Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

エカテリーナ・ボブロワがドーピング違反

http://allsportinfo.ru/index.php?id=102378

エカテリーナ・ボブロワドミトリー・ソロビエフが、ボブロワのドーピング違反により、世界選手権へ出場ができないとの報道がありました。この禁止薬物は、2016年1月1日に禁止リストに加えられたばかりのメルドニウムというものだそうです。

まだ確定事項ではありませんし、ドーピング違反だとしてもどの程度の期間になるのかも分かりません。禁止指定がされたばかりで、把握しきれていなかったのかもしれません。キャリアを棒に振るような処分になるのかどうか・・・・・。

追記
http://news.tennis365.net/news/today/201603/108634.html

テニスのマリア・シャラポワもボブロワと同じくメルドニウムの陽性反応。同じくロシアの自転車競技のエドゥアルト・ヴォルガノフも反応が出ました。この記事の中には、「多くは1年間の出場禁止処分が下される」と書いてありました。1年の出場禁止となれば、来シーズンのナショナルもユーロも出られず、2枠キープが濃厚な世界選手権にも選ばれにくいです。試合感覚も鈍りますし、評価が下がるかもしれません。2年以上になると、ミニマムの問題もありますし、オリンピックはその時点で無理になります。

ヨーロッパ選手権でのドーピング検査で今回の反応が出たそうなので、過去のドーピング違反の例にならえば、メダル剥奪と他選手の順位繰上げという形になるでしょう。

ロシアは、陸上での連盟ぐるみのドーピングが問題になっていますから、他のスポーツに向けられる目も厳しくなるでしょう。アンチドーピングを徹底するような力すらロシアにはもうないのかもしれませんが、同じことがないようにロシア連盟には目を光らせてもらいたいです。

該当の記事は見つかりませんでした。