Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

世界選手権 3日目 ペアSP

0

おまっとさんでした。4種目全部始まりました。

ペアSP
1 Q Wenjing SUI / Cong HAN(中国)80.85 PB
2 Q Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)78.18 PB
3 Q Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)77.13
4 Q Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)74.22
5 Q Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)73.98
6 Q Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)72.00
7 Q Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)71.37 PB
8 Q Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)68.17 PB
9 Q Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)66.69 PB
10 Q Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)66.06 PB
11 Q Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)65.32
12 Q Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)60.01
13 Q Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)59.76
14 Q Tarah KAYNE / Daniel O SHEA(アメリカ)59.27
15 Q Xuehan WANG / Lei WANG(中国)57.32
16 Q Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV(フランス)52.78 PB
17 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV(リトアニア)51.65 PB
18 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER(スイス)49.32 PB
19 Adel TANKOVA / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)46.81 PB
20 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)45.56
21 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)45.31
22 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU AUDET(日本)38.50

ワンワン
ツイストを投げ上げる方向が、明後日ではなく5時間後ぐらいでした。キャッチには問題ありませんし、マイナスもつきませんが、プラスは多くはなさそうです。3Tで女性が転倒して、スローループで堪えました。ステップは振付がとてもいいです。さすがディーバ。ロマンティックプロを振付させて右に出るものはいない。

1doggie.jpg

イリモー
イリが3Sを降りました!!!完璧ではないにせよ、降りるのが大切。残りのエレメンツはすべてプラスです。しかも+2がほとんどという感じ。クリーンなスローに、ぶつかりそうに近いステップ。クリムキンイーグルからのデススパイラルは大歓声。シーズン1の演技でした。

マルホタ
スピードビュンビュン出してーーー3S。ツイストは抱えてしまいました。ホタレックは苦手なんだろーなと。前のSPは、変な曲でしたけど、ペアとしてのコンビネーションを見せるにはよかったです。今のプログラムは合っているけど、昨シーズンのマラゲーニャと同じで、個々の能力の高さで押し切る形。上位ペアとは、難易度として大きな差があります。マルケイの衣装は、血が滲んでいるイメージかなー。

モーマリ
モー子さん27歳ぐらいだと思ってたけど、実はまだぴちぴちの23歳。体を絞ったのか、いつもよりかなーーーーーーーーーーーり動きが軽くて、演技にそれが出まくっていました。まあ滑ること。まあいつもより滑ること。ツイストはいつもの質ですが、コケなければいいのです。フィルスの分もがんばっているだろうモー子さん。

タンクラ
後ろにアイプッタ&アイプッタが控える中で、アイプッタからプログラムを変えました。No more アイプッタ。ロマンティックな音楽に、あまり振付が合っていませんが、ミスが少なくてよかったです。ユーロより上向きでした。

ブトエル
3Sが両足になりましたが、ペア技は上手なので点数は出ます。ユーロよりよくなっていました。でも演技よりキスクラのスミルノフの髪型と青いスーツが衝撃的で。キャバレーの司会者?コメディアン?銀シャリかな?

2smirnof.jpg

ダニカミ
3Sで男性がお手つき。今日は男性の挙動が不審というか、緊張でガチガチなのか体が動いていなくわ、すべてがワチャワチャしていました。普通に上手なペアなので、これからが楽しみです。

すみオデ
3Sで転倒、デススパイラルが崩壊しました。ノーミスでギリギリSP通過できるかという試合なので、緊張もあったのでしょうね。動揺からなのか、ステップがバラバラでした。ミスしても最後まで揃えられるようになって欲しいです。

チェチェチニナ&シェラー
ツイストは抱えましたがトリプルでした。3Tも降りて、これはいい感じなのかな?と思ったら、スローが両足。デススパイラルは早めに切り上げまして、男性が何度もバランスを崩すステップへ。男性の技術力が足りないようです。クラスノポルスキーさんと髪型、色、衣装までかぶっている。

サフマソ
ツイストのあまりの高さに観客も「うは~」と唸っておりました。スローは両足、ソロジャンプではマッソーがよろけましたが、それでも完成度は高かったです。デススパイラルはバックアウトなのに、女性のポジションも男性のポジションもスピードもすごかった。素晴らしい。ノーミスなら77あたりまで出ていたでしょう。

3sahuko.jpg

4sahumaso.jpg

エスノボ
オープン参加ナショナルを見たときは、もっと完成度が低くて、SP落ちは確定的かなと思っていたんですけど、ミスはあれど、ペアとしてのコンビネーションは上がってきているなと思いました。この曲クロポーの2010-2011シーズンのSD以来聞きました。

白鳥組
SPはシーズン中にグングン完成度を上げて、LPはシーズン序盤から素敵な雰囲気があって、今シーズンはSP通過して欲しい気持ちが強かったのにああ。3Sが抜けてしまいました。ああ。抜けなかったら・・・いや抜けなくても厳しいのか。

タラダニ
無理やりトリプルツイスト、無理やりサルコウ、無理やりスローフリップ(お手つき)と、アメリカ開催の盛り上がりでなんとかマイナスをもらわないようにごまかしを効かせられていたんですけども。ステップの転倒はダメですね。素敵なプログラムだし好きなんですけど、派手なムーブメントの割りに、複雑なトランジションはないですよねえ。これはメガネプロブレムですけど。

デラモデル
うおおおおおおおおおおおお!!!3Sもスローループもステップアウトにならない!!!リアルガチに上達している。素晴らしい出来でした。この悲鳴のような歌以外は素晴らしかった。ペアスピンはスピードないけど、最後まで丁寧に表現していてよかった。もっと点数出てもいいような気がしますが、ワールドですしね。ユーロならパーソナルベストが出ていたはず。

タラモロ
得意のエレメンツはしっかりと。よく滑っていて調子はよさそうでした。ステップで1箇所モロゾフがつんのめってしまいましたが、ミスはそこだけでした。でもなんだろう、この煮え切らない感じ。手旗信号っぽいのかなー。あとポージングが戦隊ヒーローっぽいかもしれない。決めすぎて流れが足りない感じがしてしまう。

ヴァネシプ
3Tは少しタイミングがズレましたが、着氷後までかっこよくキメました。スローを堪えて、ユーロでズコーだったデススパイラルもクリアしました。シュデクがコーチに入ったので、その力も大きいのでしょうか。いやーヴァネッサ上手い。カナダ2組よりPCS出たのは強みになりますね。

ペンジャン
スロージャンプの転倒でフェンスに激突。ソロジャンプの配置がスローの成功ありきなので、男性が1人でソロジャンプを跳び、女性が遅れて2Tというとんでもない事故になりました。PCSでもガッツリ引かれるでしょう。ツイストがいつもより低く、ステップもこなせていませんでした。とても悪い出来です。スローが上手くいかないというのは、やっぱり男性の怪我の影響でしょうね。あとちうごくペアにはリンクが狭すぎる。さらに、直前のテストスケート。トリプルパンチ。それでも第2グループに入る点数でした。すごすぎ。

ヴォロトラ
スロージャンプの軸がいつもにも増しておかしかったです。あれは一体なんだろう。ゾルコビーに投げ方教えてもらいましょう。ペアスピンは得意ではないんですけど、今日はトラベリングがひどかったです。これでマイナスつかなかったら怒るでよ。滑りは圧倒的です。頭1つ抜けています。

5volotra.jpg

ストクリ
怪我の影響か、ツイストが上手くキャッチできていませんでした。スロージャンプと3Tは素晴らしかったです。特に3Tは+3がついてもおかしくないような完璧なシンクロでした。高さも十分です。このプログラム好きなので、万全な状態で見たかったです。サフマソよりは上のPCSでした。

6stolbova.jpg

スイハン
ぷわあああああああああああああああああああああ!!!他の優勝候補が軒並みそれぞれの苦手エレメンツでミスっていく中で、すべてをクリーンに成功させました。スローは一時期の幅はなくなったにせよ、それでも素晴らしい。そしてこの表現。2人がこんな風になるなんて。大人になって。貫禄がついちゃって。

7hankun.jpg

シメクニ
3S・・・やっぱり転倒。シメカさんがクリーンに降りたので、これは腹パンですね。でもでもでもでも?TES高い&初の70点超えじゃないですか。ということはコケてなかったらストクリの上じゃないですか。地元とはいえ、ロシア3番手より上のPCS取れるのはすごい。

デュハラド
3Lzを降りまして、スロールッツはフリーレッグが少しかすりました。スロールッツはあれだけ失敗が少なかったのに、ここのところほとんど失敗しています。クワドのせいでトリプルの回り方忘れちゃったのかな。すごく妥当なところに落ち着いたPCS。

8eric.jpg

スイハンは+2と3しかありません。パフォーマンスで10.00をつけたジャッジもいました。1項目とはいえ、ヴォロトラより高いPCSが出たのはLPを滑るのにプラスになります。デュハラドはスロールッツではなくフリップ扱いです。マイナスは1人のジャッジだけでした。ヴォロトラのペアスピンは+2がたくさんでした。理解できない。シメクニはオールレベル4が強かった。ペンジャンはソロジャンプに数秒のズレがあっても、2Tとして認定されていました。そういうものなのか。60点を出せたのはオールレベル4にできたからですね。大事だなーレベル。タラダニステップでコケたのにレベル4でした。コケたのにレベル4なんて見たことないかも。

優勝争いは上位3組でしょう。サフマソはPCSでまだ及ばないです。ストクリはツイストがきれいにキャッチできないですしね。3枠圏内がカナダ、ロシア。2枠圏内が中国、ドイツ、アメリカ、フランス、イタリアです。フランスはエスノボの順位を上げるのは、この面子を見ると無理なので、ヴァネシプが12位以内をキープするしかありません。中国はスイハンが順位を落とすことを考えると、8位以内には杯っておきたいところ。ペンジャンは寵愛と温情で選ばれたので、絶対に順位を上げることが求められます。もし、ドイツまで2枠に増えると、7カ国で17枠を占めてしまいます。すごいですね。他の国が入る隙ありません。サミット参加国-日本みたいな。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。