Luce Wald

フィギュアスケートは好きですか?僕は大好きです。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

最近の話

わちゃわちゃしていてブログが書けないので、ここ最近の出来事を一気にまとめよう。

*ネスレ杯の話
日本のアイスダンスの世界選手権の代表決定が懸かっていた中、かなクリが見事にSDのミニマムをクリアしました。ネスレ杯はISU主催ではないのでパーソナルベスト認定はされませんが、リード組の国際Bのスコアを入れたどのスコアよりも高かったです。SDの基礎点が昨シーズンより2点下がっていて、たった2試合目の派遣で超えたということは、いくらネスレ杯が優しいジャッジングとはいえ、すさまじいスピードで進化しておりますぞ。

えみマリはSDのミニマム惜しいところまで行きましたが、リフトの失敗もありまして届きませんでした。パーシャルがレベル2だったので、仮にリフトが成功でも少し足りなかったかもしれません。ミニマムの目安はパーシャルレベル3、あとがレベル4なんですね。「パターンでレベル4を取れる技術力の高いカップルが世界選手権に出るべき」というISUの意思表示なのかもしれない。NHK杯、全日本、そしてこれと試合間隔が狭くて、怪我も完全に治りきっていなかったのでは・・・と思います。四大陸までに1度休めて、1ヵ月後万全な滑りをして欲しいです。

台湾のエイミー・リンさんがまたしてもギリギリミニマムに満たないTESでした。癖がなくいいものを持った選手で、これから活躍してくれそうなので世界選手権でも見たいです。四大陸や世界ジュニアにも出るのでしょうか。出てください。

コメント欄で教えていただきましたがアンドレイ・ノボセロフはフランスの滞在許可証が切れてしまい、大会に出られなくなっていたんですね。んでもってネスレ杯に出られたということは更新ができたわけですね。よかったよかった。ユーロには21日前にミニマム取ってないとールール(なのかフランスだから出してもらえなかったのか分からないけど)で出られないので出場しませんが、フランスはワールド2枠あるので、そこでは見られるでしょうか。さすらいのパートナー巡りから、ようやくワールド出場なるか?

すみオデは全日本の映像を見られて「よくなってんじゃん」と思いましたが、たった2週間しか経っていないのに、さらに同調性が増していて驚きました。そしてSPはラヴィアンローズだったのか。ジャンプに不安はあるけれど、ペアとして期待できます。オデは日本語の勉強をしているというのをフィギュアスケートTVの放送で聞きまして、嬉しくなりました。日本国籍は日本在住5年が必要なので、練習する場所のない日本では、無理な話なのですが、それでも嬉しいです。嬉しいだけにミヤネ屋がオデを無碍に扱ったことは、一生ワスレナーイ。

男子ではビチェンコさんが復活してきておりました。LPの後半に抜けが続いたんですけど、イスラエルユーロ3枠あるで!という演技でした。ピークがユーロにこいこいこーい。ハイラペティアン弟は上手いなーと思いました。3Tと3Sが2本ずつの構成ではりますが、ジャンプは高くて流れもあり+2も狙えるような質ですので。お父ちゃんのところでがんばるのもいいけど、海外の先生についたら一気に化けそうだなーと。

ドッズ家おつかれ。四大陸で会おう。

*韓国ナショナルの話
男子はジュンヒョン、ジンソ、韓国期待の星ジュンファン。ジュンファンはバランスがよくて表現もできるし、3Aにも挑戦している。今シーズンがジュニアデビュー年齢の14歳ですが、1年後に韓国の1番手になっていても驚かないです。髪形がきのこ・・・・・?

女子は11歳のヨン・ユーさんが優勝・・・存じ上げない。2位がダビンで、3位がエンスー・リムさん。このお嬢さんも存じ上げない。4位がイェリム・キムさん・・・なるほど存じ上げない。そして5位がソヨン。ヘジンは17位でした。女子はノービスが上位を席巻。ヨン・ユーさんはユナのバンクーバーの演技を見てスケートを始めたクチ。もうそんな時代になるんですね・・・・・やる人が多いと逸材が出る可能性も上がりますし、競争力も出ますものね。演技を見ましたがシュピピピピン!と回って、いやーもう。これからの成長が非常に楽しみです。期待しすぎず待つ。なんてったって、次の次のシーズンにやっとジュニアですから。3Lz-3T、3Lz-3Lo-2Lo、3Lo-3Loやば。24人中23人3Lzを入れている女子やば。韓国女子のルッツ厨っぷりは異常。

ペアはアメリカのテミスクレス・レフテリスが(おそらく)現役復帰して出場。33歳での出場となります。ピョンチャンは地元枠があるので、韓国としてはなんとしても出場させたいという気持ちなのでしょう。ショートトラックのヴィクトル・アンが国内を半ば追い出される形で移籍したような、実に陰湿な体制もありますけど、このスポーツにかける旧共産国のような意地は見習うところがあります。やっぱ金かけないとな。

アイスダンスはキムミノ、ミンガメ、ジュニアのホジュン&リチャードがシニアに上がって3組が出場しました。そしてこの3組が四大陸代表に選出されました。日本が3枠行使の先を越されてしまいました。でも四大陸のカップルが増えるのは嬉しいこと。

韓国はピョンチャン終わってもちゃんと強化し続けてください。リザルトはできればpdfではなくてリザルトページで出してつかあさい。

*SOI・・・え?の話
オリンピックシーズンでもないのに4月開催。4月9日~10日、15日~17日に大阪と東京でやるのですが、そのレギュラーメンバーにPさん、なんですくん、ウィバポジェ、デュハラドの名前があります。でもさらにその次の週にアメリカでチームチャレンジカップがあるんです。出ないの?この面々は。出なくてもできゃするけど、このままだとチーム北米がチームアメリカになってしまうんですが。SOIは日本の現役の選手も出るだろうし、その選手の中からチームチャレンジカップにも出るかもしれない。ということはこの4組からもチームチャレンジカップ出ます?大丈夫?

*全米の話
ペアはドンバーが欠場。デニフレの動向が未だに不明でして、一応出場リストに名前はあるんですけど、プログラムの発表もまだですし不安が募ります。男子はもう・・・・・ほんとに・・・・・どうなんの?優勝ブラウンいねえ、3位のファリスいねえ、アボットくん休んでる、モーラー怪我で欠場、ラザーノも地味も引退しちゃったし、ウォーレンはフランスに移籍。ああああああああもうううううううううううやだあああああああああああああああ寂しいいいいいいいいいいいいい。全米が世界選手権に次ぐ楽しみな大会なのに。健康の大切さを思い知ります。暗い気持ちにならず、「ちょっとブレイクできるわ」ぐらいにプラスに考えておくれよ・・・。

*あの日の話

1月12日は渇望のチョコレートアイスクリーム記念日。でも、カナダ時間だと1月11日だった。去年5周年記念エントリーをしようと思っていたんですけど、すっかり忘れていました。たまにはファンっぽいことをする。

よし。とりあえず吐き出した。最近の楽しみはカナダスケ連がカナダ選手権へ向けて、ナショナルチームの面々のおかしな写真を連盟のページに出しているので、それを見ることです。今の壁紙はこれ。

メッシング37

すごく元気をもらえるんだ。

該当の記事は見つかりませんでした。