Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

世界ジュニア選手権エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent00051695.htm

ハンガリーのデブレツェン開催。時差は8時間。

男子
1 James MIN AUS 1
2 Luc MAIERHOFER AUT 2
3 Yakau ZENKO BLR 3
4 Nicolas NADEAU CAN 4
5 Tangxu LI CHN 5
6 He ZHANG CHN 5
7 Chih-I TSAO TPE 6
8 Nicholas VRDOLJAK CRO 7
9 Jiri BELOHRADSKY CZE 8
10 Aleksandr SELEVKO EST 9
11 Roman GALAY FIN 10
12 Kevin AYMOZ FRA 11
13 Irakli MAYSURADZE GEO 12
14 Catalin DIMITRESCU GER 13
15 Josh BROWN GBR 14
16 Alexander MASZLJANKO HUN 15
17 Mark GORODNITSKY ISR 16
18 Daniel SAMOHIN ISR 16
19 Matteo RIZZO ITA 17
20 Daichi MIYATA JPN 18
21 Shu NAKAMURA JPN 18
22 Sota YAMAMOTO JPN 18
23 Daniyar ADYLOV KAZ 19
24 Glebs BASINS LAT 20
25 Deniss VASILJEVS LAT 20
26 Kai Xiang CHEW MAS 21
27 Sondre ODDVOLL BOE NOR 22
28 Se Jong BYUN KOR 23
29 Jun Hwan CHA KOR 23
30 Dmitri ALIEV RUS 24
31 Alexander SAMARIN RUS 24
32 Roman SAVOSIN RUS 24
33 Jakub KRSNAK SVK 25
34 Hector ALONSO SERRANO ESP 26
35 Illya SOLOMIN SWE 27
36 Nicola TODESCHINI SUI 28
37 Basar OKTAR TUR 29
38 Yaroslav PANIOT UKR 30
39 Tomoki HIWATASHI USA 31
40 Vincent ZHOU USA 31

昨年と同じ40人がエントリーしました。世界選手権の開催が2週間後なので、アルゼンチンのマルガリクやマレーシアのジュリアンなど、掛け持ちの選手は回避しました。ヴァシリエフスは出場します。身長が伸びてジャンプ構成がどうなるか不透明な草太、こちらもジャンプがイマイチ安定していないアリエフ、優勝候補が不安定なので、順位が読めません。さらっとナドーが優勝持っていったりして。サモヒン、ヴィンセント、ヒワタシ、サマリン、ジュンファン、ふーちゃん。このあたりがメダル争いでしょうか。イラクリがモロに成長期の影響を受けているので、どうなるか。個人的に楽しみなのはベラルーシのゼンコ、上手くなり続けてるチェコのイジー、そしてナショナルに出られなかったエイモズ、垢抜け続けるリッツォ。ウクライナは去年はパブロフで今年はパニオットになりました。ナショナルで順位が入れ替わったのでね。ラストシーズンの日本の2人にも上位に食い込んで欲しいです。

女子
1 Anastasia GALUSTYAN ARM 1
2 Katie PASFIELD AUS 2
3 Natalie KLOTZ AUT 3
4 Charlotte VANDERSARREN BEL 4
5 Teodora MARKOVA BUL 5
6 Sarah TAMURA CAN 6
7 Xiangning LI CHN 7
8 Amy LIN TPE 8
9 Elizaveta UKOLOVA CZE 9
10 Leonora Colmor JEPSEN DEN 10
11 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 11
12 Viveca LINDFORS FIN 12
13 Alizee CROZET FRA 13
14 Lea Johanna DASTICH GER 14
15 Danielle HARRISON GBR 15
16 Maisy Hiu Ching MA HKG 16
17 Ivett TOTH HUN 17
18 Sara CASELLA ITA 18
19 Wakaba HIGUCHI JPN 19
20 Marin HONDA JPN 19
21 Yuna SHIRAIWA JPN 19
22 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 20
23 Angelina KUCHVALSKA LAT 21
24 Diana NIKITINA LAT 21
25 Elzbieta KROPA LTU 22
26 Kyarha VAN TIEL NED 23
27 Juni Marie BENJAMINSEN NOR 24
28 Aleksandra RUDOLF POL 25
29 Ha Nul KIM KOR 26
30 Suh Hyun SON KOR 26
31 Julia SAUTER ROU 27
32 Alisa FEDICHKINA RUS 28
33 Maria SOTSKOVA RUS 28
34 Polina TSURSKAYA RUS 28
35 Shuran YU SIN 29
36 Alexandra HAGAROVA SVK 30
37 Monika PETERKA SLO 31
38 Michaela DU TOIT RSA 32
39 Maeva GALLARDA ROSSELL ESP 33
40 Matilda ALGOTSSON SWE 34
41 Shaline RUEGGER SUI 35
42 Thita LAMSAM THA 36
43 Elif ERDEM TUR 37
44 Anastasia GOZHVA UKR 38
45 Tyler PIERCE USA 39
46 Bradie TENNELL USA 39

昨年から3人出場者が増えました。日本VSロシアVSトゥルシンバエワ。成長期に打ち勝てるかどうかという自分との戦いでもあります。ピアースはババリアンに出場してのこの大会です。PCSでどこまで上位に迫れるかですね。ラトビアの2人も楽しみです。韓国はナショナル6位7位のスヒュンとハヌルを派遣します。ダビンを出して、ジュニアグランプリの枠確保に来るかと思ったんですけど、そんなに可能性としては変わらないかな?フィンランドはユーロに続きヴィヴェカさんが代表。これは結構な驚きでした。ヤルヴェンパーさんはシニアワールドかな?エイミーさん楽しみ。イヴェットさんは今年もシニアと掛け持ちでしょう。

ペア
1 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY CAN 1
2 Bryn HOFFMAN / Bryce CHUDAK CAN 1
3 Hope MCLEAN / Trennt MICHAUD CAN 1
4 Yumeng GAO / Bowen LI CHN 2
5 Ying ZHAO / Zhong XIE CHN 2
6 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE 3
7 Chloe CURTIN / Steven ADCOCK GBR 4
8 Bianca MANACORDA / Niccolo MACII ITA 5
9 Ekaterina KHOKHLOVA / Abish BAYTKANOV KAZ 6
10 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV RUS 7
11 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT RUS 7
12 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV RUS 7
13 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI UKR 8
14 Chelsea LIU / Brian JOHNSON USA 9
15 Joy WEINBERG / Maximiliano FERNANDEZ USA 9
16 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON USA 9

昨年より3組増えました。一昨年はユージンの優勝が始まる前からほぼ確定していたし、昨年は上位3組の力が抜けすぎていて見どころが薄かったので、世界ジュニアのペアが楽しみなのは3年ぶりです。チェコ、ロシア、ウクライナの金メダル争いが非常に楽しみです。この5組はいずれもジュニアラストシーズンではないので、ジュニアにステイするペアも多いでしょうし、来シーズン以降も楽しめそうです。ジュニアナショナルでいきなりニョキッと伸びてきたミーシナ&ミルゾエフは、ババリアンでノーミスだったので、マグレ代表ではないことが分かりました。読めないったら読めないぜ。アメリカの名前が長い組は、ソロジャンプでトリプル跳んでこないかなあ。

アイスダンス
1 Matilda FRIEND / William BADAOUI AUS 1
2 Elizaveta ORLOVA / Stephano Valentino SCHUSTER AUT 2
3 Maria OLEYNIK / Yuri HULITSKI BLR 3
4 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV BUL 4
5 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS CAN 5
6 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA CAN 5
7 Melinda MENG / Andrew MENG CAN 5
8 Xibei LI / Guangyao XIANG CHN 6
9 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN CZE 7
10 Viktoria SEMENJUK / Artur GRUZDEV EST 8
11 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA 9
12 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 9
13 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH GER 10
14 Ekaterina FEDYUSHCHENKO / Lucas KITTERIDGE GBR 11 P
15 Villö MARTON / Danyil SEMKO HUN 12
16 Kimberly WEI / Illias FOURATI HUN 12
17 Sara GHISLANDI / Giona Terzo ORTENZI ITA 13
18 Rikako FUKASE / Aru TATENO JPN 14
19 Hannah Grace COOK / Temirlan YERZHANOV KAZ 15
20 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA LTU 16
21 Alexandra BORISOVA / Cezary ZAWADZKI POL 17
22 Jenna HERTENSTEIN / Damian BINKOWSKI POL 17
23 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM KOR 18
24 Alla LOBODA / Pavel DROZD RUS 19
25 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO RUS 19
26 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV RUS 19
27 Valentina SCHÄR / Carlo RÖTHLISBERGER SUI 20
28 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV UKR 21
29 Anzhelika YURCHENKO / Volodymyr BYELIKOV UKR 21
30 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER USA 22
31 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA 22
32 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT USA 22

昨年より5組増えました。製氷が1回増えます。マクカー、パーソンズ、ロボドロ、ポポブラの争いになります。アメリカ勢にロシア勢は迫れるでしょうか。ポポブラがジュニアラストシーズンなので、評価を上げてシニアに行きたいところです。シニアに行ってもロシアの6番手、7番手あたりだとすぐに解散・引退してしまうかもしれないですから。アレックス・ブノワさんは、昨年伝説のツイズルで2回コケを達成してしまったので、今年はくれぐれも・・・。シュピスミ、フランスの2組、ギスランディさん組、ベントさん組、クズミチさん組、このあたりがトップ10候補です。りかあるにもがんばってきて欲しいです。

男子は去年と同じぐらい楽しみ。女子はロシアが絶対ではないから楽しみ。ペアは2013年以来の楽しみ。アイスダンスはトップ10が楽しみ。楽しみ。

該当の記事は見つかりませんでした。