29 | URL | #LRm8OtlE [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。