Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

四大陸選手権 3日目 女子リザルト

女子LP
1 Satoko MIYAHARA(日本)142.43 PB
2 Mirai NAGASU(アメリカ)127.80
3 Gracie GOLD(アメリカ)121.13
4 Kaetlyn OSMOND(カナダ)119.49
5 Rika HONGO(日本)117.51
6 Da Bin CHOI(韓国)116.92 PB
7 So Youn PARK(韓国)116.43
8 Na Hyun KIM(韓国)112.30 PB
9 Kailani CRAINE(オーストラリア)108.80 PB
10 Karen CHEN(アメリカ)107.97
11 Zijun LI(中国)107.84
12 Amy LIN(中華民国)107.73 PB
13 Kanako MURAKAMI(日本)106.61
14 Alaine CHARTRAND(カナダ)106.02
15 Veronik MALLET(カナダ)104.10 PB
16 Ziquan ZHAO(中国)94.55
17 Brooklee HAN(オーストラリア)82.95
18 Michaela DU TOIT(南アフリカ)75.94 PB
19 Maisy Hiu Ching MA(香港)73.04
20 Lu ZHENG(中国)73.01
21 Katie PASFIELD(オーストラリア)61.15
22 Thita LAMSAM(タイ)50.65

女子リザルト
1 Satoko MIYAHARA(日本)214.91 PB
2 Mirai NAGASU(アメリカ)193.86 PB
3 Rika HONGO(日本)181.78
4 So Youn PARK178.92 PB
5 Gracie GOLD(アメリカ)178.39
6 Kaetlyn OSMOND(カナダ)175.63
7 Kanako MURAKAMI(日本)175.12
8 Da Bin CHOI(韓国)173.71 PB
9 Na Hyun KIM(韓国)170.70 PB
10 Zijun LI(中国)167.88
11 Alaine CHARTRAND(カナダ)165.73
12 Karen CHEN(アメリカ)161.52
13 Kailani CRAINE(オーストラリア)157.82 PB
14 Veronik MALLET(カナダ)155.98
15 Amy LIN(中華民国)155.61 PB
16 Ziquan ZHAO(中国)147.79 PB
17 Brooklee HAN(オーストラリア)135.75
18 Michaela DU TOIT(南アフリカ)121.12
19 Lu ZHENG(中国)118.73
20 Maisy Hiu Ching MA(香港)115.10
21 Katie PASFIELD(オーストラリア)95.78
22 Thita LAMSAM(タイ)89.56

ブルックリー
3F ot 3Lo ot 3F fall 3Lo-2T 3T+2A 2A 3S fall
フリップとループが2回ずつの攻めた構成でしたが、着氷が上手くいかず。揚げひばりはこの衣装でいいのか?いいんです。みんなが一緒だとつまらないですからね。

brooklee.jpg

クレイン
3F 3Lz shaky 3Lo-1Lo-3S 3Lz-2T 2A-2Lo 3Lo 2A
引き裂かれるぐらいなら街から逃げ出しちゃおうと。さあ、荷物はまとめた。馬に乗ってういいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいん!!!追ってを振り切った!というようなスピードでした。心配だった回転不足もそれほど取られていないようでした。初めて100点を超えました。笑顔の美少女、はいかわいい。

マレ
3F-2T 2A-3T df 3Lo-2T-2Lo 2F 3S so 2A 3Lo
コンボ3つ入れ子。計算しやすくていいですね。ナショナルできれいに決まった2A-3Tは両足になりました。急遽出場となって、パーソナルベストは立派です。それに今回はカナディアンが壊滅状態だから、その中での明るいニュースですね。

veronik.jpg

エイミー
3Lz-2T 3Lz 2A-3T 3T shaky 2A-2T-2Lo 3S 2Lz
エイミー・リンタオルバナーが大活躍。非常にいい演技でした。ルッツ戦士エイミーさんは、フリップを入れずルッツ3本の昔のマルケイみたいなジャンプ構成でした。大きなミスなく演技を終えました。アメリカ女子らしい伸びやかな動きでした。ガッツポーズ&観客発狂。文句なしのミニマム突破!!!!!

ジークァン
3Lz 2A-2T so 3Lo 3T 3Lo-2T 3S shaky 3S-1Lo-2S
ジャンプはがんばりました。ルッツがきれいに入りました。ループが得意なのかとても高さがありました。淡々としているので、見果てぬ夢が見果てそうな感じ。で!も!ミニマム超えました!!!!!うっしゃああああああああああああああああ!

ゴールド
3Lz 3Lo 2A 2A-2T-2T 3F 3Lz-1T 3S
無理にコンボを入れませんでした。ルッツに1Tをつけました。計算できる子。2Aに3Tつけてくるかと思ったんですけどね。勢いが足りずでした。3Tが2つないので、9点ぐらいは基礎点が変わってきます。フリップはガッツリeという傾きでした。でも不調の中でこれだけやれたってことは、収穫ありましたね。さすがだなあ。

シャルトラン
3Lz-3T df 3F so 3Lo shaky 2A-1Lo-3S 3Lz 3S fall 2A-2Lo
いつものシャルトランになってしまったけど、ジャンプの抜けはないんですね。回転不足はいくつかありそうですが。彼女のすごいところは、ミスが出まくっても投げやりにならずにコンボをしっかり入れてくるところです。他の選手にも見習って欲しいです。これは四大陸ですけど、もしオリンピックや世界選手権の枠を決める試合だったらどうか?って話ですよ。

ダビン
3Lz-3T 3F 3Lo 2A-3T so 3Lz-2T tano-2Lo tano 3S 2A
ジャンプをがんばりました。でもジャンプジャンプという演技でした。コレオシークエンスが2つのスパイラルを行っていました。でもこれだけだと物足りないかなあと。トランジションのようなコレオシークエンスでした。キスクラが映されたらちょっとだけ笑顔に。もっと笑ってええんやで。

カレン
3Lz 3F 2A-3T fall 3Lz-2T so 3Lo 2A-1Lo-2S 3S fall
ダビンからの連続レミゼですけど、編曲がかなり違います。カレンはノービスの頃からセカンドトリプルの回転不足があったので、ジュニア・シニアに上がって、成長が重なりなかなか克服できないという状況になっています。後半2項目の評価が高く、スケーティングスキルとトランジションの評価がほぼ同じでした。これは、プログラムの中のジャンプの配置だったりも影響しているんでしょうね。跳んで跳んでというプログラムではありませんから。

karen.jpg

ナヒュン
3Lo-3Lo 3Lz-3T 2A 3F-2Lo-2Lo 3S 3F 2A
予定していたジャンプを全て降りました。華麗なるギャツビーで、夫と好きな男との間で揺れる女を演じているんでしょう。メンヘラっぽい前半の表現がまんまそんな感じでした。でも後半の緊迫感のある音楽には、表現やスピードが追いついていませんでした。表現そのものもですけど、スタミナも課題ですね。もっとジャンプのチェック姿勢をきれいにできれば、ピシッと締まりそうです。嬉しそうでよかった。パーソナルベスト97点が112点ですから大躍進ですね。

オズモンド
3F-2T 2A-2T 3Lz 3Lo 3F 3S-1T-2Lo 2A
デキる女オズモンド。2Tのザヤ回避しました。3Fうわああああああコケるうううううコケない。2A-2Tうわああああああああああああコケるうううううコケない。3Lzうわあああああああコケるううううううううコケない。3Fうわああああああああコケるうううううううコケない。過半数のジャンプの軸がふっ飛んでいたのにコケない謎。調子がいいのか悪いのか。オズモンドがカナディアン不調の呪いを解きました。でもジャンプをしている中でももっと女性らしさをムンムン出してくる演技なので、ジャンプに集中はしていたのかも。ザヤ回避も頭にあったでしょうし。苦手なループがクリーンに入ったのはビビりました。

ゴールドの「どうせ最終グループで抜かれるんやから、はよ着替えさせてよ・・・もうめんどくさいわ・・・なんでSPでミスってもたんやろ・・・はあ・・・」みたいな感じがいいですね。

ミライ
3F-3T 3Lz 3S 2A-3T-2T 3Lo 3Lo-2T 2A
これはミライ・ナガスクジラですわ。ジャンプに乱れなく、きちっと成功させていきました。曲それぞれの表現の演じ分けを、もっとキメキメにやりすぎなぐらいにやった方がこのプログラムはいいんじゃないかなと思います。ステップでの滑りの伸びも少し・・・かな。でも、ほんとミスしなくてよかったです。6年前のパーソナルベスト超えられてよかった!やったったった!世界選手権にミライを派遣すればよかったと思われるような演技!5年前と同じ!そういや、3S超苦手だったのに、あっさり成功させましたね。

mirai_20160220231458e3b.jpg

佳菜子
3Lo hd 2A-3T 3F shaky 1Lo 3F-1T-2T 3S 3S-2T
3Lzと3F-3Tを入れてくるという話もあったのですが、ルッツ抜きループ2本のプログラムでした。まあまあまとまった演技でした。傘を持って立ち止まった振付をするところで、1度まぶたを閉じて、開くと同時にジャッジの方向をトロンとした目で見つめる。みたいな表現をしてもおもしろかったかなあと思ったり。コレオシークエンスのグオーーーーーンって進むのはすごくよかった。最後まで体力ありました。

本郷
3F-3T<< fall 3S tano 3Lz 2A-3T-2T tano 3Lo 3F shaky 2A-2T tano
3Tが開いてしまっての転倒というとても珍しい失敗。フリップさんが不調でしたかね?目に見えてバテバテだった全日本に比べると、調子は上がっているのかもしれませんが、でももっとできると思うんですよねコレオシークエンスが。全日本が底で、そこからちょっと上がって、世界選手権がピークですね。よし。コレオグラフィー7.82で1番高いですよ。やったなミヤケン。

ジジュン
2A-1Lo-3S 2A-3T hd 3F 3Lo 3Lz 3F-2T 3S fall
3Loまではとてもよかったんですけど、その後からが跳んで跳んで跳んで・・・という演技でした。3Sの転倒から急激にスタミナが切れました。ステップはスタンブルはないですが、マイナスをつけるジャッジがいてもおかしくないです。166cmもあるのに、体つきが子供のままで、軽さだけで跳ぼうとしているから、筋力が足りずにスタミナがいつまでも向上しないのかな?と思います。根本的に変えなければならないことが多いかも。

宮原
3Lz-2T-2Lo tano 3Lo 3F 3Lz 2A-3T 3S 2A-3T
コンビネーションスピンの最後の下を向いて回る素敵ポジションでの回転が少ない。キスの振付の余韻もちょっと少ないかも?もう子供の演技じゃないですね。甘酸っぱいから別の方向に行ってます。風格みたいなものが乗っかってきました。高校の教室から、大学の図書館に恋する場所が移りました。新時代のミスパーフェクトさん。

satoko.jpg

ソヨン
3Lz shaky 2A-3T 3F fall 3S-2T-2Lo ot 3Lo 2A-3T 3S
レッドバイオリンからロミジュリにプログラムを戻しました。前のプログラムはLPでやるには曲が難しすぎました。あれはワールドのメダリストクラスの選手じゃないとこなせないでしょう。後半はかなりクロスが多くて、懸命にスピードを出していました。転倒1つで収めてがんばりました。

satoko2.jpg
エントリーナンバー1番宮原知子、ハローグッバイを歌います。

平松さんがメダル授与、岡部さんはテクニカルコントローラーとして祝福。日本率が高い表彰式でした。

kimigayo.jpg

podium.jpg

大先生のスピンにマイナスをつけているジャッジがいました。このジャッジは逆回転が嫌いなのかな?オールレベル4で、eも!もない内容でした。全体を見渡すと、アテンションではなくてeマークが容赦なくバコバコついています。言い換えると今回ついていない人は、相当クリーンだったってことですね。だから「あたしはeなしの女よ」と胸を張ってください。

該当の記事は見つかりませんでした。