2016
01.23

全米選手権 7日目 アイスダンスSD

第2ラウンドいきましょう。

アイスダンスSD
1 Madison Chock, All Year FSC
Evan Bates, Ann Arbor FSC 75.14
2 Maia Shibutani, SC of New York
Alex Shibutani, SC of New York 74.67
3 Madison Hubbell, Lansing SC
Zachary Donohue, Lansing SC 71.10
4 Anastasia Cannuscio, University of Delaware FSC
Colin McManus, SC of Boston 63.12
5 Kaitlin Hawayek, Detroit SC
Jean-Luc Baker, Seattle SC 63.02
6 Danielle Thomas, Detroit SC
Daniel Eaton, Ann Arbor FSC 57.98
7 Karina Manta, Coyotes SC of Arizona
Joseph Johnson, Broadmoor SC 54.57
8 Charlotte Maxwell, Arctic FSC
Ryan Devereaux, Pittsburgh FSC 51.18
9 Alissandra Aronow, Arctic FSC
Collin Brubaker, All Year FSC 47.24
10 Alexandra Aldridge, Detroit SC
Matthew Blackmer, Detroit SC 46.16
11 Kseniya Ponomaryova, Skokie Valley SC
Oleg Altukhov, North County FSC 39.66
12 Elicia Reynolds, IceWorks SC
Stephen Reynolds, IceWorks SC 35.91
13 Tory Patsis, Skokie Valley SC
Nathaniel Fast, University ISC of San Jose 35.59
14 Gabriela Morrell Zucker, All Year FSC
Andrejs Sitiks, University of Delaware FSC 30.20

アロノウ&ブルーベイカー
久しぶりに2人の演技を見たのですけど、あれ上手くなってないです?特にパーシャルがよかったです。ツイズルは女性がブレードを掴み損ねて足をボトンと落としてしまい回転できずに0点になりました。ぱだんぱだんとラヴィアンローズというロシア人みたいな組み合わせでした。そして最後の最後にもう1度ぱだんぱだん。この最初に戻るっていうの今シーズン多いですね。

ダニエルズ
パターンパーシャルはレベル3でした。イートンはアルドリッジさんと組んでいるときに比べてほっそりとしたような。動きもリフトも軽快すぎて笑ってしまった。組み立ての頃は女性との技術力の差が露骨でしたけど、全然気にならなくなりました。パターン出てからのピョンピョンピョコーンって振付がかわいい。

ホワベイ
ホワイエクさんのドレスが薄いピンクになりました。若々しさを感じない色味。前のやつでいい気が。パーシャルでリンクの右端でキリアンホールドになったとき、後ろに倒れかけなかったでしょうか。気のせいか?ジャンリュックのヒゲが増量されて、売れないゲイの詩人みたいになってきた。おもしろいけどプログラムとは壮絶にかけ離れている気がする。でもいいよ。

シブタニズ
ピンクの人と白い人が続きます。マイアのリボンドラミちゃんみたいだ。でも似合う不思議。パーシャルも含めてオールレベル4でした。ファイナルよりもスールスルスルスルと滑っていって、全米だから点数出るんでしょ?って感じではありませんでした。実際はそうなのかもしれないけど。でも本当によかった。ひでおがごく一般的な髪型に落ち着いてしまった。

マンタ&ジョンソン
ゾンビシンデレラおつ。そういうコンセプトなのかは知らないけど、見るの2回目だけどこのプログラムやっぱいいなあ。ちょっと前半に気合入りすぎて、パターンとかは割と普通だったりはするんですけど、最初のインパクト大切ですもの。

カヌマク
マンタさんたちの次の滑走でシンデレラ。こちらはきちんと人間なので、これは生前の思い出かな?でも油断しているとフィニッシュのジャーーーーーン!で笑う。そうだこれがあったんでした。クッソおもしろい。ジャーーーーーン!じゃねえよ!って。ミラーツイズルがきれいに入りました。きれいにまとめるのって難しいですね。男性の身長が高すぎるということもあるんですけど、後半前傾姿勢になりっぱなしなのは気になりました。

アルブラ
ツイズルが・・・・・スピンになっている。ブラックマーはペアからの転向なので、そのシーズンにラベンスバーガーワルツなんて当たったのが不運としか。パターン2は歩いているみたいな形になっていました。セカンドツイズルは男性がトラベリングせずにスピンに。パターンが2と1、パーシャルが2でしたけど、アルドリッジさんがもんんんんんんのすごく喜んでいたからそれでいい。順位・点数を残すだけが試合じゃない。自分の満足できるものができるかどうか、楽しめるかどうかも大事ですもん。

チョクベイ
ベイツさんが蝶ネクタイになりました。普通にかっこいいというね。このプログラムこんなによかったっけ?と思いました。多分GPSのときは黒い瞳のことを引っ張りすぎていたんだと思います。でもそれを抜きにしてもすごくスッキリしていい感じになったと思います。やっぱうめえよチョクベイって。なんやかんやでアメリカだと圧倒的に上手かった。SDと露骨に技術の差は出るもんだ。パーシャルが1つレベル3でした。

batessan.jpg

ハベドノ
ハベドノがどんどん素敵になってしまって寂しい。FDではイジりますよ?イジりますけど、でもこのまま垢抜けすぎないいい塩梅をキープしてください。衣装はママメイドじゃなくなるのは、それはそれで寂しいからこれでいいのかも。パーシャルのレベルが3になったのが上位2組との差でした。まだレベル4つけてもらえるあれじゃないか。マディソンの表情をキャプるのがお決まりみたいになっている。べ、別にあんたのことなんて好きでもなんでもないんだからね!

madison_20160123072210913.jpg

nininbaori.jpg
ににんばおり的な行為 with ジャージ


マクスウェル&デブロー
名前は見たことあるけど演技は見たことなかったカップル。結構ベテランなんだな。アダムスファミリーでした。腕にチュッチュする振付は共通なんですね。マクスウェルさんのマダム感半端ないけど、これはマダムを演じなければいけないからマダムで正解です。濃厚なルックスのカップルでした。

シンデレラがたくさんいました。バレエ音楽もたくさんでアメリカンは保守的だなあと。ま、コーチはロシア人なんですけどね。どうしてロシア人でもロシアに住むロシア人とは趣味嗜好がこうも違うのか。ロシアのロシア人は変なやつ見つけてくるのに。

チョクベイとシブタニズの差がほとんどないのでシブタニズに優勝の可能性はあります。なんてたってあのプログラムですからね、ひょっとしたらシブタニズが勝つ確率の方が高かったりして?3位と4位以下の間がかなり開いたので、ここは動かなそう。注目は4位争いです。カヌマクが僅差でホワベイより上にきました。これはすごいぞ、こーーーれーーーはーーーすごいぞ。たぎるわー今年の全米のダンスおもしろいわー女子とペアにミスが多かったから余計に。この感じで男子も行こう。
back-to-top