2016
04.02

世界選手権 3日目 男子リザルト

男子LP
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)216.41 PB
2 Yuzuru HANYU(日本)184.61
3 Boyang JIN(中国)181.13
4 Adam RIPPON(アメリカ)178.72 PB
5 Mikhail KOLYADA(ロシア)178.31 PB
6 Shoma UNO(日本)173.51
7 Max AARON(アメリカ)172.86 PB
8 Patrick CHAN(カナダ)171.91
9 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)162.44 PB
10 Michal BREZINA(チェコ)158.70
11 Alexei BYCHENKO(イスラエル)156.21
12 Denis TEN(カザフスタン)151.58
13 Ivan RIGHINI(イタリア)147.35
14 Misha GE(ウズベキスタン)146.10
15 Jorik HENDRICKX(ベルギー)143.71
16 Deniss VASILJEVS(ラトビア)143.47
17 Brendan KERRY(オーストラリア)139.52 PB
18 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)137.12
19 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)135.34 PB
20 Chafik BESSEGHIER(フランス)133.97
21 Maxim KOVTUN(ロシア)131.68
22 Phillip HARRIS(イギリス)121.89
23 Ivan PAVLOV(ウクライナ)113.69
24 June Hyoung LEE(韓国)104.83

男子リザルト
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)314.93 PB
2 Yuzuru HANYU(日本)295.17
3 Boyang JIN(中国)270.99
4 Mikhail KOLYADA(ロシア)267.97 PB
5 Patrick CHAN(カナダ)266.75
6 Adam RIPPON(アメリカ)264.44 PB
7 Shoma UNO(日本)264.25
8 Max AARON(アメリカ)254.14
9 Michal BREZINA(チェコ)237.99
10 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)237.25 PB
11 Denis TEN(カザフスタン)230.13
12 Ivan RIGHINI(イタリア)228.52
13 Alexei BYCHENKO(イスラエル)226.07
14 Deniss VASILJEVS(ラトビア)224.54 PB
15 Misha GE(ウズベキスタン)223.53
16 Jorik HENDRICKX(ベルギー)221.43
17 Brendan KERRY(オーストラリア)210.56 PB
18 Maxim KOVTUN(ロシア)210.14
19 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)204.10
20 Chafik BESSEGHIER(フランス)203.20
21 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)202.94 PB
22 Phillip HARRIS(イギリス)190.42 PB
23 Ivan PAVLOV(ウクライナ)178.89
24 June Hyoung LEE(韓国)174.88

マルティネス
3Lz-3T 3A-2T 3F shaky 3A ot 3Lz hd 2A-2T-2Lo 3S 3Lo
体型変化で大変な時期だとは思いますが、よくジャンプを堪えました。抜けが1つもなかったのが大きいです。上半身厚くなってきたー。最後までスタミナ切れせずに、コレオシークエンスの動き大きかったです。ビールマンの出でミスったのはもったいないです。スピンが荒れがちなリンク。

ジュリアン爺
3A-2T-2Lo 3F-3T 3Lz so 3Lo 3A so 3F 3S 2A+2A
失敗しそうな軸なのに降りてくる。3Fは得意なのか着氷がグイーーーンと伸びてゆく。バネがあってビヨンビヨンした動きがおもしろいです。首が前に出ているのは直っていけばいいなと思います。いやーでもよかった。アメリカ産ではなく、マレーシア出身でこういう選手が出てくるのが嬉しいです。クアラルンプールなんてASEAN会議か、ISU総会か、どうぶつ奇想天外のプレゼントクイズでしか聞かないから。

パブロフ
2A 3A hd-2T 3Lz-3T 2A 3F 3Lz-2T ot 1Lo 2S
パブロフさんの計算能力に驚愕。まず、3連続を狙ったところで、3Lz-2Tを跳んだ後、もう1個2Tをつけようとして「あ、ダメだ・・・」と踏みとどまりました。そして最後のジャンプが2A3つ目になってしまうので、こちらも咄嗟に2Sにしました。もっときれいにできるに越したことはないけれど、演技をしながら考えるのは大変だと思うので、これは立派。お肌が青春。

1youthskin.jpg

ハリス
2A-3T 3Lz-1Lo-3S 3A ot 2Lo 3Lz-2T 3F hd 3Lo fall 2A
最後の2A以外クリーンなジャンプがないという通常運転。いやむしろ、ジャンプがクリーンなハリスさんって一体なんなの?それはハリスさんであると言えるのか?そんな感じです。コントロールされたステップ、コレオシークエンスの複雑な動きも、これはバランスを崩してできた偶然の産物のように思えてきます。そんなことはないんですけど。ハリスさんはおもしろいなあ。3Aはシットスピンより低い位置まで膝が沈んだのに、片足で堪えてオーバーターン。すご。目指せ30歳まで現役。

2harris.jpg

ビチェンコ
4T-2T 3A so 4T 3Lz-1Lo-3S df 3F-2T 3Lo 3Lz 2A
これがユーロ銀メダリスト様の力じゃあああああああああああああい。3Lzの調子がすこぶるよくて、上がりすぎていました。3連続のところはハーフループまで高さがあり、3Sは勢い余って軸が曲がりました。ユーロに続きとてもいい演技でした。レミゼは元々の音楽がゴージャスだから、ボーカルない方がいいです。

ベセギエ
4T fall 3T-3T 2A 3A-2T-2Lo 3Lz 3F 3S 3A
4Tで始まり、4T-3Tが3-3になり、3Aが2A。これはあかんぞとなりましたが、後半に挽回しました。そして最後のジャンプを3Aに変えて、クリーンに着氷しました。こねこねこねこねしていたのは、一体何をこねこねしていたのか。粘土ですか?そして最後のパートで、焼きあがった不出来な作品を叩き割るんですね。

美青年ケリー
4T ot 3A-3T 3F 3Lz-1Lo-2S 2A so 3A 3Lo 2A-2T
なんてことでしょう・・・後半に大崩れしなかった。珍しいケースだからビビりました。3連の3Sが入らなかったりはあるんですけど、ここまで決まるとは。フライングが大きかったり、キャメルポジションがきれいだったり、スピンの入りは素晴らしいけど、ポジションチェンジや足換えで急激にスピードが落ちる詰めの甘さも彼らしさ。この彼らしさが次第になくなってくれることを願うばかりです。アメリカマッチョ信仰とか言うけど、どこの国でも女の子は、こういう線の細いかわいらしい子が好きなんですよね。

3biseinen.jpg

ホックスタイン
4T 3A-2T 3Lz 3A hd 3Lz-1Lo-3S 3Lo 3F 3T-2T
スピン荒れ大会なので、ジュニアのときから軸がしっかりとしている彼のスピンは安心して見られました。元々は耽美系のプログラムばかりを滑っていましたけど、こういうった男らしい演技もできるようになったのは感慨深いです。体中からエネルギーを発して、失敗してなるものかという気持ちが伝わってきました。コレオシークエンスでは大歓声が鳴り止みませんでした。大躍進のシーズンになりました。

ミーシャ
3A 3A-1Lo-3S shaky 3F<< so 3Lo 3Lz-3T 3Lz 2A-2T tano 2A
SPと路線が似ているので、SPを変える必要はあったのだろうかと思いますが、それはさておいて。ジャンプの回転不足はありましたが、怪我で四大陸を欠場して1ヵ月半よくここまで戻してきました。コレオシークエンスのジャッジの方向を向かって立ち止まる振付が素敵でした。荒ぶり過ぎず、最後まで指先まで神経張り巡らせた冷静な演技でした。氷像のような美しさでした。触れたらパリンと砕けてしまう。

ジョリヘン
3A-1T 3A 3Lz-3T-2Lo 3F 3Lz 1Lo 3S-2T tano 2A
髪型の形状記憶力優秀。ちょいちょいとミスはありましたが、3Aは変わりました。2本目の3Aなんて、典型的なジョリヘンの失敗に至るような溜めの長さだったのに、着氷で体がのけぞるぐらいでしたもん。さようなら不安定。国際Bだけではなく、ワールドでもノーミスでいって欲しかったですが、それはまた来シーズン。

ジュンヒョン
3A fall 4T fall 3F so 3Lz ot-2T-1Lo 3F 3Lo 2S 1A
ジャンプがなかなか決まらないマンでした。編曲はともかくとして、振付は結構いいと思うんですよね。ジャンプとそれ以外のバランスがいいし、特に後半が「ジャンプ跳ぶよー」というプログラムになっていないのがいい。成績の上では伸び悩んだけれど、上達はしました。髪もおもしろかったし。

コフトゥン
4S fall 4T so 2S<< 3A shaky 2Lz so 3Lo+2A 3S 2A
トリプル1種抜き、3A1本だと抜けは許されません。今シーズンは試練のシーズンになってしまいました。大事なところで決められない。この演技で1番キツかったのは、スローパートの寝ぼけている振付のところ。観客が笑ってくれなかった。もし僕がこの立場なら「お願いだから笑って・・・」となります。心が抉られる。TCCに出場が決まったら、そこでがんばるのだよ。顔を上げようとしない。うおおおお・・・。

4ohuton.jpg

テンくん
4S df 4T fall 3A 2T 3A-3T 3F-1Lo-3S shaky 2Lz 3Lo shaky
3クワドに上げてきましたが成功ならずでした。怪我からそんなに経ってないですし、そもそも今シーズンずっと怪我みたいな状態ですからね。このプログラムは来シーズンも持ち越しでしょうか。前半がまだ薄めなので、ジャンプに慣れて振付も増えてきたらいいなと思います。練習妨害報道が出ていますけど、満身創痍マンのテンくんが激突したら、即棄権でメリットがないので勘違いでしょう。日本のスポーツ新聞の報道の仕方ホント品がない。見出しが下品。日本のスポーツ紙で信頼できるのは、東スポのアホ記事だけ。

5tenkun.jpg

ヴァシリエフス
3A 3A-2T 3F 3Lo 3Lz-2T 3Lz 3S 1A
3Lzのコンボがつけられない。3Sにもつけられず、ターンをしてごまかしました。LPでジャンプも入れて、魅せきるというのは難しいです。5項目すべてで7点台中盤の評価をもらえました。SPから下がってしまうことが多かったので、これは大きいぞなもし。

アーロン
4S-3T 3A-2T 3Lo 4S 3A 3Lz-1Lo-3S 2A 2A so
なんで最後おおおおおああああだけどいっぱい降りたあああああああああああああああああああああ!!!プラス祭りじゃーーーーーーーーーい。今日は羽のはばたきまで大変キレッキレでした。結局今シーズンはアメリカの大会全部よかったですね。毎年アメリカでワールドやればいいんだな。これでオチコレオシークエンス廃止も許されたか?ユルサレナーイ。それだけは絶許。

ミハル
4S fall 3F-1Lo-2S 3A 3F-3T 3A-2T 3Lz 3Lo 2A so
今シーズン19本目の4S転倒となりました。ジャンプの順番を変え、4Tの予定だけどいつも3Tになるものはなくなりました。ルッツやループで抜けることが度々あるので、今日はそれがなくて何よりでした。SPよりも今日の方が滑りの調子がよく見えました。

リギーニ
4T 3A-2T 3A fall 3Lo 3Lz tano 2A fall 3F tano-1Lo-2S 2Lz tano-2T
元バリさん4T初成功となりました。これまでは9割が転倒、あとは回転不足でした。でもアクセル2つで失敗が出ました。元バリさんカナダ人になったの?おもしろい振付もたくさんある一方で、タノジャンプの前なんかは準備動作が長いので、なんかもっといい感じになーれ。

りっぽんぽん
4Lz 3A-2T 3Lz tano 3A 3F-3T 3Lo 3Lz tano-2T-2Lo 3S
ぱあああああああああああああああああああああああああ!!!待機部屋からアーロンがやってきて祝福していました。4Lzは少し回転が足りていませんが、1本足で着氷しました。あとはもうポンポンポポポンと。ジャンプもスピンも加点祭り。ビートルズメドレーなのに変なプログラムじゃないというのがすごい。滑りこなすのもすごい。

6ripponnpon.jpg

7adamunmun.jpg

コリヤダ
4T 3A 3A-3T 3Lz 3Lo 3Lz-2T-2Lo 3S+2A 2A
今大会ミスなく大会を終えます。素晴らしい出来でした。少々詰まったところはありますけども、引かれるほどではないでしょう。コリヤダのジュニア時代の演技を見て、ここまで上手になると想像できた人はいたんでしょうか。できていたあなたはすごい。僕はできなかった。

8mikhail.jpg

羽生
4S hd 4T 3F 4S fall 3A-3T 3A ot-1S-2S 3Lo 3Lz hd
数少ないビールマン男子がこの試合に3人も集まったんですね。4Tの練習があまりできなかったようなので、4S2本にしてきましたが、両方失敗。いつものジャンプだったと言えるのが3本でした。2ミスまでなら優勝は堅かったんですけど、4ミスは厳しい。295点なんて普通は超ハイスコアなのに、低いなあと思ってしまう。感覚がバカになってる。

9yuzuru.jpg

ボーヤン
4Lz so 4S 3A-1Lo-3S 4T shaky 4T-2T 3Lz-3T 3A 3F
4Lzはステップアウトでも11点以上もらえる。改めて変態ジャンプ。流れない着氷のジャンプはありましたが、抜けないのが大きい。1番簡単なジャンプは3F。あーおそろしや。

なんですくん
4T 4S-3T 3A-2T 4S 3F-1Lo-3S 3A 3Lz 3Lo
うひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお全部降りたああああああああああああああああああなんです史上最高の演技いいいいいいいいいいいいいいいいいい優勝おめでとおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!この構成に、質の高さ、モリモリトランジション。これは強すぎですわ。1強時代に待ったをかけた!2項目で10点んんんんんんwwwww

昌磨
4T shaky 2A-1Lo-3F 3Lz 3Lo 3S 4T fall 3A 3A-3T shaky
4Tがなかなか決まらないです。前半の3Aと後半の2つのジャンプを入れ替えて攻めてきました。攻めるにしてもえらく体力の消費したところに・・・。悔しさを来年への糧に。3枠も獲得しましたし、もっともっと攻めていけますよ。いまやPCSは世界の4番手です。

10shoma.jpg

Pさん
3T 3A 4T-3T so 1A-2T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S 2F
あああああああああああああああああああああああああああああだめえええええええええええええええええええええええ引退しないでええええええええええええええええええええええええええええええ。でもなんだな、4ミスしたけど結構TES出てるじゃないですか。4T-3Tに関してはフェンスが変形して避けろや。Pさんに限らず、男子はフェンスに寄りすぎの選手が多かったです。7年前のワールドとはわけが違うのよ、4回転時代だわさ。ISUもそろそろそれに対応すべきときが来たのでは。

11psan.jpg

なんですくんには10.00が26個つきました。3番ジャッジは5項目すべて10.00をつけています。アメリカ勢3人できることはやりました。これ以上は望めないほどの演技でした。金博洋たむがメダルに届くとは。勝負とは分からないものです。6位入賞ラインが過去は240ぐらいだったので、今回は突き破った形ですね。これから高くなり続けるのか。

12javi.jpg

来シーズンの枠は
3枠 日本
2枠 スペイン・中国・ロシア・カナダ・アメリカ・チェコ
となりました。日本が3枠復帰。アメリカが2枠になりました。アメリカは他選手のミス待ちで、あと少し届かないという去年の日本と同じ状況でした。アメリカもノーミスだ完成度だと言っていられない状況になりました。無理にでも4回転時代にしないといけない。

Pさん引退すんなよ。4S習得して来年ね?OK?
コメント
effectさんへ

ミルズ先生は選手に求めるものが高すぎるのかもしれませんね。アーロンもそれを答えられるようになるのでしょうか。

Pさんはピョンチャンまでがんばってくれるようなので、また素晴らしいスケーティングを楽しみにしたいです。4S習得できますように。
6番dot 2016.04.25 21:38 | 編集
アーロン選手の演技のとき 知らず知らず 町田選手に脳内変換してしまいます^^;
まっちーは まことにミルズ先生のミューズでしたね。

そのまっちーは無く、ジェイソンもお休みの今シーズン 私の希望の星はホクスタインでした。
曲CDを買うほど気に入ってたSPは残念でしたが、レミゼラブル良かった‼
満足です。

コリヤダさんの表情、どこかで見たのにどうしても思い出せないぃ と ずーっとひっかかってたんです。
ありがとうございました。
コリヤダさん 応援します。

Pさん お願い。
平昌まで滑ってください。

effectdot 2016.04.07 20:28 | 編集
まりごっくさんへ

個人的には深読みしてもしょうがないなーというのが正直なところです。羽生サイドが連盟を通じて抗議を考えていたのは、選手を守るために当然のことですしね。かといって、ただでさえボロボロのテンくんが当たり屋になっても仕方ないですし、いまや世界一ファンの多い選手を敵に回すメリットもありません。

僕は連盟の人間でも、事情通でもないので、2人が和解したと聞いたら「はい、分かりました。はい、おしまい。テンくん不注意がすぎたね。羽生は熱くならないでね」という風に終わらせてしまいます。もし、仮に仮に仮に妨害が事実であったり、誰かの支持だと確定的なソース(文書や映像)が上がったら、ぶっ叩くだけですしね。
6番dot 2016.04.07 02:22 | 編集
ひとことさんへ

テンくんの不注意があったようですね。そのことに対して羽生が抗議の意思を出すことは正しいことだと思います。僕はただ、スポーツ紙の伝え方が下品だったことと、テンくんがいちいち当たり屋のようにいくわけないじゃん。ということを言いたかっただけですよ!

こうやってたまに塩撒いておかないと、人種差別する方とかに居座られてしまうんです。「人種差別まで繋げるような人たちとは、考え方が違うから、もう来ないでね」ぐらいの気持ちで書いておりました。

2人とも誤解が解けたようで何よりでした。
6番dot 2016.04.07 01:49 | 編集
megumiさんへ

いろんな国があるので、実際は無理でしょうが、フリーは1グループ5人の5グループにして、2回製氷を入れられればいいと思うのですけど。製氷があると最終グループに入るメリットも増すと思いますし。いざやるとなると、製氷と6分練習、1人の選手の演技と点数待ちで35分ほど時間が伸びるのでありえませんが。

そう考えるとミニマムを上げて出場者を減らし、フリーを5人×4グループにするのが現実的でしょうか。
6番dot 2016.04.07 01:37 | 編集
ねねさんへ

SPでの上げすぎと、怪我の影響と重なってしまったのかもしれませんね。昌磨のあんな表情は初めて見ました。まだまだ伸びしろがある選手なので、これからが楽しみです。初出場で7位は立派な成績ですよね。

なんですくんは怪我をしていたとは思えない演技でしたね。まったく失敗をする感じがしないまま、軽々と降りていました。最後まで体が動いているのも、異常なほどでした。
6番dot 2016.04.07 01:31 | 編集
匿名のYさんへ

まさかのケースが起こって、ロシア2枠キープができないこともありえましたから安心しました。男子は6人で練習することが限界に近づいているのかもしれませんね。
6番dot 2016.04.07 01:27 | 編集
Disney 鴨さんへ

中国には歴史的なメダルになりましたね。3枠はハンヤンが1つ2つとパンクしていけば無理だったでしょうから、2人で3枠取ることの難しさが分かります。アメリカがこれだけの演技で3枠を取れなかったことを考えると、2人で13枠は絶妙な設定ですよね。アメリカにメダル争いができる選手が2人以上いるかというと、そうでもないですし。日本のようにメダル候補が2人いてこその3枠でした。
6番dot 2016.04.07 01:25 | 編集
Mさんへ

ああいう風なやり方はアクセス数や視聴数が稼げるんでしょうね。嫌な感じですね。
6番dot 2016.04.07 01:21 | 編集
公開するかはお任せします。
なんかショックを受けてる人がいるのが、ショックだったので。

冷戦脳で見れば、デニス・テン選手のマナー違反は故意です。
インテリやくざフランク・キャロルの「成文ルールに違反してない(からやる)」で決まり。
故意でなければ人が嫌がることを止めればいいだけ、繰り返して騒ぎにしたい事情があるわけです。

昨年カザフスタンは資源安で通貨が急落、対米ドルで半値になったので、助成金獲得のため、B級大会に出たりフリーを途中で変えたり、必死にワールド台落ちの言い訳を探してたかんじ。
スポーツマンシップを見せるより、国で同情を買えるメディア露出がご希望だったのでしょう。
カザフ系英文ニュースを見ると、スポーツ大国でロシア系白人選手が多く、フィギュアはテン選手の台乗り報告程度ですし。

セミパラチンスク、バイコヌール、以前はニュースでよく聞きました。
先進国と、親ロシア独裁ムスリム国では、世界観や常識は違います。
羽生選手や日本のマスコミは、うまく利用された感がありますが、来年の冬季ユニバーシアードはカザフだから、世界に向けて注意喚起した勇気に自信を持ってほしい。
みどりさんはやられっぱなしだったのが、日本も選手を守れるようになったか、と感慨深いです。
ご参考まで。
まりごっくdot 2016.04.07 00:28 | 編集
ゆりあさんへ

コフトゥンのは会場が白けすぎてヤバかったですね。アメリカ人お得意のHAHAHAを気遣いで入れてもバチは当たらないぐらいの前半でしたのに。

ミルズさんの振付は人を選ぶということでしょうか。まだアーロンとの仕事は続くようなので、来シーズンもっといいプログラムになりますようにと。できればバレエっぽさはもっと薄めてお願いしたいです。
6番dot 2016.04.06 22:54 | 編集
Creaさんへ

足の甲の靭帯損傷なんて想像もできません。普通に生きていたら怪我のしようがない場所なので、どんな痛みがあったんでしょう。よくがんばりましたね。

ね、本当。コリヤダがまさかあそこでノーミスの演技をするとは、失礼ながら思いもせず。アメリカが3枠ではないのは残念ですが、これだから試合はおもしろい。
6番dot 2016.04.06 22:46 | 編集
梅組さんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

どうやら引退はしないようですね。よかったです(安堵) これをバネに来シーズン爆発するパターンですね。そうですね。はい、そうです。決定いたしました。大活躍決定いたしました。
6番dot 2016.04.06 22:43 | 編集
STさんへ

アメリカのレベル高かったですね。この演技で3枠取れないなんて思いもしませんでした。最終組で大崩れする選手も出なかったですし、PCSの差は大きかったですね。

ジャッジ前の水溜りすごかったですね。あそこだけビッショビショでした。ジャッジ席を暖かくするためのヒーターでも入れていたんでしょうか。
6番dot 2016.04.06 22:35 | 編集
いつも見ています。
承認されなくても構いませんが、お目を通していただければ、と思います。

デニスの「練習妨害」について触れていますが、羽生側が言っているのは、デニスが危険行為をしている、ということではなくて、曲かけのときはその選手が優先である、というこです。
選手が自分も怪我を負う可能性が高いのに、わざわざ衝突を狙うわけがないことは、当たり前です。
管理者様はスポーツ誌がそう報道していると仰りたいのかも知れませんが、あたかも羽生が主張しているようにとれますので、書かせていただきました。

デニスも故意にやったわけではないでしょう。ただ羽生にしてみれば、故意だと認識せざるをえないことがあったということです。
いずれにしてもお互い直接話し合えばいいことで、外野がとかく言うことではないと思います。
ひとことdot 2016.04.03 09:20 | 編集
男子はもうSPでクワド2本、FSでクワド3本が優勝争いには必須となってきています
その上3Aも2本そろえなければなりませんので
どうしてもスケーティングのスピードは増したりもします
ハンヤンくんと羽生くんの衝突事故でも指摘されたことですが
もう「1つのリンクで6名が一緒に練習する」という事に限界が来ているのかもしれませんね
1グループ3人或いは4人がベストではないかとは思いますが
GPSやファイナルとは異なり選手権大会は多くの選手が出場しますので
限られた日程で公式練習を行うには現状のまま6人で行うしかないのでしょうね

・・・となると技術点ミニマムを引き上げるなどして
エントリー人数削減を図るしかないんでしょうかね?
(エントリー人数は25人前後、FS進出者を20名くらいにするとかで)
6番様はどう思われますか?
megumidot 2016.04.03 00:26 | 編集
6番さま、こんばんは。

一番素敵な演技をした人が勝つべくして勝ちましたね。
ゆづはSPの時にちょっとテンションあげすぎて、体が動かなくなってしまってたのかなぁと思いました。
昌磨くんは、なんですかね、昨年の四大陸のテン君の後といい、今回のなんです君の後といい、初出場の試練にしては厳しすぎました。終わった時の表情が今まで見たことがないくらい悲しそうで、ああ、この表情にやられてしまうおばさま、お姉さまが続出の予感です。
まだシニア・デビューの年ですからね。きっとこの悔しさを胸にいつかリベンジしてくれると信じてます。

それにしても連覇のなんです君はホントに素晴らしかった。最初のジャンプが成功した瞬間から、もうミスする感じがまるでなくて、どんどん演技に引き込まれました。なんであんな軽やかにあんな難しいことができるのか・・・。心躍る演技ってこういうのをいうんですねぇ。

明日の女子も、心して見たいと思います。
ねねdot 2016.04.02 23:39 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.04.02 17:18 | 編集
こんにちは。
ゆづに関しては、SPで12点もリードしていたから、ちょっとくらいチョンボしても、金メダル大丈夫だと思っていましたが、4回もチョンボしたら、いくら、SPで、12点の貯金があっても、ノーミスのハビに負けるのも、仕方のないことです。結局、ゆづは、去年の轍を踏む結果に終わってしまいましたよね。
宇野ぴょんも、4位から7位に後退したのは、想定外ですが、ゆづと共に、2枠に減った日本男子の枠をたった1年で、元の3枠に戻したのは、宇野ぴょんが、シニア1年目であることを考えると、凄いことだと思います。しかし、4大陸に引き続いて、ボーヤン選手に敗れ、しかも、今回は、4ランクもあいたのは、まずかったですね。
また、この2年間の世界選手権で、ハン選手は、SPで5位に付けながら、特に、去年は、SP3位の選手に、点差が1点台だったのに、FSでボロンチョンの演技をしたために、中国男子悲願のメダルに届かずにいましたが、遂に、ボーヤン選手が、世界選手権で、中国男子悲願のメダルを獲得しました。チェンジャン選手が、メダルにあと一歩の4位に迫ってから、13年、しかも、チェンジャン選手以降、3度目の挑戦でのメダル獲得ですか。当時、チェンジャン選手は、その大会で銅メダルを取った本田選手とのメダル争いに敗れたのに対して、今回、ポーヤン選手は、宇野ぴょんとのメダル争いを制して、銅メダルを取ったことを考えると、何か、因縁めいたものを感じます。そして、シニア1年目で、世界選手権でのメダル獲得は、ガチンスキー選手以来ですか。
こうなれば、今回、ハン選手が、SPで、ジャンプ全滅の結果、FSに進めなかったのが、本当に、残念でたまりません。ハン選手の場合、本来の実力を発揮すれば、10位以上の順位は確実に取れて、中国男子15年ぶりの3枠獲得になったと思われますので。もっとも、ハン選手が、SP落ちしたことで、ボーヤン選手が3枠のプレッシャーから、解放された結果、銅メダル獲得ということになったという考えもできるのですよね。
Disney 鴨dot 2016.04.02 16:44 | 編集
テンくんに対するマスコミの報道の仕方、偏りすぎて怖いです。
dot 2016.04.02 16:43 | 編集
>Pさん引退すんなよ。
ですよね!
「フィギュアスケートはジャンプだけじゃないんだよ」と言わんばかりの重厚な滑りを来季も見たいです。
後半パンクしたのは致命的でしたが、減点もそんなになかったですね。
トップスピードで入り流れの中で綺麗な軌道で跳び、スピードを落とすことなく着氷するジャンプ(ヨナもそうでしたが)やはり玄人受けするのかな?

>フェンスが変形して避けろや。
ですよーーWW ぶち倒しちゃうとか、もういっそ自動開閉するにするとか

コフトンの寝ぼけシーン、ツボなんですが・・・
声一つ聞こえず、しら~っとしてて実に寒かったです。。。
彼は確か去年もキスクラでがっつり頭下げてませんでしたか?
ブイヤノワに渇入れてもらわないと!

アーロンの羽のはばたき、ロシア解説者が爆笑してました。
スワンというよりカラスみたいな羽ばたきに見えます。
首カクンって振り付けも?です。
アメリカってどうしてこうなんだ・・・

ゆりあdot 2016.04.02 14:59 | 編集
何というか、予想外の展開でした。
フェルナンデスはあっぱれです。
羽生くんは足の甲を痛めているらしいですね。
昌磨くんも怪我?でもきちんと3枠取り返して立派です。
パトリックは悔しい~!まだやる!!ってなってほしいですね。
最も予想外はコリヤダでした。
コリヤダが崩れてアメリカがギリ3枠かなぁ~なんて思ってました。
来季も頑張ってほしいですね。
Creadot 2016.04.02 14:34 | 編集
はじめまして。
パトリック、自分は引退しないと思います(願望)
A.会心の演技で良い成績→自信を持って続行
B.痛恨の演技で良くない成績→こんなんでは終われないと続行
C.会心の演技でも若手に及ばない→引退
という感じではないかと思うので(願望)今回Bということで、おお、これは続行ですね(願望)
梅組dot 2016.04.02 13:43 | 編集
やはりワールドは面白いです。
今季男子の永久殿堂入り保存版はNHK羽生、四大陸ボーヤンPさん、今回のフェルナンデスでしょうか。
熱帯スケーターズも良かったのでペアからがんばって起きてた甲斐がありました。
コフトゥン~テン君でうっかり寝落ちしてしまったのですが、妖精さんがショック受けないように眠りの粉をかけてくれたのかな…
それにしても米男子三人のあの演技で三枠取れないって…レベルが高すぎます。来季のミニマムも高そうで。
あと、ジャッジ前の水たまりが気になってしかたありませんでした。
STdot 2016.04.02 13:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top