Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

世界選手権エントリー

春だよ。世界選手権だよ。

http://www.isuresults.com/events/fsevent00051697.htm

男子
1 Denis MARGALIK ARG 1
2 Slavik HAYRAPETYAN ARM 2
3 Brendan KERRY AUS 3
4 Jorik HENDRICKX BEL 4
5 Patrick CHAN CAN 5
6 Liam FIRUS CAN 5
7 Boyang JIN CHN 6
8 Han YAN CHN 6
9 Michal BREZINA CZE 7
10 Chafik BESSEGHIER FRA 8
11 Franz STREUBEL GER 9
12 Phillip HARRIS GBR 10
13 Alexei BYCHENKO ISR 11
14 Ivan RIGHINI ITA 12
15 Yuzuru HANYU JPN 13
16 Shoma UNO JPN 13
17 Denis TEN KAZ 14
18 Deniss VASILJEVS LAT 15
19 Julian Zhi Jie YEE MAS 16
20 Michael Christian MARTINEZ PHI 17
21 June Hyoung LEE KOR 18
22 Mikhail KOLYADA RUS 19
23 Maxim KOVTUN RUS 19
24 Javier FERNANDEZ ESP 20
25 Javier RAYA ESP 20
26 Alexander MAJOROV SWE 21
27 Ivan PAVLOV UKR 22
28 Max AARON USA 23
29 Grant HOCHSTEIN USA 23
30 Adam RIPPON USA 23
31 Misha GE UZB 24

ミニマムクリアリストと照らし合わせますと、すでに発表されている通りフランスが1枠を放棄した以外は、ミニマムをクリアしたところは全て埋まっています。トップ5に入るのが240~250で推移していた近年ですが、それが破られるのかどうか。毎年「今年はすごい戦いに・・・」と期待をして、結局クリーンに滑ることのできる選手はほぼいません。それでも頂上決戦に期待してしまう。3枠に現実味があるのは日本と中国です。来年増やすのはプレッシャーがすごいですし、ここで増やしておきたいところでしょう。テンくんはGPSから怪我、四大陸も怪我がありました。調子が戻っているといいのですが。ハンヤンはスケアメの狭いリンクで全然コントロールが効いていませんでしたが、アメリカで練習をしているので大丈夫だと思いたいです。ワールドだからといって、リンクは広くなりません。今回もショートバリアは26mです。

女子
1 Anastasia GALUSTYAN ARM 1
2 Kailani CRAINE AUS 2
3 Kerstin FRANK AUT 3
4 Alaine CHARTRAND CAN 4
5 Gabrielle DALEMAN CAN 4
6 Zijun LI CHN 5
7 Ziquan ZHAO CHN 5
8 Amy LIN TPE 6
9 Eliska BREZINOVA CZE 7
10 Viveca LINDFORS FIN 8
11 Laurine LECAVELIER FRA 9
12 Mae Berenice MEITE FRA 9
13 Nathalie WEINZIERL GER 10
14 Kristen SPOURS GBR 11
15 Ivett TOTH HUN 12
16 Roberta RODEGHIERO ITA 13
17 Mao ASADA JPN 14
18 Rika HONGO JPN 14
19 Satoko MIYAHARA JPN 14
20 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 15
21 Angelina KUCHVALSKA LAT 16
22 Aleksandra GOLOVKINA LTU 17
23 Niki WORIES NED 18
24 Anne Line GJERSEM NOR 19
25 Da Bin CHOI KOR 20
26 So Youn PARK KOR 20
27 Evgenia MEDVEDEVA RUS 21
28 Anna POGORILAYA RUS 21
29 Elena RADIONOVA RUS 21
30 Nicole RAJICOVA SVK 22
31 Dasa GRM SLO 23
32 Sonia LAFUENTE ESP 24
33 Joshi HELGESSON SWE 25
34 Yasmine Kimiko YAMADA SUI 26
35 Anna KHNYCHENKOVA UKR 27
36 Polina EDMUNDS USA 28
37 Gracie GOLD USA 28
38 Ashley WAGNER USA 28

フィンランドはワールドまでヴィヴェカが代表に。世界ジュニアにも出ますのに。イギリスはイヴェグヴィラグ杯でミニマムをクリアしたスポウルスさんが入りました。ロシアはナショナルトップ3が入りまして、ポゴリラヤ外しはありませんでした。そしてゲデ子がいない。どうなっちゃうんだろうなあ。日米露のどこが金メダルを持っていくでしょう。アメリカは1つはメダルをとって欲しいです。もう10年もメダルがありませんので。

ペア
1 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 1
2 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK BLR 2
3 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 3
4 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 3
5 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN 3
6 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 4
7 Xuehan WANG / Lei WANG CHN 4
8 Xiaoyu YU / Yang JIN CHN 4
9 Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV FRA 5
10 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 5
11 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 6
12 Adel TANKOVA / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 7
13 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 8
14 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 8
15 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU AUDET JPN 9
16 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV LTU 10
17 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 11
18 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 11
19 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS 11
20 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER SUI 12
21 Tarah KAYNE / Daniel O SHEA USA 13
22 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM USA 13

ペンジャンが補欠に入れられています。この時点で補欠ということは、相当怪我の具合がよくないということでしょうか。そしてワンワンがきちんと入れられているという衝撃。四大陸とは一体なんだったのか。チェコからはジュニアとの掛け持ち出場はありませんでした。ロシアはストクリがエントリーされています。怪我からどの程度回復しているのでしょう。川スミとペンジャンがいないのがもう。スイハンはファイナル、デュハラドは四大陸、ヴォロトラはNHK杯、ストクリはユーロ。いずれもトップ勢は怪我や病気で今シーズンをフルに戦えていません。今シーズンはこういうのが多すぎです。考えたくもないですけど、オリンピックもこういうことになってしまうのかな。サフ子は今年、来年とメダルを取ればロドニナのメダル記録に並びます。

アイスダンス
1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL ARM 1
2 Barbora SILNA / Juri KURAKIN AUT 2
3 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 3
4 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 4
5 Elisabeth PARADIS / Francois-Xavier OUELLETTE CAN 4
6 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 4
7 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 5
8 Cortney MANSOUR / Michal CESKA CZE 6
9 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 7
10 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 8
11 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 9
12 Kavita LORENZ / Panagiotis POLIZOAKIS GER 10
13 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 11
14 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO ISR 12
15 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 13
16 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 13
17 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 14
18 Anastasia KHROMOVA / Daryn ZHUNUSSOV KAZ 15
19 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY LAT 16
20 Natalia KALISZEK / Maksim SPODIREV POL 17
21 Rebeka KIM / Kirill MINOV KOR 18
22 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV RUS 19
23 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 19
24 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY SVK 20
25 Celia ROBLEDO / Luis FENERO ESP 21
26 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 22
27 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 23
28 Madison CHOCK / Evan BATES USA 24
29 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 24
30 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 24

フランスが枠を放棄して今シーズンも1組だけでの出場です。ボブロワが出場停止処分になったので、ロシアはステブキが入りました。ボブソロとシニカツがクリーンに滑って6位7位、5位8位あたりでギリ3枠行けるか?という状況でしたので、3枠に戻すのは難しそうです。来シーズンはテサモエが戻ってくるので、押し出しでさらに難しくなるという。ウクライナは一応ナザニキがエントリーです。韓国はナショナル優勝のキムミノが入りました。怪我がよくなって出場できますように。ウィバポジェはこの大会がキャリアの大一番になることは間違いないです。アメリカはシブタニズかチョクベイのどちらかはメダルに届くでしょうか。

日本時間では3月30日の夜遅くから始まります。どの日程もお昼ご飯どきに終わります。そしてちょうど朝ごはんの時間は競技がないんです。日本の主婦に優しいですね。

またシニカツのことをイリカツと書いておりました。死ぬまで間違えます。

該当の記事は見つかりませんでした。