Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルスとセガン&ビロドーが世界選手権欠場

https://skatecanada.ca/2016/03/liam-firus-julianne-seguin-and-charlie-bilodeau-withdraw-from-2016-isu-world-figure-skating-championships/

かなりの衝撃を受けました。

まず、リアム・フィルスの欠場についてですが、Pさんと補欠のニューエンが出ることが、カナダが3枠を確保するのにベストだからというのが、どうも理由だそうです。自分が欠場することがチームにとって重要だとも言っていますし。現実的な話をすれば、3Aを持っていなくて、4Tもほとんど決まらないフィルスが10番になるのは、超自爆大会を待つしかないです。でも、せっかくのチャンスをみすみす逃すというのはもったいない。でも、カナダが3枠を取れる確証もないのに枠を譲るのは、それだけオリンピックを見据えた判断だということなんですね。強くなって、高難度ジャンプを決めるスケーターになって戻ってきて欲しいです。カナダ連盟は、来シーズンのスケカナに派遣しろよ!!!

そして、ジュリアン・セガンシャルリ・ビロドーの欠場。セガンの怪我で四大陸を欠場していましたが、怪我は完全に回復することはなく、世界選手権への準備も満足のいくものではなかったそうな。躍進のシーズンだっただけに、これは非常に残念です。補欠のムーア=タワーズ&マリナロは、怪我で四大陸を欠場していたので、その悔しさの分まで暴れて欲しいです。

ちょっとペア・・・・・川スミ、ペンジャンに続きセガビロまで。僕のテンションが削がれ、朽ちてゆく。下手するとペアは3枠がロシアのみという事態に陥ります。

怪我のみなさんには、ゆっくりと体を休めてもらいたいです。大技化が危険だということをトランコフさんが言っていましたが、その通りになってしまっているのがなんとも。でもクワド川の氾濫は誰にも止められないよ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。