2016
01.27

ヨーロッパ選手権 1日目 女子SP

ロシアジュニア選手権にはまだ手をつけていない。

女子SP
1 Q Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)72.55
2 Q Elena RADIONOVA(ロシア)70.96
3 Q Anna POGORILAYA(ロシア)63.81
4 Q Roberta RODEGHIERO(イタリア)61.01 PB
5 Q Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)58.99 PB
6 Q Joshi HELGESSON(スウェーデン)58.13
7 Q Nathalie WEINZIERL(ドイツ)57.36
8 Q Mae Berenice MEITE(フランス)57.35
9 Q Nicole RAJICOVA(スロバキア)57.24 PB
10 Q Ivett TOTH(ハンガリー)55.54 PB
11 Q Viveca LINDFORS(フィンランド)53.92 PB
12 Q Giada RUSSO(イタリア)53.52 PB
13 Q Laurine LECAVELIER(フランス)52.84
14 Q Anne Line GJERSEM(ノルウェー)49.80
15 Q Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)49.30
16 Q Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)48.93
17 Q Eliska BREZINOVA(チェコ)48.21
18 Q Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)47.97 PB
19 Q Anna KHNYCHENKOVA(ウクライナ)47.90 PB
20 Q Helery HÄLVIN(エストニア)47.49
21 Q Niki WORIES(オランダ)46.82
22 Q Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)46.55
23 Q Isabelle OLSSON(スウェーデン)45.11
24 Q Kerstin FRANK(オーストリア)44.85
25 Lutricia BOCK(ドイツ)43.77
26 Dasa GRM(スロベニア)43.36
27 Julia SAUTER(ルーマニア)41.79
28 Tanja ODERMATT(スイス)41.44
29 Danielle HARRISON(イギリス)40.68
30 Charlotte VANDERSARREN(ベルギー)39.93 PB
31 Aimee BUCHANAN(イスラエル)39.79
32 Birce ATABEY(トルコ)37.55
33 Sonia LAFUENTE(スペイン)37.12
34 Pernille SORENSEN(デンマーク)34.81
25 Daniela STOEVA(ブルガリア)33.82
36 Janina MAKEENKA(ベラルーシ)27.62

スイッチングの下手さが極まっている。開催経験も少ないしょうがないか。本当に大切なのはカメラワークよりスイッチングなんだよな。

ヤシェム
2A 3S-2T 3Lo
昨シーズンと同じプログラムです。エストニアのハルヴィンさんと同じ曲で連続滑走となりました。なんだこの滑走順wwwヤシェムさんもっと丸めなイメージあったんですけど、カミラさんと同じぐらいシュッとしてる。

ヴィヴェカ
3T-3T 3Lz to 2A shaky
ヴィヴェカさんはなぜかファーストネーム呼び。呼びたくなる名前してる。3-3がきれいに入りました。ヴィヴェカさんはSPが苦手っぽいので、これぐらいだといい演技の部類だと思います。振りが中途半端なまま次の動きに移行するのが直ればいいなー。スケーティングスキル5.96でインタープリテーション5.54。なんて妥当なんだ。果たしてスオミの先輩たちのように垢抜けるのか?

マクスウェル
3S shaky 2A 3T-2T
きれいだけどよくレベルを取りこぼすスピンはレベル取れたでしょうか。そんなにミスはなかったけどTESが伸びませんでした。曲も音源もマクスウェルさんに合ってて悪くなかったです。

ラフエンテ
3F 2A 3T fall
アイプッタですか。2つ降りられたんですけどもね。前よりスピンが遅くなったのと、ちょっとびっくりするぐらいにエッジがフラットで、本当にどうしてしまったんだろうかと思いました。体は細いし、体調が悪そうには見えません。どうして。

ゴロフキナ
3T-2T tano 3Lo 2A
マイナスのつきそうなつかなそうなギリギリのラインの3つのジャンプでジャッジを試してくるゴロフキナさん(美人)。美人がきれいな衣装着て滑っている。その事実だけでいいね。

ヴァインツィアール
2A 3T-2T 3Lz
またフィーリングッドですか。3-3はファーストジャンプの軸がよくなくて入りませんでしたけど、大きなミスではなかったです。ちょっとクロスは多いですけどスピードが出ていますし、色っぽいいい感じのスケーターになってきました。いつの間にか21歳になっていました。はやいねー。萎えコーチサングラス全然似合わない。

オルソン
3Lz-2T 3Lo fall 2A so
オルソンさんといえば!のルッツを決めたのに他のジャンプが。ゴールドがアスファルトに浮いた油みたいなきれいな衣装で滑っているエキシで使ったビヨンセの曲なので、エキシっぽくなってしまうかどうか。なんですけど、そんな感じにはなっていませんでした。ああ・・・これは残念なスコア。

フランク
3T fall 3S 2A
ネスレ杯の後にクリスはウィーンに行ってフランクさんとイチャイチャしました。イチャイチャで英気を養っただろうになあ・・・コンボつけてリカバリーできなかったのがもったいない。キングダムハーツしか滑っていない気すらしてきました。

ルッソ
3T-2T 3S shaky 2A
ジャンプの難度は低いけど、ナショナルチャンピオンになるだけの力は持っているよなーと。ルッソさんはPCSが出やすいし、GOEもプラスしやすいし。コンビネーションスピンの入り方よかったです。キャメルからじゃないだけですごく新鮮。小芝居しまくってておもしろかったー。萎えコーチサングラス全然似合わない。

ゲルム
3Lz-2T 1F 2A
ルッツ入ったのにフリップがダメでした。キャメルポジションがとてもきれいでした。GPSのときから疑問だったけど、この背中の微妙な開け方の衣装と、謎切れ込みのスカートの組み合わせは正しいの?これは女性から見ると正しいものなんでしょうか。男では分からないです。

ボック
3Lz謎3T 2A 3F fall
腰の位置高すぎません?3Lzの後に1回転ジャンプみたいなものが入ったのですけど、これはコンボとして認められるのかどうか。ボックさん成長しすぎてお顔も変わってきた。顔変わってもかわいい。このTESだとコンボ認められずでしょうか。泣いちゃった。

ヨシ子さん
3Lz 3T-2T tano 2A
3-3は回避して確実に点数を取る戦法でした。ヨシ子さんは根本的にジャンプの跳び方を変えないと回転の足りた3-3を降りるのが難しそう。ステップのとき常に状態が動いていて、全く見ていて飽きませんでした。ダンスフロアでひとしきり踊った後にソファに腰下ろして、ふーーーと一息みたいな雰囲気。楽しい演技でした。

メイテ
3T-3T 3F 2A
またフィーリングッド。高いジャンプさんたちを成功させました。メイテはオリンピックシーズンに急激に上手くなったんですけど、そこをピークにスケーティングスキルが落ちてしまっているような気がします。スケーティングがよくないと、ジャンプへのスピードも出しにくいでしょうし、ジャンプの不安定はそこから来ているのかも?オリンピックシーズン安定感ありましたし。

ガルスチャン
3Lz-3T 3F 2A
軽いジャンプをポンポーンと成功させました。ドーナツスピンきれいでした。ガルスチャンってこんな選手でしたっけ。もーーーっと粗くてひらすらジャンプだけの印象があったんですけど、女性らしい雰囲気出てきましたかね?喜ばしいことです。もっともっと大人になってね。ってあれ?ジャンプの回転足りてなかったです?あれ???え?ほんと?え?マジ?

イヴェット
3T-3T df 3Lz 2A
イヴェットさんが崩れないだけでうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおとなります。この超懐メロ感のあるプログラム。誰の趣味なんでしょう。イヴェットさん男顔だ。

ルカヴァリエ
3T 3Lz ot-2T 2A
この辛気臭い音楽はフィフティシェイズオブグレーのものだったそうで。ロシア人と同じくフランス人も好みそう。今シーズンの彼女は昨シーズンまでとまるで別人のような滑りです。もうぜーーーんぜん。このストーキングでもしそうなシリアスな音楽よかったです。彼の家を見つけた・・・郵便ポストを覗いた・・・家の合鍵作った・・・部屋に入った・・・あはははははははみたいな。ステップでの大きなスタンブルもったいない。+2も狙えたのに。

ラジオノワ
3Lz-3T 3F 2A
あれ?軌道が?ソロジャンプがループじゃなくてフリップになりました。メドベージェワに勝つためには0.1点でも点数を上げたいのでしょうね。エッジは・・・アテンションかつかないかって感じ。60点台がいないまま70点台が出たー。

ライチョヴァー
3Lz-2Lo 3Lo so 2A
今大会初めてのスロバキア人。あまりにフィーリングッドが多いからかプログラム戻してくれましたのですか?デキる女ですね。でもあのフィーリングッドはそんなに戻すほど悪いプログラムじゃなかったと思います。このSPは作りが完璧だから、それで地元でいい演技を見せたいという気持ちは分かります。ループのステップアウトは残念ですけど、この大歓声の中でコンボちゃんと入ってよかったです。最後のコンビネーションスピンはもう少しきれいに回れたらなおよかったですね。ノーミスなら60点も狙えました。

メドベージェワ
3F tano-3T 2A so 3Lo
人間味を感じる失敗でした。メドベさんは宇宙人ではなく、スケートのすごく上手な人間なので無敵感とかそういうのはないです。これぐらいの失敗たまにはあありますわな。ステップアウトがなければパーソナルベストでしょうか。

クチヴァルスカ
3Lz 3T-3T 2A shaky
たしかこれが変なプログラムだよなと思って身構えていたら普通でした。編曲は普通ではありません。ユーロ的には普通です。変なのはLPのエル・タンゴ・デ・ロミジュリですね。今のルールでは珍しくジャンプを前半に固めていました。こんなに楽しそうなトスカはなかなかないなと思いながら見ていました。ウキウキステップでした。コーチの反応楽しみにいたんですけどオーバーリアクションじゃない・・・最終グループ決まったのにいいい。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 2Lo 2A
ああ・・・このたった1つのジャンプミスでも連盟にワールド代表に選ばれない隙になってしまう。激怖フォールがなかったのはよかったけども。いつもタイツで覆っていたから靴を出して演技するのは新鮮。ついでにメイクが濃い目。1ヶ月の間にどういった心境の変化があったのでしょう。

ロデギエーロ
3T-3T 3F 2A
もっとかっこいいイケイケな表現だと思っていたんですけど、かなり女性的な表現になっていました。エリック杯で見たのと全然違います。イタリア選手権のセレモニーでは涙を流していたギエロさん。ベテランでもやれるということを見せてくれました。このままいってくれ。

PCSがすごく普通で発狂はありませんでした。ラジオノワのフリップにはeも!もつきませんでした。ガルスチャンはルッツもトゥループもフリップもアクセルも全てアンダーローテーション。ひええ・・・・・。ボックさんは3Lzにeもついて+COMBO扱いの上、2Aにアンダーローテーションでした。

ガルスチャン衝撃的でした。女子は明後日ですね。男子が2日間続けてです。
back-to-top